えきねっと 東海道 新幹線。 【決定版】新幹線の料金を割引して安く乗る方法|おすすめ格安チケット購入手順

えきねっと 東海道新幹線 割引関連のツアー 一覧

えきねっと 東海道 新幹線

広告 えきねっとでできること 「えきねっと」はJR東日本・JR北海道のインターネット予約サービスです。 利用するには会員登録が必要ですが、会員になることで、JR全線の新幹線列車の予約が可能です。 えきねっとでできることをまとめてみましょう。 えきねっと会員ができることは、以下の通りです。 パソコンやスマートフォンで 全国の新幹線の指定席を予約可能• JR東日本・北海道の新幹線と在来線特急の ネット専用割引きっぷを購入可能• 新幹線・特急の好きな座席をシートマップで選ぶことが可能• 指定席券事前申込サービスを利用できる• 予約後、きっぷの受け取り前なら何度でも別の列車に変更可能• 「 新幹線eチケット」でチケットレス乗車が可能 えきねっとで購入できるチケット えきねっとでは、通常のきっぷと、「新幹線eチケット」という電子チケットが購入できます。 通常のきっぷはインターネットで予約・決済し、駅で受け取ります。 受け取れる駅はJR東日本・JR北海道の主な駅と、JR西日本の北陸新幹線の各駅です。 新幹線eチケットは、チケットレス乗車が可能で、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」という割引きっぷを購入できます。 新幹線eチケット 新幹線の運賃・料金がセットになったチケットです。 SuicaやPASMOなど交通系ICカードを使ったチケットレス乗車が可能です。 新幹線駅相互間のみ設定があり、在来線駅を利用する場合は別途運賃が必要です。 特定都区市内駅制度は使えません。 指定席は通常価格より200円安い価格設定で、自由席は通常価格と同額です。 JR東日本管内の新幹線の多くの区間に設定があり、時期により値段は変わります。 列車・席数は限定で、だいたい5〜15%程度の割引率に設定されています。 えきねっとトクだ値は、インターネットで予約、決済し、駅の窓口で紙のきっぷを受け取って乗車します。 予約は乗車日の13日前の午前1時40分までです。 駅の窓口などで発売するきっぷと同じ価格、内容です。 えきねっと特典 「えきねっと」で予約・購入したチケットは、何度でも予約の変更が可能です。 これを、「えきねっと特典」といいます。 適用にはいくつか条件があります。 まず、変更が何度でも可能なのは、チケットを駅で受け取る前のみで、インターネットの手続においてのみです。 受け取ってしまった後は、この特典の適用はありません。 また、窓口での変更もできません。 また、利用区間がJR東日本エリア内と北陸新幹線で完結する列車に限ります。 さらに、変更先は「えきねっと特典」適用列車のみです。 それ以外の列車への変更については、1回のみです。 広告 えきねっとポイント パソコンやスマホからJRの指定席券を申し込んで購入した場合にポイントが付きます。 指定席券売機で発券した場合で、指定席券1枚に付き30ポイントです。 貯まったポイントは、1ポイント=2. 5JREポイントに交換することができます。 JREポイントは1ポイントを1円として使用できますので、実質的に、えきねっとポイント1=2. 5円分と考えればいいでしょう。 えきねっと会員のメリットとデメリット れきねっと会員になり、新幹線eチケットを利用すれば、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」といったネット専用の格安チケットを購入できます。 変更が何度でも可能というのもメリットです。 えきねっと会員には無料でなれますので、会員になることでデメリットはありません。 クレジットカードでの支払のみ、というのがデメリットといえばデメリットでしょうか。 えきねっとでチケットレスは利用できる? えきねっとでは、2020年3月14日から「新幹線eチケット」サービスが開始され、チケットレス乗車が可能になりました。 くわしくは、「」をご覧ください。

次の

新幹線ネット予約サービス6種類はそれぞれどう違う?何がオススメ?

えきねっと 東海道 新幹線

路線をまたいだ新幹線きっぷは購入できます こんにちは、キング・ブログ・スライムです。 新幹線には北から北海道新幹線、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、東海道新幹線、山陽新幹線など、種類が多くあります。 実家がある大阪に戻ろうと思って、今住んでいる東北の仙台から新幹線の切符を買おうと思いました。 出発当日に購入するのは面倒なので、「えきねっと」というネット予約サービスを使おうと思いサイトにアクセスしましたが、 私の検索方法が悪いのか、なかなか路線をまたいだきっぷを検索できません。 それは検索方法が少し悪いからで、 結論から書くとえきねっとから路線をまたいだきっぷの購入はできます。 今回はえきねっとを使って路線またぎのきっぷを購入する方法について解説したいと思います。 今回はこんな内容• 新幹線カンタン検索から購入できる! JR東日本系列の「 」であれば、ネットから新幹線を予約できます。 例えば東北新幹線と東海道新幹線の路線をまたいだきっぷを購入したいとします。 (まだ発券していない場合)出発前日になると登録したメールアドレスに指定席の座席や予約番号が書かれたメールが届きます。 自動券売機(右側)でも発券可能です みどりの窓口は土日休日などは特に混雑してきっぷを買うまでに20分かかることもザラですが、ネットで予約したきっぷなら自動券売機で買うことも可能です。 購入する際に使用したクレジットカードを券売機に挿入します。 自分が購入したきっぷと合っているか確認します。 領収証も発行できます。 因みにえきねっとであれば、事前予約することで新幹線(東北、山形、秋田、北海道、上越、北陸など)や北海道の特急が最大で45%割引になります!.

次の

東京から広島 時刻表(JR東海道新幹線) / 新幹線チケット予約

えきねっと 東海道 新幹線

tags: , , , , 新型新幹線「N700S」に乗るには? どの列車が「N700S」か調べる方法 新型新幹線「N700S」は2020年7月1日(水)に営業運転を開始する予定ですが、どの列車で、それが始まるのでしょうか。 JR東海によると、新型コロナウイルス対策で「密」の発生を防止するため、事前の発表は行わないそうです。 こうした新型車両のデビューにあたり、大勢の鉄道ファンらが駅ホームなどへ集まることはよくあります。 最新新幹線「N700S」へ乗るには、このTwitterをチェックするのが確実です。 N700Sの普通車(2020年6月13日、恵 知仁撮影)。 「安全性、安定性、快適性、環境性能の全てを最高レベル」(あくまでN700の中でね。 )なんだろうけど、 「デザイン、サービス、乗る楽しさ、乗車賃は圧倒的に世界最低」です。 500系は除く。 こんな進化?劣化?を辿っている高速列車も珍しい。 300系は便所のスリッパ、N700は学校の上履き。 (ちなみにL0は割り箸) 世界的に見ても最もダサい高速列車。 中国の方が余程カッコいい。 サービスに至っては食堂車はおろか、グリーンに乗ってもダサいパッケージのオシボリ一つ。 台湾新幹線の方が商務車(グリーンに相当)飲み物、お菓子などが無料でサービス良いです。 乗る楽しさに至っては皆無。 ただたくさん椅子が並んでいるだけ。 経済性、採算性一辺倒。 運賃は早割もなければ、ネット割もない。 あったとしても数千円。 海外は早割すればファーストクラスだろうが半額で乗車可能。 N700Sは1編成16両も連結しているくせに、食堂車もビュッフェもない、可能限り椅子ばかり詰め込む、何の面白みもない、ただ単にJR東海の採算性のみしか考えていない、世界最低の高速列車の集大成です。 日本しか知らない人からしたら世界に誇る新幹線なのかもしれませんが、 サービスもデザインも素晴らしい高速列車が世界中にある現代で、 こんなの世界に誇ったらただ恥かくだけです。

次の