インスタ 昨日 アクセス が ありま した。 Instagramのインスタ内で決済まで行う新機能「Checkout(チェックアウト)」とは?

Instagramインサイトの使い方と解析事例

インスタ 昨日 アクセス が ありま した

アクセサリーを作るなら、売らないと楽しくないですし、売るからにはマーケティングが必要です。 アクセサリーの販売には画像が命、画像といえば、。 アカウントだけ作ってほぼ放置していたInstagramを開拓することにしました。 ただ「落ちた」ことが確認できる画面を見つけたところまでです。 いろんなツールを試すことはいいことです。 どこかで本業の役にたつかもわからないですからね。 Instagramショッピングの概要と、導入方法を紹介します。 Instagramショッピングを使いたい Instagramショッピングは、投稿した画像や動画にショップサイトへのリンクを貼れる仕組みです。 2018年6月から一般公開されたようです。 Instagramから別のサイトに誘導するのに、広告費用がかからないとか、Instagram(Facebook)様、マジ神。 投稿時に事前に登録したカタログの商品をタグつけすることで、画像をタップすると商品販売ページに飛びます。 画像は、から引用Instagramショッピング昨日(Instagram shop now)を使うには、Instagram、Facebookでいくつかの手順が必要です。 Instagramショッピングのビジネス要件 は以下。 ビジネスプロフィールがFacebookカタログにリンクされている。 ビジネスプロフィールがされている必要があります。 これは、Facebookのカタログマネージャやビジネスマネージャ、あるいはShopifyやBigCommerceプラットフォームから作成および管理できます。 これがだいぶややこしい。 調べても、ECサイトの店舗を運営している、 とかが出てきます。 そのショップを使って商品を販売している人向けに書かれているので、肝心なところがわからないことが多々あります。 一つずつ見直してみましょう。 提供者契約とコマースポリシーを遵守していること。 とを遵守しているビジネスであること 薬物やアルコール、危険物じゃないなど。 私は、BOOTHの販売ページにリンクをつけていますが、大丈夫だと思います。 Instagramビジネスプロフィールがあること。 移行すると「個人用アカウントに切り替える」になるはずなので、これもできているはず。 リンクされたFacebookページがあること これは、上記でInstagramをビジネスプロフィールに移行する途中で設定できます。 はじめ、ここをスキップして、Facebookページを作ってから紐付けしようと思ったら失敗して、新しいFacebookページが作られ、そのページにリンクしちゃったので焦りました。 その場合は、Instagramを一旦個人用アカウントに戻してから再度ビジネスプロフィールに移行して、途中のFacebookページを選ぶところで間違えないよう指定すれば大丈夫なはずです。 私の Facebookページは。 晄夏っているのは名前です。 ここでわからないのが、 [購入のためのメッセージ]ボタンを使用するFacebookページでは、これらのオプションをページ設定で調整してからInstagramでのショッピングに使用する必要があります。 この一文です。 [購入のためのメッセージ]ボタンを使用するFacebookページが何を指しているものやら。 購入ボタンを設定しているからそれかな? と外していたけど、結局落ちたので、また設定しています。 このボタン カタログ作る時に、「購入のためのメッセージ」か「別のウェブサイトで清算」を選べるのでそのことかな。 BOOTHで販売しているので、「別のウェブサイトで清算」を選んでいるため、問題ないはず。 主に有形商品を販売している 販売中なのは、ピアスとヘアアクセサリーだから問題ないはず。 ビジネスプロフィールがFacebookカタログにリンクされている まずは、Facebookカタログを作る必要があります。 できれば、BOOTHに商品を登録した段階で、APIを使ってカタログ登録できればいいのですが、そんな機能はないので、BOOTH登録後同じ商品をFacebookにも登録しています。 現在のテンプレートを「ショッピング」に変更すると、したのタブのところに「ショップ」が表示されます。 私は目立たせるために一番上に移動してます。 設定を抜けて、から商品を追加します。 ショップの設定があるので設問に答える形で進めます。 画像や商品名、販売価格、チェックアウトURLはBOOTH販売ページを入れています。 登録が終わると「審査」状態になり、審査が終わるとFacebookページに表示されます。 審査は通っているので、商品自体は問題なと思うのです(1. 提供者契約とコマースポリシーを遵守していることは大丈夫かなと)。 これで、Facebookのカタログが生成されます。 カタログを作っている、Facebookページ「晄夏」と、Instagramのビジネスプロフィールはリンクしているから大丈夫かなと思っていました。 ところがここがちょっと違いました。 ビジネスプロフィールは、Facebookの方でした。 紛らわしい! を開きます。 上記画面では、出ていますが、右側の「診断」にあるはずの「Instagramショッピングを設定しましょう」が表示されていませんでした。 を表示します。 Facebookページタブを表示して、InstagramとリンクしたFacebookページがないなら追加します。 私はありませんでした。 この辺を色々設定していたら、カタログの「診断」に「Instagramショッピング」が表示されました。 なるほど、これが必要だったのか。 いよいよ、Instagramと紐付けだ!と思ったのですが、 「Instagramショッピングの使用が却下されました。 」とのこと。 なんですって?? このアカウントではInstagramショッピングを利用できません。 ビジネスがInstagramショッピングのためのすべての要件を満たしていない場合があります。 いやいやいやいや。 いま設定したばかりだし。 こうなってしまったら、• 何を直せばいいのか• 再審査の方法は? わかりません。 どうしたらいいものか。 Facebookのビジネスマネージャと紐付けしたのは今日だし、ちょっと様子を見てみようかな。 FacebookページもInstagramもアクセス全然ないからそれがいけないのかな。 でもそんな要件どこにも書いていないです。 Instagramを一旦個人用アカウントに戻してビジネスプロフィールにすると、再審査されるという噂を聞いたのでやってみましたが、上記の表示は変わらないまま。 どうなっているかわかりません。 この記事が「成功した」で終われますように。 ステータスが変わったら追記します。 だれか教えてください><。 で、SNSアカウントは「chinacky」で揃えているのに、なぜInstagramだけ、 なのだろうと思って調べたら、ちゃんと アカウントも作っていました。 懐かしの晄夏アイコン。 chinacky アカウントをビジネスプロフィールにして、Facebookのビジネスマネージャで紐付けしたり、なんやかんやしたら、Facebookのカタログにある「診断」のInstagramショッピングに、 chinacky も表示されて「まだ審査を受けていません」「審査を依頼する」との導線があったのでぽちぽち押すと、審査中に変わりました。 chinaminamoto と同じ設定しかしていないし、リンクさせたカタログは新しく作ったカタログで、4つくらいしか商品入れてないから承認される気はしませんが、何かの間違いで承認されないかな……。 ちなみに、「診断」に表示されているInstagramショッピングの「リンクされたプロフィールには」「0 承認、1 審査中、0 却下」となっています。 却下は1のはずなのに?? どういうことなのでしょう? Instagramショッピング 審査結果が出ました Instagramショッピングの審査結果、1日で出ました。 却下されてしまいました。 うーん。 下のアカウントがNGなら当然NGだと思っていたけど、でもなんで? この二つ、若干表示が違うから、もしかしたら承認されるんじゃないかって思っていました。 Facebookを開くリンクがない Facebookを開くリンクがあるし、プロフィールページのメールのデザインも違う なんでしょう。 あとできることは、Facebookのカタログを作るところで、50個以上あることがオススメと書かれていたので、圧倒的に数が少ないとか、提携しているオンラインショッピングでカートを作るとか。 しばらくは諦めてシクシクと作品作ろうかな。 BASEでアカウントを開設しよう Instagramショッピングに対応しているサービスは「」「」が挙げられています。 どちらもアカウントの開設に費用がかかるので、個人の物販には敷居が高い印象です。 日本のECプラットフォームは開設は無料、販売が成立したときに手数料が必要なモデルが周流なので尚更です。 対応しているのは、 香取さんのTVCMでも有名な「」「」「」などがあります。 STORESは 無料だと、商品数が5点までなので、有料とかんがえていいかなと。 BASE、minnneは手数料がBOOTHより高いけど、Instragramショッピングやってみたいのです。 天邪鬼な性格なので、ユーザーが少ないサービスを選びがちなのですが、ユーザーが多いほど機能が充実していたり、サポートが手厚かったりするものなので、力を入れている印象のBASEで作ってみようと思います。 とても参考になる情報ありがとうございます。 私は、自分がフォトショップで作った画像(イラスト)を日本と海外で販売したいです。 さらに、現在ピクシブのBOOTTHでオリジナルの商品を使ったマグカップなどを販売しているので、 こちらで海外の人にもイラストを販売しようと思いましたが、 英語化すると、一部しか英語化されませんでした。 Tシャツなどは、サイズの説明が英語化されません。 サイト全体を自分でグーグル翻訳で英語化してもらわないといけないようですね。 これでも、海外の人は購入すると思いますか? 手数料の低さは最高レベルなんですがね。 しかも、インスタ上で購入する機能は、対応していないようですね。 BOOTHのように画像をアップロードするだけでオリジナルグッズが作れて、 日本と海外両方で売れるサイトは、存在しないのでしょうか。 特に、BOOTHのように、画像だけアップロードしてオリジナルグッズをつくれば、オンデマンド販売ができるとありがたいです。 最後にインスタのショッピングカートは、イラストは販売できないようなので、 インスタで販売したいのならストアードットジェイピーか、ベイスを使うしかなさそうですね。 また、ストアードットジェイピーの無料で5品のみは、今は撤廃されているようですよ。 こちらこそ、参考になるコメントありがとうございます! 私は、minneとかが多いですが、過去、Boothでも売れたことありますよ。 日本語でしかやってませんが、海外の方も購入してくださいました。 なんか専用の代理店みたいなところが買ってくれました。 日本のものを購入するための代理店ぽいです。 いろんなビジネスがあるなぁと思いました。 はい、Boothに問い合わせしましたが、インスタは非対応とのことでした。 無料で5点廃止されているんですね。 情報ありがとうございます!•

次の

インスタグラムの検索機能の使い方│ユーザー検索、ハッシュタグ検索

インスタ 昨日 アクセス が ありま した

Instagramのストーリー機能とは? Instagramのストーリー機能とは、Instagram上で特別な画像や動画をシェアするための新しいスペースです。 画像や動画を任意に組み合わせて「ストーリー」として閲覧可能な状態にすることで、新しい切り口から自分をアピールできます! ストーリー機能はかなり特殊で、各画像・動画ごとに「24時間」だけシェアすることができます。 24時間を経過すると、見ることができなくなります。 逆に言えば、24時間で消えてほしいものなどは、こちらに投稿すれば便利ですね。 さらに、公開範囲も詳細に決定することができます。 友達のみ、といった包括的なものから、個別に見せない人を選ぶこともできます。 コンテンツはシェアした時間ごとに消えていく、公開範囲をコンテンツごとに決定できる、という要素を考えると、様々な使いみちがありそうですね。 フィードに投稿された画像・動画と違って、ストーリーはすぐに消える分、価値が高いので、見られやすくなるのではないでしょうか? ストーリーを閲覧する ストーリー機能を理解するために、実際にストーリーを閲覧してみましょう。 ホーム画面の上の列に、丸くアイコンが並んでいますね。 これが、フォローしている人たちの「ストーリー」です。 この丸いアイコンをタップすることで、ストーリーを閲覧することができます。 右が、実際のストーリーの画像です。 一番上に、薄い線が並んでいると思います。 これが、「ストーリー内のコンテンツ 画像・動画 の数」を表します。 これが、そのコンテンツが投稿されてどれぐらい経過したかを示す数値です。 「23時間」などと出ていたら、その投稿はすぐに消えてしまいますよ、という意味ですね。 この経過時間は、コンテンツごとに違います。 ストーリーの仕組み ストーリーは投稿しては消えてゆくコンテンツというよりは、「特別なフィード タイムライン 」に近いですね。 定期的にストーリーに画像・動画が投稿され、ストーリー内で24時間が経過したものが消えていきます 経過していなものは残っています。 そして、そこに付け足すように新たにコンテンツが追加され、また時間が経ったものが消えていく、といったイメージですね。 ストーリーをスクショすると相手にバレる!? Instagramにシステムが似ているSNSカメラアプリである「SNOW」は、スクショを撮影すると相手に通知が行く仕組みがありました。 同じSNSカメラアプリなので「スクショや閲覧による通知」が相手に届く機能が備わっているかもしれませんよね。 Instagramでも何度か試してみました。 結果は、「通知なし」。 つまり、スクショしてもバレません。 ただし、後述する「ストーリーの様々な機能」のように閲覧したこと時短はバレてしまうので、バレて問題がある場合は慎重に見ましょう。 笑 Instagramにストーリーを投稿する それではInstagramにストーリーを投稿してみましょう。 Instagramは、「タップで写真撮影」「長押しで動画撮影」です。 撮影後は、下の左から二番目のアイコン 「ストーリー」と書いてある部分 をタップしましょう。 これにより、ストーリーにアップすることができます。 そして、自分のストーリーも、Instagramストーリー画面のストーリーのリストに丸く並びます。 自分のストーリーを見て確認してみましょう。 前半で説明した「薄い線がコンテンツの数」「数値が経過時間」というのを確認しましょうね。 ストーリーの様々な機能 Instagramには様々な機能があります。 ストーリー閲覧画面の右下の「…」マークをタップするか、下から上にスワイプすることで、ストーリーの全体の設定画面が出てきます。 隠しメニューみたいですね。 ここで、それぞれのコンテンツをタップするとそのストーリーを個別に編集することができます。 また、閲覧した人のアカウント名もここで表示されます。 個別の設定に進むと、「ストーリーを表示しない人」を選択することができます。 ここで、ストーリーを見られたくない人を設定しましょう。 編集後記 Instagramのストーリー機能を解説しました。 24時間で消えるということで、色々と使い道がありそうですね。 逆に、他の人の貴重なストーリーを見逃したくないのであれば、24時間に1回はチェックしたいところですね! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

今年の流行語大賞に「インスタ映え」と「忖度」:朝日新聞デジタル

インスタ 昨日 アクセス が ありま した

アクセサリーを作るなら、売らないと楽しくないですし、売るからにはマーケティングが必要です。 アクセサリーの販売には画像が命、画像といえば、。 アカウントだけ作ってほぼ放置していたInstagramを開拓することにしました。 ただ「落ちた」ことが確認できる画面を見つけたところまでです。 いろんなツールを試すことはいいことです。 どこかで本業の役にたつかもわからないですからね。 Instagramショッピングの概要と、導入方法を紹介します。 Instagramショッピングを使いたい Instagramショッピングは、投稿した画像や動画にショップサイトへのリンクを貼れる仕組みです。 2018年6月から一般公開されたようです。 Instagramから別のサイトに誘導するのに、広告費用がかからないとか、Instagram(Facebook)様、マジ神。 投稿時に事前に登録したカタログの商品をタグつけすることで、画像をタップすると商品販売ページに飛びます。 画像は、から引用Instagramショッピング昨日(Instagram shop now)を使うには、Instagram、Facebookでいくつかの手順が必要です。 Instagramショッピングのビジネス要件 は以下。 ビジネスプロフィールがFacebookカタログにリンクされている。 ビジネスプロフィールがされている必要があります。 これは、Facebookのカタログマネージャやビジネスマネージャ、あるいはShopifyやBigCommerceプラットフォームから作成および管理できます。 これがだいぶややこしい。 調べても、ECサイトの店舗を運営している、 とかが出てきます。 そのショップを使って商品を販売している人向けに書かれているので、肝心なところがわからないことが多々あります。 一つずつ見直してみましょう。 提供者契約とコマースポリシーを遵守していること。 とを遵守しているビジネスであること 薬物やアルコール、危険物じゃないなど。 私は、BOOTHの販売ページにリンクをつけていますが、大丈夫だと思います。 Instagramビジネスプロフィールがあること。 移行すると「個人用アカウントに切り替える」になるはずなので、これもできているはず。 リンクされたFacebookページがあること これは、上記でInstagramをビジネスプロフィールに移行する途中で設定できます。 はじめ、ここをスキップして、Facebookページを作ってから紐付けしようと思ったら失敗して、新しいFacebookページが作られ、そのページにリンクしちゃったので焦りました。 その場合は、Instagramを一旦個人用アカウントに戻してから再度ビジネスプロフィールに移行して、途中のFacebookページを選ぶところで間違えないよう指定すれば大丈夫なはずです。 私の Facebookページは。 晄夏っているのは名前です。 ここでわからないのが、 [購入のためのメッセージ]ボタンを使用するFacebookページでは、これらのオプションをページ設定で調整してからInstagramでのショッピングに使用する必要があります。 この一文です。 [購入のためのメッセージ]ボタンを使用するFacebookページが何を指しているものやら。 購入ボタンを設定しているからそれかな? と外していたけど、結局落ちたので、また設定しています。 このボタン カタログ作る時に、「購入のためのメッセージ」か「別のウェブサイトで清算」を選べるのでそのことかな。 BOOTHで販売しているので、「別のウェブサイトで清算」を選んでいるため、問題ないはず。 主に有形商品を販売している 販売中なのは、ピアスとヘアアクセサリーだから問題ないはず。 ビジネスプロフィールがFacebookカタログにリンクされている まずは、Facebookカタログを作る必要があります。 できれば、BOOTHに商品を登録した段階で、APIを使ってカタログ登録できればいいのですが、そんな機能はないので、BOOTH登録後同じ商品をFacebookにも登録しています。 現在のテンプレートを「ショッピング」に変更すると、したのタブのところに「ショップ」が表示されます。 私は目立たせるために一番上に移動してます。 設定を抜けて、から商品を追加します。 ショップの設定があるので設問に答える形で進めます。 画像や商品名、販売価格、チェックアウトURLはBOOTH販売ページを入れています。 登録が終わると「審査」状態になり、審査が終わるとFacebookページに表示されます。 審査は通っているので、商品自体は問題なと思うのです(1. 提供者契約とコマースポリシーを遵守していることは大丈夫かなと)。 これで、Facebookのカタログが生成されます。 カタログを作っている、Facebookページ「晄夏」と、Instagramのビジネスプロフィールはリンクしているから大丈夫かなと思っていました。 ところがここがちょっと違いました。 ビジネスプロフィールは、Facebookの方でした。 紛らわしい! を開きます。 上記画面では、出ていますが、右側の「診断」にあるはずの「Instagramショッピングを設定しましょう」が表示されていませんでした。 を表示します。 Facebookページタブを表示して、InstagramとリンクしたFacebookページがないなら追加します。 私はありませんでした。 この辺を色々設定していたら、カタログの「診断」に「Instagramショッピング」が表示されました。 なるほど、これが必要だったのか。 いよいよ、Instagramと紐付けだ!と思ったのですが、 「Instagramショッピングの使用が却下されました。 」とのこと。 なんですって?? このアカウントではInstagramショッピングを利用できません。 ビジネスがInstagramショッピングのためのすべての要件を満たしていない場合があります。 いやいやいやいや。 いま設定したばかりだし。 こうなってしまったら、• 何を直せばいいのか• 再審査の方法は? わかりません。 どうしたらいいものか。 Facebookのビジネスマネージャと紐付けしたのは今日だし、ちょっと様子を見てみようかな。 FacebookページもInstagramもアクセス全然ないからそれがいけないのかな。 でもそんな要件どこにも書いていないです。 Instagramを一旦個人用アカウントに戻してビジネスプロフィールにすると、再審査されるという噂を聞いたのでやってみましたが、上記の表示は変わらないまま。 どうなっているかわかりません。 この記事が「成功した」で終われますように。 ステータスが変わったら追記します。 だれか教えてください><。 で、SNSアカウントは「chinacky」で揃えているのに、なぜInstagramだけ、 なのだろうと思って調べたら、ちゃんと アカウントも作っていました。 懐かしの晄夏アイコン。 chinacky アカウントをビジネスプロフィールにして、Facebookのビジネスマネージャで紐付けしたり、なんやかんやしたら、Facebookのカタログにある「診断」のInstagramショッピングに、 chinacky も表示されて「まだ審査を受けていません」「審査を依頼する」との導線があったのでぽちぽち押すと、審査中に変わりました。 chinaminamoto と同じ設定しかしていないし、リンクさせたカタログは新しく作ったカタログで、4つくらいしか商品入れてないから承認される気はしませんが、何かの間違いで承認されないかな……。 ちなみに、「診断」に表示されているInstagramショッピングの「リンクされたプロフィールには」「0 承認、1 審査中、0 却下」となっています。 却下は1のはずなのに?? どういうことなのでしょう? Instagramショッピング 審査結果が出ました Instagramショッピングの審査結果、1日で出ました。 却下されてしまいました。 うーん。 下のアカウントがNGなら当然NGだと思っていたけど、でもなんで? この二つ、若干表示が違うから、もしかしたら承認されるんじゃないかって思っていました。 Facebookを開くリンクがない Facebookを開くリンクがあるし、プロフィールページのメールのデザインも違う なんでしょう。 あとできることは、Facebookのカタログを作るところで、50個以上あることがオススメと書かれていたので、圧倒的に数が少ないとか、提携しているオンラインショッピングでカートを作るとか。 しばらくは諦めてシクシクと作品作ろうかな。 BASEでアカウントを開設しよう Instagramショッピングに対応しているサービスは「」「」が挙げられています。 どちらもアカウントの開設に費用がかかるので、個人の物販には敷居が高い印象です。 日本のECプラットフォームは開設は無料、販売が成立したときに手数料が必要なモデルが周流なので尚更です。 対応しているのは、 香取さんのTVCMでも有名な「」「」「」などがあります。 STORESは 無料だと、商品数が5点までなので、有料とかんがえていいかなと。 BASE、minnneは手数料がBOOTHより高いけど、Instragramショッピングやってみたいのです。 天邪鬼な性格なので、ユーザーが少ないサービスを選びがちなのですが、ユーザーが多いほど機能が充実していたり、サポートが手厚かったりするものなので、力を入れている印象のBASEで作ってみようと思います。 とても参考になる情報ありがとうございます。 私は、自分がフォトショップで作った画像(イラスト)を日本と海外で販売したいです。 さらに、現在ピクシブのBOOTTHでオリジナルの商品を使ったマグカップなどを販売しているので、 こちらで海外の人にもイラストを販売しようと思いましたが、 英語化すると、一部しか英語化されませんでした。 Tシャツなどは、サイズの説明が英語化されません。 サイト全体を自分でグーグル翻訳で英語化してもらわないといけないようですね。 これでも、海外の人は購入すると思いますか? 手数料の低さは最高レベルなんですがね。 しかも、インスタ上で購入する機能は、対応していないようですね。 BOOTHのように画像をアップロードするだけでオリジナルグッズが作れて、 日本と海外両方で売れるサイトは、存在しないのでしょうか。 特に、BOOTHのように、画像だけアップロードしてオリジナルグッズをつくれば、オンデマンド販売ができるとありがたいです。 最後にインスタのショッピングカートは、イラストは販売できないようなので、 インスタで販売したいのならストアードットジェイピーか、ベイスを使うしかなさそうですね。 また、ストアードットジェイピーの無料で5品のみは、今は撤廃されているようですよ。 こちらこそ、参考になるコメントありがとうございます! 私は、minneとかが多いですが、過去、Boothでも売れたことありますよ。 日本語でしかやってませんが、海外の方も購入してくださいました。 なんか専用の代理店みたいなところが買ってくれました。 日本のものを購入するための代理店ぽいです。 いろんなビジネスがあるなぁと思いました。 はい、Boothに問い合わせしましたが、インスタは非対応とのことでした。 無料で5点廃止されているんですね。 情報ありがとうございます!•

次の