転職 自己 紹介。 転職・就活の面接での自己紹介|ポイントや自己PRとの違い、ケース別の内容や例文を解説

自己紹介

転職 自己 紹介

2017. 05 転職面接では自己紹介をすることが求められるのが一般的なのですが、急に自己紹介をするようにと言われると何を話していいのか分からなくなって焦ってしまう可能性がありますし、また自己紹介を通してプレゼン能力なども見られています。 そのため、事前にしっかり準備をしてから臨みたいものです。 すでに新卒の採用の際に面接を経験したと言われる方も多いはずなのですが、転職の面接では採用担当者が聞きたい内容が新卒の面接の場合と違うので、伝えるべきことをきちんと把握しておく必要があります。 では、転職面接の自己紹介で伝えるべきこととは何なのでしょうか。 そこで、今回の記事では転職面接の自己紹介で話すべき内容や面接を受ける際の注意点を詳しくご紹介し、イメージがしやすいように例文も交えてご紹介していきます! 転職面接で自己紹介を求められる理由から見る話すべき内容と注意点 転職面接では、自己紹介を求められるのが一般的です。 では、なぜ自己紹介が必要なのでしょうか。 その理由を知ることで、何を話せばよいのか、どのようなことに気をつければよいのかが見えてきます。 では、自己紹介を求められる理由を元に、話すべき内容や注意点について詳しく見ていきましょう。 転職面接で自己紹介を求められる理由 企業側から考える転職者を採用するメリットは、転職者の場合すでに実務経験があるということです。 つまり、すでに仕事を経験しているわけですから、それを生かして即戦力となってくれることを期待しているわけですね。 そのため、採用担当者は以下のようなことを知ることを目的として面接を行っています。 これまでにどのような仕事をしてきたのか• どのような実績・スキル・ノウハウ・経験があるのか• 今後どのような仕事をしたいのか これを見ると、新卒の際の面接とは話すべき内容が違うことがわかりますね。 また、自己紹介をしてもらうことで、以下のようなことを実際に見ることもできます。 プレゼン能力• コミュニケーション能力• 仕事に対する意欲• 声の大きさや話し方、明るさなどその人の印象や人柄 それでは、面接担当者が自己紹介を求める理由をもとに、面接の際に話すべき内容と注意点を確認しましょう。 知りたいことを聞ければOK!長すぎる話は要点をぼかすことに 面接担当者が知りたいのは職務経験についてなので、それに関する話を欠かすことはできません。 また、転職を希望するということは何らかの理由があったということですから、志望動機もきちんと伝える必要があります。 ですが、熱意が入るあまり話が長すぎると、せっかく伝えたい職務経験や志望動機を印象付けることができず、話の要点をぼかすことになってしまいます。 そのため、話が長くならないように注意しなければいけません。 自己紹介の時間が例えば3分以内など決められている場合はそれを超えることがないように、もし指定がなければ1分程度でまとめるようにしたいものです。 短くわかりやすくまとめることでプレゼン能力があることも示せますので、話が長くならないよう要点をまとめておいてから面接に臨むことが大切です。 ちなみに、1分程度の自己紹介を文字数で考えると、300字~350字です。 意外に短いと思われたかもしれませんが、これくらいの文章の中に全ての要素を盛り込むことが大切です。 印象が良くなるような話し方を心がけて! 面接ではコミュニケーション能力や転職者の人柄なども見られていますから、できる限り印象が良くなるような受け答えをしたいものです。 そこで、以下のポイントをもとに、印象のよい受け答えができているかをチェックしてみましょう。 落ち着いてゆっくり話す• はっきりと大きな声で話す• 採用担当者の目を見て話す• 明るい表情になるよう意識する その不安はもっともですけど、大切なのは長く話すことではなく、要点をきちんと採用担当者に伝えることです。 長く話すと、結局何が言いたいのか採用担当者も絞れず、かえって印象が悪いんですよ。 だから、時間指定がなければ1分程度で十分です。 一覧で紹介!転職面接の自己紹介で話すべきこと話すべきではないこと 先ほど、転職の際の自己紹介ではこれまでの実務経験に関する内容を主に話せばいいことを確認しましたが、それはどのようなことなのか、逆に自己紹介では話さない方がいいことは何か、具体的に一覧形式でご紹介します。 転職面接の自己紹介で話すべきこと まずは、転職面接の自己紹介で話すべきことについて確認しましょう。 初めの挨拶• 職務経歴• 自己PR• 志望動機• 終わりの挨拶 意外と忘れがちなのが、最初と最後に挨拶をすることです。 いきなり内容から話し始めてしまうと唐突ですし、また挨拶の部分で面接をしてもらうお礼の気持ちを伝えることで、印象を良くすることにもつながります。 最初のあいさつでは、自分の名前を名乗ることも忘れないようにしましょう。 終わりの挨拶は、自己紹介が終わることをはっきり示すことで、歯切れ良い印象を与えることができますし、今からの面接をお願いしますという気持ちも伝えることが可能です。 職務経歴に関しては、以下のようなことについて伝えましょう。 以前の勤務先の業種や職種• 関わってきた仕事の内容 ここでは、どのような仕事に就き、どのような分野の仕事を担当していたかがわかるように伝えることがポイントです。 自己PRに関しては、以下のようなことについて伝えましょう。 身に付けたスキルやノウハウ• 業績 ここでは、前職の仕事を通してどのようなことを身に付けたのか、どのようなことがアピールできるのかなどを伝えることがポイントです。 社内で表彰された、目標の150%の売上を達成したなど、インパクトのあることを持ち出したり具体的な数字を踏まえて述べたりすると、説得力が高まります。 志望動機の部分では、転職して何がしたいのか、今度どのような仕事に携わっていきたいのかということを具体的に伝えましょう。 この時、転職先として志望する企業に入りたいということが伝わるように、その企業の経営方針や商品内容などに沿って話をすることがポイントです。 転職面接の自己紹介で話すべきではないこと 次に、転職面接の自己紹介で話すべきではないことについて確認しましょう。 前の職場の批判となるようなこと• 前の職場の企業秘密にかかわるようなこと これを見てもらうと、仕事に直接関係ないことと前の職場に関することに大きく分かれていることがおわかりいただけると思います。 仕事に直接関係ないことについては、採用担当者が知りたいこととは違うので要点がぼけてしまい、プレゼン能力などが疑われるため言わない方がいいということです。 前の職場に関しては、ネガティブなことを言ったり、社外に漏らしてはいけないようなことを言ったりすることが問題視されます。 なぜかというと、もし採用したとしたら、自社に対しても不満を持つのではないか、再び転職することがあれば自社のことを他社に話してしまうのではないかなどと不安に思われるからです。 これらのことは自己PRや志望動機に絡めてうっかり言ってしまいそうなことなのですが、印象を悪くすることに繋がるので前向きなことを口にする、企業が知られて困るようなことは言わないということを徹底しましょう。 これまでに経験してきた仕事の内容も、それによって身に付けたことも人によって違いますから、自己分析をきちんとすれば十分特色を出すことができますよ。 数字や取っている資格など、印象付けられる内容を含めるとさらに良くなります。 実際に文章にするとどんな感じ?自己紹介の例文を見てみよう ここまで、転職面接の自己紹介で言うべきことや言ってはいけないことを見てきましたので、それを元にどのような自己紹介にすればよいのか、例文を見ていきましょう。 最初にお話ししたように、自己紹介は1分程度にまとめることがお勧めなので、ここでは1分程度に当たる300字~350字でおさまる例文をご紹介しています。 一般的な自己紹介の例文 まずは、一般的な自己紹介の例文を見てみましょう。 ここでは、営業の仕事をしていた人を例に挙げています。 本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございます。 仕事を通して顧客のニーズを引き出すことに注力した経験と、培ってきた企画力を生かして、年間売上目標に対して140%の成果を達成するなどの形で会社に貢献してまいりました。 今後は、もっと幅広い種類の商品を扱う仕事がしたく、御社に応募いたしました。 顧客のニーズを引き出し、それに合う提案を企画するスタイルの営業には自信がありますので、御社の営業職においても前職での経験を生かして貢献できると考えております。 本日は、どうぞよろしくお願いいたします。 最初に面接の時間を割いてもらったことに対するお礼を伝え、どのような会社でどのような仕事に関わって来たのかという職務経験に就いてまとめています。 自己PRの部分では、仕事を通して身に付けた力について述べ、その成果がわかりやすいように数字を踏まえて伝えることで説得力を持たせています。 志望動機については、どこの職場でもいいのではなくその企業を選んだ理由があることをわかってもらうために、転職先の企業にまつわる内容を踏まえることが大切です。 その際には、前職の経験で身に付けた力をどう生かせるのかについても触れるようにしましょう。 最後に、自己紹介が終わることを知らせるために、挨拶で締めくくります。 転職が多く話が長引きそうな際に短くまとめた場合の例文 転職の回数が多い人の場合、長くなりがちな職務経歴を短くまとめる工夫が必要です。 例えば不動産業界で2年間・物流業界で6年間など業界別にまとめる、アピールしたい仕事を中心に述べるといった方法があります。 その中で、主にどのような仕事をしていたのかわかれば大丈夫です。 では、例文を見てみましょう。 本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございます。 その際の仕事を通して顧客のニーズを引き出すことに注力した経験と培ってきた企画力を生かして、年間売上目標に対して140%の成果を達成するなどの形で会社に貢献してまいりました。 また、事務職の経験もあることから、MOSの資格も取っています。 今後は幅広い種類の商品を扱う仕事がしたく、御社に応募いたしました。 顧客のニーズを引き出し、それに合う提案を企画するスタイルの営業には特に自信がありますので、御社の営業職においても前職での経験を生かして貢献できると考えております。 本日は、どうぞよろしくお願いいたします。

次の

接客業・サービス業・販売職経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

転職 自己 紹介

面接官が自己紹介・自己PRを求める理由 自己紹介・自己PRで面接官が見るのは、主に「応募者が自社で活躍できる人材かどうか」という点です。 あなたの経歴や実績、スキルが自社の求める人材像とマッチしているかをチェックします。 あなたの自己紹介・自己PRの内容から、入社後に活躍できるということが明確になれば、内定に一歩近づくと考えていいでしょう。 また、自己紹介・自己PRは、面接の冒頭で求められるのが通常です。 このとき面接官は、応募者のビジネスパーソンとしてのコミュニケーションスキルも確認しているのです。。 「目を見てハキハキと話す」ことが大前提であると覚えておきましょう。 自己紹介・自己PRの話し方で与えた第一印象が、面接全体の雰囲気を左右してしまうこともあります。 面接で話す自己紹介・自己PRの内容の選び方 それでは自己紹介・自己PRを求められたときにどのような点をピックアップして話せば、面接官に優秀な人材だと納得してもらえるのでしょうか。 実はアピールポイントの選び方には明確な基準がふたつあります。 仕事上の実績、実績の裏付けがあるスキルを話す 自己紹介・自己PRから面接官が知りたいのは、仕事に関する強みです。 アピールする点は、これまでの仕事で上げた実績や、実績に裏付けられたスキルに絞ってください。 「目標数値の120%の売り上げを達成した」といった数値で表現できる実績や、「課題解決力」「統率力」など、キーワードでシンプルに伝えられるスキルがいいでしょう。 「いつも明るく前向き」「優しいと言われる」などといった性格的な強みは不要です。 人柄を伝えることはできるかもしれませんが、仕事上の強みを知りたいという面接官の質問意図に応えられていません。 また、社会人経験が浅い人は、学生時代の経歴や頑張ったことを話してしまいがちなのですが、これもNGです。 どんなに社会人経験が浅くても、仕事で残した実績や成果をベースにアピールポイントを探すことが重要です。 応募先の会社・募集職種で活かせる内容を話す 次に重要なのが、アピールするポイントが、応募先の企業や募集職種で働く際に役に立つということ。 当たり前のことと思うかもしれませんが、自分の実績やスキルを強調することばかりを考えてしまい、的外れなアピールをしてしまう人が少なくありません。 応募先の企業で求められている人材、募集職種で必要な能力はどんなものなのかを踏まえた上で、一度、考えてみて、関係のある実績、スキルを選んでアピールポイントにするのが面接官の評価を上げるコツです。 求人情報には「求める人物像」などといった項目が直接的に書かれていることもあります。 また、「業務内容」や「与えられるミッション」といった項目から、必要とされている実績やスキルを逆算することも可能です。 まずは求人情報をベースにして、アピールすべき点を決めるといいでしょう。 応募先の企業にとってより魅力的に映るアピールポイントを探したいと思う人には、その企業の業界内でのポジションやビジネスモデルを考えてみることをおすすめします。 なぜなら、同じ職種や業務内容であったとしても、企業によって重視するポイントは異なるからです。 例えば、競合他社が多く、新製品が頻繁に発売される業界で2番手にいる企業の研究・開発職であれば、スピードや効率性を重視されるでしょう。 逆に、製品の発売サイクルが長い業界で、安定してトップに位置している企業の研究・開発職であれば、時間をかけてでも高品質な製品を開発できる思考力や緻密さがより強く求められるかもしれません。 業界内でのポジションやビジネスモデルから、応募先の企業の特徴を見極めることで、より効果的な自己PRができるようになるというわけです。 適切なアピールポイントが見つからないときは 異業種、異職種への転職にチャレンジする場合は、応募先の企業、応募職種にダイレクトに役に立つような実績やスキルが見つからないかもしれません。 そんなときは、視点を一段上げて考えてみるのがコツ。 つまり、「仕事」「ビジネス」という観点で応募先企業、応募職種と、自分の実績、スキルとの共通点を探してみるのです。 例えば、どのような仕事にも「目標」というものが存在するため、「目標達成志向」はあらゆる仕事で評価されるポイントとなります。 目標に対してどのようにアプローチし、達成したかを実績を含めて伝え、応募職種にも応用できることを説明できれば、面接官の質問意図に沿った回答となります。 面接での自己紹介・自己PRの伝え方 面接はコミュニケーションの場です。 どんなに応募先の企業、応募職種で役に立つ経歴やスキルを持っていたとしても、伝え方が上手でないと面接官から良い評価を得られないこともあります。 自己紹介・自己PRの伝え方のポイントをしっかりと覚えておきましょう。 結論から話し始め、具体的な行動、将来の展望につなげる 自己紹介の中で自分の実績やスキルをアピールするときや、「自己PRをしてください」と言われたときは、結論から話し始めるのが鉄則。 論点が整理されて相手に伝わりやすくなるからです。 仕事、ビジネスにおける結論なので、基本的には実績を最初に述べることになるでしょう。 「前年対比で〇〇%の売り上げを達成した」「店舗で〇人のアルバイトの教育を担当し、お客さまからのクレームが〇件減った」などといったものが該当します。 続いて、その実績を達成するために具体的にどのような行動をしたのかを説明します。 また、そのように行動をした背景となった考え方についても話すとより説得力が増すでしょう。 実績を達成するための具体的な行動=スキルといえるので、この順番で話すことができれば、そのスキルが仕事で役に立つことをスマートに伝えることができます。 締めに話すのは今後の展望です。 前段で説明した実績、スキルを応募職種でどのように活かしたいと考えているかを伝えることで、面接官にポジティブな印象を与えることができます。 ただし、基本的には背景も含め簡潔に話すことを心がけてください。 自分が言いたいことを一度にすべて伝えようとすると話が長くなり、面接官が本当に聞きたかった部分が伝わらない場合もあります。 まずは簡潔に述べるにとどめておき、その後は面接官に委ねると、面接官自身が気になる点を深掘りしてくれます。 明るく謙虚な姿勢で伝える 面接でのコミュニケーションで意識しなければならないのは、面接官に「この人となら一緒に働きたい」と思ってもらうことです。 そのためには、前向きに明るく話すというのは大前提。 不機嫌だったり、不安げだったりする人と働きたいとは思えないはずです。 また、いくら自分の実績やスキルに自信があっても、絶対に不遜な態度をとってはいけません。 面接官は、技術はあるけれど人間的に尊敬できない人よりも、多少技術で劣っても謙虚な人のほうが、組織で活躍できる可能性が高いと判断します。 高慢な態度や横柄な物言いにならないよう、謙虚な姿勢を心がけてください。 【OK回答例】 私は現在の職場でパソコン販売の法人営業を行っています。 現在は大手衣料品メーカーなど、18社の顧客を抱えています。 実績としては上半期目標の115%を達成し、営業担当38名中1位の売り上げを作ることができました。 その要因は、ニーズを的確に把握したことにあると考えています。 食品系の会社はIT化に出遅れているという情報を得て、大手食品メーカーに話を聞きに行きました。 ヒアリングを重ねクライアントのニーズを把握し、自社パソコンによるIT化が具体的にどれほどの利益を生み出すか算出して提案しました。 その結果、顧客獲得につながり売り上げを達成できました。 このようなニーズ把握力を活かし、御社での新規顧客獲得に邁進したいと思います。 また、成績を上げた要因とどんなアプローチをしたかについて簡潔に示されています。 そしてそれが、自分の能力は応募先の会社でも再現可能であるという根拠となっています。 締めの言葉で「そんな私の能力を御社で活かしたい」とまとめることで、伝えたいことを明確にしているのもポイントです。 【OK回答例】 転職花子と申します。 本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。 このような経験が御社でも活かせると考え、応募いたしました。 どうぞよろしくお願いいたします。 「自己紹介をお願いします」と言われたときは、名前とあいさつに続いてこれまでのキャリアにおけるアピールポイントを伝え、最後に締めのコメントを置くとすっきりとまとまります。 計1~2分で簡潔にまとめるとよいでしょう。 アピールポイントは、応募職種や業務内容に沿ったものをピックアップします。 もし未経験の職種を受ける場合は、その職種と共通点があって、実務で活かせそうなキャリアを選択して盛り込みます。 【NG回答例】 学生時代にはサッカー部の主将として、部員をまとめてきました。 また、地区大会で優勝した経験から、努力をして結果を残すというのがどういうことか理解しています。 「自己紹介を」と促されているのに、自分の名前を言わず、経歴も説明できていません。 これでは、コミュニケーション能力不足とみなされてしまいます。 また、学生時代に輝いたエピソードは本人にとっては思い入れが深いでしょうが、いくら熱を込めて語っても面接官にはまったく響きません。 なぜなら、それが仕事につながるかが具体的に見えないからです。 面接官が知りたいのはあなたが自社で活躍できる人材かどうか。 その要因は、リリース後まで見通し綿密な計画を立てたことにあると考えています。 Webデザイナーにはデザイン力だけではなく、その先を見据える構築力が不可欠だと私は考えています。 そこで、設計段階からマーケティングリサーチを行ってデザインに反映させ、そのうえで公開後の数字の予測を立て期間ごとの評価スキームを作り、アフターフォローを徹底しました。 これによりクライアントからの信頼を得て、Webサイトのスムーズな運営につながり、受注件数を増やすことができたと考えています。 実績を重視しプロジェクト全体を見通す力は、きっと御社のお役に立つと思っています。 会社の売り上げに貢献したことを示す具体的な数字とともに、成績が上げられた理由についても簡潔に説明がなされており、納得できる内容です。 自分なりのやり方でPDCAを行い、それを成果と結びつける工程もよく表れ、次の職場でも同じように活躍してくれることが期待できます。 実績の話から自分の能力、「見た目だけではなく、運用のことも見据えている」という自らの考え方をうまく表現し、アピールできています。 wardnm cutString itemc.

次の

自己紹介

転職 自己 紹介

転職 就職 両対応 自己PRは、応募先の企業に自分をアピールできる絶好の場です。 しかし、ありきたりの内容では十分にアピールすることはできません。 特に、転職活動では新卒など就職活動の時とは異なり、 「応募企業の職務に関連した強みをアピール」することが必要になります。 応募企業が「どんな人材を求めてるのか」をきちんと把握したうえで、応募先ごとに志望動機や志望理由、そして自己PRを作成していきましょう。 自己PRは 「何をやってきたか」、「何ができるか」、「今後どう(貢献)していきたいか」 という3点をしっかり盛り込むことが必要です。 その3点を盛り込み、採用担当者や面接官に好印象を与える自己PRの作り方を「経験・未経験などのシチュエーション別」、「経験職種別」、「企業が求める人物像別」などの自己PRサンプルを通じてご紹介しています。 更に「受かる自己PRの作り方」や、「面接での長所・短所のアピール法」「NG自己PR例」なども解説しています。 相手への配慮、相手の気持ちや立場に立って物事を考える姿勢というものがあると思うので、それにより自分自身がお客さまに対して最大限何が出来て、どのようにすれば満足してもらえるかを常に考え、行動していくことで相手に誠意を伝えていくことが可能だと感じます。 営業という仕事を通してお客さまに対して、自分なりに長所を生かしていくことができ、また自分の力をどんどん試していけると思うのでさまざまな部分でやりがいのある仕事だと思います。 一方で、今現在もう一度原点に返り、一から物事を考えて自分自身を見つめ直していこうとも考えています。 具体的には、商談の為の商品のカタログ作成や、販売促進のプロモーション提案などにチャレンジしていきたいです。 売場の提案(陳列など)、装飾などに自分の独創性を生かしていければ良いと思います。 お客さまが求めているもの(季節ならではのもの、求めているご要望など)をしっかりとキャッチして、相手の気持ちや立場に立ちながら、その場に合ったご要望に対応していきたいと思います。 自分からの提案と、お客さまの求めているニーズを上手く調和させながら、仕事を進めていけたら良いと思います。 一方で、短所として、決断力に欠けることがあるので、自分の意志をしっかりと持ち、責任を持って行動できるよう努力していきたいです。 時には、相手の意見を尊重することも大切だと思います。 【真摯に、粘り強い営業】 私は、自社商品を一方的に紹介し、前のめりになって売っていく営業はどちらかというと苦手です。 しかし、その分「お客さまが何を欲しているか」を探るべく、「じっくり聞く」営業を心掛けてきました。 何気ない会話やちょっとしたお客さまの反応から、商品に興味を持っているかどうかを判断し、少しでも興味を持っていそうなお客さまには その後のフォローをきめ細かく行うことを徹底してやってきました。 そのお客さまからは「じっくりと、誠実な対応をしてくださったので」というお言葉をいただきました。 今度も、このような粘り強い営業スタイルで、お客さまのニーズをキャッチした提案をしていきたいと思っております。 【整理整頓された職場環境を提供いたします】 職場は常に整理整頓されていることで業務効率が上がる、と考えています。 用途別に物を配置する、こまめな在庫調整で無駄に物を置かないなど、整理整頓が得意。 常にスタッフにロスタイムが生じないような職場環境を提供するために、整理整頓に努めてきました。 探す手間をなくすことで、 スタッフ全体のロスタイムを省くことができました。 【誰もやらない仕事、 他の人が気付かない仕事を率先して行います】 例えば現職では、率先して溝さらいを行っています。 また、営業事務をしていたときには、シュレッダーにゴミをためない、コピー用紙が切れる前に補充するなどの点にも気を配りました。 これによってスタッフに仕事の流れを止めない職場環境を提供してきたと自負しています。 面接の自己PRで「長所」と「短所」の効果的なアピール方法は? 面接の自己PRでは、「長所」もスキルや経験と並んでアピールポイントになります。 「採用したい!」と面接官に思ってもらうには、どのように長所を伝えると効果的なのでしょうか? 長所の伝え方のポイントをチェックしてみましょう。 【ポイント1】応募企業で生かせそうな長所を選んでアピールする どんなに素晴らしい長所があっても、応募企業では生かせそうになかったり、企業が求めている人物像とマッチしていなければ、面接官に魅力を感じてもらえません。 求人情報の仕事内容や求めている人物像を確認し、生かせそうな長所を選んで自己PRしましょう。 【ポイント2】たくさん挙げるより、1つの長所に絞って話す 「あれもこれも」と長所をたくさん挙げると、かえって「この人はどういう人なんだろう?」と面接官があなたの人柄をうまく掴めなかったり、「自信がないから色々なことを持ち出すのかな」と思われてしまうかもしれません。 【ポイント3】長所が生かされたエピソードを添える 長所の自己PRは抽象的になりがち。 面接で長所を自己PRする時は「入社後どんなふうに活躍できるか」や「社風に合う人材だ」と面接官にイメージしてもらいやすいように伝えることが大切です。 「応募企業の求める能力に合っていて、今まで仕事の成果につながった長所」を1つ選んで、自己PRしましょう。 もし短所を聞かれたら? 「短所」を質問する面接官は、あなたの欠点だけを知りたいのではなく、「短所が仕事に影響するか」「自分を客観視できているか」「短所を克服しようとする向上心があるか」を見極めようとしています。 伝え方によっては効果的なアピールにもなりますので、答えを準備して面接に臨みましょう。 まず、「時間にルーズ」「集中力がない」など、仕事ぶりに懸念を抱かせるような短所の伝え方は避けたほうが無難。 また、「短所は長所の裏返し」でもあります。 例えば「心配性」という短所は、伝え方次第で「念入りに確認するのでケアレスミスが起きにくい」という長所にもなるのです。 このように、長所にもつながる短所を挙げ、 更に「確認に時間を費やしてしまいがちなので、時間を区切って作業するなど、効率良く進められるよう注意しています」など短所をカバーしようと工夫していることも併せて伝えるのがコツ。 自分自身を冷静に見つめ、努力していることをアピールしましょう。 よくあるNGパターン! こんな自己PRは響かない どんなに一生懸命自己PRをしても、採用担当者に魅力を感じてもらえないのではもったいない! そこで、自己PRのありがちなNGパターンを紹介します。 自分のアピール内容が当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね。 【NG1】企業が求めている人物像とズレている せっかくの自己PRも、企業のニーズにマッチしていなければ魅力を感じてもらえません。 求人情報を確認し、企業がどんな経験やスキル、長所を求めているのかよく考えて自己PRしましょう。 【NG2】アピールが抽象的で分かりづらい 例えば「私には社交性があります。 御社でも社交性を生かして頑張ります」という回答だけでは、本当に社交性があるのか、社交性を何に生かしてどう頑張ってくれるのか分かりません。 経験やスキル、長所が「どのような成果につながったのか」や「心掛けている行動」「上司や先輩からの評価」など具体的なエピソードを添えると、採用担当者は入社後の仕事ぶりを想像しやすくなり、魅力を感じてもらえるでしょう。 自己PRでは自分自身の強みと想い(志望理由・志望動機)を応募企業に理解してもらい、必要な人材だと感じてもらうことが大切です。 例文や、フレームワークを参考に、応募企業にアピールできる自己PRをしっかりと作成してください。 応募書類作成に今すぐ役立つ!• 履歴書の書き方を徹底解説! 学歴・職歴や志望動機のまとめ方など採用担当者の目線から丁寧にアドバイス• 職務経歴書の書き方のポイントや、職務経歴書の見本(サンプル集)を職種別にご紹介• 職種別の志望動機・理由の書き方をご紹介。 豊富なサンプル・例文と押さえておきたいポイントを解説• 世界40カ国で毎年1,000万人以上が受検し、採用や転職活動での有効性が確認されている信頼性の高いテストです あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の