メイホウ バケット マウス。 【メイホウ】バケットマウス5000のインプレとカスタム

メイホウバケットマウスってなんだ!? 収納例&100均グッズでカスタマイズ!

メイホウ バケット マウス

Contents• BM-9000・BM-7000のダウンサイズモデル。 トレイにはSFC-Lサイズ・ランガンケースWシリーズが2個システム収納可能。 BOXタイプとなってますので、中はワンスペースの広い収納庫となってます。 縦横に大きいサイズのルアーケースや餌木ケースを沢山入れることが出来るし、キャンプ用品の小物入れなどにも利用できるとても便利なタックルBOXです。 小物入れスペース まずは一番上の蓋を開けると小さいトレー発見!! このトレイはは取り外しができる可変式トレーがあります。 深さがあるので、釣行時に頻繁に使用するルアーや小物を入れておくスペースとして利用できそうです! メインの収納スペース メインの収納スペースです。 強度と収納力、機能性が凝縮されたコンパクトサイズのバケットマウス。 ドリンクホルダーなど、別売のオプションパーツを実装することも可能。 あらゆるシチュエーションにフィットするサイズ感です。 特にリグを交換するときや、移動するときには必ず必要になるロッドスタンドは必需品だと思います。 そして、缶コーヒーやお茶、ごみ袋などを置けるサイドポケットもあれば便利です! サイドポケットには可変間仕切りが付いてますので、お好みのサイズで収納庫が作れます。

次の

愛すべき道具達 in ナチュラム:バケットマウス(メイホウ)BM-9000 を購入!感想・レビューを述べてみる!

メイホウ バケット マウス

メイホウ MEIHO バケットマウス BM-7000 ブラック です。 バケットのメリットは まず とにかく大収納。 リール、ルアー、リリーサー、メジャー、プライヤー、捌き用ナイ フ、お菓子、そのほか小物を全て入れてもまだ余裕があります。 ケース(100均で買った適当なやつ)で中を仕切ればより効率的に収納が可能ですね。 そして フタがついているので疲れた時は椅子にもなるという優れも の。 ドカッと乗ってもだいじょーぶ。 また、 別売りの様々なアタッチメントをつけることで、自分好みにカスタ マイズも可能です。 タックルケースでありながらロッドホルダーにもなるオールインワ ン感がバケットの売りです。 デメリットとしては、 やはり大きい。 オールインワンなのでそれなりの重さになる、ということでしょう。 測ってみたら6. 65kgでした。 管釣りではそこまで 頻繁に釣り座を変える必要がない場所が多いの で、そこまで気になりませんが こまめに移動しながら釣りをするスタイルや、 電車移動メインの方 には不向きかもしれません。 バケットマウス・アタッチメントの値段 さて、このバケットマウス。 機能性もさることながら特筆すべきは その値段。 ・・・・・・さて、 ここまでアタッチメント類を紹介してきましたが、 皆さまお気づきでしょうか。 勘のいい方はお気づきでしょう。 ・・・・・・そう。 アタッチメント類はことごとく高い!!! too expensive!!!! 100均グッズでバケットマウスをカスタマイズ ロッドホルダーが欲しい。 小物入れが欲しい。 でも高くて買えない・・・・・・ ・・・・・・ ・・・ならば手作りしようじゃありませんか!!!! ということで 100均グッズでバケットマウスを色々カスタマイズしてみました。 バケットマウスのロッドホルダーを自作しよう!! まずはこれ。 ロッドスタンドアタッチメントです。 材料は以下 ・自転車用傘ホルダー ・ネジとかボルト ・ お湯でやらかくなるゴムみたいなの 作り方は簡単。 バケットマウスの外側の 適当な場所に自転車用傘ホルダーをネジでぶっ さして裏側からボルトで止めるだけ。 躊躇せずねじ止め しかし、このままだと指した ロッドがカタカタしてしまうので 緩衝材を貼り付けましょう。 ペタペタ… お湯でやらかくなるゴム的なものを適当に加工して・・・・・・ 接着剤で貼り付け。 これで持ち運び時もガタガタいいません。 ついでに 反対側にももう一個。 これは ネット用です。 ネットは スポンジ持ち手がスッポリ入っていい感じ。 取り付け位置を間違えると、持ち手部分がホルダーにあたって収まらなくなるので 注意しましょう・・・・。 oh、、、 保温・断熱仕様にしてみる バケットマウスは 一見クーラーボックス風ですが、 保温・断熱機能は全くありません。 このままだと 夏場は中身がホカホカになってしまうかもしれませんので、 こういうやつ 保冷バックを切り取って、内側に貼ってみます。 保温効果のほどは・・・・・・ 正直よくわかりませんが、ないよりはマシでしょう。 保冷バックが緩衝材になって中で荷物がガタガタいわなくなったの で良しとしましょう。 中身もカスタマイズ せっかくなので 中身もカスタマイズしていきましょう! バケットマウスには標準で 中ブタ?がついております。 これがなかなか便利。 釣りの時はこの上で ルアー交換やフック交換をすれば落としてなく すこともありません。 ここにもひと工夫。 こういったテープを こんな感じに貼りつけます。 これはなにかというと こんな感じで使用済みのルアーを引っ掛けておくことができます。 釣り場でいちいちケースにしまう手間も省けますし、 釣れたルアー は別の辺に、とか分けることもできます。 家に帰ってから洗うルアーも一目瞭然なので後片付けもラクラク。 一石三鳥以上の代物ですね。 カエルちゃん ついでに カエルちゃんも貼り付けて 友達に差をつけましょう。 ワンポイントアクセント。 材料調達はもちろん貧乏釣り師の味方、 釣り具屋ダイソー 10 0均DAISO です!!! おまけ 正規品と比較 ちなみに 先日、Newタックルを購入したので 正規品のロッドホルダーアタッチメントも断腸の想いで購入してみました。 この差である。 はぇー・・・・・・。 かっこいい・・・・・・。 床面にまでアタッチメントが到達していて安定性がありますね。 さすが正規品、 取り付け方もボルト等は一切不要の設計。 ブログに書くほどのことじゃないけど 気になった管釣り関連のことをつぶやいてます。 どうぞご気軽にフォローしてください。

次の

【メイホウ】バケットマウス5000のインプレとカスタム

メイホウ バケット マウス

ここ最近、遊魚船に乗船すると必ず見るのが、株式会社リングスターの ドカット になります。 この商品、そもそも工具箱として発売していたモデルですが、工具を入れても壊れない頑丈さと、錆びないという特徴から、ジギンガーの目にとまり、爆発的に人気を博しているモデルでして、なかにはオリジナルカラーにする為に、塗装を自ら行う人や、創意工夫を施して、改造する人まで現れ、ジギンガーには欠かせないアイテムとして認知されている商品なのですが、やはりカッコ良さという点で少し劣るような気がしてたんです。 船で見ても『便利そうだな』と思っても、欲しいとは思わない・・・個人的にそのような意識のアイテムだったのですが、そんな私の購買意欲を恐ろしいほど刺激した商品が、明邦化学工業から発売された、その名も メイホウ MEIHO バケットマウスBM-9000 スペシャルカラー になります。 この商品はあの エヴァンゲリオンの初号機カラーと零号機カラーそっくりのスペシャルカラー(限定商品)でして、メーカーは一切、エヴァンゲリオンとの関係性をホームページで触れていませんが、ここまでそっくりなカラーリングだと言い逃れできないのでは?と思ってしまうほどのエヴァカラーとなっております。 なお、私はエヴァンゲリオンをほとんど知りませんが、このからし色と言いましょうか、マスタードカラーに目がなく、キャンプでも利用できるのでは?と思い購入に至りました。 さて、前置きが長くなりましたが、今回は実際に購入して使用してみた感想を述べる企画 メイホウ MEIHO バケットマウスBM-9000 を購入!感想・レビューを述べてみる! を開催したいと思います。 まずはバケットマウスの特徴を先に述べたいと思いますが、素材は耐衝撃性コーポリマーを使用しており、耐荷重は516kgf、ハンドル引張強度は179kgfという、そこまで強くする必要性があるの?という位、頑丈に出来ています。 なお、ドカット D-5000 とほぼ同じ容量になるのですが、見た目的な頑丈さは圧倒的にバケットマウスが勝ります。 また、とにかくゴツくて、象が踏んでも壊れないのでは?と思える作りです。 別売りのロッドホルダーをかける凹凸部分 がより、ゴツさを強調するのかもしれませんが、最近、BMI(標準体重計算)で高度肥満だと診断された私が、トペコンヒーロばりに激しく飛び乗った結果、ビクつくどころか、逆に膝を痛めてしまうという惨事に見舞われるほど、強靭な作りでした。 中はこんな感じで、シンプルな作りなのですが、シンプルだからこそ、自分なりに道具を配置する事が出来ます。 付属の上蓋には、一軍のジグや交換フックなどを入れておくと便利でして サイドにある穴には フィッシングプライヤーなどをかけておく事も出来ます。 実際に私が遊魚船に乗る際のタックル一式ですが ジグ 5~60本 鯛ラバ 5~60個 交換用フック・交換用ライン・仕掛け ライフジャケット レイン上下 を入れても この余裕。 ちなみに、バケットマウスBM-9000の下に置いてあるのが、Igloo 70QT マリーンクーラーですが、もはや、イグローの存在感を抜いています。 今回紹介したこのバケットマウスBM-9000。 釣りのモットーが『道具は少しでもコンパクトに!』という方にはオススメできませんが、『道具は見た目が命』という方や、『頑丈こそ至高』という方々には絶対に満足して頂けると思います。 また、座って釣る事が多い方には、これほど強靭なベンチはないと思いますので、参考までにご検討下さいね!.

次の