北陸 新幹線 グラン クラス 料金。 北陸新幹線のグランクラス、サービス内容と料金(東京~金沢)、予約方法、空席状況など

北陸新幹線のグランクラス、サービス内容と料金(東京~金沢)、予約方法、空席状況など

北陸 新幹線 グラン クラス 料金

もうすぐ北陸新幹線が開業します。 東京~金沢がなんと2時間28分。 以前は3時間30分以上かかっていたと思いますので1時間以上もの短縮となります。 (しかも乗り継ぎいらず) そして、私が一番気になったのはグランクラスなるものです。 グランクラスの内容や料金などを含め、いろいろと調べてみました。 (今回は飲食関係全く関係ありません) 北陸新幹線とは? 北陸新幹線は上信越・北陸地方を経由して東京都と大阪市とを結ぶ計画の整備新幹線です。 1997年には一部、高崎~長野が開通、その後2015年3月14日には長野~金沢間も開通となります。 そして、2023年には敦賀まで開通予定です。 (その後は?) 北陸新幹線のタイプ、種類は? タイプ以下の4種類となります。 ・かがやき(金沢~東京の速達タイプ、のぞみのようなもの?) ・はくたか(金沢~東京の停車タイプ、ひかりやこだまのようなもの?) ・つるぎ(金沢~富山のシャトルタイプ) ・あさま(長野~東京) 北陸新幹線の乗車特急券の種類は? 特急券の種類は以下の4つ(新幹線に乗る際には乗車券に加えて特急券の料金が必要になります)。 ・自由席 ・指定席 ・グリーン席 ・グランクラス 北陸新幹線のグランクラスって何? グランクラスは普通車やグリーン車に比して乗客1人当たりの占有面積が広く、かつての3等級制時代の一等車や 旅客機におけるファーストクラス級に相当するサービスを提供する特別車両の名称となっています(JR東日本管轄)。 語源はフランス語の「大きな」を表す「Gran」と英語の「Class」を組み合わせた造語となっています。 私はグリーン車さえも乗ったことがないのですが、更に上位ということで一生、縁が無いかもしれません。 北陸新幹線、グランクラスの内容は? JRのサイトによると「伝統を感じる空間と先進の機能を持つシートがお互いを高めあうことで、居心地の良い、ゆとりある空間を感じていただけるように演出」とされています。 広々とした 本皮シートに加えて電動リクライニング。 (グランクラス車内) また、社内サービスも充実。 ・ 専任アテンダントによる車内サービス (アテンダントコールにより、お客様一人ひとりのご要望にお応え) ・ 軽食サービス (沿線各地の食材など地域特性を活かすとともに季節感を演出した軽食(和軽食と洋軽食)をご用意。 ・ ドリンクサービス (アルコールドリンクや、ノンアルコールドリンクをご用意、ワイン、日本酒、スパークリングアルコールなどについては、北陸新幹線沿線ゆかりのもの) ・ 茶菓子 (沿線ゆかりの素材を取り入れた茶菓子(パウンドケーキなど)をご用意) ・ おつまみ (おつまみとして、おかきをご用意) ・ アメニティサービス (ブランケット、スリッパ、アイマスクのほか、新聞、雑誌をご用意) 飛行機のファーストクラス相当だけあって、充実していますね! 北陸新幹線、グランクラスなどの料金(東京~金沢) 北陸新幹線、グランクラスを含めた全パターン、東京~金沢の料金は以下の通り。 乗車券に特急券料金を加えた料金を計算しています。 ・ 普通 13600円 ・ 指定席 14120円 ・ グリーン車 18750円 ・ グランクラス 26970円 グランクラスは普通の倍ぐらいの料金です。 これなら私でも乗れそう(嘘)。 北陸新幹線の予約は? 予約はJR東日本の窓口で可能。 ネットからの予約も可能で割引料金が適用されます。 乗りたいという人はチェックしてみてください。 北陸新幹線関連のまとめ 2015年3月14日に北陸新幹線が開業します。 調べたことをできる限りまとめたつもりですが、内容が不十分なことはご了承ください。 それにしても、、、東京から金沢まで直ぐに行けるということで楽しみですね!金沢も観光客などが増えるでしょうから、かなりの経済効果が期待できそうです。 北陸新幹線について、もっと詳細を知りたい方は専門誌などで確認ください。 私が検索したところ、以下の2つの本が出てきました。 では、北陸新幹線を楽しんでください!!! (画像クリックで詳細説明、通販サイトへ移動) (画像クリックで詳細説明、通販サイトへ移動).

次の

グリーン料金・グランクラス料金

北陸 新幹線 グラン クラス 料金

我が家の2階から見える、 新幹線の高架橋。 毎日、新幹線が通り過ぎる姿が見えます。 この新幹線、少し前までは 長野新幹線という名前だったんですよ。 それが、長野からさらに金沢まで伸びて 北陸新幹線になったんです。 そういえば先日、知人夫婦が結婚記念日に贅沢して、北陸新幹線「 かがやき」で金沢に行ってきた、とのこと。 ここからなら、金沢まで 贅沢するほどの距離でもないのですが・・・。 聞けば、かがやきには至れり尽くせりな セレブな車両があるんだとか。 それが「 グランクラス」なんです。 目的の地までの旅路で、贅沢を感じられる「かがやき」の グランクラスでの旅。 グランクラスとは? 北陸新幹線かがやきの車両には、普通車とグリーン車の他に、 グランクラスがあります。 グランクラスとは、グリーン車よりもさらに ハイクラスのサービスを受けることができる車輌です。 飛行機の ファーストクラスのようなものです。 グランクラスは、一番先頭の1車両のみで、座席は、1人・2人の横並びの配列が 6列あるだけなんです。 つまり、1車両に わずか18席しかありません。 一般的に、運転台の設置してある普通車だと2人・3人横並び10列の、 50席です。 グランクラスの席が、いかに ゆったりとしているのか驚きです。 本革シートに床には絨毯、シックな木目調の色合いの車内。 電動リクライニングシートは、角度45度まで倒すことができます。 座り心地は、まるで包まれるよう、という 居心地の良さなんですよ。 まるで 部屋にいるような感覚ですね。 サービスが充実 グランクラスの サービスは、すごいです。 グランクラス専任の アテンダントがいて、様々なサービスを受けられるんですよ。 例えば、• 軽食の提供 (和軽食・洋軽食)• フリー ドリンクサービス (アルコールを含む)• 各種アメニティグッズの用意 (毛布・スリッパ・アイマスクなど)• 新聞、雑誌、時刻表の貸し出し 至れり尽くせりですよね。 東京~金沢までは、 約2時間半ほどの旅です。 贅沢な時間を過ごせそうですよね。 しかし、これだけのサービスを受けるにはそれなりに 料金もかかるのでは? 気になる、かがやきの グランクラス料金を紹介していきますね。 グランクラスの料金 通常、新幹線に乗車する時には、 運賃と特急料金の合算になります。 指定席にすると、料金が高くなります。 基本的に、指定席の料金は自由席に 520円プラスした金額になります。 仮に、 かがやきで東京~金沢の乗車の場合• 指定席だと、 14,120円 (運賃7,340円 + 特急料金6,780円) となります。 グランクラスの基本的な料金体制 それが、グリーンとグランクラスの場合は、料金の ルールが違ってきます。 グリーン料金と グランクラス料金には一定のルールがあります。 距離が100㎞増加するごとに、 1,030円上乗せされていきます。 グリーンの基本料金は、~100㎞で1,030円グランクラス料金は、~100㎞で 6,170円になります。 距離 東京からの距離 グリーン料金 グランクラス料金 ~100㎞ 本庄早稲田 1,030円 6,170円 ~200㎞ 上田 2,060円 7,200円 ~300㎞ 上越妙高 3,090円 8,230円 と、このように 100㎞ごとに加算されていく訳なんです。 しかし、実は「かがやき」は、東京~金沢で 停車する駅はこれだけなんです。 上野(一部停車)• 金沢 では、グランクラスでの旅で、停車する駅によって、 どれだけ違うのか見てみましょう。 停車駅別料金 東京駅から停車する各駅ごとに、グランクラスでの 料金を割り出してみると、 停車駅 グランクラス料金 大宮 7,790円 長野 15,910円 富山 25,580円 金沢 26,970円 グリーン料金は、先ほどの基本的なルールでも表したように、グランクラスよりも 5,000円ほど安くなっています。 東京~金沢を、 自由席で行った場合は13,600円です。 一方、グランクラスだと、 26,970円! 約2倍ほどの料金になるんですね。 まとめ さすが、新幹線の グランクラスともなると料金も一流です。 しかし、知人の感想を聞くと、 乗りたくなってくるんです! 座席シートの心地よさや、軽食や飲み物の おもてなしに、本当に癒されたんだとか。 目的地までの時間を、心地よく過ごすのはとても 贅沢ですよね。 気持ちにも 余裕が生まれそうですね。

次の

北陸新幹線のグランクラスは、A料金とB料金がありますが、A...

北陸 新幹線 グラン クラス 料金

もっとわかりやすく言うと、今まで新幹線は太平洋側を走る路線しかありませんでしたが、日本海側にも新幹線が通るというわけです。 現在北陸新幹線は東京ー金沢間を利用することができます。 気になる新幹線の名前は「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」の4つです。 はくたか 東京ー金沢間で停車駅が多く、同区間を3時間以上かけて走ります。 つるぎ 富山ー金沢間のみを往復するシャトル列車です。 あさま 長野新幹線と同じ東京ー長野間の往復をします。 鉄道名を「えちごトキめき鉄道」といいます。 さらに「妙高はねうまライン」「日本海ひすいライン」と区間によっておしゃれな名前を付けられています。 そのえちごトキめき鉄道の駅のひとつ上越妙高駅は北陸新幹線開業の際に脇野田駅から名前を変更しました。 北陸新幹線の乗り入れ駅としてはJR東日本とJR西日本の境界駅となります。 北陸新幹線の時刻表 Yahoo! JAPANの路線情報の時刻表サイトが便利です。 乗換案内もあるので、駅名を入れて検索すると料金や乗車時間も分かります。 大阪までの開通にはまだ時間がかかりますが、北陸新幹線に乗って贅沢な空間を堪能したくなります。 グランクラスの料金 グランクラスとは東北・北海道新幹線、北陸新幹線にある特別車両のことです。 グランクラスとはフランス語の「大きな」という意味のグランに英語のクラスを合わせた造語でゆったりした空間という雰囲気を表しています。 その名前の通りグリーン車よりも座席の間隔が広くとられていて贅沢な空間を占有できます。 グランクラスには2種類あり、アテンダントサービスのあるものをグランクラス(A)、座席のみのものをグランクラス(B)と区別されています。 どちらも乗車券料金、特急券料金に加えグランクラス料金が必要です。 後ほど料金を表記しますが、普通の指定席料金の2倍ほどかかります。 アテンダントサービスを受けつつ優雅なひと時を過ごしたいと考えるか、通常の指定席で十分だと考えるかは自由です。 料金表 さて、北陸新幹線を利用するための料金を比較してみましょう。 東京ー金沢間 普通車自由席 13,600円 普通車指定席 14,120円 グリーン車 18,750円 グランクラス( B) 22,870円 グランクラス( A) 26,970円 東京ー富山間 普通車自由席 12,210円 普通車指定席 12,730円 グリーン車 17,360円 グランクラス( B) 21,480円 グランクラス( A) 25,580円 グランクラスの料金がグリーン車よりもさらに高額となっています。 「えきねっと」 えきねっとトクだ値 10 JR東日本の新幹線割引予約サービスです。 ただし他の路線ににあるお先にトクだ値は利用不可です。 「モバイルSuica」モバトク、スーパーモバトク 会員になる必要があります。 「新幹線宿泊パック」 新幹線往復とホテルを一緒に予約するとセット料金になります。 「 e5489 」 WEB早特1 eきっぷ e早特1 J-WESTカード会員限定です。 予約と空席状況が分かるサイト JRサイバーステーション e5489 えきねっと JRサイバーステーションの利用時間は 6:00~ 23:00までです。

次の