いあいあくとぅるふ。 窓に!窓に!とは (マドニマドニとは) [単語記事]

『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】 2ページ目

いあいあくとぅるふ

ルールについて(ハウスルール)• 銃刀法ルール 基本的に「所持」は問題ない事にします。 ですが、「携帯」に関しては公民的な理由が存在しない場合、基本取り押さえられ職務質問がされます。 【例えば・・・】 アメリカでの基本的な規制に関しては「アメリカ合衆国の銃規制」を参照とのこと。 今回の作成してもらうキャラには 所持前提とかは基本的ナッシングスタイルになってます。 (ただし警察は除外する)• マサチューセッツ州の例 今回の舞台マサチューセッツのボストンは所持等に許可されていますが、免許が必要。 銃所持にも知識と興味が無ければ所持すらままなりませんあしからず。 FID(Firearm Identification License)が必要でステータスに応じて階級があり所有できる武器の種類に規制がかけられています。 FIDによって管理されるため火器登録の必要は無いものとなっています。 技能の混合判定• ぜひともKPに「説得」をしてみましょう!(集団による言いくるめは一切無しですぜ、げへへ)• 禁止・および弱体化• 一日目:終了しますた• プロ,マンション入る前にサポートキャラ離脱 代理派遣:マリーサ追加• winさんが わんわんおとお遊戯 やってくれました…おかげで2階がとんでもない事になったよ!• カカオトコマの所に行ったissen…何も聞かなかった事に,ええ,悪い夢です.• ナーサリーさんとカールとニコラスは何か見つけたみたいだね.• 二日目:終了しますた• winさんのサポートキャラがissenによって帰らぬ人になったよ!でもかわりにワンワンオが出なくなって安心だね!• カールは安定して情報収集してるね!若干削れ具合が悪化していく傾向にあるみたいです.• プロェ…ヤバい人に目を付けられた感じがするね!• issen?あぁ,あいつは言う事をきかないからな…記者を見たようだぞ?これで見えるようになったな.もっと真相に近づけよー?うくくくく• 三日目:昼過ぎ• winさんは安定してのプレイだね!でも,そのスピードで探索して後半は大丈夫かな?• カールはニコラスを信用しすぎたようだ,サポートキャラ以外はどんな人かを,まずは調べてみることが大切になるぞ?• プロェ…大体,不遇としか言いようがないね?まぁ,能力と道具とを生かさないと今後生きて出れないかもしれないね.• issen君,出ようと努力しようぜ!クトゥルフにのめり込まれて侵食されてる感がひしひしと感じられるよ…もっとやれ!• 三日目:週末• winさんはGM側でしたね,残念やられちゃった….• カールはゴーストになったが,とりついた相手が悪かったな.• プロェ…最後の最後でニコラスに殺されてしまって助からなかったよ,ああ,プロ?プロは死んだわ!!• issen君,winさんに時間を与える間もなく殺した方がええんやで…?

次の

いあいあくとぅるふふたぐん!: 曖昧なる波

いあいあくとぅるふ

原作者自ら作品を「宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)」という言葉を使って表現しているのですが、果てしなく巨大で、人間には理解も対話もできないような未知のものに対する孤独感や不安、どうにもならないという恐怖を書いているのです。 それまでのホラーと言えば、吸血鬼や悪魔といったその土地の伝承、伝説、あるいは神話になぞらえたものばかりでした。 そんな経緯で、様々な映画やゲームに出ているモンスターも「クトゥルフ神話」をモチーフにしたものが多いと言われています。 特に、タコっぽい軟体生物などのモンスターや半漁人のような人間の特徴をもつ生物は今でこそ定番ですが、「クトゥルフ神話」によって定着されたとも言われています。 作品に魅力があるのはもちろんですが、約100年以上前の作品が今でもこれだけ人気があることには、また理由があります。 それは「TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)」です。 TRPGって何?という方は、をぜひご覧ください。 TRPGはファンタジーな作品から現代を舞台にしたものまで様々ですが、その中でもクトゥルフ神話TRPGは一ジャンルとして確立しているほど人気があります。 なぜ人気があるのか?それはクトゥルフならではのルールがあるからです。 そのルールとは、プレイヤーに「正気度」パラメーターがあること。 「SAN値」と言えば、聞いたことのある人も多いでしょう。 この「SAN値」、正気度が何かのアクションによって減ると、プレイヤーが「狂気」状態に陥ります。 この「狂気」によって、プレイヤーはゲーム中に大変な事に……こうしたストーリーが描けるのが、宇宙的、神性的なやばい奴が出てくるクトゥルフならではなのです。 このルールはクトゥルフ神話TRPGで最も有名な本「CALL of CTHULHU」で記載されているのですが、今では同人作品などを含めて幅広く親しまれています。 もちろんSAN値のないクトゥルフTRPGもあります。 そして、近年増えたリプレイ動画によってさらに人気が広がったと言えます。 そうした気軽に楽しめる、手に届くコンテンツになったことで、「クトゥルフ神話」は幅広い世代に親しまれるようになりました。 意味ももちろんあるのですが、ニュアンス的には「万歳!」とか「わっしょい!」的なもの。 呪文的な言いまわしで、思わず声に出して言ってみたくなる……そんな魅力があると思いませんか?そう思うならSAN値チェックです。 そして聞いたことのある人もいるであろう、有名な「ネクロノミコン」も「クトゥルフ神話」に登場する本なのです。 創作に登場する魔道書だというのに、多くの作家たちがその本の再現に挑戦していきました。 現代ではネット通販で買うことができる、お手軽魔道書です。 みなさんが気になっていたであろう神性、神話生物、宇宙生物ですが、たくさんいるのでその一部を紹介します。 ・クトゥルフ 「クトゥルフ神話」の顔とも言うべき存在で、小説「クトゥルフの呼び声」に登場した邪神。 タコのような頭を持つ巨人で、蝙蝠のような羽があり、手には長い爪。 体は鱗に覆われていて、肥満体型。 普段は海底に沈んでいる石造都市ルルイエに封印されていて、山のように巨大なのだとか。 崇拝している邪神教徒の人達が蘇らせようと頑張っているのですが、ルルイエがちょっと海上に出てしまうだけで人々に色々影響が……完全に浮上すると世界が大変なことになります。 ・ナイアーラトテップ ニャルラトホテプという呼び名の方が知っている人が多いと思いますが、アニメ化もした「這いよれ!ニャル子さん」のニャル子の元ネタです。 「クトゥルフ神話」の中でも人気が高い神性。 姿を変えることができるので、様々な容姿で作品に登場します。 小説「ナイアルラトホテップ」や「無貌の神」などに出るのですが、どちらのタイトルもナイアーラトテップの名称というのがポイントですね。 『ペルソナ2』や『ワイルドアームズシリーズ』などのゲームにも登場しています。 ・深きもの ラヴクラフトが唯一生前に出した「インスマウスの影」に登場する生物。 カエルのような顔で表面には鱗、手には水かきがあるという半漁人的な存在。 インスマウスの街に住んでいて、「父なるダゴン」と、そのダゴンが眷属であるクトゥルフを崇拝しています。 この生物たちがまさに「いあ!いあ!」とクトゥルフを讃えているのです。 ・グール この名前はゲームなども含めて、一番聞いたことがあるのではないかと思います。 元はアラブの伝承に登場する怪物なのですが、「クトゥルフ神話」にも生物として登場しています。 体は人間のようで顔は犬、地下に住みながら死者を食べています。 モンスターとしても色々な作品に登場しますね。 「クトゥルフ神話」では「ピックマンのモデル」で登場します。 ・ショゴス 体は粘液状で黒く巨大な生物。 目がたくさんついていて、「テケリ・リ」という特徴的な鳴き声が有名です。 粘着状でありながら、移動するときは転がるというバイタリティの持ち主。 元々「古のもの(いにしえのもの)」によって創られ、奴隷のように扱われていましたが、その後反抗し……ラヴクラフト作品の中でも傑作と言われている「狂気の山脈にて」に登場しています。 ・ミ=ゴ 薄赤色の甲殻類のような体を持ち、頭に触角のある生物。 体長は150cmぐらいで二足歩行、羽もついています。 生物的には菌類。 見たり触ったりはできるのですが、写真には写らず、テレパシーで会話をすることが可能です。 『FGO』のアビゲイルのぬいぐるみの名前の元ネタと思われます。 これはほんの一部です。 生物たちには上下関係などもあり、そのあたりを調べるのも面白いので、気になる方はぜひ調べてみてください。 せっかくなので本の紹介も。 編集部のクトゥルフ神話大好きマンのおすすめはなんといっても「 ラヴクラフト全集」。 全巻電子書籍でも買う事ができます。 筆者が個人的におすすめなのは、新紀元社から出ている「 クトゥルフ神話超入門」。 難しいことが分からなくても、会話タッチで「クトゥルフ神話」について優しく教えてくれます。 あと「 クトゥルフ神話 TRPG ログインテーブルトークRPGシリーズ 」も情報量がすごいので、どっぷり浸かりたい人はおすすめ。 TRPGの本ではありますが、クトゥルフのことも余すことなく書かれています。 TRPGも遊べるので一石二シャンタク鳥。 ライトノベルは「 這よれ!ニャル子さん」をはじめ、「クトゥルフ神話」をモチーフにしたものはかなりたくさんあります。 漫画で読みたい人は、田辺剛氏の「 狂気の山脈にて」や「 闇に這う者」などが良いのではないでしょうか。 小説と言えば、最近星海社FICTIONSから森瀬繚さん翻訳の「 クトゥルーの呼び声」が11月に発売したばかりなので、今がまさに「クトゥルフ神話」のドアを開けるチャンスです。 あと海野なまこさんの「 ゆるるふ神話」シリーズも、可愛いグッズなどが販売されていておススメです。 では最後はクトゥルフを讃える言葉で締めましょう。 読者の方々へはお詫び申し上げます。 また、記事へのご指摘、ありがとうございました。 (C)Getty Images 《タカロク》.

次の

#1 【リプレイ風】主将組が!いあいあくとぅるふ!!0【烏青葉梟猫】

いあいあくとぅるふ

そろそろこの記事を描き上げてしう。 液晶が音をたてている。 何かつるつるした巨大なものが体をぶつけているかのような音を。 しかし液晶を押し破ったところでを見つけられはしない。 極度の緊ないし恐怖の状況下で書かれたと考えられる支離滅裂とした内容であり、非常に不可解な記述を含むが、そのままの形で掲載する。 元来の出典は、かのが冒涜的な々を描いた幾多の文章のうちのめいた短編『』において、 であろう。 その訳の印深さと、恐怖に直面したが辿らざるをえない、名状し難い運命を徴する言葉として、同様なる冒涜的な禁断の知識をめる探索者達に広く知られるようになったと考えられる。 一方で 「に命に関わる状況下なのに、を手放さずに書き続けるっておかしくね?」という冷静なも想定されるが、あくまでもこれはである。 その手のは野暮の誹りを受けかねないので程々に。 類似の事例 「恐怖に直面した達が遺した手記や」といった類が一として形成されるに伴い、自身や知己の者たちによって、同様の末路を辿るは多く描かれることとなった。 以下に、類似の言を残すに至った者たちが登場するの一部を挙げる。 闇にさまようもの()• に乗りて歩むもの(• (・リー• 10年代のには「共同」という機があった。 交換手によって個人と個人が繋がる通話とは別に、の地域の加入者が利用出来る、いわばである。 は「」や「閉ざされた」にて、怪物に襲われるの様子を共同越しに展開し、際立った恐怖表現に成功している。 ニコニコ動画における扱い においてかの言葉は、あの名状しがたくも冒涜的な体系の探を好む夢想達にとって、そのようなめいた末路を徴する一種の符丁、あるいはのようなものとなっている。 また、外恐怖に直面したと判断した際、予め自称することによりやがて己が辿るであろう末路を示唆する、といった使用法が普及するに至った。 当初、内においては「」や「」等のが付けられたにおいて用いられた。 後、幾霜の果てが合一に近づくにつれ、名状しがたき音での冒涜的作品群が想像しがたきを遂げることとなったが、このことはロールに成功してしまい、彼の体系の認知に至ってしまう者らを生み出すに至った。 このが用いられる機会はなお増え続けている。 また、を享受するものらに共有されうる、符丁となっている句の一部として以下が挙げられる。 ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん• いあ!いあ!• め、は死んだ• のを埋めないと~ 他の劇中における類例 彼の体系とは関係の事例中においても、自称することにより己のめいた末路を示唆する、といった同様の使用法をされるものは多数存在する。 ここではその一部を挙げる。 関連項目 外存在を知ろうとする者たちにとって、恐らくは以下のものどもが、理解をする助けとなろう。 それにしても、のマースは、何故の問い合わせにく答えてくれないのだ?•

次の