シングル マザー 支援。 シングルマザーが住みやすい街とは?子連れ移住支援と人気の都道府県

シングルマザーを支援する公的な助成金や援助について解説

シングル マザー 支援

スポンサーリンク 3組に1組は離婚すると言われている中で親権を握ることの多い女性はシングルマザーとなり、生活に困窮している方も多いですよね。 その一方で人口が減り続ける地方では、移住者を増やす地方創生の一環でシングルマザーを受け入れる支援を行なっている自治体も多くあります。 都心では待機児童の問題や高い生活費など様々な面でシングルマザーとして子供を育てるハードルがありますが、地方に移住することで生活コストを下げながら自治体から支援が受けられるため、地方への移住を考えるシングルマザーが最近増えているんです。 離婚を機に 「心機一転、新しい土地で子供と一緒に頑張りたい!」という前向きな気持ちで人生の再出発をはかる方も多いのかもしれませんね。 移住支援制度とは? 地方創生の予算は2019年度に1,150億円と、昨年と比べ150億円増加し、東京一極集中を脱する為に国を挙げて取り組んでいるプロジェクトです。 若者を地元の大学へ進学させるためであったり、中古の住宅市場を活発化させるためであったり、訪日外国人を地方に呼びこむためであったりと…様々な目的で予算が投じられています。 その中でも移住支援制度は様々な自治体が力を入れており、子育てや医療、また移住者への仕事のあっせんなどシングルマザーにも有利な制度がたくさんあるんです。 特にシングルマザーの移住に力を入れている地方自治体を紹介します! スポンサーリンク シングルマザーの移住受け入れに積極的な都道府県3県 島根県浜田市 島根県浜田市では県外からの定住者の推進を図るため、シングルマザー・シングルファザーの就労人材育成事業を行なっており、2019年時点で8期目の研修生を募集しています。 応募条件• 月給15万円以上の給与• 1年目のみで2万円を上限としますが、家賃半額の補助• 1年目のみにはなりますが、月3万円の教育資金の補助• 一部自己負担ではありますが、中古自動車を無償で提供• 一時支度金として30万円の補助• 研修が修了した後に同じ事業所で5年の就労が経過した際には、100万円の奨励金• 業務上の資格取得の支援 兵庫県神河町 兵庫県神河町ではシングルマザー移住支援事業を行なっており、2018年9月末の時点で8世帯23人が移住しています。 自然豊かで子育てをする上での環境が整いながら、姫路まで車で約30分という立地は都会から移住する方も検討しやすいのではないでしょうか。 シングルマザーが受けられる主な支援• 高校卒業までは医療費は無料• 所得による変動はあるものの、第一子の保育料無料 また第二子以降は無料 所得による変動はありますが、幼稚園の保育料も無料• 所得による変動はありますが、小学生を対象とする放課後の学童保育料が月額3,000円。 利用時間は月曜日から土曜日午後6時まで利用可能• 月額4万円以上の家賃部分に最大2万円を上限とする補助• 5万円を上限とする神河町へ引越し費用の半分を補助。 尚、母子世帯の場合は10万円が上限 他にも、実際に移住した方に相談に乗ってもらえたり、職業支援や地域交流会なども用意されているので、見知らぬ土地に移住する方には心強いですね。 何より移住されているシングルマザーの方が多くいらっしゃるのは検討しやすい材料になります。 北海道幌加内町 北海道幌加内町以外に住んでおり、中学生以下の子供と同居しているシングルマザー・シングルファザーの方で、同町に移住・定住しながら町内の介護施設で就労できる方を対象として支援制度を設けています。 現在では5世帯14名の方が移住しています。 シングルマザーが受けられる主な支援• 月給17万円の給与の保証• 養育中の最後の子供が満18歳を迎え、最初の3月31日まで月額3万円の養育費の補助• 月額3万円以上の住宅に居住した場合、上限3万円を限度とする半額の補助• 幌加内町への引っ越しに伴う準備金として20万円の補助• 幌加内町で定住し、介護施設での就労が5年経過した際に50万円、10年経過した際に100万円の助成支援 このような様々な移住支援が自治体によって設けられています。 上記であげた3つの自治体は、特にシングルマザー・シングルファザーの移住に対して積極的に取り組んでおり、移住された方の実績もあるおすすめの自治体です。 自治体側にも職業支援をすることによって「働き手が増える」というメリットがありますので、移住の相談には親切にアドバイスがいただけるんですよ。 地方移住についての疑問点や質問がある方は、まずは気軽に相談してみましょう。 無料の地方移住体験ツアー・仕事・空き家を無料で探す 地方移住のメリット 心機一転、ゼロからスタートできる シングルマザーの方の中には「誰も知らない土地で、ゼロからやり直したい」と考える方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。 これまで過ごしてきた土地にしがらみがある、もう忘れてしまいたい…そんな気持ちを持つシングルマザーにとって、住む場所も仕事もすべてをゼロからやり直せる地方移住は絶好の制度ですよね。 自然豊かな土地で子育てできる 豊かな自然の中で子供を育てたいと思う方は多いはず。 俳優の柳葉敏郎さんも子育ての環境を優先されて、秋田の自宅から東京に通っているそうです。 都心に人口が集中する理由のひとつとして「地方に仕事がない」ことがあげられますよね。 仕事がないからしょうがなく…と都心に出ているという方も多いと思いますが、地方移住支援を利用すれば、 生活する上で不可欠な「経済的な不安」を解消できます。 都会と比べて待機児童も少なく、子供にとっての環境もよい地方へ移住することはシングルマザーの一つの選択肢ではないでしょうか。 余談ですが、子供の英語教育のために、 物価の安いアジアなどへ海外移住する母子家庭も年々増えているんですよ。 仕事付き・家賃補助付きなど手厚い支援が受けられる 「 田舎に移住して、仕事がみつかるか不安」 前項の例だけでなく、地方移住支援に力を入れている地方自治体はたくさんあります。 田舎暮らしというと農業のような一次産業の仕事しかないイメージをもたれる方が多いですが、高齢化が進む地方では 医療・介護関係の仕事や、事業継承、またフリーランスとしてIT関連の仕事に従事したり、助成金を利用して起業する…といった様々な働き方が可能となっています。 介護職をはじめとする 指定業種の研修と、生活のための補助金を給付する事業もありますし、地域おこし協力隊として働く場合は、 家賃が無料になるケースもあります。 地域の人々とふれあいながら、自分が活躍できる仕事や、希望の働き方について、じっくり検討することができるでしょう。 生活費が安い 土地や空き家が余っている地方は、今後も家賃の下落が続く流れにあります。 ですので、 地方移住された方の中には東京と比べて家賃が10分の1になったという方もいらっしゃるんですよ。 家賃が安くても、東京と比べた平均時給が半分になるわけではないので、安定した仕事さえ確保できれば圧倒的に生活コストが安くなります。 地域との関わりが深い 都心は単身世帯も多く住んでおり、引っ越しも頻繁に行われるため地域との関わりは希薄になりがちです。 地方であれば、たとえ自分の子供でなくても目をかけてくれる大人がたくさんいます。 また、昔に比べて子供の数が減った影響もあるので、地域全体で子供を大切にする流れもあるでしょう。 スポンサーリンク 地方移住のデメリット 交通網が不便 地方移住の弱点は「車がないと生活できない」こと。 特に都心から移住してくるシングルマザーは、免許を持っていなかったり、新しい車を買わなければいけない方もいらっしゃるでしょう。 シングルマザーにとって車購入の負担は大きいですよね。 電車を使える地域であっても、都心に比べると本数が少ないなどの問題がありますので、移住先を考える際には田舎と都会のバランスは重要になります。 村八分・地域のコミュニティに合わない 地方というのは長くからその地に住んでいた人たちが作り上げてきた文化やコミュニティがあります。 縁もゆかりもない土地に移住した場合、よそ者扱いされて 村八分にあったり、文化や風習が肌に合わない可能性があります。 地方への移住を考える際は、上記にあげたような「本気で移住者を受け入れる取り組み」をしている地方自治体や、実際に移住された方のアドバイスを受けられるような体制が整っている地域が望ましいでしょう。 病院が少ない 地方は病院の数が限られています。 病院をたらい回しにされる、というニュースを見たことがある方も多いと思いますが、地方の人手が足りていないのは病院も同じ。 国も地方に医師を呼び込もうと様々な対策を行なっていますが、なかなか進んでいないのが現状です。 万が一の緊急時のために、かかりつけ医をみつけておくことや、より健康に気をつける必要があります。 母子家庭の地方移住まとめ シングルマザーの方が移住する上で具体的な支援を行なっている地方自治体や、移住する上で考えるべきメリット・デメリットをご紹介しました。 上記の地方以外にも様々な対策を行っている地方自治体はあります。 また、年度によって予算や対策が変わったりもするので、地方移住を検討しているシングルマザーの方は、最新の情報を常にチェックしていることが重要です。 近年、ネットインフラの発達で情報の早い遅いなども都心と地方で差がなくなってきました。 今後、自動運転や遠隔での医療診断・手術など、今まででは考えられない技術が発達することにより、さらに地方へ移住する方が増える可能性は高まっています。 また、地方移住の受け入れ地域だけにこだわらず、家賃が安く、シングルマザーの子育て支援に力をいれている地域への引っ越しも、ぜひ検討してみてくださいね。 「都心に住みつづけるべきか、地方移住制度を利用するか…」 どんな環境で生活するのがあなたとお子さんに合っているのか、十分に情報収集した上で、お子さんとの新しい生活をスタートさせましょう。

次の

【まとめ】シングルマザーの支援団体9選【活動内容・場所・料金など】

シングル マザー 支援

世間は決して冷たくない!シングルマザーのための支援を知ろう 現在、私たちの社会ではライフスタイルが多様化して、シングルマザーとして女性だけの力で子育てをすることを選ぶ女性が増えています。 平成23年度調査では、 シングルマザー世帯の数は約124万世帯。 その 約80%が離婚を経験して一人での子育てを選んでいるのですが、まだまだ「婚姻した男女が夫婦そろって子育てをするもの」という意識が強い日本では、生活しづらい面があるようです。 シングルマザーの女性たちが直面する困難は、なんといっても金銭的なことでしょう。 シングルマザーを選ぶ人の理由は人ぞれぞれですが、先行きになかなか大きな壁が立ちふさがっていることに、ため息をついてしまう女性も多いのはないでしょうか。 でも、子供さんのためにもどうか前を向いてくださいね。 シングルマザー世帯への支援制度19 増え続けるシングルマザー世帯に対して、国や自治体、一部の企業が生活や就業などのサポート体制を整えていますし、手当金や助成金などの様々な経済的支援をおこなっています。 では、女性が安心して子育てをするための、 シングルマザー世帯への支援制度をご紹介しましょう。 1児童手当 児童手当はシングルマザー世帯に限らず、児童を育てる保護者に対して地方自治体から支給される手当金で、 「子ども手当」の名称でもおなじみですね。 支給の対象となるのは 日本国内に住む0歳以上中学卒業までの児童です。 所得や児童の年齢や対象児童の人数によって金額は変わりますが、 最大15,000円もの金額になる手当金ですので、忘れずに支給を受けておきたいですね。 申請場所は 世帯主が健康保険や国民健康保険の加入者の場合はお住いの市町村区区が窓口になり、 世帯主が公務員の場合は職場が申請窓口となりますので注意してください。 2児童扶養手当 児童扶養手当は離婚や死別などによって一人親世帯となった家庭の児童のために、お住いの 地方自治体から支給される手当金です。 対象となるのは 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童で、この手当に関しては遺族年金などの他の公的年金を受給している世帯でも支給を受けることができるんですよ。 支給される金額は所得によっても違うのですが、児童1人で全部支給の場合は 41,020円もの金額になる手当金ですので、お住いの 市町村区の福祉課などで申請をしてくださいね。 3児童育成手当 児童手当は地方自治体が実施している一人親世帯へのサポート事業で、 離婚や死別などで一人親世帯となった、18歳未満の児童を持つ家庭に支給される手当金です。 ただし、この手当金は各都道府県や自治体によって行っていない場合もあるので、まずお住いの市町村区へ確認をしてみて下さいね。 児童育成手当も所得による金額の差はありますが、東京都の場合は児童一人に対して 月額13,500円の金額になります。 申請方法も自治体によってそれぞれですので、お住いの 市町村区の福祉課などへ早めに問い合わせをしてみましょう。 4生活保護 生活保護は生活保護法という法律で保障されている 公的扶助制度で、シングルマザー世帯にかかわらず、経済的に困窮する世帯に対して生活に必要な最低限のお金を支給してくれます。 子育ての手間があって、なかなか就業しにくいという環境もある方は、こういった公的扶助制度もどんどん利用していきましょう。 生活保護も各地域で定められた 生活保護基準額を超えて収入がある場合には、支給の対象になりません。 自分の家庭が支給の対象になるかどうかは、お住いの 市区町村の生活保護窓口に問い合わせてください。 5遺族年金 遺族年金は国民年金などに加入している被保険者が亡くなったときに、 残された遺族が支給を受けることができる公的年金です。 遺族年金の支給額や申請方法などは、 加入しているのが国民年金であるのか、厚生年金であるのか、公務員の共済年金なのかによって違いがありますので注意をしてください。 6ひとり親家庭住宅手当 母子家庭・父子家庭の住宅手当は、 20歳未満の児童を養育しながら月額1万円以上の賃貸住宅に住むシングルマザー世帯をサポートしてくれる、地方自治体の助成制度です。 世帯の収入額によって助成を受けられない場合もあるのですが、各自治体で定める基準を満たしていれば 月額5,000~15,000円のお金を助成してもらえます。 この制度は実施していない地方自治体もありますので、お住いの市町村区の福祉課にあらかじめ確認をしてください。 7就学援助 日本では小学校と中学校は義務教育なので授業料自体は無料なのですが、子供が学校に通うためには給食費など、さまざまな費用が必要になってきます。 こういった 教育にかかる費用を支援してくれるのが、各地方自治体で行っている就学援助制度。 授業を受けるためのノートや鉛筆、運動着だけでなく、修学旅行などの積立金など、 購入金額の8~9割を助成してくれる場合もあるのだとか。 就学援助はお住いの自治体によって所得制限や児童数で判断基準が違うようですが、申請の窓口はお住いの 市町村区の教育委員会になります。 あらかじめ申請をしておくことはもちろんですが、購入した学用品などの レシートをしっかり保管しておいて、申請に役立てて下さいね。 8ひとり親家族等医療費助成制度 子供の医療費は内容によって大きな金額になってしまいますが、シングルマザー世帯が困窮などによって適切な医療を受けることができない子供がでないよう、各地方自治体では一人親世帯の医療費をサポートする助成制度が設けられています。 子供が 18歳になるまで助成の対象になり、病院や調剤薬局などでかかった 自己負担額から400~800円前後の福祉医療一部負担金を差し引いた額を助成してくれるという、とてもありがたい制度なのです。 ただし、生活保護を受けている場合、あるいは世帯の収入によっては助成対象にならない場合もあります。 「 母子家庭等医療費受給者証」の交付を受ける必要がありますので、お住いの 市町村区の福祉課に問い合わせをしてみて下さい。 9義務教育就学児の医療費助成 もしあなたの収入が自治体の基準額より上で、ひとり親家族等医療費助成制度の対象にならない場合は、子供さんの年齢に注意してください。 子供が 義務教育就学前であれば、一人親世帯に限らず、すべての児童の医療費の一部を助成してくれる、義務教育就学児の医療費助成制度があります。 こちらの制度も、一部負担金の金額や手続きの方法など各地方自治体によって違いがありますので、お住いの 市町村区の福祉課に問い合わせをしてみて下さいね。 10国民年金・国民健康保険の減免 正規職員であれば会社で社会保険への加入手続きをとってくれますが、パートやアルバイトなどの非正規職の場合は、自分で国民年金を支払っていかなくてはいけません。 将来のために絶対に必要になる国民年金や国民健康保険ですが、 ママの収入状況や生活状況によっては、家計の大きな負担になってしまうこともありますね。 そんな時には、 保険料の減免や免除を受けることも検討していきましょう。 前年度の所得が基準額よりも低く、保険料を納めることが難しい場合は、申請することによって一定の保険料の納付を免除してもらうこともできます。 お金がないからと 保険料を未納にしていると、老後の年金受給額に支障が出てきてしまいますので、こういった制度も上手に利用していきたいですね。 ただし、こういった減免・免除制度は利用すれば将来的な年金受給額が減ってしまうこともあるので、長い目で見て利用する必要がありますから、お住いの 市町村区の相談窓口に相談をしてみるといいでしょう。 11所得税・住民税の減免 私たちは生活をするために収入に応じた税金を支払っていますが、各地方自治体に支払う所得税や住民税は金額も大きく、収入の少ないシングルマザーにとっては負担になることもあります。 そんな時には、税金の減免をしてもらいましょう。 離婚や死別などによって一人親となった世帯で、 年間収入が概ね204万円以下であれば、所得税も住民税も非課税の扱いになります。 204万円以上の収入がある世帯でも、 27~35万円を税金から控除してもらう 寡婦控除や 特別寡婦控除の制度がありますので、所得が不安定な場合には 市町村区の福祉課に問い合わせてみましょう。 12保育料の免除・減額 シングルマザーは自分で生計を立てていかなくてはいけないので、実家の両親などを頼ることができない場合には、子供を保育所などに預けなくてはいけませんね。 施設が公立のものであるか、私立であるかにも違いはありますが、 保育料に関してもママの収入によって免除や減額できる制度がありますので、まずは 保育所に相談をしてみましょう。 13公営住宅への優先入居 一般の賃貸に比べて格段に家賃の安い公営住宅は、入居希望者が多く、なかなか入居できないのが現実ですが、生活に困っているシングルマザー世帯に対しては 優先的に入居をさせてくれる制度のある自治体があります。 こういった制度の設けていない自治体もあるのですが、離婚などにより新しい住居を探している時には頼りになるサポートですので、お住いの 市町村区の福祉課に問い合わせてみて下さい。 14水道料金の割引 生活をするために必須の水道ですが、児童扶養手当を支給されている世帯を対象に 上下水道料金の一部の割引や、全額を免除してくれる水道局の割引制度があります。 この割引制度は自治体によって大きな差があるようで、世帯の収入によって割引額が変わる、あるいはまったく制度がない自治体もあります。 中には申請の時期が1年間のうちの一定の月に限られているところもあるようですので、 早めに水道局に確認をしてみて下さい。 15粗大ごみ処理手数料の減免 生活で出たごみは基本的に処分料がかかりますが、東京都新宿区などの一部の区では 児童扶養手当や生活保護を受けている世帯を対象とした、粗大ごみの処理手数料の減免制度があるそうです。 引越しなどで沢山のごみを処分しなくてはいけない場合には助かりますよね。 こちらに関してはあまり制度化している自治体が少ないので、一度 お住まいの区市町村に問い合わせてみてください。 16交通機関の割引制度 住んでいる地域によって料金や割引額に違がありますが、多くの自治体では児童扶養手当を受けている世帯の ママや子供達が通勤や通学に必要となるJRの通勤定期乗車券を、通常の3割引前後で購入できる制度を設けています。 ママの就業や子供の教育のためにとてもありがたい制度なのですが、 学割などとの併用はできないケースが多いので注意をして下さいね。 まずは住んでいる 市町村区の福祉課に相談をしてみましょう。 17母子父子寡婦福祉資金貸付金制度 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度は、 20歳未満の児童を養育している一人親世帯を対象に各都道府県が実施しているサポート制度で、シングルマザーが経済的に自立して生活することができるよう、 無利子か低い金利でまとまったお金を貸してくれる制度です。 子供の進学にかかる 修学資金や子供の 結婚資金、新しい仕事をするために必要な技能を学ぶための 技能習得資金など、その他にも幅広い理由に対応して貸し付けをしてくれますし、世帯の収入や生活状況に応じて返済計画が立てることで世帯への 負担が少なくなるよう配慮されている嬉しい制度なのです。 実施しているのは都道府県ですが、 申請はお住いの市区町村が窓口になりますので、どんな貸付金を利用できるのか確認をしておくと安心ですね。 18預金利子非課税制度 銀行に定期預金などでお金を預けた場合につく利子には、所得税と住民税がかかってしまいますが、児童扶養手当を受給している一人親世帯に対しては、 350万円までの預金や公債の利子が非課税扱いとする預金利子非課税制度というものがあります。 通帳に利子として記載されている金額はすでに税金を引かれている金額なのですが、たとえわずかな金額でも、税金がかからないことは生活の支えになりますよね。 ただ、中にはこの制度を利用できない銀行もありますので、申請の方法などは、取引をしている 金融機関に直接問い合わせをして確認してみて下さいね。 19福祉定期預金 福祉定期預金は、児童扶養手当を受給している世帯を対象に、 一般の定期貯金の金利によりもお得に貯金を預けることができる1年間の定期貯金です。 よく知られているのがゆうちょ銀行の「 ニュー定期福祉貯金」ですが、こちらは一般の定期貯金の金利に 0.25%の金利を上乗せしてくれますので、少しの金額でも確実に増えていくというメリットがありますし、子供の養育費などの まとまったお金の貯蓄にも向いています。 ゆうちょ銀行だけでなく、地方銀行などにも取扱いしている銀行があるようなので、 お近くの銀行の取り扱いもチェックしてみてくださいね。 制度を有効活用して子育てしやすい環境に まとめてみると、シングルマザーへの支援には様々なものがあり、 生活の細かい部分までサポートが行き届いている印象ですね。 しかし、日本ではまだまだシングルマザーの肩身が狭いのが実情で、なかなかこういった支援制度が認知されておらず、十分に活用されていない面もあるかもしれません。 今回ご紹介した支援制度のほとんどは、 自分から申請をしないとサポートを受けることができませんので、ぜひ積極的に市町村区の相談窓口を頼ってみて下さいね。 また、自治体によっては独自にネウボラ事業を行っているところもあるので、まずはお住まいの自治体で確認するようにしましょう。 シングルマザーを選択する理由は人それぞれですが、離婚も死別などの事由は誰にでも起こり得ること。 離婚や死別などの大きな困難を乗り越えてシングルマザーとなったのに、就業や子育て、さらには金銭的な問題など、目の前に立ちふさがる壁の多さにヘコむことも多いでしょうが、子供のため、自分のために自立する大きな決断をした 自分に自信を持つことも大切です。 誰もが陥りかねない困った状況を社会全体が支え合うのが、シングルマザーに対する支援制度。 シングルマザー世帯の子供にとって大事なのは必ずしも経済的な豊かさではなく、 ママの笑顔です。 子供のためにも 一人で問題を抱え込まずに、さまざまなサポートを上手に利用していけたらいいですね。

次の

シングルママのサポートNPO法人リトルワンズ

シングル マザー 支援

2020年6月3日】 児童扶養手当の受給世帯と、遺族年金などを受給していることで児童扶養手当を受給していない低所得のひとり親世帯と、今回のコロナで収入が落ち込んで児童扶養手当の受給要件を満たしたひとり親世帯を対象に、 5万円の臨時特別給付金の支給が、第二次補正予算案盛り込まれ、5月27日に閣議決定されました。 新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい環境に置かれているひとり親世帯向けに政府・与党が検討していた支援策が25日、固まった。 低所得の家庭向けの 児童扶養手当を受給している世帯に5万円の「臨時特別給付金」を支給し、子どもが1人増えるごとに3万円ずつ加算する。 すでに児童扶養手当や公的年金を受給し、 今回、収入が大きく減少したひとり親世帯には、さらに5万円を支給するといい、 世帯によっては計10万円超を受け取ることになる。 支援策は政府の今年度第2次補正予算案に盛り込まれる見通しだ。 児童扶養手当を受給している世帯だけでなく、今回の事態によって収入が落ち込み、手当の受給要件を満たした世帯にも5万円を配る。 約120万世帯分の1400億円を見込んでおり、 支給は8月以降となる見通し。 引用元: 【対象】 2020年6月分の児童扶養手当を受給していないけど、新型コロナの影響で収入が児童扶養手当支給対象の水準まで減ったひとり親世帯 【支給金額】 子ども1人の場合は 5万円。 子どもが複数の場合は 第2子以降3万円を加算。 ちなみに、この給付金の扱いは非課税となり、8月から順次支給スタート予定とのことです。 参考記事: 【NEW! 給付対象は、今月27日時点の住民基本台帳に記載されているすべての人(年齢など関係なし)• 給付金額は1人10万円• 受給するのは、世帯主• 申請手続きは、郵送orオンライン(マイナンバーカードがある人のみ)• 郵送の場合は、市区町村から世帯主に書類が送られてくるので振込先の口座など記入して返送• 申請期限は、受け付け開始から3か月以内(受付開始日は市区町村が決める) 手続きそのものは、特に難しくなさそうでホッとしました。 児童手当1人1万円上乗せ 引用元: 児童手当の1人1万円上乗せ支給の概要は以下です。 2020年4月分の児童手当を受け取る子が対象。 ただし、今年4月に高校生になった子も含む。 0歳は今年3月末までに生まれた子が対象。 申請は不要(逆に希望しない人だけ申し出る)。 5月以降、市区町村から給付金の案内チラシと、希望しない場合の申し出書が発送される。 支給は6月ごろになる見通し。 子供の休校で仕事を休んだとき 子供の小学校の休校や保育園の臨時休園で仕事を休んだ場合の休業補償は、会社員・フリーランス共に国は制度を用意しています。 が、事実上、この休業補償が働く人の手に届くことは、少なそうだな、と感じています。 (この場合、特に本人が何か手続きをする必要はありません。 ) この助成金を利用している企業の従業員は、正規、非正規を問わず、休業中の給料の全額を受け取れます。 保護者に特別休暇を与えた企業への助成金についても、 日額上限を8330円から1万5千円に引き上げる。 引用元: ただし、全企業がこの助成金を利用するとは限りません。 「申請が面倒」「休んでも全額支給されることになったら大量に休む人出てくるから困る」など、利用を拒否している企業もあるようです。 ただし、こちらの申請には休校になる前に業務委託関係があったことがわかるメールや、業務委託契約書、それがない場合は発注者の印鑑が押してある「業務委託契約等契約申立書」などの証拠書類の提出が必要です。 引用元: このように、日額も4100円から7500円に引き上げられました。 (4月1日以降に休んだ分が7500の対象) 詳細は以下の記事にまとめています。 失業したとき 万が一、失業したときでも、一家の生活費くらいの収入があるひとり親家庭の場合は、失業保険の対象になることが多いと思いますので、いきなり収入がなくなるケースは少ないかと。 雇用保険とは 従業員を雇っている会社は、条件を満たす従業員全員を雇用保険に加入させる義務があります。 正規雇用の場合は必ず加入。 パートなどの非正規雇用の場合でも、週の労働時間が20時間以上あり、継続して31日以上雇用される見込みがある場合は加入必須とされています。 もらえる金額は、 在職中の賃金日額の60~80%程度(年齢や収入で異なるので正確な金額はハローワークで要確認)。 失業保険が給付されている期間中は、ハローワークを通してきちんと就職活動を行うことが求められますが、それでも3ヶ月間もとの収入の7割程度がもらえるのは助かります。 自己都合 会社都合 支給対象 離職の日以前の2年間に、11日以上働いた月が12か月以上あること 離職の日以前の1年間に11日以上働いた月が6か月以上あること 支給開始の最短日 3ヶ月7日後 7日後 支給期間 90~150日 90~330日 退職時に会社から交付される「離職票」に記載される離職理由によって、失業手当の支給開始時期や支給期間が変わってきます。 離職理由を「自己都合」とされてしまうと、3ヶ月の待機期間が発生し、給付を受けられるようになるまで時間がかかってしまう上に、支給期間も短いです。 新型コロナの影響が原因で会社が経営不振に陥り、退職を求められた場合、通常は「会社都合」退職になるはず。 ですが、会社が離職票に事実と異なる記載をすることもまれにあるようなので、退職の合意をする際には、離職理由が「会社都合」となっているかどうか確認する必要アリです。 失業手当の60日間の延長になるニュースが入ってきました!【2020年5月26日追記】 【失業手当の支給日数を60日延長へ 厚労省が雇用対策】 新型コロナの影響で解雇・雇い止めされたなどの条件を満たせば、 60日間延長する。 自己都合で退職した場合も、対象になる可能性がある。 また、 会社から休むよう指示されたのに法定の休業手当を受け取れない中小企業の働き手のために、 働き手が直接ハローワークに申請して受け取れる給付金を新設。 月額33万円を上限に、賃金の8割を払う。 【対象】 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難になっている世帯 【貸付金額】 二人以上世帯では毎月20万円が上限。 貸付期間は原則として3ヶ月以内。 【特徴】 貸付なので、毎月の返済は必要ですが、無利子なのが特徴。 すぐに返済することが困難な場合は1年以内の据置期間(=返済を待ってもらえる期間)が認められ、返済開始から返済終了までの期間は10年以内と緩いです。 失業して、家を失った方、家賃を払えなくなる可能性が高い方に国や自治体が 家賃を支給するものです。 就職活動中の家賃を原則として3か月間、最長で9か月間受け取れます。 2020年4月20日より、失業や廃業で仕事を失っていなくても、コロナや経済状況の悪化など、自分ではどうしようもないことが原因で収入が減った場合には、住宅確保給付金の対象になるように変更になりました。 また、 2020年4月30日より、これまで支給の条件になっていた「ハローワークに求職の申し込みをすること」というのが撤廃されました。 これによって、フリーランスや自営業の人たちにとっても、以前より利用しやすい制度に改正されました。 また、通常、自営業やフリーランスなどで国民健康保険に入っている人は、傷病手当金はもらえないのですが、コロナに感染した場合は特例で支給対象にするように、厚生労働省が各自治体に通達を出しています。 対象だと判断されれば、 生活費を無利子で借りることができます。 生活福祉資金貸付制度には、 緊急小口資金と 総合支援資金の2種類があり、 併用することも可能となっており、 最大80万円が無利子・保証人無しで貸してもらえます。 各自治体の社会福祉協議会によって、窓口での申請以外に、郵送で受付しているところも出てき始めました。 また、6月上旬からは、緊急小口資金のオンラインでの受付も始まる予定とのことです。 加藤勝信厚生労働相は19日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で休業や減収となった人が最大20万円借りられる 「緊急小口資金」について、6月上旬にもオンラインでの受け付けを始めると発表した。 フリーランス・個人事業主で、事業収入が大幅に減ったとき フリーランス・個人事業主として働いているシングルマザーの方で、昨年に比べて同月比50%以上収入が減った月がある場合、「持続化給付金」という国の支援を受けられる可能性があります。 2019年以前に開業届を出していて、個人事業主として仕事をしている方が対象• 持続化給付金の対象が拡大されるというニュースが入ってきました!【2020年5月26日追記】 梶山弘志経済産業相は22日夕に会見し、 収入を「雑所得」や「給与所得」で計上していたフリーランスも持続化給付金の対象とすると述べた。 ーーー中略ーーー 6月中旬に申請受付を開始できるようにしたいと述べた。 引用元: 持続化給付金の新たな対象者• 2020年の1~3月に開業した事業者(2020年開業月~3月までの売上の平均が2020年4月~12月のいずれかの月の売上と比較して50%以上減少している月があれば給付の対象に)• 収入を「雑所得」や「給与所得」で確定申告していたフリーランス 現時点では、まだ新たな対象者の方の申請受付は始まっておらず、提出する書類の詳細も決まっていませんが、 6月中旬から受付開始になる予定とのことです。 詳細は以下の記事をお読みください。 【自治体独自の制度】ひとり親家庭向けのコロナ支援政策 各自治体が独自で、独自でひとり親家庭向けのコロナ支援制度を用意しているケースも出てきました。 特に愛知県安城市の、児童扶養手当の受給世帯に3万円給付というのは、市の英断ですね。 国の施策は待ってられないということなのでしょうか、これくらいのスピード感が全国から求められてますよね、ほんとに。。。 対象は新型コロナウイルスの影響で雇い止めなどにあった市内在住のひとり親の社員やパート従業員などを想定し、緊急雇用対策として実施するということです。 仕事の内容などはこれから調整し、最大100人、任期は6か月を予定しているということで、3月31日に募集を開始したいとしています。 引用元: 大阪府枚方市・新型コロナウイルス感染症に係るひとり親等のための休業手当金制度 万が一、感染拡大の状況によって保育園などがが閉鎖される状況になった場合に、休業を余儀なくされるひとり親に対する支援策が打ち出されています。 (保育園などが開いている間はこの制度は適用されません) 引用元: 愛知県安城市・児童扶養手当の受給世帯に3万円支給 安城市は二十四日、新型コロナウイルス感染症の影響に対する市民生活の支援策として、 児童扶養手当の受給世帯を対象に、一世帯当たり三万円を支給すると発表した。 市によると、感染拡大を受けての現金給付は県内初という。 給付金は児童扶養手当の支給月に合わせて口座に振り込む。 対象者には申請書類が送られ、最短で五月に支給される。 引用元: 兵庫県明石市・児童扶養手当の受給世帯に5万円支給 明石市は、新型コロナウイルスの影響で収入が減る世帯への支援策として、児童扶養手当を受給しているひとり親世帯に現金5万円を上乗せして支給することを決めました。 引用元:【NHK NEWS WEB】 香川県三豊市・ ひとり親家庭への支援上乗せ 香川県三豊市は13日、ひとり親家庭などを対象とした児童扶養手当について次の5月、7月は支給額を上乗せすると発表した。 ーーー中略ーーー 児童扶養手当は、年齢要件を満たす子どもの人数や親の所得に応じて支給額が決まり、年に6回支払われる。 三豊市は要件を満たす子どもが1人の場合は1期あたり3万円、2人なら7万円を上乗せし、3人目以降は1人あたり5万円ずつ加算する。 そんな中できることは、• 楽しく節約生活を送るワザを身につける!• 家やスマホでできるポイ活や、簡単な副業を1~2個はトライしてみる! こんなところじゃないかと思います。

次の