シカゴ先物 リアルタイム。 米国シカゴコーン先物 チャート

シカゴ 日経 平均 先物 リアルタイム チャート

シカゴ先物 リアルタイム

海外の市況のうち特にナスダック総合指数やNYダウ30種類平均をを含んだ米国の市況は翌日の日本の株式市場に影響を与えます。 米国がくしゃみをすると世界が風邪を引くとも表現される程です。 なかでも米国市場に上場している日本企業の証券(ADR)は特に日本の株価と連動性が高い為にADR銘柄の動向は注目されます。 SOX指数 フィラデルフィア半導体指数 とは、フィラデルフィア証券取引所の半導体の設計、流通、製造、販売を手掛ける19の代表企業株で構成される指数。 セミコンダクター(半導体)の先行きを占う指数として、とても注目度の高い指数です。 ラッセル2000指数とは、フランク・ラッセル社が毎年5月末に米国株9000社のうち時価総額上位3000社の株式をランク付けし、そのうち下位の2000 社でつくった株価指数がRussell 2000 と呼ばれ、米国小型株の代表的な指標とされています。 中南米 株価指数 ボベスパ ブラジル 22:00~ メルバル アルゼンチン 23:00~ IPC メキシコ 23:30~ BRICsやIBSACといった用語が注目されています。 新興市場国として将来が期待されている国の総称です。 【 BRICs】 <ブリックス> ブラジル(Brazil)・ロシア(Russia)・インド(India)・中国(China)の頭文字から経済成長が著しいブラジル・ロシア・インド・中国の 4 か国の総称。 レポートでは現状のまま経済が発展していくと,2050 年には世界の GDP 上位 6 位までにこの 4 か国が入ると予測されており,今後の世界経済の動向に大きな影響を与える新興大国群として注目されている 【 IBSAC】 <イブサック> ブリックスに対して・ロシアを除いて南アフリカ(South African Republic)を追加した 4 か国の総称。 原油市場の価格の変動要因には世界の景気動向、産油国の生産動向、最大の消費国である米国の在庫量、国際政治情勢などが挙げられます。 一般的に原油価格の上昇は、インフレ懸念から株安に影響します。 原油価格は世界経済に大きな影響を及ぼす商品でその影響は重要な株価変動要因のひとつとしてとらえることができます 金先物相場は外国為替相場がドル安円高になれば国内の金価格は一般に下落し、逆にドル高円安になれば国内の金価格は上昇するというドル相場と逆相関係にあるのが普通です。 また政情不安、インフレ、生産減少なども金価格の上昇の要因となります。 CRB先物指数は、Commodity Research Bureau社が算出する商品先物指数。 商品市況の指数では最も注目される指標であり商品市場への資金流入やインフレの傾向を計ることができます。 この指数を構成する19品目は、原油、無鉛ガソリン、暖房油、天然ガス、金、銀、銅、アルミニウム、ニッケル、トウモロコシ、大豆、小麦、綿花、生牛、豚、コーヒー、ココア、オレンジジュース、砂糖。 日経平均株価指数は、東京証券取引所1部上場銘柄のうち市場を代表する225銘柄で構成される株価平均指数です。 構成される個々の銘柄株価は業績好不調や企業への期待増加や失望などの要因により騰落し、日経平均株価は変動します。 日経平均の動向を予測するためには、各企業の株価の動向を知ることも大切ですが、株式市場全体に大きな影響を与える要因を把握することも重要です。 主な要因の例として急激な為替の変動(円高・円安)や原油価格の高騰、世界の株価指数の急落(ニューヨーク市場・NYダウの急落)などがあります。 このような日経平均株価に大きな影響を与える世界経済の市況は日頃からチェックをしておき、急な変動に対処できる準備が必要です。 このページを見れば本日の世界市況の流れが一目瞭然!というサイトを目指して世界の株価指数や主要指数の当日チャートを一覧にしました。 日々の株式投資、為替取引、先物取引 等のお役に立てれば幸いです。 リンクフリーです。 他サイトへの リンクは広告も含めて全て新しいウィンドウで開きます。

次の

シカゴIMM通貨先物ポジションの見方、解釈の仕方。投機筋のポジションから今後の為替動向を予想する

シカゴ先物 リアルタイム

お世話になります。 株取引をされている方は、初心者と言えども 翌日の日経相場の寄付き値に大きな影響を、 シカゴ日経平均先物が与えるということはご存知と思います。 この、シカゴ日経平均先物 ですが、 日本国内にいて、売買可能なのでしょうか? 国内のネット証券では扱いないのでしょうか? 売買は、当然、ネット上でのリアルタイム売買でないと意味 ありません。 もし、売買可能になると、とても魅力と思います。 本日、日経相場、大きく下げています。 売買出来ていれば、リスクヘッジに使えたはずです。 私の考えですが、この シカゴ日経平均先物 とは、 どうも、アメリカの為のアメリカによる、日経操縦装置というように 思えます。 そうであれば、国内証券が、これを扱うことは絶対にアメリカは許さない でしょうね。 個人的見解。 日本株は 今 強烈に 米の影響を受けてます。 これがあるからこそ アメリカの影響を受けやすい訳です。 まあ 市場規模も 世界一ですからね。 で シカゴの 先物を売り建てして 日本で買戻しのヘッジすればよいのではと言うことですが、 シカゴの先物はシカゴで精算しないと行けないし シンガポールはシンガポールで精算しないと 行けない訳です。 そこで シカゴで売り仕掛け15000円として アメリカの株価が逆に上昇したら踏まれる と思うんですけど。 売り方・買い方が有って取引が成立すること 一方通行ではないし。 利鞘を稼ぐ業者も居れば 年金資金などの様に長期に保有を前提とした 市場参加者も居るわけです。 また ADRに日本株も上場しているわけですから それらの動きも有る程度影響すると思います。 兎に角 日本株に対しての 値付けは日本市場が アメリカに影響を受けているとは言え日本市場に優位性が有ると思います。 取引額では 世界3番目の市場規模ですからね。 また 売りに対して買いが必要です。 自作・自演と言うことも考えられますが アメリカはその辺厳しいでしょう。 以上の 事から考えて シカゴの日経平均先物が 米の市場や 先物業者でどれ程重要視されているかは 解りませんが 取引額から言ったら 数ある 金融商品の中での優先度はかなり低いと思ています。 どちらかと言えば 米の市場が下がったから 日本の先物も少しリスクヘッジで売っとくか程度の スタンスで 日本の市場に影響をおよぼす為に 意図的に 売り仕掛けしているとは思えないんですけど・・。 いずれにしても 米の株式市場の動向なり 取引ルールなりは 英語読めない私には 理解の 範疇を超えてますから 米市場でのプロの方に お話を伺うしか無いんですけど。 日本の 市場解説者が 米の日経先物だの シンガポールの先物等を 言い始めたのは 日本での手掛かりが無くなってきから 相場を解説する為の手法として 最近 良く 使われるようになったんだと思います。 ここで 以前 シンガポールの 日経先物の時系列データーは何処かで取れませんか と質問しましたが 回答0でしたし。 この程度しか 私にはデーター提示出来ない。 一番の 問題は 日本市場が外人の依存度が高いこと 米の流れを受けて ギャツプアップしたり ギャツプダウンしたりして海外 米 の株価を 諸に反映してしか 始まらないことです。 今年1~3月まで それ程米の影響が感じられない 4月から 米の後追い相場になっている。 いずれにしても 現象面から 現状を考えて 相場を見ていくしかないと思っています。 コスト対利益の面も有りますし。 システム上の違いも有るかも知れません それを 参加者に周知徹底させてと成れば 結構 面倒だと思うんですけどね。 見方として 証券会社が 取引手数料の増加を考えたときに ADRの 日本株の取引を積極的に 取り組めば実質夜間取引に成るんですけど それを積極的にしない理由として 色々な制約や制度上の問題としても難しいのでは と妄想してます。 結果を 見れば簡単に見えますけど 先物を資金少なく 裁量でやると 10万20万 簡単に上下しますから 平常心を保つことは なかなか難しいですよ。 日本の先物市場。 板読みも出来ませんし チャートも読みにくいですね。 日本が 1000倍のレバ 米のレバがどの程度かも 解りませんけど。 この回答への補足 ご返答遅れました。 すみません。 長いコメント本当にありがとうございます。 ようするに、大証で買った先物はCME、SGXでは 売れませんよということですね。 すみません、私ヘッジという言葉を間違えて 使用しております。 資金を、二つに分けて ひとつは大証で使用。 もうひとつは、シカゴで使用、これにより ヘッジもどきができる、損失を抑えられる。 というものでした。 大証で先物を売りたてして、ポジホールド その夜 欧州、グロベともに堅調で NYがOPENした後も上げてゆくと確認できたら シカゴで買うことにより損失を埋めることが 出来るのではないかということです。 1日中、大証の先物の動き または日経平均の動き を見たあとシカゴの値動きを見ると、妙に 納得できる時があります。 特に、昨日の夜は やっぱりね・・・と思うことが あると思います。 皆さんもそう思いませんでしたか? そんな時に、すぐ、リアルタイムにCMEに注文 出来ることができればそれは やっぱり 魅力 あると私は、思います。 ダウやNASDAQに連動して動いていることが殆どです。 違う動きをする時は出来高が少ないことが多いです。 大証と違ってシンガポールやCMEは500倍の取引規模です。 CMEで1000枚出来ても大証換算では半分の500枚でしかありません。 噂では、確かにCMEで証券会社が価格操作と思える取引を仕掛けているそうですが・・・ 時には、CME比100円以上乖離して寄り付くことも珍しくないですし! この世界金持には勝てません。 意外に影響力があるのがシンガポールだったり することも在ります。 大証とほぼ同じ時間帯の取引で出来高が少ないですから 大証に仕掛けるよりシンガポールに仕掛けた方が少ない枚数で相場を動かせます。 それをしている大手証券会社の子会社は有名です。 出来ても3000枚程度のところで徹夜してやる価値がどの程度あるのか私は疑問です。 それだったら、ダウやNASDAQのテクニカル分析をして相場の予測をした方が得策だと 思います。 すみません、便乗質問です。 確かに、板が薄いCMEの日経先物に、東京市場の寄り値がさや寄せされるのは、納得がいかない話です。 「魔の30分」というのが相場を撹乱しているといわれましたが、現物との裁定が働かない先物だけのマーケットがあって、そこの売買高が小さいのだから、例えばシカゴで大量に売って値を崩し、次に東京の寄り付きで、前日売り建てた現物を買い戻す、といったやり方ができそうな気がします。 シカゴは「常設の魔の30分」なのでしょうか? 日本の機関投資家も、当然、シカゴで売買はしているでしょう。 また、シカゴの先物と東京やシンガポールの先物との裁定取引だって行われているのではないかと思うのですが。。。 そう考えると、東証が発表するプログラム売買の残高のほかに、事実上の裁定残高があるのではないかという気もします。 よろしくお願いします。 eqw-102さん、私も参考にさせていただきます。 いつもお世話になっています。 この回答への補足 ass559さん、こんばんは! いらっしゃいませ。。 ass559さんの言われる通りです。 私も、本当にこれではおかしいと考えています。 おそらく、相場やられる方のほとんどの方は同じ 気持ちと思うのですが、 今まで、なかなか 文章にまでして論じられること なかったので今回、質問させて頂きました。 昨夜もナスダウ始まってから1時間 程は、買い支えた感じがしました。 それでも、その後あれだけナスダウにやられると、 さすがに無理ですよね。 とにかく、なにかどこかで ずるい という感じが するのは、納得行きません。 もっと、この状況を多くの方が口にし問題として 広めてくれれば解決とはいかないでしょうが、 前進はあると考えています。 ご覧の他の皆様、ご意見をお願いします。 (天井線) 下降の気配はぬぐいきれません。 3mでは、ある程度の上昇を期待出来ます。 日経平均は、一目均衡表の基準線にもみ合う事が出来ません。 また、25日線にもみ合う事も出来ない。 これが実情です。 残念ながら、空を作ってしまった日経平均に、 白2黒1の法則を適用するのは難しいです。 明日は、やや下げる。 (一目均衡表の転換線を抵抗線に出来る。 ) 14824円を守れる。 7月頃までもみ合い。 7月10日前後が一目均衡表のゴールデンクロス。 要注意を呼びかけているのは9~10月に底が抜ける恐れがある事です。 (この場合、1万3千円) 日経平均は、転換線付近を低迷。 (1万4600円までは行く。 今週、14400円を付けた場合。 既にすべて公開しています。 予報に大きな修正を加える予定はありません。 但し、当の本人は、先週より手仕舞い中。 PER指標をベースにした新しい指標を急ピッチで開発中です。 こんな所で我慢してね。 そこで口座を開設すれば、日本国内でネット取引可能です。 シカゴダイレクトは老舗で、日本語サポートしているようです。 他は、英語のみとなると思いますが、以下のようなブローカーがあります。 残念ながら、日本国内のネット証券で取り扱っているところは知りません。 5月からの日本市場の下げは先物主導によることは間違いないと思います。 最近は特に香港市場の先物の動き、シンガポール市場の先物の動きと、いつになく高い相関が見られました。 多分ヘッジファンドを主体とする同一勢力が全世界の先物市場で同時にショートポジションをとったのではないかと思います。 先物がない市場、中国大陸株、マレーシア株などは比較的堅調で、世界同時株安から免れています。 アメリカ筋というよりは欧州系のヘッジファンドが主導したのではないでしょうか。 この回答への補足 Trane37さん、詳細なコメントありがとう御座います。 まだ、日本国内のネット証券ではないのですね。 とても、残念です。 今後、扱う証券会社も期待できそうもないですかね・・? シカゴダイレクトさんに、口座持てば、日本国内に いても、リアルタイムネット売買できるのでしょか? もし、そうであれば、使えると思います。 私は、よく CMEと、ダウ・ナスのリアルタイム 1分足チャートを同時に見ることがあるのですが、 ダウ・ナスに、ほとんど連動してCMEは値動きして います。 そこそこの、チャート分析ツールがあれば、大証の N225Fより、はるかに予測しやすいように思えます。 それと、私がいいたかったのは、Trane37さんも最後に 書かれているように、たかが、20億程度の金額で、 CMEは、動かせますが、その程度の数字が、翌朝、 何倍もの規模のある日本市場に影響を与えている。 これが、気に入らないのです。 私達が住む日本市場なのだから、直接影響を与えている、CMEは、私達が簡単に参加できるものとしてほしいということです。 まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。 なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。 だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。 日経平均が日経先物よりも安くなった場合はその逆です。 このような取引を裁定取引といい、繰り返しますが、「絶対に」利益になるのです。 「絶対に」利益になることが分かっているのですから、やらない手はありません。 事実、大手の証券会社ではコンピューターを使って常に日経平均と日経先物の乖離を観測し、少しでも有意な差が生じたら裁定取引を実行します。 ここで大手の証券会社と書いたのは、日経平均の採用銘柄は225もあるので、それを一度にそして瞬時に売買するのは個人等では無理だからです。 そして、絶対に利益になるのですから、皆がその瞬間を虎視眈々と狙っているわけです。 結果、有意な差が開くか開かないかのすれすれのところで裁定取引が実行されてしまうので、日経平均と日経先物は差が解消されてしまいます。 よく日経先物に引っ張られて日経平均が動くと言われますが、日経先物はそれ自体が一つのデリバティブなので、日経平均を動かすより簡単に操作できるので、意図的に日経先物を動かして裁定取引を狙うような手法が成立するために、日経平均が日経先物に引っ張られるような動きが生じることがあるのです。 (これとは別に、例えば、相場や株価全体を動かすような経済要因(テロとか)が発生した場合にまず日経先物が強烈に売買される、ということもあります) そして、今は日経先物は夜間でも売買できるようになりました。 ダウなどの動きにより日経先物が大きく動くことは当たり前に生じます。 (2月14日夜間もそうだったんですね) で、次の朝、東京市場が開いて日経平均が決定されるわけですが、先物が大きく動いた場合などは中々日経平均の値が決定されません。 なぜなら、225個の個別株では買い気配(や売り気配)が続いてしまうので、225銘柄の全ての株に値段が付くまでに時間がかかることが多いからです。 そうして、結果的に決まった日経平均は日経先物と限りなく同じものとなります(これを鞘寄せといいます)。 そうでないと裁定取引が成立してしまうからです。 少し長くなりましたが、日経平均と日経先物の大まかな関係は以上のようなものです。 さて、最後にSQまでの日経平均と日経先物が完全に一緒か?というとそうでもないことにはお気付きでしょう。 その差は主に金利などに由来するのですが、ここから先は理解を深めるため、ご自身で勉強されることをお勧めします。 大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。 まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。 なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。 だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。 SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が... 日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。 したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の 終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。 CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に 下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための 裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、 寄り付きから大きく値下がりする可能性が高まります。 海外の投資家が、単に日経225ではなく、 ドル建での日経225を考える必要がありますのは、 日経225の上昇下落の予想だけでは投資がしにくいので、 ドル建の日経225を上場して、為替リスクを考えなくて良いように しているのだろうと思います。 ドル金利をベースに理論値を計算するので、 円建てより80円~100円くらい高くなります。 それと、建玉ですが、円建日経225よりもドル建日経225の方が多いので、 より活発に取引されていることがわかります。 ですから、 ニュース報道ではドル建ての値を使用することが多いようです それと、ドル建ての値を使用するのは、 「あくまでも単に過去の習慣?」 という説のもあります・・・。 日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。 したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の 終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。 CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に 下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための 裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、 寄り付きから大きく値下... A ベストアンサー 9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。 注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。 特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。 日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。 初心者はビックリするみたいです。 でも直前に元に戻る)。 明日の朝、暇ならトヨタやキャノンやソフトバンクとかの板を見てると面白いかも。 SQは毎月第2金曜日です。 その画像は日経ETF(1321)でしょう?自分は買わないので寄り前の板(気配)を見たことがないけれど、そんなに動かないのではないですか。 個別銘柄は直前に大きく動く場合がありますが… 日経ETFは、日経平均に連動しますよね。 その日経平均は日経平均先物に連動します。 つまり先物に連動します。 で、今日の先物(日中)は9. 760円で引けました。 明日の寄付きはダウ平均や為替、ユーロ圏の問題などによって変わってきます。 日経平均先物は日本(大証)だけでなく、シカゴ(CME日経平均先物)、シンガポール(SGX日経平均先物)でも取引されています。 CMEは当然アメリカなので、日本の夜間のダウ平均や為替を織り込みながらリアルタイムに動きます。 その終値に、日経平均先物(大証)がサヤ寄せして始まります。 ちなみにSGXは8:50に取引開始で、寄付きの価格は2分遅れくらいでニュースが出ますが、日本より10分早いだけなので参考にする意味がありません。 なので朝、CME日経平均先物(円建て)を見れば、日経平均がいくらで寄り付くかかなり正確にわかると思います(騰落率で見る)。 なので日経ETFもほぼ正確に寄付きの価格はわかるでしょう。 寄り付いてから上がるか下がるかはわかりません。 CME日経平均先物(円建て)は、証券会社のホームページの海外指標のところにあります。 ほかにもMONEY BOXなどいろいろ便利なサイトがあります。 注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。 特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。 日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。 初心者はビッ... A ベストアンサー 売った株の代金を手にできるのは、株約定してから、4日目 1から数える 、すなわち3日後 当日は0です です。 最短のスケジュールはつぎのようになります。 出金手続きをする。 この日に現金化できます。 楽天証券もそうです。 振り込みの予約を何日も前からできる証券会社もありますが、楽天証券はそうではなく、前日だけ依頼できたと思います。 A ベストアンサー 私もあなたと同じようなタイプの会社員です。 あなたの気持ちは痛いほど分かります。 あなたも株投資が大好きなのですよね… 私の場合、現場の作業の人間で、携帯をポケットにいれて、 いつでも自由に携帯電話を見る事ができます。 他の人も、携帯でメールや電話できる環境にいます。 最近では、ネットエイジで、4万2千円利益確定、 アイレップ2万1千円利益確定、 システムインテグレーター1万1千円利益確定しています。 見ている株がストップ高して悔しい思いもあります。 しかし みなさんが言うように、間違えなく仕事には支障をきたします。 私も午前9時から午後3時までは、株が気になって仕事が遅くなる場合があります。 午後3時からは今までの仕事の遅れを一気に取り戻す為に、駆け足で仕事をしています。 携帯ひとつで、昼間の仕事の何倍もの利益を得る事ができるのも事実です。 これからは、老後にはもらえる年金が減り、消費税もアップ今、自分ができる事、稼げる得意分野を増やして一生懸命頑張ってください。 あなたを応援しています。 頑張ってください。

次の

グローベックスCME先物のダウ

シカゴ先物 リアルタイム

WTIはウエスト・テキサス・インターミディエートの略で、西テキサス地方で産出される硫黄分が少なくガソリンを多く取り出せる高品質な原油のことを指します。 そのWTIの先物が、ニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)で取引(1983年5月上場)されています。 原油価格の代表的な指標には、WTI原油先物のほか、欧州産の北海ブレント原油先物、中東産のドバイ原油スポット価格があり、これらが世界の3大原油指標と言われています。 そのなかでも、WTI原油先物は、取引量と市場参加者が圧倒的に多く、市場の流動性や透明性が高いため、原油価格の指標にとどまらず、世界経済の動向を占う重要な経済指標の1つにもなっています。 始値 終値 高値 安値 前年比 前年比% 2019 45. 80 61. 06 66. 60 45. 20 45. 41 76. 90 52. 45 -15. 01 -24. 20 60. 42 60. 51 46. 60 53. 72 54. 51 33. 76 37. 04 62. 58 41. 73 -16. 23 -30. 50 53. 27 107. 73 66. 00 -45. 15 -45. 78 98. 42 112. 24 91. 70 91. 82 110. 55 84. 65 -7. 01 -7. 31 98. 83 114. 83 78. 63 91. 38 92. 06 71. 02 15. 72 79. 36 82. 00 41. 05 44. 60 147. 62 -51. 38 -53. 95 95. 98 99. 29 57. 04 61. 05 78. 40 58. 10 61. 04 70. 85 43. 40 43. 45 55. 67 32. 60 32. 52 39. 99 25. 90 31. 20 33. 65 19. 90 19. 84 32. 70 19. 40 -6. 96 -26. 20 26. 80 37. 80 25. 15 25. 60 27. 15 12. 68 12. 05 18. 06 11. 28 -5. 59 -31. 88 17. 64 26. 74 19. 07 -8. 28 -31. 52 25. 92 26. 80 17. 65 19. 55 20. 82 17. 10 17. 76 20. 98 14. 43 14. 17 21. 14 15. 48 -5. 33 -27. 10 19. 50 22. 95 18. 07 19. 12 32. 75 19. 05 -9. 32 -32. 81 28. 44 41. 15 17. 17 21. 82 25. 30 16. 91 17. 24 18. 92 13. 92 16. 70 22. 76 16. 27 -1. 24 -6. 85 17. 94 26. 60 9. 95 -8. 36 -31. 15 26. 30 31. 82 26. 15 -0. 11 -0. 25 26. 41 31. 50 27. 21 -3. 19 -10.

次の