さつまいも離乳食。 【管理栄養士監修】離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介

離乳食のさつまいもレシピ!加熱はレンジより炊飯器が良い?

さつまいも離乳食

赤ちゃんの離乳食でさつまいもはいつから? さつまいもは、 離乳食初期の生後 5、6ヶ月頃から与えることができます。 さつまいもには甘みもあり、茹でると柔らかくなりペーストにもしやすいのでおかゆに慣れたら食べさせると良いですよ。 さつまいもの主な栄養は炭水化物なので、 おかゆの代わりに主食として与えても良いでしょう。 消化が良いので、赤ちゃんの体に負担をかけにくいのも嬉しいですね。 甘みがあるので、好きな赤ちゃんが多いです。 他の食材と組み合わせてさつまいもの甘みを生かした離乳食にするのもおすすめです。 さつまいもの栄養は?赤ちゃんにもおすすめ? さつまいもには 食物繊維が豊富で、腸内環境を整えてくれる効果があります。 ヤラピンという緩下成分が便の排出を促進してくれるので便秘にはとても良い食材です。 ビタミンAや、 ビタミンCも含まれているので、免疫力を高め、風邪予防にも効果的ですよ。 また、 カルシウムや カリウムなども含まれていて、さつまいもは栄養満点なので、ぜひ離乳食に使ってください。 離乳食には美味しいさつまいもを選びましょう 赤ちゃんに食べさせてあげるなら、できるだけ美味しいものを選びたいですよね。 美味しいものの特徴は、ずっしり重たく表面がツルっとしていて、色が均一なものが良いです。 細くて根がたくさん出ているものは繊維が多いのでオススメできません。 また、さつまいもの先の部分は繊維が多くて筋っぽいので、真ん中の部分を離乳食に使うようにしましょう。 赤ちゃんのさつまいもアレルギーや下痢の心配は? 赤ちゃんのさつまいもアレルギーはある? さつまいもは、厚生労働省のアレルギーになりやすい食材には含まれておらず、比較的アレルギーになりにくい食材だとされています。 しかし、 赤ちゃんは稀にさつまいもでアレルギーになることがあるそうです。 さつまいもに含まれている たんぱく質に反応してアレルギーの症状が出るようですが、重篤なアレルギーにつながるケースは少ないそうです。 (さつまいもの主な成分は炭水化物ですので、たんぱく質は少ないからだと思います) ほかには、 さつまいものアクに反応していることもあると言われています。 症状としては、• 口元のかゆみ、赤み• 発疹、じんましん• 目のかゆみや充血 などが起こることがあるそうです。 万が一アレルギーになったとしても、重症にならないためにも初めての時には、小さじ1杯の少量を与えて様子をみて下さい。 赤ちゃんに異変があり心配な場合はすぐに小児科などに相談しましょう。 さつまいも離乳食であかちゃんが下痢になることは? さつまいもには 食物繊維がたっぷり含まれています。 適量食べれば、腸内の掃除をしてくれて便秘の解消にも効果があるとされますが、やはり食べ過ぎはよくありません。 また、腸で発酵する 糖を含んでいることから便をゆるくしがちです。 そういったことから、あまり一度に食べさせることは良くないかもしれませんね。 一度にたくさん食べ過ぎると消化不良を起こして、下痢になってしまうこともあると言われています。 今回、食べ過ぎで下痢になってしまったのであれば、あまり神経質にならずに次回の量を少なくして与えるように注意しましょう。 赤ちゃんの離乳食さつまいもの量の目安は? さつまいもの量の目安があれば食べさせ過ぎてしまうことも防ぐことができると思います。 だいたいの目安になる量をまとめておきますので、参考にしてください。 いろんな食材を食べさせてあげる方が良いと思いますので、赤ちゃんの便の様子を見ながら与えて下さいね。 blog. so-net. さつまいもには アクがあるので、よく水にさらしてから調理します。 (10分くらい水にさらしましょう) 加熱の方法は鍋で茹でるか、電子レンジがあります。 少量なら電子レンジが便利ですね。 鍋で茹でるときは、水から茹でるとホクホクして美味しいお芋になります。 電子レンジの場合は、水分がないとかたくなってしますので、水で濡らしたキッチンペーパーで包み、その上からラップをしてやわらかくなるまで加熱してください。 加熱後は熱いので火傷に注意してください。 赤ちゃんへの離乳食期別さつまいもの与え方! さつまいもの下ごしらえをしたら、以下のように月齢に合ったかたさや大きさにしてあたえてください。 離乳食初期(5~6ヶ月頃) ごっくんと飲み込む時期なので、ペースト状に 茹でたさつまいもをすりつぶして、お湯やミルクでのばす 離乳食中期(7~8ヶ月頃) 舌でつぶせるくらいのかたさが目安です。 茹でてさつまいもを粗くつぶす、または小さな角切りにする 離乳食後期(9〜11ヶ月頃) 歯茎でつぶせる固さにします。 茹でたさつまいもを1センチ角に切ります 離乳食完了期(12〜18ヶ月頃) 歯茎で噛める固さが目安です。 茹でたさつまいもを一口大の角切りにします。 スティック状にしてもOKです。 下ごしらえしたさつまいもは冷凍保存OK さつまいもを冷凍するときは、茹でてからにしましょう。 使いやすい大きさにして冷凍保存用の袋に入れて冷凍するのも良いですが、マッシュしたものやペーストにしたものを製氷皿に入れて小分けで冷凍するのもオススメです。 再び加熱するときは電子レンジで簡単に火を通せてふんわり仕上がります。 少し水分を残したまま冷凍すると良いと思います。 少量ずつ茹でるのって意外と面倒です。 まとめて下ごしらえしておくと、あと一品欲しいときにもすぐに使えて便利ですよ。 いんげんも刻んでおく。 2、人参は耐熱皿に入れてラップして600wで1~2分位チン。 3、水を切ったさつまいも、人参、いんげんを鍋に入れてヒタヒタの水を入れてさつまいもが柔らかくなるまで弱火で煮る。 4、さつまいもが柔らかくなったら豚挽き肉を入れて煮る。 アクが出てきたらしっかり取る。 5、挽き肉に火が通ったら鰹節と醤油を入れて水溶き片栗粉でとろみをつける。 2、シーチキンもお好みの量を取り分けておきます 3、チーズ少々を10秒くらいチンして 溶かします 4、溶けたチーズを1と2に混ぜて丸くします。 そこに牛乳を少々いれます しっかり噛める子ゎ牛乳なしでも大丈夫です 5、パン粉をフライパンで色が変わるまでから炒りします。 さつまいもは離乳食初期の生後5,6か月頃からOK• さつまいもはアレルギーになりにくいが、なることもあるので初めは慎重に• 食べ過ぎは下痢になることもあるので、目安量を与えましょう さつまいもは主食にもおやつにも使える便利な食材ですよ! 下ごしらえしていろんな料理につかって食べさせてあげて下さいね。 関連記事.

次の

レンジで簡単!離乳食さつまいもを使った甘くて美味しいレシピと冷凍法

さつまいも離乳食

水にさらしてアク抜きを 良いさつまいもを見分けるには、太さとひげをチェックしましょう。 ぷっくりと太くて、ひげがないものがおすすめです。 さつまいもは、アクが強い野菜なので、この アクを抑えるために、皮は厚めにむいて、適当な大きさに切ったら水にさらしてアク抜きをしましょう。 さつまいもの皮部分は、消化しにくいので離乳食には使わないように。 アク抜きをしたら、茹でて、離乳食初期なら裏ごしをします。 中期以降なら、茹でたり、ふかしたりした後に、スプーンなどで潰すだけでOKです。 後期なら、加熱したさつまいもを潰さずに食べられるようになります。 冷凍保存もできるので、まとめて調理して作り置きしておくと便利ですよ。 さつまいもの皮をむいて適当な大きさに切り、10分程水にさらす。 鍋に水を入れて、柔らかくなるまでさつまいもを煮る。 2の茹でたさつまいもをフォーク等で潰す。 りんごの皮をむき、すりおろす。 ボールにさつまいもとりんご、その他の材料を加えてよく混ぜる。 シリコンカップに取り分けて、600Wの電子レンジで約1分10秒加熱する。 加熱が足りない場合は追加で加熱し、完成。 りんごの他にさつまいもの甘みを借りて、苦手野菜を加えても良いですね。 さつまいもを適当な大きさに切って水にさらす。 茹でるか電子レンジで加熱して柔らかくする。 2を熱いうちに潰す。 ほうれん草を茹でて、月齢に合わせた大きさに刻む。 さつまいも、ほうれん草、さらに塩と片栗粉を加えてよく混ぜ合わせる。 5を食べやすい大きさに成型する。 フライパンにオリーブ油を熱し、両面に焼き色がつくまで焼いたら完成。 ほうれん草などの葉物野菜も、甘いさつまいもと一緒におやきにすれば、パクパクと食べやすくなりますよ。 苦手野菜を加えてもいいですね。 たまねぎ、さつまいもを柔らかくなるまで茹でて、細かく刻む。 鶏ささみの筋を取り除き、茹でて細かくほぐす。 うどんは1cm程度に刻み、柔らかく茹でる。 すべての材料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。 しょうゆで味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。 食欲のない時もスルっと食べられるうどんは、ストックしておくと便利な食材です。 さつまいもの甘みと、たまねぎと鶏ささみのうまみで食が進む一品です。 材料と作り方 出典: 【材料】 ・食パン(8枚切り又は10枚切り)1枚 ・さつまいも(ペースト)大さじ1弱 ・ツナ水煮缶 小さじ1弱 【作り方】 1. さつまいもの皮をむいて、鍋で柔らかくなるまで茹でる。 1を潰してペースト状にする。 ツナはザルに入れ、熱湯をまわしかけて塩抜きする。 食べにくい場合は、包丁で細かく刻む。 2と3をよく混ぜる。 まとまりにくい場合は、少量のお湯で伸ばす。 食パンの耳を切り、1枚を半分に切って、片面に4を塗る。 もう半分を挟んでサンドし、食べやすい大きさに切れば完成。 手づかみしやすいサンドウィッチが食べられるようになると、おでかけの時も便利ですね。 食べにくい場合は、ラップを使って手で少し潰しておくと食べやすくなります。 食べやすい大きさにカットしてあげましょう。 たまねぎ、にんじん、さつまいもを月齢に合わせた大きさに刻む。 さつまいもは、5~10分程度水につけ、アク抜きをする。 ささみは薄皮と筋をとり、ミンチ状にみじん切りにする。 鍋に1の野菜と水を入れ、フタをして煮込む。 沸騰したらささみを加え、ささみがほぐれるように軽く混ぜたら、再びフタをして弱火で30~40分煮込む。 野菜が柔らかくなったら牛乳を加え、さらに10分程度煮込む。 フタを開けて火を止め、片栗粉がダマにならないよう少量ずつ混ぜながら加える。 再び火にかけ、とろみがついたら完成。 牛乳に抵抗がある場合は、余った粉ミルクを代用しても良いですね。 具だくさんで栄養価も高い一皿なので、食材の大きさや種類をアレンジすれば大人までおいしく食べられます。

次の

さつまいもを使ったおススメ離乳食レシピ9選

さつまいも離乳食

いつから食べられる? 離乳初期(6ヶ月頃)から使いやすい食材のひとつです。 おかゆになれたら試したいですね。 初期(5,6ヶ月):ペースト 中期(7-8ヶ月):他の野菜と一緒にスープにしたり、やわらかく煮込む 後期(9-11ヶ月):おやき、蒸したスティック など、離乳食期に応じて調理法や形を変えてみてくださいね。 栄養上の分類 離乳食期には、食材を炭水化物・野菜・たんぱく質と大きく3つに分類します。 さつまいもは、 炭水化物に分類されます。 栄養バランスよりも大切なことがある離乳食期に細かく分類ごとの量を気にする必要はありませんが、完了期になると幼児食へ向けて栄養バランスも少し気にしたいところです。 赤ちゃんが大好きな自然な甘味があるさつまいをおかずにたくさん食べすぎると、ごはんの量が減ってしまったり、ほかの野菜が食べられなくなるかもしれませんね。 さつまいもおやつレシピ さつまいもきなこ棒 オススメレシピとして、その自然な甘味を活かした簡単でおすすめのさつまいもおやつを2品紹介します。 お手伝いから食べ物への興味が広がっていくことも、食欲の秋に家族で楽しめたら素敵ですね。 <参考> 日本食品標準成分表2015年版.

次の