子供 おばさん 特徴。 歳を重ねるごとに「こじらせ」ていく…カッコ悪い子供おばさんの特徴4つ(All About)

歳を重ねるごとに「こじらせ」ていく…カッコ悪い子供おばさんの特徴4つ(2020年6月22日)|BIGLOBEニュース

子供 おばさん 特徴

写真 日本では、若さを賞賛する人が多いからこそ、歳を重ねることにコンプレックスを抱いてしまう女性は、意外といるもの。 大人になったら、どんなことに気をつけたほうがいいのでしょうか? 歳を重ねるごとにこじらせていく子供おばさんの特徴日本では、若さを賞賛する人が多いからこそ、歳を重ねることにコンプレックスを抱いてしまう女性は、意外といるものです。 それによって、大人になっても精神が成熟していないアラフォーの子供おばさんは、こじらせた言動をしてしまいがちです。 大人になったら、どんなことに気を付けたほうがいいのでしょうか? こじらせ1:「若く見られたい」という思いがあからさま子供おばさんは、「実年齢よりも若く見られたい」という願望を抱きがちです。 だからこそ、「学生時代に流行っていたもの」など、自分の年齢が分かってしまうような会話をすることや、みんなでカラオケに行くことなどを、あからさまに避けてしまうことがあります。 若く見られるといっても、大目にみても、せいぜい5歳くらいのことが多いもの。 大したことはありません。 だったら、堂々としていたほうが、むしろカッコイイかもしれませんよ? こじらせ2:自分よりも若い相手に説教ばかりしてしまう自分よりも若い人と会話をしているうちに、つい説教をしてしまう人は少なくありません。 経験を積んできた分、若い相手のやることにまどろっこしさを感じてしまうこともあるでしょう。 でも、自分だって同じようなことを経験してきたのだから、大目に見てあげるのは大切なこと。 その場合は、あなたがマウントをとろうとしていることを相手は察するので、煙たがられるでしょうし、ハッキリ言って、大人気ないです。 自分が歳上である分、相手よりも心の器を大きくしていたいものですよね。 逆に、自分は「相手のため」と思って苦言を呈しているのだとしても、相手が楽しい気分でいたいときにまで小言を言ってしまうとうっとうしく思われてしまうことも多いもの。 相手が聞きにくい話をするときほど、タイミングが大切! 例えば、相手が悩んでいてアドバイスを求めているときに言ってあげると、相手も聞く耳を持っているので、感謝されることも多いでしょう。 本当に相手のことを思って言うのであれば、相手が受け入れやすいタイミングと言い方を心がけましょうね。 でも、誤魔化していることが相手にバレている場合は、余計にみっともないものです。 だから、素直にミスを謝れたり、質問できたり、時には人に頼ったりするほうがカッコイイこともあるのです。 でもやり過ぎてしまうと、相手の期待に無理して応えようとしてしまい、どんどん苦しくなってくるものです。 それって、意外と周りの人は見ていて気づくものなんですよね。 そういう女性は、雰囲気がキリキリしてしまっていることも多いですしね。 キャリアを積んだからこそ、高くなり過ぎてしまったプライドを低くして、リラックスして仕事に挑むことも、時として大切なんですよね。 それに対して100%満足している人というのは滅多にいないもので、人によっては、失ったもの、手に入れられなかったものに対して、コンプレックスを抱いてしまっていることもあるでしょう。 例えば、どんな結婚をしているのか、子供はいるのか、旦那さんは優秀なのか、どこに住んでいるのか、仕事ではどんなキャリアを築いているのか、収入はどれくらいなのか、など。 それによって、自分のほうが相手よりも多く持っていると安心するのです。 ハッキリ言って、人と比べることほどくだらないものはありません。 相手が何を持っていようと、そんなものは関係なく、ただただあなたが、今の自分に納得できているのかが重要なのです。 もし納得していないのであれば、今からでもOKだと思えるようになるためにチャレンジをするしかありません。 あなたは、今までがんばって生きてきたはずです。 そんな自分をまずはきちんと褒めてあげないと、自分が可哀想です。 自分をもっと肯定し、受け止められるようになったら、こんなこじらせた行動は減っていくものなのです。 また、そろそろ若さを失うことに関して、ネガティブな思いを抱くのは止めましょう。 そんなものにすがっても仕方がありません。 そういう大人の女性になってこそ、内側から輝きが増すものですよ!.

次の

歳を重ねるごとに「こじらせ」ていく…カッコ悪い子供おばさんの特徴4つ(All About)

子供 おばさん 特徴

「あの時に彼と結婚していタラ、今頃は私も……」「過去に振った彼氏がその後ヘッドハンティングされた。 振ってなけレバ……」と、『子供おばさん』は過去の恋愛の失敗に縛られ、前を向いていない婚活女性の中にたくさんいます。 「人生にはいくつもの分かれ道があり、その都度、自分で選択をして歩んでいるので、実は『幸せになれない方を選択したこと』自体よりも、『それを選択してしまった未熟な自分』の方に問題があったってことに気付かないといけないんですよね。 つまり、過去の出来事ばかりを後悔するのではなく、それを選んだ自分がきちんと成長することが大切です。 もしそれがきっかけで学べたのであれば、その過去の失敗は、自分を成長させてくれた出来事に変わるので、いつか感謝できるときがくるもの。 成長せずに、過去の出来事に後悔ばかりしている人が、『~たら』『~れば』と言っていることが多いんですよ」(以下、同前) なんだか耳が痛いです……。 この言い訳めいたネガティブワードは、人の指摘やアドバイスをきちんと聞けないことの表れなんだとか。 「相手の苦言が心に入っていかないので、同じことを繰り返してしまうんです。 心は鍛えないと強くはなれないもの。 彼女たちの中には、恋愛がうまくいかないのも、結婚できないのも、『仕事が忙しいから仕方がない』と仕事のせいにしていることがあるんです。

次の

大人女子とおばさんの違い9つ

子供 おばさん 特徴

子供おばさんは、力を使って人を思い通りに動かそうとしがちです。 もちろん部下は従ってくれることが多いでしょうが、いい気はしないでしょう。 どっちのキャリアウーマンの方が、幸せでしょうか?断然、後者ですよね? 子供おばさんは、外側に向けた力(権力、暴力など)を使って、物事を自分の望み通りにしようとします。 でも、この世界の法則には、「自分の行いは自分に返ってくる」というのがあります。 言うなれば、因果応報というものです。 だから、相手を無理やり思い通りに動かそうとすればするほど、相手からは恨まれ、反撃され、自分に打撃が生じることもあるでしょう。 逆に大人女子は、自分の内側に向けた力(魅力、実力)を持っているので、自然と人が自分の望むような形で動いてくれることが多いのです。 さらに、大人女子は相手の幸せも考えているので、お互いにwin-winの関係が築けるのです。 子供おばさんと大人女子の行動を表している童話といえば、「北風と太陽」です。 子供おばさんは北風のように、旅人の服を脱がせようとビュービュー風を吹きます。 そうすると、旅人はますます服が抜けないように掴みます。 たとえ力づくで脱がせられたとしても、旅人が再び服を着ようとする力まではなくすことはできません。 いつか着ようとします。 逆に大人女子は太陽のように、ポカポカと旅人を暖めます。 そうすると旅人は自ら服を脱ぎ、服を着ようとはしないでしょう。 子供おばさんのように、一度は力によって相手を思い通りにしたとしても、力で押さえつけておかない限り、その状態を維持し続けることはできません。 それって、ものすごくエネルギーを必要とすることなんですよね。 人はずっといい時ばかりではないので、いつか足元をすくわれることだってあるでしょう。 弱い人ほど、力づくで相手を思い通りにしようとします。 だから、外(相手)に向けるための力ばかりを求めがちです。 でも、最終的には、自分の内側に力がない限り、物事はうまく回らないことの方が多いのです。 例えば、子供おばさんは、色々な人脈を増やそうとパーティー、交流会など、さまざまな場に出向くものですが、自分に魅力がなければ、いい人間関係なんて築けません。 時間と労力の無駄になることも多いでしょう。 中にはお互いに利用価値があるからといって、縁が結びつくこともありますが、そんな相手は、自分が窮地に陥った時は助けてくれません。 自分が転職したり異動になったりした途端に、スーといなくなるものです。 だから、人を動かそうとするのではなく、まずは自分を動かし、成長させましょう。 魅力的になって、人に好かれる人でありたいものですね。 まとめ ・子供おばさん…外側に向けた力(権力、暴力など)を使って、物事を自分の思い通りに動かそうとする。 ・大人女子…内側に向けた力(魅力、実力)を持っているので、自然と人が望むような形で動いてくれる。

次の