ハイセンス 55u7e。 HISENSE 55U7E ULEDTV 55V型 4Kチューナー内蔵 ★大型配送対象商品

Hisense 55U7E

ハイセンス 55u7e

75U8F• 75v型• ローカルディミングplus• NEOエンジン plus 2020• 410W• "3段階超解像処理、AIシーン別超解像処理、AIモーション別超解像処理、 エリア別適正露出復元、HDR再現処理plus、輝き復元"• SMR 960• 6ms• ゲームモードplus• 0ch• Eliex Prism, ダイレクトサウンド, DOLBY AUDIO• 65v型• ローカルディミングplus• NEOエンジン plus 2020• 330W• "3段階超解像処理、AIシーン別超解像処理、AIモーション別超解像処理、 エリア別適正露出復元、HDR再現処理plus、輝き復元"• SMR 960• 6ms• ゲームモードplus• 0ch• Eliex Prism, ダイレクトサウンド, DOLBY AUDIO• 55v型• ローカルディミングplus• NEOエンジン plus 2020• 265W• "3段階超解像処理、AIシーン別超解像処理、AIモーション別超解像処理、 エリア別適正露出復元、HDR再現処理plus、輝き復元"• SMR 960• 6ms• ゲームモードplus• 0ch• Eliex Prism, ダイレクトサウンド, DOLBY AUDIO• 50v型• ローカルディミングplus• NEOエンジン plus 2020• "3段階超解像処理、AIシーン別超解像処理、AIモーション別超解像処理、 エリア別適正露出復元、HDR再現処理plus、輝き復元"• SMR 960• ゲームモードplus• 0ch• Eliex Prism, ダイレクトサウンド, DOLBY AUDIO• 65v型• 直下型• NEOエンジン 2020• 190W• "高精度信号処理、高精細ノイズ処理、エリア別高精細復元、テクスチャー復元、 HDR再現処理"• 広色域• SMR 180• 8ms• 0ch• Eliex Prism, ダイレクトサウンド, DOLBY AUDIO• 55v型• 直下型• NEOエンジン 2020• 160W• "高精度信号処理、高精細ノイズ処理、エリア別高精細復元、テクスチャー復元、 HDR再現処理"• 広色域• SMR 180• 8ms• 0ch• Eliex Prism, ダイレクトサウンド, DOLBY AUDIO• 50v型• 直下型• NEOエンジン2020• 130W• "高精度信号処理、高精細ノイズ処理、エリア別高精細復元、テクスチャー復元、 HDR再現処理"• 広色域• SMR 180• 8ms• 0ch• Eliex Prism, ダイレクトサウンド, DOLBY AUDIO• 43v型• 直下型• NEOエンジン 2020• 120W• "高精度信号処理、高精細ノイズ処理、エリア別高精細復元、テクスチャー復元、 HDR再現処理"• 広色域• SMR 180• 8ms• 0ch• Eliex Prism, ダイレクトサウンド, DOLBY AUDIO• 55v型• 有機EL• 120Hz• レグザエンジンNEO plus• 320W• 64軸色彩コントロール• SMR• 3ms• 2ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、BASS BOOST• 65v型• ローカルディミング• 120Hz• レグザエンジンNEO plus• 200W• 64軸色彩コントロール• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、BASS BOOST• 55V型• ローカルディミング• 120Hz• レグザエンジンNEO plus• 160W• 64軸色彩コントロール• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、BASS BOOST• 65v型• 直下型• 60Hz• NEOエンジン• 180W• " 高精細ノイズ処理 、エリア別高精細復元、テクスチャー復元、HDR再編処理、自動画質調整"• 広色域• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO, Eliex Prism, ダイレクトサウンド• 58v型• 直下型• 60Hz• NEOエンジン• 150W• " 高精細ノイズ処理 、エリア別高精細復元、テクスチャー復元、HDR再編処理、自動画質調整"• 広色域• SMR• 5ms• 0ch• DOLBY AUDIO, Eliex Prism, ダイレクトサウンド• 50v型• 直下型• 60Hz• NEOエンジン• 130W• 広色域• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、ダイレクトサウンド、サウンドノイズ軽減技術• 43v型• 直下型• 60Hz• NEOエンジン• 120W• 広色域• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、ダイレクトサウンド、サウンドノイズ軽減技術• 65v型• 直下型• 60Hz• NEOエンジン• 160W• 広色域• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、ダイレクトサウンド、サウンドノイズ軽減技術• 55v型• 直下型• NEOエンジン• 180W• 広色域• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、ダイレクトサウンド、サウンドノイズ軽減技術• 50v型• 直下型• 60Hz• NEOエンジン• 130W• 広色域• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、ダイレクトサウンド、サウンドノイズ軽減技術• 50v型• 直下型• 60Hz• レグザエンジンNEO• 140W• 4Kアップコンバート• 広色域• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、BASS BOOST• 43v型• 直下型• 60Hz• レグザエンジンNEO• 120W• 4Kアップコンバート• 広色域• SMR• 8ms• 0ch• DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、BASS BOOST•

次の

【ハイセンス買いました&レビュー】HISENSE 65U7Eと検討してきたテレビたちの良い点・イマイチな点

ハイセンス 55u7e

色彩・輝度の緻密なコントロールにより よりリアルで臨場感のある映像を表現 自然で豊かな色表現を目指して、広色域映像を追求しました。 繊細な色のニュアンスにもこだわり、より実物感のある彩りに。 HDR対応• HDR再現処理 plus• 広色域• 64色軸色彩コントロール• AI画質調整処理• SMR• ネット映像高画質処理• 多彩な機能を搭載。 快適に、簡単に、 スマートに。 なめらかな動きと自在の操作感。 メニューも自分好みに合わせてカスタマイズ。 基本仕様• 型番55U7E• JAN CODE4580341983454• 画面寸法121. 0cm• パネルコントラスト比4000:1• 応答速度8ms• 消費電力160W• バックライトローカルディミング• 広色域64軸色彩コントロール• その他の高画質機能HDMI入力自動画質調整 ネット映像高画質処理• 残像感軽減SMR• 低遅延ゲームモード対応• 自動画質調整対応 高音質• 高音質機能 DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、BASS BOOST• スピーカー2. 0ch• サラウンド対応• 自動音量制御対応 チューナー• 地上デジタル3• BS・110度CSデジタル3 録画• CATVパススルー方式対応• 外付けHDD裏番組録画対応• プラットフォームVIDAA• マルチメディア対応(音楽再生は除く) その他仕様• Anyview Cast-• Anyviewホームサーバー対応• 無線LAN内蔵 IEEE802. HDMI入力端子4• HDMI 4K入力対応 対応 HDMI2. 0b 18Gbps• ARC対応対応• ビデオ入力端子1• コンポーネント入力端子 -• 光デジタル音声出力端子1• ヘッドホン出力端子1• USB 2 USB2. LAN端子1.

次の

Hisense 55U7E

ハイセンス 55u7e

ハイセンスの4K液晶テレビ『65U7E』! 今日はハイセンスの4K液晶テレビ『65U7E』についてお話していきたいと思います。 超大画面にも関わらず、お値段が安くコスパに優れているのでかなり気になる商品ですので詳しく紹介していきたいと思います。 ハイセンスってどんなメーカー? まずは『ハイセンス』というメーカーについて書いてみたいと思います。 『ハイセンス』は中国の家電メーカーですね。 全身となる会社は1969年に創業と比較的しっかりとした歴史のある企業ですね。 1970年にはブラウン管のテレビを手掛け始める等テレビ事業も50年近く前からやっているメーカーです。 2015年には 世界の企業別のテレビシェアで『LG』・『SAMSUNG』・『SONY』に次ぐ世界4位になっていますし、世界的に見てもテレビは評価されていると言って良さそうですね。 2017年には 日本の東芝のテレビ部門を買収したため、現在東芝のテレビとハイセンスのテレビは同じグループの商品ということになります。 なのでハイセンスと東芝のテレビの中身は非常に近いレベルの商品と言えそうです。 ハイセンスというと簡単な機能で非常に安価な冷蔵庫や洗濯機、テレビを発売しているメーカーというイメージを持っている人が多いと思います。 実際馬山もそうでした。 ただ2017年に東芝のテレビ部門を傘下に収めたことで急激に日本でのテレビ事業に力を入れている感じを受けます。 買収から約2年で徐々に東芝の技術を吸収して、品質を上げている様な気もしますし、ハイセンスのテレビは俄然注目だと思いますね。 4K液晶テレビ『65U7E』! ハイセンス公式ホームページより引用。 そんなハイセンスが2019年の3月に発売した4K液晶テレビが『65U7E』と『55U7E』です。 注目は『レグザエンジンNEO plus』! この『65U7E』と『55U7E』の1番の注目ポイントは東芝のREGZAと共同開発したとされている 『レグザエンジンNEO plus』という映像エンジンです。 『ハイセンス』というメーカーにあまり馴染みがなかったり、海外のメーカーということで抵抗があるという方も多いと思いますが、この『レグザエンジンNEO plus』が搭載されているということでこの ハイセンス『65U7E』と『55U7E』の心臓部は東芝とほぼ同じものと言えますね。 つまり『ハイセンス』というメーカーから発売されたテレビではありますが、『65U7E』と『55U7E』はほぼ『東芝・REGZA』と言っていいテレビと言えそうですね。 しっかりとしたパネルに『レグザエンジンNEO plus』が搭載されているので、映像という点では他の主要メーカーとなんら引けをとらないレベルに仕上がっていると思います。 倍速駆動や4Kチューナーも搭載されていますし、応答速度が速いゲームモードも搭載されていて妥協点は感じられません。 UI ユーザーインターフェース も『REGZA』と非常に似ているので、REGZAが好きな方やREGZAの使用感に慣れている人にはぴったりですね。 また最近多くの方が利用しているビデオ・オン・デマンド VOD サービスに対応していてその数は合計11となっています。 NETFLIX• YouTube• U-NEXT• dTV• ひかりTV4K• acTVila4K• TSUTAYA TV• スカパーon demand• クランクイン!ビデオ• DMM. com• acTVila 様々なビデオ・オン・デマンド VOD サービスに対応している点も非常に嬉しいですね。 コスパ最強の4K液晶テレビ! そして気になるお値段もかなりお安くなっていて、コスパ最強とも言われています。 2019年7月7日時点のお値段は以下の様になっています。 『65U7E』は約150000円。 『55U7E』は約120000円。 最新のモデルとしてはかなりお安いと思いますね。 ちなみに兄弟モデルとも言えるかもしれないREGZAの65インチ4K液晶テレビ『65M520X』が約165000円です。 これは2018年6月に発売されたモデルですね。 2019年モデルの『65M530X』だと約195000円です。 つまりハイセンス『65U7E』と『55U7E』はREGZA『65M530X』と中の映像エンジンはほぼ同等の『レグザエンジン』を搭載していると思われますが、メーカーの違いで40000円程お安くなっているのがわかりますね。 つまりメーカーさえ気にしなければコスパがかなり良いと言えそうですね。 ハイセンスの65インチ液晶テレビの違いを馬山なりに解説した記事も書いていますので良かったら読んでください。 馬山が見た『65U7E』の印象・感想! 馬山は実際に電気店でこの『65U7E』を見て来たのでその感想を簡単に書いておきたいと思います。 まず映像ですが、やはり『レグザエンジンNEO plus』を搭載しているだけあって 『REGZA』に近い映像だなと思いました。 映像に関してはかなり綺麗で鮮やかさもあるので、他の主流メーカーと比べても遜色は全くないですね。 あとは各メーカー見え方は少し違うので好みの問題だと思われます。 もう1つ重要なポイントとして音がありますね。 ハイセンスは音があまり良くないと言われてる様ですが、馬山的にはそこまで悪いとは思いませんでした。 普通にテレビを見るのであれば、全く問題ないと思います。 ただ音が良いとも言えませんので音を重要視する人は別にオーディオ環境を整えた方が良いかもしれませんね。 ベゼルも極細ですし、本体もめちゃくちゃ薄いので見た目も最新のテレビそのものですね。 見た目も主流メーカーと比べても引けをとったりダサいということはありませんね。 とにかく大きい画面のテレビが欲しい人。 どんどん大型化が進んでいるテレビですが、それでも65型というとかなりの大型テレビと言えると思います。 もちろん更に大きなモデルもありますが、急に割高になるので65型が大型テレビの中で1番狙い目になる大きさと言えそうです。 これらのポイントに当てはまる人にはハイセンス『65U7E』はめちゃくちゃオススメですが、ポイントに当てはまらない場合や許容出来ないのであれば逆にオススメできないと言うことになりますね。 ハイセンスの4K液晶テレビ『65U7E』はオススメ! 今日は2019年3月に発売されたハイセンスの4K液晶テレビ『65U7E』についてお話してみました。 ハイセンスというメーカーに馴染みがない方や海外メーカーということで抵抗がある方はけっこう多いとは思いますが、 『65U7E』のクオリティはかなり高いです。 中身はほぼ東芝『REGZA』と言っても良いくらいの品質の良さがあります。 この点を思うと海外メーカーですが、しっかりと東芝の技術が盛り込まれているので買いやすいモデルなんじゃないかと思いますね。

次の