ヤフー ニュース コロナ。 コロナ時代、検索される「明るい話題」 ヤフーが分析 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

企業情報

ヤフー ニュース コロナ

不特定多数の人が集まる施設やイベントを対象に、QRコードを活用し、感染者との接触の可能性がある利用者に、メールで注意喚起を行い、行動変容を促すとともに、クラスターの発生のおそれを早期に感知することで、感染拡大を防ぐ仕組みです。 - 大阪府 公式情報• - 大阪府• - 大阪府 新型コロナウイルス感染症対策サイト• - 大阪府• - 大阪府教育委員会• - Osaka Prefecture Government 緊急情報(Urgent information) 支援情報や各相談窓口• - 大阪府• - 厚生労働省 大阪労働局• - 大阪府• - 大阪府 お金、仕事、住宅など、生活に関する相談窓口のご案内• - 大阪府• - 大阪府 新型コロナウイルス感染症に関する医療及び療養に従事される皆さんを支援するための基金です。 事業者への支援.

次の

企業情報

ヤフー ニュース コロナ

新型コロナウイルスに関して、さまざまな「独特の症状」が報道されるようになってきた。 もっとも有名なのは、味覚と嗅覚の異常だろう。 日本でも、阪神の藤浪晋太郎選手や、タレントの黒沢かずこが味覚・嗅覚の感じにくさを公表し、広く知られるようになった。 カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、4月12日、味覚・嗅覚障害のある人は、比較的回復が早いとする調査結果を発表している。 新型コロナウイルスは、通常のインフルエンザとは異なる肺炎を引き起こす。 イタリアでは、新型肺炎が治っても、肺に永久的な損傷が残るかもしれないと報道されている。 ライニュース(4月18日)によれば、軽症で、自宅療養で完治した6人のダイバーが、肺の損傷のため、もはやダイビングできない可能性があるという。 最近のアメリカの報道では、「血栓」という言葉が増えてきた。 abcニュース(4月21日)によると、皮膚科医たちが「コロナの爪先(COVID Toes)」と呼んでいる現象があるそうだ。 凍傷と同じように、つま先が赤や紫に変色するのだが、症状の軽い子供や若年層に多く見られる。 さらに、紫色の網目のような模様が出ることもあり、いずれも血栓との関係が疑われている。 ノースウェスタン大学などがこの現象に注目し、初期症状のチェックに使えるかどうか、世界中に声をかけ調査を始めているとのことだ。 また、ワシントンポスト(4月22日)は「謎の多い血栓症が患者を殺している」と報じた。 解剖結果から、患者の肺に小さな血栓が広がっているのが確認されたそうだ。 アメリカでは、先日もブロードウェイの人気俳優ニック・コルデロがコロナの闘病中に血栓症を併発し、右足を切断したニュースが流れたばかり。 もし心臓や脳にも血栓ができるとしたら、突然、発作で倒れてしまうコロナ患者の説明がつく。 なお、この記事でも、足が青く変色したり、腫れ上がったりする症状が、悪化の兆候のひとつだとされている。 すでに、ニューヨークの一部の病院では、コロナ患者全員に抗血栓薬を処方し始めている。 感染がアジアより遅れて始まったとされるアメリカだが、実は、 カリフォルニア州で2月6日に亡くなった人が新型コロナウイルスに感染していたことが正式に確認された。 2月6日の段階では、中国とフィリピンでしか死者は報告されておらず、政府やWHOが気付くずっと前からアメリカにウイルスが蔓延していたことになる。 誰も知らぬ間に忍び寄ってきたコロナウイルス。 事態の収束はいつになるのだろうか。 (取材・文/白戸京子).

次の

コロナ患者の知られざる兆候「凍傷のような皮膚変色」に要注意(SmartFLASH)

ヤフー ニュース コロナ

なぜ今の世の中批判ばかりなのでしょうか。 コロナウイルスが蔓延し、明日にも緊急事態宣言と言われています。 確かにここまでの政府の対応は決して褒められるものではなかったかもしれません。 都道府県知事も場所によって対応が良し悪しあったかもしれません。 でも今はどんなニュースを見ても 緊急事態宣言が遅い やら 政府の支援は中途半端だ やら なんでロックダウンしないんだ とか 休校解除は間違った判断だ とか オリンピックがどうのこうの とか などなど ヤフーニュースのコメント欄、ツイッターなど多少過激な書き込みがされる場所はもちろんですが、最近は各メディアや芸能人や、ついには身の回りの友達くらいまでみんな批判しかしていません。 ヤフコメやツイッターに至っては、少しでもその人の正義と道がずれていると異様なくらいまで叩きのめしているように見えます。 しかしこの未知のウイルス相手に対応している政府・各自治体等々を批判し、その主張が正しい保証なんてどこにあるんでしょうか。 政府や各自治体は1つの要素だけじゃなく本当にたくさんの要素を踏まえた上で判断しているわけであって、全ての情報を知ることのできない一般市民である私たちが政府等の主導する方策に批判することができるのでしょうか。 政府の人だって人間であり、時間は有限です。 何もかもを完璧に、そして皆に平等に対策を実行するのは無理でしょう。 もちろん医療従事者等の最大限の頑張りが一番だとは思いますが、今のところこれだけ死者数を抑えられているのも、少しは評価されるべきではないでしょうか。 未来が... っていう人がいそうですが、この未知のものに対して未来がこうであると断言できますか? なぜここまで批判する・叩くが当たり前のように横行しているのでしょうか。 正直コロナウイルスにかかるよりも、こんな批判することや人を叩いてばかりの日本人ばかりという事実が恐ろしくてたまりませんし、見ていて非常に苦痛で疲れるし、精神的に辛くなっていきます。 なぜそういう世の中になってしまっているのか、そしてどういう気持ちをもってこれから日々過ごしていけばいいのかアドバイスいただけますでしょうか。 こういう状況下で民主主義国家であれば政府がなにをやっても批判は避けられないでしょう。 どんな施策をとっても影響が大きい人もいれば少ない人もいるし、収入がなくなって今日のご飯も食べられない人もいれば、全く問題ない人もいる。 最近はさすがに減りましたが、インフルの方が怖いので大騒ぎしすぎだとか言う人もいるかと思えば、人と話すだけで感染して死んでしまうと怖がる人もいる。 全員に同じように有効な施策も無いなか、風評被害やパニック、経済への影響も考えないといけないのでどうしても発表がオブラートで包んだようになり、わかりにくいくそれがまた批判の種になります。 国や自治体のリーダーは批判されることを覚悟の上で施策を決めてメッセージを出す勇気が要求されると思います。 今日緊急事態宣言が出される見込みですが、確かに遅い。 ただ、出せばどうしても生活のために店を開けないといけない業者や従業員を見殺しにする事になるので、経済支援策とセットでないと出せないと考えていたと思います。 ただそれにしても、先週までは、政府は「緊急事態宣言を出すほど感染がひろがっていない」と言う生ぬるいメッセージでかえって不安を広げていました。 はっきりするまでは、検討してもいないかのような言い方は五輪開催に対しても同じで安倍政権のやり方と思いますが、国民もそんなにバカじゃないので、もう少し正直な状況を説明しても良かったかと思います。 でもネットはその場限りで好き勝手に書く人が多いけどリアルの世界ではもっとしっかり考えている人がたくさんいると思いますよ。 批判ばかりというよりは、それだけの大問題であり、人間同士が行ってきた大二次世界大戦を含めた戦争を除いては、今世紀最大の関心事。 人が人を殺すということではないけれども、目に見えないウィルスが人から人へと次々と感染しながら全世界を席巻し、人間を殺し続けている現実がある。 それほどの問題だからこそ、各テレビ局などを含めた報道機関や新聞、雑誌からワイドショーに至るまで、毎日この問題で持ちきり。 こうした中で新聞などの紙面ではなく特に映像を通じて放送するテレビなどに登場する感染症の専門家や医療関係者、現場の医師、経済の専門家やインタビューに答える各業種にあって疲弊する者たちなどが、それぞれの立場から発言をしますが、それは批判ばかりではない。 感染症の専門家であれば、それは単に政府に対するものではなく、一般市民に対するウィルスへの備えや、安全対策、今後の見通しや想定、或いは、必要な提言もあるのかもしれない。 また、現場の医師などは、生の病院の現状を具体的に説明をし、そうした中での感染者や予備軍、或いは、不安を持つ人々に対してうがいや手洗いなどの具体的行動の方法手段を分かりやすく説明するなど、そうした声により弱いながらも政治にメッセージを送り、国民の不安を和らげようともする。 経済評論家のような立場からは、格差社会、不平等な社会の中で現金や預貯金も無く、また、飲食店などを含めた体力の無い個人経営や中小零細の立場から、そこをどうしたら救えるのかという提案もある。 何れにしても、誰も批判などしていないのであって、国民全体からすると、政治家と一部の専門家、有識者という、ほんの少数の人数の中で全てを決済する構造であるからこそ、そうした環境の中だけでは分からない社会の実情、現実の紹介もしている。 また、例えば貴女が会社の社長に何でも好きなことが言えないとするならば、その理由は何でしょう? 言葉に表すことは難しいのかもしれませんが、発言者としてのジャーナリストなどとは違い、専門家会議などに登場する有識者の面々が必ずしも自分の意見を申し述べているとは限らないし、その有識者自身がテレビに登場し、政府の意向に対して意見を申し述べるなど、あらゆる側面からも疑問に思うことは全てさらけ出しているが、そうしたことを含めて批判ではなく、こうした方がより効果的なのでは、こうした方がもっと国民の寄り添えるのでは、こうした方がさらに円滑に対応できるのではないかと議論を繰り返している。 これほどの大問題だからこそ、各局がこぞって番組展開しているのであって、決して批判ばかりではないということを考えてほしいですね。 また、有識者というのは、その道の専門家には違いありませんが、それ以外では単なる世間知らずの場合も多いばかりか、先の会社の社長の前で何でも言えるのかということに対して、専門外の政治という場において、必ずしも的確な提言をしているとは限らないし、場合によっては的外れの議論をし、さらには国民の苦労そっちのけに政治に忖度するような言動がないとも限らない。。 だからこそ、毎日毎日飽きもせずにウィルス感染の推移を見定めながら、事実の報道を含めて様々な意見が飛び交っている。 こうした様々な報道が、必ずしも官邸や安倍総理自身の考え方に影響を及ぼすものではないけれども、現実にそうした政治の中枢と関わることができないからこそ、より良い提案を模索しているのであって、批判ではなく、議論であると捉えたならば、何の苦痛も無いと思いますよ。 耳を塞ぎたいという気持ちも分からないではないですが、それでは今起きている現実から目を背けているということになってしまう。 貴女ご自身の意思をもってこのウィルス問題をどう考えているのかという方向性や確信があるのであれば、決して批判には映らない筈ですがね。 むしろ、貴女ご自身がこの問題に対して無関心に映ってしまいますが。 私が許せないのはその有識者たちが発言したことに対してその道のプロではない、ましてや他のあらゆる分野に対して中途半端にしか理解していない一般素人がここぞとばかりに批判し、叩いている、その状況に対して辟易しています。 何も知らない一般素人が何の知識があってその批判をしているのでしょうか。 もちろん通常の世の中であれば、モリカケ問題に批判しようが、検事の定年延長に批判しようが、桜を見る会に批判しようがそれは権利ですから、何も問題ないと思います。 このような国家の危機だろうとどんな時も権利があると言われればそれまでかもしれませんが、一番この問題の解決への道筋は皆が同じ方向を向くことであって批判することではないと思います。 そのことに批判する人たちはなぜ気づけないのか、それが悲しくてたまりません。 中国の国営放送を見ると、中国政府や共産党を全く批判せず、各地の地方政府や共産党員がいかに献身的に人民のために新型コロナウイルスと戦っているかを熱心に報道しています。 最近では、中国が国際的な支援を行っているニュースも強調されてきました。 中国では報道機関は党中央の方針を人民に正しく伝えるための組織だとされているからです。 中国に限らず、また国営放送に限らず、自国のマスコミにそのような役割を果たすことを求める指導者は多くの国に存在します。 しかし、これでは政府や権力の誤りをチェックするという報道機関の大事な役割を果たしているとは言えません。 あらゆるものについて「よいことはよい(うまくいっている)」「よくないことはよくない(うまくいっていない)」とありのままに伝えるのが、報道機関の重要な役割です。 大事なのはその報道の内容が事実に基づき公平・公正であるかどうか、一方の見方だけに偏っていないかどうかです。 報道を見る側も、新聞でも放送でもできるだけ国内外の多種多様なメディアに目を向けると世界が広がり、バランスが取れた見方に近づけると思います。 箱のような形で枠を決めていることに違和感があります 例えばなのですが、学校が再開しても自分の子どもを学校に行かせたくない親・自分の意志で行きたくない子どももいます このような家庭が、どうすれば良いのか?などの報道もありません 調べてみると、個人で学校や教育機関に相談する・・・という始末です これなどは批判ではなく、肝心なところは自己責任なのです 例えば、大阪知事の発信・対応が評価されているようですが、統計で不要不急の正しい?行動をとっている府民が30%にも満たないことがわかり、言うことを聞かない大阪の気風が最悪なこともわかりました ・・・のように、区域を決めて箱に収めるような対応には、不安が募ります つまり、そもそも正しい報道がされず、細やかな情報が隠れてしまい、ストレスが増えていることも踏まえた対応がなされていないのだと思います これも批判ではなく現実です ので、苦痛に感じられるのなら、細やかな正しい情報が発信されていないことが原因ではないのか?という思考を加えてみては?どうでしょうか・・・ 実は今批判している人の多くは今までもそんなに変わらずに批判してきているのです。 今までは話題が散見して、肯定的な意見も見えていたのですが、コロナを中心に話題が集中して、肯定的な意見をかき消してしまうほど、批判が集中しているのが現状です。 ここに質の悪い、いわゆる特定野党の議員連中のように逆張りの批判ばかりする意見がさらに乗っかって、何をどうしても批判だけが目立つ結果になってしまっています。 これにはマスゴミの努力も乗っかっています(政府に批判的な論調で番組を作る)。 そして、多くの人が勘違いしているのは現状の対応の良し悪しは収束したあとにしか評価できないということです。 質問者様が書いているように勝手に未来を予測して、悲観的に批判している。 日本は今は上手くいってると感じますが、次の一手を間違えば、酷くなる可能性もあるし、世界に比べて良い結果を保ち続けられるかもしれません。 素人には解らないので、随時、ベターな対応を願うばかりです。 >どういう気持ちをもってこれから日々過ごしていけばいいのか 一番は見ないことです。 次に近しい人には批判をしないように啓蒙する。 さらに気持ちがあったら、批判に対して堂々と意見を出すことです。 その上で、冷静に世情を観察し、収束した後に何が良い対応かが判明しますので、次の機会がある場合の糧にするといいと思います。 自分の人生は何をどうしようと全て自分の責任でしかありません。 他人のアホらしい意見(批判)は無視しておくのが精神衛生上も良いかと思います。 医療従事者の方々の大変な勇気と努力は効果を出しているものと思います。 でも、もっと予算を増やしたり、優先順位変えたりすることで、もっとうまくできたかもしれないね、という風にも思うことあります。 その権限は現場の医療従事者の方ではなんともならないということが起きていると思います。 >なぜここまで批判する・叩くが当たり前のように横行しているのでしょうか。 正直コロナウイルスにかかるよりも、こんな批判することや人を叩いてばかりの日本人ばかりという事実が恐ろしくてたまりませんし、見ていて非常に苦痛で疲れるし、精神的に辛くなっていきます。 例えばね、袋の中にボールがたくさん入っていて、袋をひっくりかえすとボールが転がりおちる。 で、あらぬ方向に転がっていくボールを「待って待って~!そっちじゃないよ!」と追いかける。 これ、ボールが「待って!そっちじゃないよ!」と、転がる方向を【批判】されてるんですよね。 さすがにこういうボールとそれを追いかける人をみては、恐ろしい世の中になったと傷つく人が多いとは思いません。 で、政治の意思決定っていうのは、声で動くボールのようなものなんです。 ゆえに、批判するということは必要です。 叩き方次第だと思いますけど、もうね、ボールは深さ3000メートルの谷の50センチ前くらいまで転がってきてると思う人もいるわけなんですね。 そしたら、ボールに向かって「こら!おちるな!あぶないぞ!」という強い言い方をする人もいると思うんですね。 ボールの中にはみんなの命とか将来が入ってるわけですから。 それでもって、ボールがたくさん欲しい人がいたとしましょう。 そういう人は、自分の声が相対的に大きいと、ボールがけっこう言うこと聞いてくれるわけで、まあ、前々から用意周到にやってくるわけです。 でね、ボールの周りに人が集まる前に一人づつ捕まえて(学校に行かせるとかテレビを見せるとかして)、「批判をしてはいけない。 批判は面白くない。 批判を見るとみんなが疲れて迷惑なんだ」「正しさなんてどこにもない。 」という学習をさせてきてる可能性がある。 たまたまかもしれませんけど、こういう価値観が実はあらかじめ押し付けられたものである可能性もあるので、その辺考慮してみるといいかもしれません。 でもねー、政府のオーナーっていうのは、納税者である有権者を中心とした、日本に住んでる人たちなんで。 その分しっかり動いてもらいたいという気持ちで、がんばってくれてる人がいるっていうことをですね、理解して日々過ごすといいんじゃないかという気がします。 もちろん、今のところだれも、政府も正解わかんない気がしていますけど、でも、正解をとれた他国があると思います。 検査と隔離を執拗に繰り返した大韓民国。 それから、県の単位でそれをやり切った和歌山県。 そういうところの事例をもとに「もっとこうしたらどう?」と言っている人もいるはずです。 疲れないようにするためには、叩くとか批判するといったことがあるSNSから離れて、新聞なりの記事だけ読むようにすればいいんじゃないでしょうか。 海外事例はBBC(イギリスの公共放送)、AFPP(フランスの様子がわかる)、CNN(アメリカの様子がわかる)などのニュースの和訳されたものを読んでいくとわかってきます。

次の