エクセル コントロール キー。 エクセルで Ctrl キーを押しながら下にドラッグして数字の連番でコピーができていたがうまくできない

エクセルでセルの結合や解除をショートカットキーでおこなう方法

エクセル コントロール キー

URLをクリップボードにコピーしました 経理業務でExcelを利用している会社は多いでしょう。 Excelの作業を効率的に行いたいのなら、ショートカットキーによる操作は身につけておきたいテクニックです。 ショートカットキーとは、キーボードを使ってパソコンの操作を簡単に行うための機能のことです。 しかし、全てのショートカットキーを覚えるのは大変です。 そこで、とりあえず押さえておきたい役立つショートカットキーと、ショートカットキーを利用するにあたってのポイントを紹介します。 ショートカットキーは意識して使えば使うほど手が覚えていき、操作が早くなります。 そうなるとよりたくさんのショートカットキーを利用したくなります。 ここで紹介したショートカットキーをステップに、他のショートカットキーを身につけていけば、業務処理のスピードをアップさせることができるようになります。 これが「貼り付け」のショートカットキーです。 ショートカットキー表示はすべてのコマンドに表示されるわけではなく、比較的利用頻度の高いものに表示されます。 表示される代表的なコマンド• コピー• 切り取り• 貼り付け• フィルター• Sum関数 自分が利用するコマンドはどうなっているかを確認してみましょう。 覚えておきたいショートカットキー30選 では本題に戻って、利用頻度の高いショートカットキー30個を紹介します。 右クリックと同じ動作をしますので、「右クリックキー」といいます。 ただキーボードによってはないものもあります。 ただ一つのキーで済むアプリケーションキーの方が楽ですので、キーボードについているのであれば、「アプリケーションキー」を利用しましょう。 「ショートカットメニュー」の見方 「コマンド」の横に表示されている「英字」がショートカットのためのキーとなります。 「コピー」をしたい場合は[C]をタッチします。 つまり、「アプリケーションキー」をタッチして、[C]をタッチすると選択しているセルがコピーされます。

次の

エクセル:カーソルが吹っ飛ぶ「Ctrl+矢印」キーを味方につける

エクセル コントロール キー

マウスいらずでできる操作 マウスを使わなくてもできる操作を紹介。 どれも絶対に覚えておくべき超便利ワザです。 キー1つでセルの移動 エクセル上でセルを移動するとき、十字キーやマウスを使って移動されている方も多いと思います。 実は「Enterキー」や「Tabキー」で同じ動作をさせることができます。 「Enterキー」はエクセル上で上から下への縦移動ができ、「Tabキー」は左から右への横移動が可能。 また、一番右のセルへ入力後、「Enterキー」を押すと次の行の先頭に移動します。 +「shiftキー」で逆向きもスイスイ! 先ほど紹介した「Enterキー」と「Tabキー」に、「shiftキー」を合わせれば逆方向へ移動が可能。 1つずつセルをチェックしたい時にも、とっても便利です。 これを覚えておけば、いちいちマウスを触る必要もなくなります。 上下や左右の端にあるセルに戻る方法 たくさんのデータがあると、セルの最初の列に戻ることが意外に面倒。 そんな時は、「Ctrlキー」プラス十字キーで一気にジャンプすることができます。 複数のシートをワンタッチで切替 月ごとや会社ごとなど、シートを使い分けているデータもキー1つで切替が可能です。 「Ctrlキー」と、テンキーにある「Page Up」を同時に押せば左シートへ1つずつ移動することができます。 また、「Ctrlキー」+「Page Down」で右シートへの移動が可能。 セルの移動と同時に活用できるとっても便利な裏ワザです。 今日の日付をワンタッチ入力 今日の日付、まだ手で入力していませんか? 実は「Ctrlキー」+「;」を同時入力することで、ワンタッチで日付を書き込むことができます。 組み合わせれば快適に作業ができます。 手間を省ける時短テク 同じ内容を複数のセルに入力 同じ内容を複数のセルに入力する際、コピー&ペースト コピペ で作業されている方も多いのではないでしょうか? 実は、「Ctrlキー」でセルを選択し、最後に選択したセルにテキストを入力したら「Enterキー」で確定。 さらに「Ctrlキー」+「Enterキー」を押すと、選択したセルに同じ内容を一気に書き込むことができます。 日付や曜日は仕事以外でも使う機会が多いですよね。 例えば学校やPTAの名簿作りにも活かすことができます。 このテクニックを使えば、カンタンに日付や曜日を入力することができるのでとっても便利ですよ! ワンタッチで全範囲選択 大きな表を作成すると、マウスを使ってドラッグし範囲を選択するのが大変。 勢いを付け過ぎてしまい、表をオーバーしてしまうことも少なくありませんよね。 そんなときは「shiftキー」を使ってカンタンに選択しましょう。 まず左上の一番最初のセルをクリックし、「shiftキー」を押しながら右下にある最後のセルをクリック。 これで全範囲選択が一気にできてしまいます。 日付に曜日を入力 日付の入力方法は先ほど紹介しましたが、曜日も入れられたら更に便利ですよね! まず、入力したい日付を範囲選択し、「Ctrlキー」+1を押して「ユーザー定義」を出します。 「OK」を押せば、選択したセルに日付が入力されます。 表作成時に役立つ裏ワザ 手軽に見栄えの良い表を作成できる裏ワザを紹介します。 はみ出してしまう文字も、これで解決 文字数が多いセルは文字がはみ出してしまい残念。 そんなときはセルを右クリックし、書式設定より文字の制御をかけましょう。 こうすることでセルの大きさを変えなくても、文字がおさまるようになります。 文字を折り返して見やすく整える 文字数がかなりはみ出してしまった場合、上記の縮小ワザを使ってもうまくおさまりきらない時があります。 そんなときは「折り返し」を使いましょう。 先ほどと同じように書式設定まで進み、文字の制御内にある 「折り返して全体を表示する」を選択。 このようにすることで、行が二段となり見やすくなります。 尚、文字を狙った位置で改行したい場合は狙った位置で「Altキー」+「Enterキー」を押すと、その部分で改行されます。 テキストを縦書きにして見やすくする 横向きに書かれたテキストは幅を取りがち。 縦にすることで、スッキリ見せることができます。 セルにカーソルを合わせ、ホームタブにある「配置」から 「縦書き」を選択。 幅も最小限に抑えられ、スッキリします。 先頭に余白をつけて見やすく ずらーっとデータが並ぶと、どうしても見難くなりがち。 そんな時は文字の先頭に余白をつけるだけで、ぐっと見やすくなります。 余白を付けたいセルを選択し、ホームタブにある「配置」から 「インデント」を選択。 これだけでキレイに表を見せることができます。

次の

Ctrlキーを押す指の話-ショートカットキーで指を痛めないために

エクセル コントロール キー

こんにちは。 管理部のゆりえです。 最近、にんじんとじゃがいものお値段を計算したのですが(仕事です)、2桁と2桁の足し算に5秒くらい固まりました。 その点、エクセルは計算も早いし間違えないし、本当に頭が良くて便利ですよね。 便利ですが、キーボードを叩く右手をマウスまで移動させて、クリック、またキーボード、マウス・・・この移動時間、もったいないですよね。 そこで、エクセル(Excel)を効率的に、なおかつ楽しく作業したい、もうマウスは使いたくない!という方にオススメのショートカットキーをご紹介します。 エクセル(Excel)の便利なショートカットキー ショートカットキーを覚えて、サクサク作業しちゃいましょう! マウスでダブルクリックせずに、セルの文字を編集したい! ショートカットキー F2:セルの内容の最後にカーソルを配置 F2を押すと、選択したセルの中にカーソルが現れて文字列の編集ができます。 このショートカットキーはものすごく使います。 複数のセルを選択していれば、複数行まとめて全選択ができます。 複数のセルを選択していれば、複数列まとめて全選択ができます。 複数行・複数列を選択した状態の場合は、その行数・列数分、挿入・削除ができます。 (2行選択した場合は2行追加・削除される) 行・列の全体を選択していない場合は、セルの挿入・削除ができます。 マウスは全く使いません。 戻りすぎたときは焦らずに、このショートカットキーで解決です。

次の