リスト 超絶技巧練習曲 6番。 難易度SSSランク!超絶技巧のピアノ曲の解説

超絶技巧練習曲 S.139 R.2b/Études d'exécution transcendante S.139

リスト 超絶技巧練習曲 6番

IMSLP:免責事項 IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。 そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。 超絶技巧のヴァイオリニスト・パガニーニ パガニーニ(1782年-1840年)はイタリアのヴァイオリニストで、その超絶技巧は特に有名でした。 ヴァイオリンの演奏が素晴らしすぎるあまり、「パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」「パガニーニは悪魔にヴァイオリンを習ったらしい」と言われるほどでした。 パガニーニはリストだけでなくシューマン、ブラームス、ラフマニノフなどの作曲家にも影響を与えました。 リストは失恋をした20歳の時に「僕はピアノのパガニーニになる」と決意しピアノのテクニックを磨いたとも言われています。 Paganini そしてパガニーニがヴァイオリンで演奏した超絶技巧のテクニックを、ピアノ独自の表現で編曲したのが「パガニーニによる大練習曲」というわけですね。 リストが「ラ・カンパネッラ」を扱った作品は4曲ありますが、その中でも「パガニーニによる大練習曲」第3番は、リストの名作の中でも最もよく知られている作品の一つです。 「パガニーニによる大練習曲」は6曲から成りますが、「ラ・カンパネッラ」はその人気から抜粋で演奏されることが多くあります。 超絶技巧練習曲の改訂版 「パガニーニによる大練習曲」第3番は、1851年に作曲されましたが、これは1838年に作曲された「パガニーニによる超絶技巧練習曲」を改訂したものでした。 リストのピアノ曲は難曲が多いですが、「パガニーニによる超絶技巧練習曲」はその中でも演奏が最も難しい作品として知られています。 名ピアニストであるウラディミール・ホロヴィッツも「演奏は不可能である」と言うほどでした。 リスト以外では弾きこなせないとも言われ、録音を行っているピアニストは長いクラシックの歴史でも片手で数えられるほどしかいません。

次の

主題と変奏 (リスト)

リスト 超絶技巧練習曲 6番

IMSLP:免責事項 IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。 そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。 超絶技巧のヴァイオリニスト・パガニーニ パガニーニ(1782年-1840年)はイタリアのヴァイオリニストで、その超絶技巧は特に有名でした。 ヴァイオリンの演奏が素晴らしすぎるあまり、「パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」「パガニーニは悪魔にヴァイオリンを習ったらしい」と言われるほどでした。 パガニーニはリストだけでなくシューマン、ブラームス、ラフマニノフなどの作曲家にも影響を与えました。 リストは失恋をした20歳の時に「僕はピアノのパガニーニになる」と決意しピアノのテクニックを磨いたとも言われています。 Paganini そしてパガニーニがヴァイオリンで演奏した超絶技巧のテクニックを、ピアノ独自の表現で編曲したのが「パガニーニによる大練習曲」というわけですね。 リストが「ラ・カンパネッラ」を扱った作品は4曲ありますが、その中でも「パガニーニによる大練習曲」第3番は、リストの名作の中でも最もよく知られている作品の一つです。 「パガニーニによる大練習曲」は6曲から成りますが、「ラ・カンパネッラ」はその人気から抜粋で演奏されることが多くあります。 超絶技巧練習曲の改訂版 「パガニーニによる大練習曲」第3番は、1851年に作曲されましたが、これは1838年に作曲された「パガニーニによる超絶技巧練習曲」を改訂したものでした。 リストのピアノ曲は難曲が多いですが、「パガニーニによる超絶技巧練習曲」はその中でも演奏が最も難しい作品として知られています。 名ピアニストであるウラディミール・ホロヴィッツも「演奏は不可能である」と言うほどでした。 リスト以外では弾きこなせないとも言われ、録音を行っているピアニストは長いクラシックの歴史でも片手で数えられるほどしかいません。

次の

超絶技巧練習曲 S.139 R.2b/Études d'exécution transcendante S.139

リスト 超絶技巧練習曲 6番

概要 超絶技巧練習曲とは、の・ピトのがした12の曲である。 e s と呼ばれ、体・精・魂、これらからの越という的な意味を持つ。 よって、技巧的にであるという意味に捉われがの邦題は、が意図したものとは遠のいた形となっている。 曲集全体は2度に渡り訂されており、最もされる機会が多く一般的に超絶技巧練習曲と呼ばれている物は、一番新しい第3稿 2年 である。 練習曲とは 尚同曲集は、的な技巧を身に付けるための物で、素人にはお勧めできない。 のが、更なる技術を磨く為の曲とも言える。 よって同曲集や、他にものエド等のに、「曲ってじゃねーぞ」といったを寄せるのは、お門違いである。 論、や等がした、がの遣いからできるような曲集も世の中には存在する。 これらは、技巧取得の為の曲(等)、会用曲(・等)と区別される。 詳細はにでも。 簡単な違いとしては、するためにするのが技巧取得の為の曲、するために膨大なが必要なのが会用曲、と言っていいだろう。 改訂の歴史• 6年、「すべての長のためのの曲 Op. 1」(実際には12曲)として第1稿を出版。 サール番号はS.。 代表的な者:和郎、リー・ハ。 7年、「24の大曲 Op. 6」(実際には12曲)として第2稿を出版。 そのはの楽曲史上最高峰とも言われ、著名なピトがだと口をえるほどだったと言われている。 のに献呈。 代表的な者:リー・ハ。 0年、同曲集第4番「マゼッパ」を訂。 サール番号は単独でS. となる。 代表的な者:リー・ハ。 2年、「超絶技巧練習曲」として第3稿を出版(第2稿同様に献呈)。 サール番号はS.。 最もされるのはこの稿である。 第2稿よりは劣るものの、その・効果は極めて高く、並のピトではを追う事が関の山だろう。 代表的な者:・ベレ、、幸雄等。 収録曲 以下は、第3稿の収録曲である。 ハ「前奏曲」• ヘ「」• ニ「マゼッパ」• 変ロ「火」• ト「幻」• 変ホ「」• ハ「」• 変イ「」• 変ニ「夕べの調べ」• 変ロ「」 余談 のであるが、の使っていない残り12の調を使って同じく超絶技巧練習曲をしている。 そちらは以下のとおりである。 ヘ「子守歌」• 二「の踊り」• ロ「鐘」• ト「テレク」• ホ「の」• ハ「」• 変ホ「牧歌」• イ「叙事」• ニ「エオン・ハープ」• ロ「カ」• ト「のド」• ホ「をぶ哀歌」 また、こちらはとは関係だが、のが番曲という全曲すると7~8時間程度の超絶技巧練習曲集を作っており、10年代に作られた曲にもかかわらず全曲録音のがようやく7割まで終わったところというほどである。 このように以外にも超絶技巧練習曲を作るはちらほらおり、としてしたものとなっている…のかもしれない。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• による超絶技巧練習曲•

次の