今 しばらく お待ち ください 意味。 「今しばらくお待ちください」の使い方と例文 「少々」との違いは? 2ページ目

「恐れ入りますが」と「申し訳ございませんが」の意味の違いと使用例

今 しばらく お待ち ください 意味

「今しばらく」の意味とは? まずはじめに「今しばらく」の意味を紹介します。 「今しばらく」の意味は「もう少しだけ時間がかかること」 「今しばらく」とは、「しばらく(暫く)」の前に「今」を付け加えた言い回しです。 「しばらく(暫く)」とは、「それほど時間がかからない(たたない)が、ある一定の時間は経過すること」を表します。 そして「今」という言葉には「今少し」というように、「もう少し」「ちょっとだけ」という意味があります。 「今しばらく」は、「それほどではないが、もう少しだけ時間がかかります」と相手に伝えたいときに用いる表現です。 また、「今しばらくのご無沙汰でした」とは言わないように、「今しばらく」を自分の行動について使うことはありません。 「今しばらく」は、相手に対してもう少し時間が欲しいことを伝える表現です。 メールでの「今しばらく」は「数日かかる」ことを表す ビジネスにおけるメールのやりとりで、「今しばらくお待ちください」という表現を使うときの「今しばらく」とは、「数日から1週間」程度の時間を一般的に表しているといえます。 「しばらく」とするときは、少なくとも3日から1週間以上のイメージを持つ人が多いといえます。 そのため、3日以上かかる見込みの案件については、「しばらく」とするか、およその日数を示すのがよいでしょう。 いずれにしても、メールで伝えるときには、待っていただくことの理由や前後の状況を簡潔に添えることを忘れないようにしましょう。 「今しばらくお待ちください」の敬語の使い方とは? 「今しばらくお待ちください」は正しい敬語ですが、もう少し丁寧に表現したいときもあるのではないでしょうか。 次に敬語の使い方のバリエーションを紹介します。 「今しばらくお待ちください」は状況によっては工夫が必要 「今しばらくお待ちください」は、「ください」という、人にそうしてほしいという意を表す丁寧語を用いた敬語表現です。 そのため、お客様や目上の人に対して問題なく使える表現ですが、状況によっては「ください」と断定する言い方が一方的な印象を与える懸念があります。 より丁寧な表現にしたいときは、次に紹介する、ソフトな言い方を工夫するとよいでしょう。 「お待ちくださいませ/お待ちくださいますようお願いいたします」はソフトな印象 より丁寧でソフトな印象を与えたいときは、「今しばらくお待ちくださいませ」としたり、「今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします(申し上げます)」と「お願い」の形にしたりするとよいでしょう。 「お待ちいただけますと幸いに存じます」は謙譲の気持ちを表す また、状況や相手との関係性によって、より慎重にお待ちいただくことをお願いしたいときには、「今しばらくお待ちいただけますと幸いに存じます」「今しばらくお時間を頂戴したいと存じます」などと謙譲表現にすることができます。 一方的に押し付けるような印象を避け、へりくだった気持ちを表すことができます。 「今しばらく」の類語と意味の違いとは? 「今しばらく」と似た表現との違いを紹介します。 「少々」は「今しばらく」よりも短い時間の表現 「少々」とは、分量や程度などが少ないことを表す言葉です。 「少々お待ちください」と言うときは、待つ時間が瞬間的に少ないことを表し、一定の期間の長さは含みません。 例えば、電話で少しだけ保留にするときに「少々お待ちください」と言いますが、「今しばらくおまちください」とは言いません。 メールでも同様に、「お返事まで少々お待ちください」よりも「お返事まで今しばらくお待ちください」の方が一定の期間という印象を与えることができます。 「しばらく」とは、先に説明したように「それほど時間がかからない(たたない)が、ある一定の時間は経過すること」という意味であるためです。 「もうしばらく」は「さらにもうしばらく」と時間を追加する表現 「もうしばらく」は、「しばらく」に「さらにもうしばらく」と時間を追加する表現です。 「もうしばらくお待ちください」と言うときは、すでにしばらくお待ちいただいている状況において、「さらにもうしばらくお待ちください」と言う表現です。 同じ状況で「今しばらく」とするときよりも、長い期間を示す表現です。 「今しばらくお待ちください」の英語表現とは? 最後に、「今しばらくお待ちください」の英語表現を紹介します。 「今しばらくお待ちください」は「Please wait for a while. 」 「今しばらくお待ちください」の英語表現は「Please wait for a while. 」が一般的です。 より丁寧にするには「Could Can you please wait for a while? 」と言います。 「今しばらく」よりも短い時間を表す「ちょっと待ってください」と言いたいときは、「Please wait a moment now. 」というように「moment(瞬間)」を使います。 まとめ 「今しばらく」とは、「もう少しだけ時間がかかること」という意味です。 それほど長くはないが、ある一定の時間がかかることを相手に伝えるときに使う表現です。 「今しばらくお待ちください」とメールなどに書くときは、一般的には、おおむね1週間未満の「数日お待ちください」という時間の感覚が共有されているといえます。 相手にお待ちいただくことをより丁寧な敬語で表現したいときは、「今しばらくお時間をいただけますと幸いに存じます」「今しばらくお時間を頂戴したいと存じます」などと、直接的な表現を避けたり、謙譲表現にしたりするとよいでしょう。

次の

時間がかかるの敬語は?お時間をいただく/今しばらくお待ちください

今 しばらく お待ち ください 意味

アメリカに35年ほど住んでいる者です。 惜しいですね. Please wait for a little while longer. と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします. まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします. また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります. 相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね. ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible. とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest. と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます. これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。 「交渉が予定より長引き、結果がまだ出ておりません。 もう少しお待ちください。 」 The negotiations took longer than planned expected , and no result has come out yet. Could you wait a little longer? 電話などでは Hold on, please. Just a moment, please. もあります。 相手が誰かによって言い方は違うものです。 同僚相手なら、Wait a little longer. Wait a little longer, please. I think it will take a while. と待ってくださいというのでなく、もう少し時間掛かると思いますと言えば、相手も待つのだと思うはずです。 Please wait for a while. も問題ないと思いますよ。 ただ、あとにThank you. と言えば丁寧かと思います。 参考URL: booboo33さん、こんにちは。 >「もう少しお待ちください」の部分はどのように言ったらいいでしょう?「Please wait for a whie」では、ちょっと違うような感じがするのですが・・・。 そうですね。 wait for a whileというよりは、もうちょっと長い期間という感じですね。 それと、お待たせして申し訳ないな・・というニュアンスも出したほうがいいと思うので I am sorry to trouble you,but please wait a little more term. 恐れ入りますが、もうしばらくの間、お待ちください。 I cannnot possibly express my apologies. おわびの言いようもございません(大変申し訳ありません) というような感じでいかがでしょうか。 A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。 どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。 つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。 >ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか? 改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。 I would appreciate it if you would kindly などの表現を私な必要に応じて使います。 ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。 Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。 アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。 どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う... A ベストアンサー アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。 これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your... A ベストアンサー アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。 日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じていません」とか「まだ私はこう言う表現をビジネス的表現として心得ています」とか「私は公私分けて表現する人間ですのでよろしく」と言うフィーリングを出しているわけです。 Please be noted, Please be informed, Please be assured, Please be remindedと言うような表現がほかの例としてよく使われます。 I informは単に「私が~と言うことを報告します」「私が~と言うことをお知らせします」という表現となり、ビジネス文書としてはあまり使いません。 I would like you to know thatとかIt is my pleasure to inform you that,とかI would like to take this opportunity to inform youと言う表現であれば「丁寧さ」を出したビジネス表現と言うことになります。 Should you have any questionsも倒置と言う畏まった表現としての例がありますね。 普通であれば、If you have any questions, と言う表現で済ましてしまいます。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。 日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じて... A ベストアンサー これは通信文でよく使われる表現です。 昔はemailの変わりにletterでしたが・・・ 日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。 参考;How do you find yourself this morning? A ベストアンサー 例えば,ビジネスでは,owner というのをよく使います.責任者の意味もあり,その仕事を lead して行く立場です.ex product owner, project owner, 等. 文脈によっては,manager からある仕事を任せられた場合に,assignee という場合もあります.状況により,他にもいろいろあります. 一語の条件が無い場合は,key person というのも.プロジェクトの場合は,ライン管理者でなくとも project manager になることもあります.team leader もそうですね. 「担当者」というのはかなり広い意味合いですから,まずどんな担当者かを決める必要があります.極端には,指示にしたがって命ぜられた仕事をこなすだけの人も「担当者」ですから. Q 仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。 その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。 例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。 この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。 that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。 そこで、文頭に1フレーズ置くことにより「なお」と言える表現がないものかと探しております。 1フレーズというのは、例えば、副詞一語、あるいは慣用的な表現のことです(「まず」を「To begin with 」というように)。 どなたかご教示下さい。 なお、「なお」の訳として「also」を使う例文も見かけますが、「also」は単に情報を追加する場合に使うような感じがしますので、注意喚起の場合には違和感があると思います。 「also」は日本語でいう「また」に相当するような感じがします。 仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。 その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。 例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。 この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。 that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。 とも言えると思います。 二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。 英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。 それでなくても専門的な用語が多く使われるので、文としてはあまり込み入ったものは歓迎されません。 法律関係は別ですが。 例えば上記に挙げた英文ですが、この前に勿論Note that or, please note , in addition, furthermore を入れる事は可能ですし、「なお」という言葉にこだわるなら入れたいという気持ちになるかもしれませんが、これは本文中ならまだしも、注釈の場合は必要ありません。 訳注では短文、またはフレーズだけの場合がほとんどです。 これは日本人としてのこだわりかもしれませんが、英語圏の者にとってはあまり意味がありません。 単語の訳にこだわる事も大切ですが、文、段落としてのbig picture が最後にものを言う、という例として、ニクソンが来日した時の通訳をした人の逸話があります。 元大統領が、carrying coals to Newcastle という表現を使った時に、その日本語訳を聞いた日本人在席者がどっと笑ったので、スピーチ後ニクソンが翻訳者に何と言ったのか訊いたところ、「灘に酒を盛って行く様なもの(つまりは意味が無い、無駄な事)」と訳したとの事でした。 とも言えると思います。 二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。 英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。 それでなくても専門的な用語が多... A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。 これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。 その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。 つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。 これってすごく違うことだと思いませんか? 思って欲しいのです。 動作であるからこそ、I would like to apoligizeとはいえるけどI would like to be sorryとは言えないと言う事を考えればすぐ分かるわけですね。 つまり、I would like to apoligize you all and I would like to apoligize you all and express it from the bottom of my heart, "I am sorry. "と言う表現がまったく違和感無く使えるわけです。 重複している文章ではないわけですね。 と言う事は、謝罪をするのかごめんなさいと言うフィーリングを伝える表現なのかと言う違いがあるわけです。 そうすると、apologizeの方は「文章として使え」、I'm sorryはフィーリングを著説あらわす表現だと言うことになります。 ですから、この違いをしっかりつかんでおけば、謝りたい、謝った、謝るつもりだ、と言うフィーリングを出すときにはapologizeと言う単語当然のごとく使いたくなるわけで、文章にするわけですね。 その謝りたい時に言う表現が「ごめんなさい」と言うせりふになるように、I'm sorryと言う表現を使うわけです。 I thank you. とThank you! の違いに似ているかな。 こちらの方が同じ単語を使うのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、感謝しまうと言う文章か「サンキュー」と言うせりふか、の違いですね。 日本でも、謝るときに「謝罪いたします」や「深く感謝いたします」と言う表現もせりふとして使いますね。 でも、どんなときに使いますか? この表現が口から出るときの状況や感覚を感じてください。 今回の英語の表現もまったく同じなのです。 これを口語・硬い表現と分類したところでどうやって使うのかは分からないのではないでしょうか、とふと思いました。 参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。 アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。 これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。 その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。 つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。

次の

「恐れ入りますが」と「申し訳ございませんが」の意味の違いと使用例

今 しばらく お待ち ください 意味

時間がかかるの意味・類語は? 時間がかかるの意味は仕事などがすぐに片付かずどのくらいか不明確なこと 時間がかかるの意味は、仕事などがすぐに片付かずどのくらいか不明確なことです。 時間がかかるという言葉は、仕事や作業などに時間が必要であることを表します。 時間がかかると言う場合には、すぐに仕事や作業を終えられるようなものではなく、しばらくの間待ってもらう必要があるということを伝える場合に使われます。 時間がかかるという場合、仕事や作業が完了するまでにどのくらいの時間がかかるのか不明確なケースが多いと言われています。 仕事や作業などはおおよその必要時間は想定できるものの、ハッキリと伝えることが難しい場合は少なくありません。 通常だと3日でできることであっても、不備などで時間を要することもあります。 そういったことをふまえると、前もって「あと3日かかります」と伝えるよりも、少し曖昧に「もうしばらくお時間がかかります」というように言葉を濁した方が良いケースもあります。 このようにどのくらいの時間がかかるのかを不明確にしたまま、相手に時間がかかると伝える場合に、お時間がかかるという表現が使われます。 時間を要するという表現は、時間が必要であるという意味合いであることから、時間がかかるという表現の類語になります。 時間を要する場合には、必要な準備を整えたり、十分な人数をそろえたりといった状況を整える作業や、実際に仕事などを進める際に時間がかかるといったことが想定されます。 いずれにしても、時間を要すると表現する場合には、今すぐに相手の要望などを満たすことができない状況であるというニュアンスが含まれます。 こういった場合、相手の要望などを満たすためにどのくらいの時間がかかるのかということを明示することで、相手に対する誠意を見せると共に、時間を要するという程度がどのくらいのものなのかを伝えることができます。 手間がかかるという表現は、仕事や作業を終えるまでに労力がかかるということを意味します。 労力がかかるということは、その分時間を必要とすることにつながるので、手間がかかるという表現は時間がかかるという表現の類語になります。 手間がかかる場合には、仕事や作業を終えるまでの間に必要な処理や対応などが多く、いくら順序よく進んだとしても、すぐに終えられるような性質のものではないといった意味合いが含まれます。 手間がかかるという場合には、どのような作業工程が必要で、どのくらいの時間がかかるのかといったことを明確に把握できていないケースが多いと言われています。 時間がかかるという表現と同様、手間がかかるという表現も曖昧な言い回しであり、明確に言及したくないといった意図があるケースが多いからです。 お時間をいただくという表現は、相手のお時間をいただくという意味であり、相手を待たせることを意味します。 例えばファミリーレストランなどで注文をした際に「このハンバーグはご注文をいただいてから作り始めますので、出来上がりまでにお時間をいただくのですがよろしいでしょうか?」といった使い方がされます。 お時間をいただくということを事前に伝えて、相手の了承を得ておくことは珍しくありません。 お時間をいただくということを事前に伝えておかなければ、後になってから「いつになったら料理が来るんだ!」とクレームに発展してしまうおそれがあるからです。 そのためお時間をいただくという案内は、事前に伝えておくことが重要であると言われています。 もう少々お時間をいただけますかという表現は、相手に尋ねることによって丁寧な態度を示し、お時間をいただく必要があるということを伝えるために使われます。 例えば、予約をしてからバースデーケーキを買いに行ったにもかかわらず、予定の時間に出来上がっていなかった場合などに「このケーキはすぐに出来上がりますので、もう少々お時間をいただけますか?」といった使い方がされます。 もう少々お時間をいただけますかと尋ねる場合には、「もうちょっと待っていただきたい」という意味合いになりますが、疑問形で相手に聞くことで柔らかい物腰で同意を得る際に使われます。 このような配慮がないと後々トラブルになりかねないことから注意が必要です。 今しばらくお待ちいただきたいのですがという敬語表現は、丁寧な言い回しによって、相手に配慮してもらいたいように促す際の敬語です。 例えば、接客業などにおいては、お客様の機嫌を損ねてしまうと、評判を下げるきっかけとなったり、クレームの原因になってしまったりすることがあります。 そういったことにならないよう、丁寧な表現で、なおかつ相手にお時間をいただきたいことを了承してもらえるような雰囲気を作る敬語表現です。 もう少々お時間を要するので今しばらくお待ちくださいという表現は時間がかかる旨を伝える表現方法ですが、丁寧な言い回しであることから礼儀をわきまえなければならない相手に使われる傾向があります。 大企業の社長や政治家などの権力のある人などに対しては、待たせてしまうと大変な無礼になってしまいますが、想定外のトラブルなどで権力者などを待たせてしまうケースも起こり得ます。 そういった際にもう少々お時間を要するので今しばらくお待ちくださいといった敬語表現が使われます。 お客様に大変な迷惑や損害を与えてしまった場合には「大変申し訳ございません。 ただいま原因を調べているところでして、もう少々お時間を要するので今しばらくお待ちください」といった敬語表現が使い方がされます。 丁寧な案内ながらも、最後にお待ちくださいと言い切ることで待ってもらいたい旨を強めに伝えられます。 【場面別】時間がかかるの敬語の使い方・例文は? 時間がかかるの敬語の例文【事前の案内編】 時間がかかるの敬語の例文における事前の案内編は、これから受け付ける内容について時間を要することを伝える例文です。 「現在3名様がお待ちになっていらっしゃいますので、少々お時間がかかるのですがよろしいでしょうか」といった例文が使われます。 このように事前に時間を要することを伝える例文は、予約などを受け付ける際によく使われます。 飲食店や美容院など、予約をしたうえで来店しようという場合に、予約の電話などをした段階で現在の状況を伝えてもらえるケースがあります。 そういった場合に前もって時間がかかることがわかっていれば、他の用事を済ませておけるので助かります。 逆にそういった案内がないまま来店させておいてお客様を長時間待たせてしまうと、クレームに発展してしまうので注意が必要です。 時間がかかるの敬語の例文【経過報告編】 時間がかかるの敬語の例文における経過報告編は、既に受け付けた内容について、先方から急ぐように言われた場合に使う例文です。 「予定よりお時間をいただく状況になってしまったこと、大変申し訳ございません。 今しばらくお待ちいただけますでしょうか」といった例文が使われます。 ビジネスシーンにおいては、お客様や取引先から急ぐように言われることは珍しくありません。 相手も暇ではありませんから、なるべく早く対応しなければ怒らせてしまうこともあります。 そういった際には、できる限り丁寧な対応をすることが重要です。 お怒りになっているお客様などに対しては、現在の状況をできる限り詳しくお伝えし、真摯な態度を示すことでご理解いただけるというケースは少なくありません。 あとどのくらいの時間がかかるのかなどをわかる範囲で伝えたうえで、お時間をいただくことについてご理解をいただけるように努めましょう。 時間がかかるの敬語を把握して真摯に対応しましょう 時間がかかる旨を伝えることは、先方にとって嬉しいことでないケースがほとんどです。 しかし、伝えなければならないことはしっかりと伝えておかないと、後でトラブルになりかねないので、時間がかかるという敬語を把握して真摯に対応しましょう。 最後にビジネスで使える表現について詳しくお伝えしている記事を紹介します。 喫緊という表現とイノベーションという表現です。 日本語の難しい表現や英語のビジネス用語を合わせて押さえておくと、より表現力の幅が広がるので、ぜひお役立てください。

次の