僕を不甲斐なさで。 パパが号泣した日 自分の不甲斐なさを痛感した次女との面会【もりりんパパと怪獣姉妹 第21話】|ウーマンエキサイト(3/3)

ラーム、ライバルの不甲斐なさに苦言…バイエルンの一強時代は「僕らだけの責任ではない」

僕を不甲斐なさで

『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww 関連記事.

次の

アフィリエイトに「能力/才能」必要ない【必要なのは下積み/廃水の陣】第24話

僕を不甲斐なさで

『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww 関連記事.

次の

パパが号泣した日 自分の不甲斐なさを痛感した次女との面会【もりりんパパと怪獣姉妹 第21話】

僕を不甲斐なさで

「……ふぅ」 手洗い場の鏡の前で、僕は小さくため息をついた。 少し体調が回復したので、トイレに顔を洗いに来たのである。 申し訳ないけれど、 遊薙 ( ゆうなぎ )さんはさっきのベンチに待たせてきた。 それにしても……。 気持ち悪さと彼女の強引さに負けて、膝枕なんてものをされてしまった。 体調が戻った今だからこそ言えるけれど、なにやってるんだ、僕は……。 自分が情けなくて、嫌になる。 ただ逆に考えれば、遊薙さんもこれで、僕の不甲斐なさというか、どうしようもなさに 辟易 ( へきえき )したんじゃないだろうか。 なるほど、遊園地でデートすると別れやすいというのは、もしかしてこういうことなのでは。 なんだか色々ありすぎて、本来の目的をすっかり忘れていた気がするけれど、きっとそういうことなんだろう。 そういう意味では、事態は良い方向に進んでいると言えなくもないのかもしれない。 なんとなく元気を取り戻してから、僕は遊薙さんのところへ急ぐことにした。 「……ん?」 ベンチへ戻ると、そこには妙な光景が広がっていた。 立っている遊薙さんを囲むように、若い男が三人、集まっている。 格好や雰囲気から察するに、大学生だろうか。 派手な服装、髪型というわけではないものの、それなりに乱れていそうな雰囲気がある。 遊薙さんの知り合い、というふうには見えないし、なにやらトラブルがあった、ということでもなさそうだ。 まあ、あそこにいるのが遊薙さんだってことを踏まえれば、彼女目当てのナンパ、と考えるのが妥当なような気はするけれども。 「ちょっと、やめてください」 「いいじゃんお姉さーん。 彼氏そんなにイケメンなの? 俺らの方がカッコいいんじゃない?」 「それに、お姉さんのこと置いてひとりでどっか行ったんでしょ? そんな彼氏やめときなってー」 「迷惑です。 大声出しますよ」 ううん、こんな連中って本当にいるんだなぁ。 僕らの県にはいなかったけど。 しかし、遊薙さんはずいぶんと落ち着いているようだ。 おそらく、こういう状況に慣れているのかもしれない。 そう思うと、少し複雑な気分にならざるを得ない。 それにしても、どうしたものだろう。 男三人を追い払う力なんて僕にはもちろんないけれど、放っておくことはできない。 それに、対策を考える時間もない。 仕方ない、出たとこ勝負だな、これは……。 「あのー」 「ん? うおっ! マジで彼氏しょぼいじゃん! ぎゃはは!」 おいおい、失礼なやつめ。 まあ、しょぼいのは否定しないけどね。 「その人、僕の彼女なので、他を当たってください」 「おーおー、カッコつけちゃって」 リーダー格の男が僕に近づいてきて、馬鹿にするような視線をこちらに向けた。 威圧するように僕の肩に手を置いて、強めの力で握ってくる。 「やめときな。 この 娘 ( こ )に遊ばれてるだけだよ、お前」 「どう見ても釣り合わねぇじゃん、お前なんかじゃ」 ムカっ……。 釣り合わない、というのはごもっともだし、僕だって遊薙さんには、それをしっかりわかって欲しいと思ってる。 でも、他人に言われると案外、腹が立つもんだ。 それに釣り合ってなかったとしても、僕には彼女をここに連れてきた責任がある。 怪我も不安も無く、ちゃんと安全に遊薙さんを帰らせなければならない責任が、僕にはあるのだ。 僕はリーダー格の男の目を真っ直ぐ睨んで、言った。 「言っておくけど、彼女だけ連れて行きたいなら、暴力を振るうしかないぞ」 「……あぁ?」 三人の男は、それぞれが不快さを隠そうともしない表情になった。 さっきまでの馬鹿にした様子では無く、そこには確かな怒りがこもっている。 「僕は絶対にどかないし、彼女だって僕から離れない」 言いながら、驚きを浮かべて目を見開いていた遊薙さんの手を掴む。 「威嚇して僕を引かせようと思ってるんだろうけれど、君たちは絶対に、僕を殴り飛ばさないと彼女を連れて行けない」 「……なんだテメェ?」 「お前、ムカつくなぁ……!」 そう。 どうせこいつらは、僕を脅すことしかできやしない。 実際に暴力を振るって、暴行罪を背負う度胸なんかないんだ。 遊薙さんを背中に隠すようにして、僕は続けた。 「僕を殴って、周りの目に晒されて、通報に怯えて、それでも彼女を連れて行きたいなら、やってみれば良い。 僕は恐怖を与えるだけで逃げる相手じゃない。 殴られるところまでは、もう覚悟してる。 でもそっちには、そこまでの覚悟があるのか」 「お、おい……」 「……行こうぜ。 なんかこいつ、めんどくさそうだ……」 「……チッ」 三人は各々に口汚く僕らを罵倒しながら、肩を揺らして去っていった。 最後まで口だけの連中だったな。 まあ、そのおかげで僕も助かったわけだけれど。 「……ふぅ。 突然のことに、思わずうろたえてしまう。 口を真一文字に結び、歪んだ表情で僕を睨んでいる。 「平気だって。 僕がちょっと怪我をするだけで、向こうは大打撃なんだ。 あいつらもそれくらいの損得勘定はできるさ。 これは、困ったな……。 とりあえず、遊薙さんをベンチに座らせて、僕もその隣に。 ぼろぼろと涙を流す彼女にハンカチを渡して、僕は遊薙さんの背中をゆっくり撫でた。 「……ごめん、悪かった。 たしかに、君への配慮が足りなかったかもしれない」 「……ぐずっ」 「ただ、僕が怪我してでも、君のことは守らなきゃいけない。 君をデートに誘った責任が、僕にはあるから。 だから……」 「……」 しばらくそうしていても、遊薙さんはなかなか泣き止まなかった。 僕が疲れて撫でるのをやめると、彼女は僕の二の腕を抱きしめて、またしばらく泣いた。 振り解くわけにもいかず、僕は顔を逸らして居心地の悪さを誤魔化し、少しずつ日が暮れていくのをぼんやりと眺めた。 「……桜庭くん」 「なに」 「……ありがとう」 「いや……。 悪いのはたぶん、僕だから」 ------------------------------------------------------------------------------------ 22時にもう一度更新します!.

次の