リセットさん リストラ。 リセットさん 失業が残念、禁止ワードもう楽しめない!?「どうぶつの森」リセットさんがリセット!?

リセットさん(どうぶつの森)

リセットさん リストラ

任天堂の「どうぶつの森」シリーズで、ゲーム専用機向けの本編で皆勤を続けていた名物キャラの「リセットさん」。 しかし2020年3月20日発売予定のでは職を失うことが明らかとなりました。 海外テックメディアMashableが世界最大ゲーム見本市E3 2019にて、本作開発チームの京極あや氏にインタビューを実施。 そのインタビューのなかで京極氏は、リセットさんが新たな自動セーブ機能のために職を失ったと正式に発表しました。 リセットさんは「どうぶつの森」シリーズでゲームをセーブせずに終了(リセット)すると次回プレイ時に現れ、長々とした、いや有り難い説教をしてくださるモグラのキャラクターです。 ふだんはリセット監視センターに勤めており、リセットを検知すると風呂に入っていても食事中でも洗濯中でも、プレイヤーの押し間違えであれバッテリー切れであれ駆けつけてくれました。 京極氏によれば「これはプレイヤーにとっては前向きな変更になると思います。 『あつまれ』ではゲームの途中で中断でき、その状態をセーブできます」「でも残念ながら、ゲームをリセットしたりリセットボタンを押したりする必要がないため、リセットさんには辛いことになりました。 彼はクビになりました」とのことです。 京極氏は続けて「私たちはリセットさんがレイオフされた後、新しい仕事を探していると信じています。 楽しみにしてください」とも語っており、リセット行為を叱る使命はお払い箱になるものの、転職する可能性を示唆しているのかもしれません。 実は2012年発売のニンテンドー3DS用「とびだせ どうぶつの森」で、リセットさんがクビになる兆候はすでにありました。 リセット監視センターが事業仕分けされ、公共事業でリセット監視センターを建てなければリセットさんにお説教をされることもありません。 もちろん、リセット監視センターを設置すればリセットさんは復職し、なぜリセットしたかこちらの言い分が言えるように。 「身に覚えがない」と答えれば逆に謝罪される聞き分けの良さとなっていました。 なぜこんな境遇になってしまったかというと、によれば「小さな女の子が怖がっているみたいですね。 泣いてしまうお子さんもいると聞いたことがあります」とのこと。 そこで、わざわざ叱られたいユーザーのニーズを満たすために、センター再建を村長(プレイヤー)の判断に委ねたとされています。 しかしながら、自動セーブ機能が実装されてしまうと「リセットで叱ってもらえる」ことが論理的に不可能になったわけです。 発売まであと9か月ほどありますが、開発チームには「転職活動疲れで腰が低くなったリセットさん」を見ずに済むような努力を望みたいところです。

次の

『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

リセットさん リストラ

「あつまれ どうぶつの森」でリセットさん失業。 自動セーブ機能のため 2019年6月14日 16時30分 Engadget 日本版 [画像] 「あつまれ どうぶつの森」でリセットさん失業。 自動セーブ機能のため 任天堂の「どうぶつの森」シリーズで、ゲーム専用機向けの本編で皆勤を続けていた名物キャラの「リセットさん」。 しかし2020年3月20日発売予定のNintendo Switch向け最新作「あつまれ どうぶつの森」では職を失うことが明らかとなりました。 海外テックメディアMashableが世界最大ゲーム見本市E3 2019にて、本作開発チームの京極あや氏にインタビューを実施。 そのインタビューのなかで京極氏は、リセットさんが新たな自動セーブ機能のために職を失ったと正式に発表しました。 リセットさんは「どうぶつの森」シリーズでゲームをセーブせずに終了(リセット)すると次回プレイ時に現れ、長々とした、いや有り難い説教をしてくださるモグラのキャラクターです。 ふだんはリセット監視センターに勤めており、リセットを検知すると風呂に入っていても食事中でも洗濯中でも、プレイヤーの押し間違えであれバッテリー切れであれ駆けつけてくれました。 京極氏によれば「これはプレイヤーにとっては前向きな変更になると思います。 『あつまれ』ではゲームの途中で中断でき、その状態をセーブできます」「でも残念ながら、ゲームをリセットしたりリセットボタンを押したりする必要がないため、リセットさんには辛いことになりました。 彼はクビになりました」とのことです。 京極氏は続けて「私たちはリセットさんがレイオフされた後、新しい仕事を探していると信じています。 楽しみにしてください」とも語っており、リセット行為を叱る使命はお払い箱になるものの、転職する可能性を示唆しているのかもしれません。 実は2012年発売のニンテンドー3DS用「とびだせ どうぶつの森」で、リセットさんがクビになる兆候はすでにありました。 リセット監視センターが事業仕分けされ、公共事業でリセット監視センターを建てなければリセットさんにお説教をされることもありません。 もちろん、リセット監視センターを設置すればリセットさんは復職し、なぜリセットしたかこちらの言い分が言えるように。 「身に覚えがない」と答えれば逆に謝罪される聞き分けの良さとなっていました。 なぜこんな境遇になってしまったかというと、当時の「社長が訊く」によれば「小さな女の子が怖がっているみたいですね。 泣いてしまうお子さんもいると聞いたことがあります」とのこと。 そこで、わざわざ叱られたいユーザーのニーズを満たすために、センター再建を村長(プレイヤー)の判断に委ねたとされています。 しかしながら、自動セーブ機能が実装されてしまうと「リセットで叱ってもらえる」ことが論理的に不可能になったわけです。 発売まであと9か月ほどありますが、開発チームには「転職活動疲れで腰が低くなったリセットさん」を見ずに済むような努力を望みたいところです。

次の

リセットさん(どうぶつの森)

リセットさん リストラ

概要 シリーズでをせずに終了(つまり)すると次のプレイの時に現れるキャラクター。 気に食わない結果になったらリセット、というずるいプレイをしている場合はもちろん、リセットの原因が停電だろうが電池切れだろうがフリーズだろうがお構いなくあらわれる。 Wi-Fiの通信エラーの時は例外的にあやまってくれる。 リセットボタンが押されると 風呂に入っていても、 食事中であっても洗濯をしていたとしても「 わざわざの家までのトンネルを掘って」駆けつけなければならない使命を(何故か)持っている。 リセットさんが登場すると、 お説教をされ、場合によっては 反省の言葉を述べさせられたり画面を真っ暗にされたりすることになる(なお、反省の言葉を述べさせられるパターンで「うるさい」などの暴言を入力すると……)。 しかし、この手間を惜しんで更にリセットされてしまう事もある。 作品によっては「」というが登場することもある。 こちらはリセットさんと違い温厚であるが登場するシーンはかなり限られている(但し街森ではリセット監視センターに行くことで出会う事が可能)。 リセットさんとの会話内容はかなり作り込まれており、のバリエーションが豊富。 しかも、何回「リセットしたかったから」と言ったかに応じてお説教の内容が変わるため、 リセットさんとの会話が見たくてわざとリセットする人もいたりする。 説教を聞かされる、という事を除けば実害は無い。 次やったら……と言われてもそこまではしないやさしいである。 何度もリセットしていると「なんべん ゆ~たらわかるんじゃ~っ!」「ゆ~てもゆ~てもわからんやつやな~っ!!」と怒られてしまうが、それ以上の事は特に無い。 ちなみに、服装は64の時はにという格好だが、『どうぶつの森e+』以降はオーバーオールを着用している。 兄弟ともに関西弁であるが、ラケットさんは京なまりっぽい。 任天堂のお膝元が京都だからか? 劇場版どうぶつの森ではお笑い芸人のが声を担当した。 カード等によると、作中に登場しないが妻子がいるらしい。 では…… そんなシリーズ通して登場し、ゲームながらリセットをしてはいけない、ということを説いていたリセットさんではあるが、では彼の所属していたリセット監視センター、通称「リかせん」が 事業仕分けの対象とされてしまったようであり、はじめてリセットをした際に顔見せだけはするが、それ以降登場することは無い。 しかしながら、公共事業としてリセット監視センターを作る事も出来、作った場合は従来の作品通り、リセットする度に駆けつけてくれる。 この公共事業だが実に368,000ベルとかなり高額であるが、リセットさんに怒られたい、という人は是非とも作ってみてほしい。 ちなみにリセット監視センターを完成させると自宅前でいきなり現れてお礼を言いに来る。 なお、今回はセーブせずに終了となった場合に現れるのはいつも通りだが、何故そうなったかの言い分をこちらから言う事ができるようになり、『バッテリー切れ』『身に覚えがない』『ワザと』の選択肢が出てくるワンクッション型となっている。 『バッテリー切れ』の場合はバッテリー残量に気を付けるよう忠告し、原因不明であった場合の『身に覚えがない』だと素直に帰っていく。 そして『ワザと』を選ぶと改めて登場してお馴染みの説教タイムである。 リセット監視センターはマンホールの蓋が入口になっており、天気が悪天候だった場合に次の日の夜9時過ぎになると開くことがあり中に入る事ができる。 何度かそこでリセットさんかラケットさんと会話していると写真がもらえるが、もらえるのは 一度限りなので注意。 このイベントはその日一回だけなので誰か先に入ると他のむらびとはその日は入れない。 稀に喫茶店でリセットさんかラケットさんがコーヒーを飲んでいる事もある。 『あつまれ』のリセットさん 『』でリセット監視センターが廃止され、上記の会話の中でリセットさん本人も「先のない業種だからやめておけ」と言っていた通り、『』は完全オートセーブ制となり、必然的にリセットさんの出番も無くなってしまった。 とうとうリセットさんは完全リストラか・・・と思いきや、島で不測の事態が起こり、移動できなくなってしまった際に助けを求められる緊急脱出サービスのオペレーターの1人としてリセットさんと思しき人物に電話がつながるようになっており、更に脱出させてもらった後に「オートセーブっちゅうもんがあるからリセットはできませんねん」と言われたり、勘違いしがちな言葉の豆知識を言うなど、姿こそ見ることはないもののほぼリセットさんで間違いないと思われる描写が多い。 因みに本来必要であるマイルが 足りなくても適当な場所だが、脱出させてくれる。 何とありがたい存在では無いか。 また、条件不明だが「代役」を名乗る京言葉風の喋り方のオペレーターにつながることもある。 どうやら兄弟揃って緊急脱出サービスのオペレーターとして再就職を果たしたようである。 リセットさんが出てくるメカニズム プレイヤーの中には、何故セーブしていないのがわかるのか疑問に思う人もいるだろう。 仕組みとしては、ゲーム開始時に「まだセーブしていません」という情報をゲーム側で自動でセーブし、正しい方法でゲームを終了する際にゲームの進行状況と「ゲームを終了する」という情報をセーブしているのである。 ……で、上記の手順を踏まなかった場合は「ゲーム終了のデータが存在していない」ということでリセットさんの登場となるのである。 他作品への出演 『』ではとして登場。 説教するだけで害はない(セリフで画面の一部が覆われ若干は見辛くなる)が、攻撃すると爆発することがある。 また、プレイヤーのモノマネをすることもある(隠しキャラ含め、全キャラクター分用意されている)。 『』では、追加コンテンツ第2弾のコース「」にて障害物として登場。 レーサーより一回り大きい姿で出現し、どんな重量級カートもクラッシュさせる。 また、のハンティングアクションゲーム『』では、『どうぶつの森』シリーズとのとして、用の リセットさんのなりきりセットが用意された(他にはになりきれるセットも用意されている)。 このセットを着用すると、声もリセットさんのものに変わる。 関連イラスト.

次の