小学生 お小遣い。 小学生のお小遣い!金額の平均・相場や使い道について解説!

小学生のお小遣い!金額の平均・相場や使い道について解説!

小学生 お小遣い

・低学年では500円以下 ・中学年では500~700円 ・高学年になると1000円前後 というのが相場となっています。 年齢が上がるほど子供だけで出かけたりと、親から離れて行動することも増えていき、その分お金を使う機会が多くなるため、お小遣いの金額をアップするという家庭が多いようです。 ただ、必ず相場通り与える必要はありません。 「小学生に1000円なんてまだ早い!」と思う親もいれば「高学年になったら1,000円は妥当」という親もいて、お金の価値観はそれぞれ違います。 【うちはうち。 よそはよそ】です。 相場の金額を参考にしてご夫婦で、親子で、よく話し合ってそれぞれのご家庭でルールを決めていくようにしましょう。 おすすめの与え方は? お小遣いの与えかたもご家庭によって様々ですが、主に4つの方法があります。 この方法は子供がお金を何に使うのかを把握しておくことができる、というメリットがある反面、好きな時に貰えるためお金の管理方法などが身につきにくいというデメリットもあります。 子供に限られた金額でのやりくりなどの金銭感覚を身につけさせたい、という場合にはあまりおすすめしません。 いわゆる定額制ですね。 とても一般的な方法で、こちらを採用しているご家庭は多いと思います。 定額制のメリットは、限られた金額の中でどうやりくりするかを子供自身に考えさせて、大人になってから必要な金銭感覚を身につけさせることができることです。 子供に全て任せることで与えた分をすぐに使いきってしまうのではないか・・などと心配する親御さんもいるでしょうが、子供にとってはそれも経験! お金があるからといってむやみやたらに使って本当に欲しいもの、必要なものが買えなかったなどの失敗をすることによって限られた金額でのやりくりの方法を身につけていくことができるのです。 一方で、お金の大切さやありがたみを感じにくいというデメリットもあります。 本来お金は労働の対価として支払われるものですが、定額制のお小遣いは何もしなくても必ずもらえるので、お金を稼ぐことがどれほど大変なのかということが伝わりにくいのです。 この方法では【仕事をすればお給料を貰える】という世の中の仕組みや、普段使っているものや食べているものは親が一生懸命働いて稼いだお金、ということを教えることができます。 お手伝いは本来「仕事」ではなく「家族の助け合い」ですよね。 例えば500円のお小遣いを与えようと考えているなら半分の250円は定額制で与えて、残りの半分は歩合制にしてお手伝いで稼いでもらうようにしてみて下さい。 こうすることで定額制と歩合制の良い面を取り入れつつ、悪い面はカバーしていくことができます。 MEMOちなみに我が家のお小遣い制度ですが、毎月25日の給料日に旦那から子供達にお小遣いを200円渡してもらっています。 あとはお願いしたお手伝いを頑張ってくれたら10円、通知表に影響するテストで100点をとったら50円としています。 テストはあまり100点を取ってこない子供達なので、高めに金額を設定していますが、いまいち成果がでません(苦笑) どんな風にお金を管理させる? 子供にお小遣いを渡したものの、その使い道や管理方法につい口を出したくなるのが本音ですよね。 ですが、渡したお小遣いは基本的に全て子供に管理させるのがおすすめ! 金銭感覚や限られた金額でのやりくりを学んでほしいと思っていても、親があれこれ口を出してしまってはいつまでたっても身に付きません。 はじめは失敗することもあるでしょう。 でも、はじめから完璧にできる子なんていません! 「お小遣いが嬉しくてあっという間に使ってしまった」 「レジでお金が足りなかった」 「お小遣いを貯めてずっと欲しかったものがやっと買えた」 そんな様々な経験をすることによって徐々に身に付いていくのです。 子供が本当に困った時には必ず相談してくれます。 アドバイスはそんな時だけにしておいて、あとは心を鬼にして子供に任せてみましょう。 ただ、子供も急にお金を渡されて自分で管理してと言われても戸惑ってしまいますよね。 ですから、お小遣いをスタートする時に子供としっかり話し合う時間を設けるようにしましょう。 その際に ・お金がどれ程大切なのか ・物を購入する時にはよく考えてから買うようにすること などの大切なこと、知っておいてほしいことや 「お小遣い帳をつけてみたらどう?」などと、管理についてのアドバイスを伝えるようにするといいですね。 簡単なお小遣い帳は100円均に売っているので、まずは書き方を教えてあげる事から始めてみてくださいね。 おわりに 小学生へのおすすめのお小遣いの与えかたをご紹介しましたが、必ずしもこの方法で与えなければいけないということはありません。 これらの方法を参考にして、お子さんの性格を考えてあなたのお子さんに合った方法でお小遣いをスタートしてみましょう。

次の

小学生時代はお小遣い制で金銭感覚を磨く:日経DUAL

小学生 お小遣い

【高学年】800円前後 ・お菓子、文房具、漫画など計画的に買うために与える。 ・ゲームソフトなどは自分でコツコツ貯めて買うこともある。 ・欲しいものがある、外出するなどの時は親にプレゼンをする。 お小遣いの与え方 世の中の家庭で行われている、お小遣いの与え方は、4つの方法に分けられます。 【その都度】 必要な時だけお金を渡す方法です。 毎日、 毎週お小遣いを渡す方法よりも 毎月の 定額制のほうが計画性をもってお小遣いを使えるようになる効果が高いのでおすすめです。 また、 欲しい時にその都度お小遣いを渡す方法は 限度額を超えやすいというデメリットがあります。 それに、子供に計画性を持たせる訓練にもなりませんのでご注意下さいね。 ありがちだけどNGなお小遣いの与え方 「お花にお水をあげてくれたら50円あげる!」「お米を研いでくれたら100円ね」と何かお手伝いをしたら報酬を…というやり方は昔から受け継がれている方法ですが、実はこれは 注意が必要です。 本来、家庭でできる仕事は家族のためを思い、愛情を持って家事をするのが前提の仕事ばかりですよね。 「僕がタオルを畳むとお母さんが助かるから畳むね」という純粋な思いやりが「100円が欲しいからタオルを畳むよ」に変わることは、つまり 見返りを求める行動に変わるということです。 子供の内から見返りを覚えてしまうと後が大変です。 損得勘定にかたよることなく、思いやりの心や家族間の愛情を育てることが大切です。 では、家庭内アルバイトはOK? 見返りを助長するようなお金の渡し方はよくないですが、考え方さえしっかりしていれば、子供のやる気を育てることにもつながります。 この家庭内アルバイトを行う時に忘れてはいけないのは、子供がほんとに嬉しいのはお金というモノよりも、親から頼られたり感謝されたという 気持ちが嬉しいものだということです。 そこを親が履き違えてしまうと、子供も勘違いしてしまいます。 ですから、家庭内アルバイトでお金を上げるときには、言葉と態度で 感謝の気持ちをちゃんと伝えるようにしましょう。 そして、よくできたとしっかり 褒めてあげましょう。 お金を渡すだけでなく、言葉をちゃんととかけて、気持ちの交流をおろそかにしないということが大事なことです。 逆にお金への執着を覚えてしまうと、お金に振り回される人生になりがちです。 なぜお金をもらえるのかということを覚えてもらうために、渡し方にも気を配るようにしていきましょう。 まとめ 子供にお小遣いを与える時には、 金額や 与え方などいろいろと考えることが必要です。 また周囲の平均額に合わせることも大事なことですから、一度、仲良しのお友達やご近所の先輩ママなどに聞いてみるのもいいかも知れませんね。 その上で、親子でどのぐらいの金額にするのか、しっかり話しあうことも必要です。 そして、時々は子供が使いすぎていないか、お金が合っているかどうか、 普段のコミュニケーションを通して把握しておきましょう。 計画性をもってお小遣いを使ったり貯金したりする習慣が身につくように、導いてあげましょうね。 お金とはなんのために使うものなのか、その根本が一番大事なことですから、お小遣いを通してお金についての考え方をしっかりと身に付けてもらいたいものですね。

次の

小学生のお小遣いはこんな与え方がおすすめ!お金を管理させる方法は?

小学生 お小遣い

こんな方におすすめ• 子供のお小遣いの相場はいくらなのか知りたい!• 小学生・中学生・高校生のお小遣い平均額がいくらか知りたい!• 子供のお小遣いの使い道が知りたい!• 子供がお小遣いを上手に管理できるようになるコツが知りたい!• お小遣いを報酬制にするメリットが知りたい! 子供のお小遣いに関しては賛否両論がありますが、子供にお小遣いをあげるご家庭は多いようですね。 まだお小遣いをあげる年齢ではないお子さんがいらっしゃるパパママは「そろそろうちも子供にお小遣いをあげようかな?」「他の家ではいくらくらいのお小遣いをあげてるんだろう?」と気になっていることと思います。 しかしお金のことは周囲に話しづらいものですよね。 お小遣い程度の小さな額であってもやはり、周りのご家庭には聞きにくいかと思います。 そこでこの記事では、周囲に聞きにくい「お小遣いのこと」を解決できるように、子供のお小遣いに関する内容をまとめてご紹介しています。 小学生・中学生・高校生ごとのお小遣いの平均額や、よくある「お小遣いの使い道」をはじめ、子供にお小遣いを上手に管理させるコツなども解説していますので、気になるパパママは参考にしてみていただければと思います。 【小学生・中学生・高校生別】子供のお小遣いの相場はいくら? 一般的に、各家庭では子供にいくらくらいのお小遣いをあげているのでしょうか? ここでは、小学生・中学生・高校生別に「子供のお小遣いの相場はいくらなのか?」について解説していきます。 小学生のお小遣い平均額はいくら? まずはじめに、小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭のうち6割弱のご家庭が「お小遣いは毎月ではなくて時々あげている」と回答しています。 お小遣いというと「毎月〇〇円」といったように毎月あげるイメージをされるパパママも多いかもしれませんが、「お小遣い毎月制」を取り入れているパパママは少数派なんですね。 (このあたりは景気に左右されることもあるようです) ということで、小学生のお小遣いの相場や平均額に関しては「月に1回のペースでお小遣いをあげる場合」と「時々お小遣いをあげる場合」に分けてご紹介していきます。 小学生のお子さんに月に1回のペースでお小遣いをあげる場合 小学生のお子さんに月に1回のペースでお小遣いをあげる場合は以下のような平均額になっています。 【低学年】• お小遣いの平均額:1,004円• 最も回答数が多かったお小遣いの金額:500円• 回答の中で真ん中に位置する金額:500円 【中学年】• お小遣いの平均額:864円• 最も回答数が多かったお小遣いの金額:500円• 回答の中で真ん中に位置する金額:500円 【高学年】• お小遣いの平均額:1,085円• 最も回答数が多かったお小遣いの金額:500円• 回答の中で真ん中に位置する金額:1,000円 データ参考:知るぽると 金融広報中央委員会 「子供の暮らしとお金に関する調査(2015年度) 小学生のお子さんに時々お小遣いをあげる場合 小学生のお子さんに時々お小遣いをあげる場合は以下のような平均額になっています。 【低学年】• お小遣いの平均額:1,004円• 最も回答数が多かったお小遣いの金額:100円• 回答の中で真ん中に位置する金額:163円 【中学年】• お小遣いの平均額:923円• 最も回答数が多かったお小遣いの金額:100円• 回答の中で真ん中に位置する金額:300円 【高学年】• お小遣いの平均額:1,246円• 最も回答数が多かったお小遣いの金額:1,000円• 回答の中で真ん中に位置する金額:500円 データ参考:知るぽると 金融広報中央委員会 「子供の暮らしとお金に関する調査(2015年度) お小遣いを月に1回のペースであげるご家庭での相場は500円〜1,000円くらいで、時々お小遣いをあげるご家庭では相場が100円〜500円くらいとなっています。 学年が上がることと、お小遣いの額がUPすることに関しては、特に深い関係はなさそうです。 子供が中学年から高学年に上がるタイミングであれば、お小遣いを増やしているご家庭が多いように感じます。 ただ「回答の中で真ん中に位置する金額」と「平均額」がかけ離れている場合がいくつか見られることから、高額なお小遣いを小学生の子供に渡しているご家庭もあるということがわかります。 中学生のお小遣い平均額はいくら? 中学生のお小遣い平均額に関しては以下のようになっています。 【中学生のお子さんにあげるお小遣い平均額】• お小遣いの平均額:2,536円• 最も回答数が多かったお小遣いの金額:1,000円• 回答の中で真ん中に位置する金額:2,000円 データ参考:知るぽると 金融広報中央委員会 「子供の暮らしとお金に関する調査(2015年度) 上記のデータからすると、中学生のお子さんがいらっしゃるご家庭でのお小遣いは1,000円~2,000円が相場のようです。 小学生の頃と比べ、中学生になると友達と出かけたりすることも増え、買い物や飲食店に行く機会も多くなる傾向にあります。 このようなことから、中学生になったお子さんがいるご家庭でのお小遣いは小学生の頃と比べて格段に増えることが多いです。 高校生のお小遣い平均額はいくら? 高校生のお小遣い平均額に関しては以下のようになっています。 【高校生のお子さんにあげるお小遣い平均額】• お小遣いの平均額:5,114円• 最も回答数が多かったお小遣いの金額:5,000円• 回答の中で真ん中に位置する金額:5,000円 データ参考:知るぽると 金融広報中央委員会 「子供の暮らしとお金に関する調査(2015年度) 高校生のお子さんがいるご家庭でのお小遣いの額は5,000円が相場となっています。 子供が高校生になると、中学生の頃と比べて行動範囲が広くなるため、その分お小遣いも増えているという感じがしますね。 【お小遣いは進級するにつれて〇〇に使うようになる?】 子供のお小遣いの使い道TOP5 ここからは小学生・中学生・高校生別に「お小遣いを何に使うのか?」についてお話ししていきます。 小学生のお小遣いの使い道は? ここ最近の小学生は、お小遣いを何に使っているのでしょうか? 「小学生低学年」「小学生中学年」「小学生高学年」ごとに分けて見ていきましょう。 【小学生低学年のお小遣いの使い道】• お菓子やジュース• おもちゃなど• ゲームをする• 家の人へのプレゼント• ノートや鉛筆など 【小学生中学年のお小遣いの使い道】• お菓子やジュース• ゲームソフトやおもちゃ類• ゲームをする• ノートや鉛筆など• まんが 【小学生高学年のお小遣いの使い道】• お菓子やジュース• ゲームソフトやおもちゃ類• まんが• 本や雑誌• 家の人へのプレゼント データ参考:知るぽると 金融広報中央委員会 「子供の暮らしとお金に関する調査(2015年度) 小学生のお小遣いはまとまった金額ではないため、高額な買い物はしない傾向にあります。 全学年共通でお小遣いの使い道第1位は「お菓子やジュース」です。 高学年になっていくほど、頭を使うもの(ゲームソフトや本など)をお小遣いで買う傾向にありますね。 中学生・高校生のお小遣いの使い道は? 小学生の頃に比べてお小遣いの額が増える中学生・高校生は、お小遣いをどのようなものに使っているのでしょうか? 【中学生のお小遣いの使い道】• 友達との外食・軽食代• おやつなどの飲食物• 友達へのプレゼント• 文房具• 家の人へのプレゼント 【高校生のお小遣いの使い道】• 友達との外食・軽食代• おやつなどの飲食物• 休日に遊びにいくときの交通費• 友達へのプレゼント• 昼食 データ参考:知るぽると 金融広報中央委員会 「子供の暮らしとお金に関する調査(2015年度) 中学生・高校生ともに、1位と2位は「友達との外食・軽食代」「おやつなどの飲食物」で共通となっています。 育ち盛りですから、食べ物にお金を多く使う傾向にあるようですね。 お小遣いを昼食代にする場合も多いようです。 また、小学生のころと比べて「友達と一緒にいる時間が増える」ということも「友達との外食・軽食代」「おやつなどの飲食物」が1位と2位となっている主な原因に。 そして高校生の行動範囲が中学生の行動範囲に比べて広くなっていることから、「交通費」が上位にランクインしています。 お小遣いは「ただあげる」だけではダメ? ここまでに、「お小遣いの平均額」や「子供のお小遣いの使い道」などについて詳しくお話ししていきました。 いかがでしたでしょうか? 子供はお小遣いをもらうことで、子供自身が欲しいものが手に入ったり、友達との付き合いを深めることができたりしますから、「お小遣いをあげる」ということはとても価値のある経験であると言えますよね。 しかし、子供が可愛いからといってお小遣いを「ただあげる」のはNG。 お小遣いは「お金に関する価値観を習得する経験」にもなりますから、パパママ自身がちゃんとした考えを持った状態で取り入れたいところです。 パパママが教える「お金の管理の仕方」が子供の将来を大きく左右するといっても言い過ぎではありません。 それでは、子供にお小遣いをあげる上で意識した方がいいコツにはどんなものがあるのでしょうか? 子供がお小遣いを上手に管理できるようになる3つのコツ お小遣いはそこまで額が大きくはないですが、将来のためにも「お金やお小遣いを管理する大切さ」を教えたいですよね。 そこでここでは、子供がお小遣いを上手に管理できるようになる3つのコツをご紹介したいと思います。 【子供がお小遣いを上手に管理できるようになる3つのコツ】• パパママの「お小遣いに対する考え方」を子供にちゃんと伝える• 子供に「お小遣い帳」を書かせてみる• 「追加でお小遣いがほしい... 」そんな時はパパママに向けてプレゼンをさせてみよう 子供がお小遣いを上手に管理できるようになる3つのコツをそれぞれ詳しく見ていきましょう。 パパママの「お小遣いに対する考え方」を子供にちゃんと伝える まずはパパママの「お小遣いに対する考え方」を子供にちゃんと伝えるというところから。 お小遣いは基本的に自分の子供だからあげるかと思いますが、甘やかしてしまうのはNGです。 社会に出たら何もしなくてもお金がもらえるなんてことはまずありませんから、「お小遣いはもらえて当たり前」という考えは持たせないようにしたいところです。 子供にお小遣いをあげる際には、パパママがどういう思いや考えがあってお小遣いを渡しているのかをきちんと伝えることが大切です。 「こういう理由でお小遣いをあげるんだよ」と子供が理解できるようになるまでじっくり教えてあげましょう。 子供に「お小遣い帳」を書かせてみる お小遣い帳を書かせるという方法は最も一般的なお小遣い管理方法です。 恐らく聞いたことがあるパパママも多いのではないでしょうか? お小遣い帳は最初のうちはパパママが逐一確認するのがおすすめ。 お子さんがお小遣い帳の記入に慣れてきたら確認の頻度を減らしていき、いずれは子供が主体になって管理できるようにしてみましょう。 いつまでもパパママがお小遣い帳を頻繁に確認していると、子供がパパママの目を気にして「本当のお小遣いの使い方をしない可能性」がありますので注意しましょうね。 基本的にはパパママから子供にあまり干渉せず、子供に効率の良い考え方を自分で学ばせましょう。 何か問題があった時に話し合うくらいの感覚の方が、子供が自ら学ぶことができるはずです。 また、この記事の最後には「おすすめのお小遣い帳3選」をご紹介しています。 合わせて参考にしてみてください。 「追加でお小遣いがほしい... 」そんな時はパパママに向けてプレゼンをさせてみよう 子供にお小遣いを渡した場合「足りなかったからまたちょうだい」ということはよくあることのようです。 多くのパパママは子供に我慢することを学ばせるために「次のお小遣いまで我慢だよ」という選択をする場合が多いようですね。 しかし、お小遣い制度を活用する有効な方法がもう一つあります。 それは「お小遣いが追加で欲しい場合はパパママに向けてプレゼンをさせる」という方法です。 「なぜ追加でお小遣いが欲しいのか」「追加でもらったお小遣いで何を買いたいのか」などをパパママに伝えさせるのです。 子供によくありがちな「ただ欲しいから」という理由は大人になるにつれて通用しなくなってくるため、プレゼンを通して納得のいくやりとりをする機会を作れるメリットがあります。 パパママにもどんなメリットがあるのかなど、相手の立場になって考える力もついていくのでおすすめです。 お金について考えさせるために「報酬制お小遣い」にするパパママもいる お小遣いをあげているパパママの中には、お小遣いを報酬制にしている場合もあります。 「お皿洗いをしたら50円」「洗濯物を干してたたんだら100円」といった感じですね。 お小遣いを無条件ではあげず、何かをした対価としてお小遣いをあげるというシステムにすることで一般社会で起きていることと同じことが体験できるため、大人になっても役立つ経験となります。 お小遣いを報酬制にするメリットは? お小遣いは「パパママが子供にあげるお金」なので、お金のありがたみが薄いままもらっていることも少なくないようです。 社会では働いた対価としてお金がもらえるわけですから、一般的なお小遣いのように「お金は何もしないでももらえるもの」「お金は頼めばもらえるもの」という常識が形成されてしまっては社会に出て苦労することになるかと思います。 お小遣いを報酬制にすることで得られるメリットは「お金を稼ぐ大変さ」や「人のために働いた対価としてお金がもらえる」という経験ができるということです。 また「どうしたら効率よくお金を稼ぐことができるのか?」や「もっと大きな額のお小遣いを稼ぐにはどうしたらいいか?」なども考えることができるようになるため、お小遣いの報酬制度を成長に合わせて進めていくことで様々なメリットを追加することもできます。 創造力や発想力が養われる良い経験になりますね。 【ただし注意も必要】お金目当てに陥る可能性... お小遣いを報酬制にすることはメリットが多いのでおすすめですが、注意しなければいけない点もあります。 例えば「食器洗いをするとお小遣いが50円もらえる」 ただ、家庭内の労働に報酬としてお小遣いを渡すことはよくないと考える家庭もあります。 それはなぜかと言うと、家庭の一員として、家事の手伝いをするのは当たり前であると考えているからです。 お手伝いに対して報酬としてお小遣いを渡していると、お金をもらうためにお手伝いをしているのだ、という考えになるかもしれません。 報酬制に反対の親御さんから見ると、お手伝いはお小遣い関係なくやって欲しいのでしょう。 どちらが正しいかはわかりませんが、お小遣いの方法は子供の性格、性質を考えて決定しましょう。 また、固定制と報酬制のハイブリッドにするという手もあります。 子供へのお小遣いは、単純に遊ぶお金をあげるという意味を持っているだけでなく、お金の教育のためという面も持ちます。 ご両親のお金への考え方や、家庭環境を考慮して、できることなら子供と話し合って決めましょう。 お小遣いやお金の教育に関するおすすめアイテム(本・貯金箱・お小遣い帳) 最後に、お小遣いやお金の教育に関するおすすめの本・貯金箱・お小遣い帳をご紹介していきたいと思います。 お子さんにお金の教育をしたいと考えているパパママやお子さんにお小遣いをあげようと考えているパパママはぜひ参考にしてみてくださいね。 お小遣い・お金の教育に関するおすすめの本3選 お金はどういうものなのか、お金の使い方などを学ぶことができるおすすめの本を3冊ご紹介。 パパママ自身のお金の勉強にもなるような内容となっています。 お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう.

次の