放送作家 専門学校。 放送作家養成所まとめ

放送作家になるには|大学・専門学校のマイナビ進学

放送作家 専門学校

概観 [ ] の理念を受け継ぎ、学校法人神奈川映像学園が運営する日本映画学校を発展改組する形で2011年に開学した。 日本では初となるのみの単科大学である。 中に存在したとは全く関係がない。 理念には、今村昌平が遺した言葉が使用されている。 沿革 [ ]• 1975年(昭和50年)4月 - 今村昌平が東口の(初代)内に、横浜放送映画専門学院(2年制・各種学校)を開校• 1984年(昭和59年)4月 - 留学生の募集を開始• 1985年(昭和60年)11月 - 学校法人神奈川映像学園設立。 横浜放送映画専門学院を日本映画学校(3年制・専門学校)に改称・改組(神奈川県知事より認可)• 1986年(昭和61年)4月 - 川崎市麻生区へ移転。 今村昌平が学校法人神奈川映像学園理事長・日本映画学校校長となる。 映像科・俳優科を設置• 1992年(平成4年)4月 - 日本映画学校校長に石堂淑朗が就任• 1996年(平成8年)4月 - 日本映画学校校長に佐藤忠男が就任• 2004年(平成16年)11月 - 学校法人神奈川映像学園理事長に佐藤忠男が就任(日本映画学校校長と兼任となる)• 2007年(平成19年)10月 - 学校法人神奈川映像学園理事長に佐々木史朗が就任• 2010年(平成22年)10月 - より日本映画大学設置認可• 2011年(平成23年)4月 - 日本映画大学開学(映画学部映画学科)• 2012年(平成24年)3月 - 日本映画学校の俳優科を廃止• 2013年(平成25年)3月 - 日本映画学校の映像科を廃止 基礎データ [ ] 所在地 [ ] - - -• 新百合ヶ丘キャンパス(神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30 元日本映画学校校舎、 )• 白山キャンパス(神奈川県川崎市麻生区白山2-1-1 映画撮影スタジオ・元川崎市立白山小学校校舎、 ) 教育および研究 [ ] 学部 [ ]• 映画学科(以下2018年度からの新カリキュラムに基づく「系」と「コース」)• 演出系• 演出コース• 身体表現・俳優コース• ドキュメンタリーコース• 技術系• 撮影照明コース• 録音コース• 編集コース• 文章系• 脚本コース• 文芸コース かつての組織• 映画学部• 映画学科(特記のない限り、開学時からのカリキュラムに基づいた「系」と「コース」)• 創作系• 脚本演出コース• 撮影照明コース• 録音コース• 編集コース• ドキュメンタリーコース• 理論系• 理論系Aコース(2011年度入学者)• 理論系Bコース(2011年度入学者)• 理論コース(2012年度入学者。 上記の2コースを統合した)• 映画・映像文化コース(2013年度入学者より受け入れ)• 身体表現・俳優コース(2016年度入学生より受け入れ/開設前は「身体表現(俳優)コース」と告知された) なお、日本映画大学では、2年次前半までは全員同一のカリキュラムとなり、以降は6コースに分かれて履修する。 大学関係者一覧 [ ] 学長 [ ]• (初代学長を経て名誉学長)• (初代学科長、2代学部長を経て2代学長) 学部長 [ ]• (2代学科長を経て3代学部長) 学科長 [ ]• (3代学科長) 教授 [ ]• (元教授)• (元教授)• (元教授)• (初代学部長を経て附属図書館長)• 助手 [ ]• 特任・客員教授 [ ]• (元教授)• (元准教授)• (客員教授) 日本映画学校 概要 [ ] 理念に、「日本映画学校は、人間の尊厳、公平、自由と個性を尊重する。 個々の人間に相対し、人間とはかくも汚濁にまみれているものか、人間とはかくもピュアなるものか、何とうさんくさいものか、何と助平なものか、何と優しいものか、何と弱々しいものか、人間とは何と滑稽なものなのかを、真剣に問い、総じて人間とは何と面白いものかを知って欲しい。 そしてこれを問う己は一体何なのかと反問して欲しい。 個々の人間観察をなし遂げる為にこの学校はある。 」とあるように、一貫して人間探求のカリキュラムを組み、、、を始めとしてが数多く輩出していた。 特徴的なカリキュラムとして、3年制である映像科は理念を反映させた「人間研究」という科目を1年次に配し、2年制である俳優科はに「」が取り入れられていたことが挙げられる。 このことによりも多く輩出していた(へ所属することが多い)。 沿革 [ ]• 4月、が学院長としてに「横浜放送映画専門学院」を開校。 この頃は「今平学校」と呼ばれる。 、留学生の募集を開始する。 、学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校として神奈川県より設置認可を受ける。 名称を「日本映画学校」と改称。 、、、映画各社等の協力により、北口に新校舎を設置し、移転。 今村昌平が理事長・学校長に就任。 、今村昌平は理事長に専念することとなり、学校長がとなる• 、卒業制作映画を外部劇場で上映するようになる• 、のが学校長に就任。 、理事長・学校長が佐藤忠男となる。 、理事長がとなる。 、 日本映画大学が発足。 新入生の受け入れ停止。 、日本映画大学への全面移行により閉校。 学科 [ ]• 映像科(3年制) 2年次より下記のコースに分かれていた。 また、他コースとの合同授業やゼミナール形式で開講される科目もあった。 映画演出コース• 脚本演出コース• 映像ジャーナルコース• 撮影・照明コース• 映像編集コース• 音響クリエイターコース• 俳優科(2年制) 所在地 [ ] 新百合ヶ丘校舎(日本映画大学新百合ヶ丘キャンパス)• 万福寺一丁目16-30 講師陣 [ ] お笑いタレント [ ]• (横浜6期)• (横浜7期)• …・(横浜9期)• (横浜9期)• 平子祐希()• 池田直人()(大学2期) その他 [ ]• ()(横浜1期)• ()(横浜1期)• ()(横浜4期)• ()(横浜10期)• ()(横浜10期)• ()(日本映画学校1期)• (・)(映画学校1期)• ()(映画学校1期)• ()(映画学校5期)• ()(映画学校6期)• ()(映画学校12期)• ()(映画学校15期)• (技術)• (・作家)• (監督・アニメーション演出家)• (アニメーション監督・アニメーションプロデューサー)• (アニメーション監督)• (落語家) 劇場公開された卒業制作作品 [ ]• バナナシュート裁判(1989年 監督)• (1991年 監督)• 妻はフィリピーナ(1993年 監督)• (1998年 監督)• 青〜chong〜(1999年 監督)• (1999年 監督)• home(2001年 監督)• 熊笹の遺言(2002年 監督)• 私をみつめて(2004年 監督)• アヒルの子(2005年 監督) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 学校法人神奈川映像学園 学校法人神奈川映像学園 [ ] 学校法人神奈川映像学園は神奈川県川崎市に事務所を置く学校法人である。 沿革 [ ].

次の

ラジオの専門学校

放送作家 専門学校

小中 和哉 「星空の向こうの国」で商業映画デビュー。 「ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影」でウルトラシリーズ初監督。 以降、監督・特技監督として映画・テレビシリーズ両方でウルトラシリーズに深く関わる。 近年では福士蒼汰主演の「ぼくが処刑される未来(2012)」、土屋太鳳主演の「赤々鍊恋(2013)」などを監督。 「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」が「東京ドラマアウォード(2015)」にて『J Series』賞を受賞。 Message 放送映像学科では、放送、映像に興味があれば全くのゼロの地点から教えていきますし、私が現場で培った知識や演出技法も伝えていきますので、やる気があればどこまでも深く学ぶことができます。 ぜひ、自分の可能性を試してほしいです。 インターンシップでプロの制作現場を体験! インターンシップとは、実際の番組制作現場で、プロの仕事ぶりを肌で感じてもらうための実習授業です。 日本テレビの人気番組をはじめとした実際のテレビ番組の収録現場で、数週間の職業研修を実施しています。 プロとの仕事を通じて実践的なスキルを磨くことはもちろん、就職活動に必要な情報や適性を知るためにも役立ちます。 インターンシップ先での頑張りが評価され、内定に繋がる事例も毎年多くあります。 テレビ業界は定期的な採用を実施していない企業も多いため、こういった現場との繋がりが、自分の目標とする番組や会社で働くための大きなチャンスとなります。 インターンシップ先の企業一例• (株)日テレ・テクニカル・リソーシズ(NiTRo)• (株)イカロス[旧(株)読売映像]• (株)日本テレビアート• 日本TV映像(株)• (株)インターナショナルクリエイティブ• (株)ザ・チューブ• (株)テレテック• (株)タムコ• (株)アイエス・フィールド• (株)テレフィット 他多数 現在は首都圏での仕事が中心なので、今後は全国のイベント中継などを担当してみたいです。 報道中継のカメラアシスタントとして、ANNニュース、ワイド!スクランブル、報道ステーションなどに携わっています。 報道中継はリアルタイムで事件や事故を伝える責任とやりがいのある仕事です。 また、一般の人が入れないような場所で仕事ができるというのも魅力の一つ。 築地市場の最後のセリを中継した時は、歴史の一コマに立ち会った喜びを感じました。 音声や照明機材などのスキルを要求されることもあり、読売理工でのオールラウンドの学びが役立っています。 TV業界は労働環境も改善されていて、新聞奨学生だった私は、今のほうが時間に余裕があるように思います。 収録の合間の時間を有意義に使い、リフレッシ ュするのも大切です。 ちなみに僕の気分転換は ディズニーランドに行くことです。 カメラマンとして日本テレビの「ZIP! 「」メレンゲの気持ち「」世界の果 てまでイッテQ! 」などに携わっています。 それぞれの番組や各回にマッ チした映像を現場で判断し、捉えていくのが醍醐味です。 想定以上の画 が撮れたり、演者さんとの連携がうまくいった時の喜びは大きいです。 すで に後輩が多い年齢になり、食事会などで経験を伝える機会も増えてきました。 逆に後輩からの情報で最新の技術や機材について知ることもあります。 最近はスイッチ ャーとしても収録に携わっています。 今後はこのポジションでも活躍していきたいです。

次の

東京作家大学

放送作家 専門学校

番組制作 テレビ番組制作専攻とテレビ番組技術専攻が一緒に企画・制作・収録・編集まで一貫して取り組み、作品制作を行う。 TV番組制作• スタジオ撮影技術• グラフィックデザイン• 音声・録音実習• MA基礎• ライティングベーシック• 撮影実習• ディレクター基礎• ショートムービー制作• CM制作• 企画プレゼン• ビジネスコンピュータ• 元祖爆笑王プロジェクト• カメラワーク• ノンリニア編集• スタジオカメラ• スタジオ音声• スタジオ照明• Adobe演習• Pro tools• ENG実習• ノンリニア編集• MA/SE• VFX• グラフィックワーク• スタジオ収録TV 番組制作• ショートムービー制作• ミュージックビデオ制作• ロケ収録• 音楽番組制作• バラエティー番組制作 など.

次の