ブレイク ダンス と は。 ブレイクダンス(B

Gunma Break Dance Association 群馬 ブレイクダンス連盟 GBDA

ブレイク ダンス と は

ぶっこみジャパニーズ第 12 弾放送内容は? 【 ISSA 爆笑ドッキリ! 世界のニセ JAPAN ドッキリ成敗】• アメリカ … 日本人には無理! と断ずるプロダンサーに草食男子が逆襲• マライアキャリーのダンサーに馬鹿にされた草食系イケメンダンサーがブレイクダンスで逆襲! ダンス教室の生徒のリアクションに爆笑! 番組の内容は昔バカにされた SNACKさんがダンスで逆襲をするという内容ですが、 予告を見ただけですごくおもしろそうですよね! アメリカまで SNACKさんがいき、 日本人でも出来ることを証明します。 ISSAも 「SNACKやったれ!」 と大興奮です!! スポンサードリンク ぶっこみ ジャパニーズ SNACKの逆襲 アメリカ人に逆襲するため、 SNACKさんはアメリカに学ラン姿で向かいます。 最初の逆襲でも SNACKさんは かなり最初ディスられまくります。 「 日本人はどうせ踊れないだろう」 「1曲だけなら見てやるから 1曲終わったら今すぐ日本に帰れ!」 とボロカス言われます。 ISSAも黙って居られませんね!! そして SNACKさんが踊りだすとこの反応!笑!?!?!? 「僕はSNACK2 になります。 」 とまで言われていました! 逆襲大成功です!! 次に逆襲しに向かったのは マライアキャリー マイリーサイラス アシャ の振り付けを担当したという ジャバハリという有名ダンサーに挑みにいきます。 最初はお決まりの様にかなりボロクソにディスられます。 「日本人なら寿司でも握ってろ!」 とまで言われ 日本に帰れ!と言われジャバハリは40代のダンスの受講生と SNACKの目の前でダンスを見せつけるように踊り、 「そんなダサい格好で棒立ちのお前にはどうせできないだろう!」 「お前にはダンスのセンスを感じられない!俺は忙しいんだ!帰れ!」 とけちょんけちょんに言われてしまいます。 アメリカではディスるのが挨拶なのでしょうか?笑笑 これは黙っては居られませんね! ISSAも毎回黙って居られません笑笑 そして、遂に SNACKさんが踊りだします!!!!!!! WWW wwww wwwww ジャバハリもダンス受講生もびっくりしてこの表情!笑 歓声が上がります! 「お前すごいじゃねえか!」 ジャバハリも 「失礼な事を言ってすまなかった! 君はアメリカでも通用するダンサーだよ!」 と絶賛! かなりスッキリする内容でしたね! SNACKさん流石です! ダンスがやばすぎる!! スポンサードリンク SNACK のダンスの腕前が凄い!動画を紹介 イケメンブレイクダンサーとして有名な SNACKさんですが、 そのダンスの腕前が凄いんです! まずはこちらの動画を御覧ください。 本当にすごい実力ですよね!めちゃくちゃかっこいい!! スポンサードリンク SNACKさんの wiki 風プロフィールや経歴を紹介 ダンサーネーム: SNACK(スナック) 本名:野村直(のむらすなお) 生年月日:1987年1月23日 31歳 2018年 12月現在) 身長:170cm 体重:60kg 趣味:ドライブ、映画鑑賞、妄想 特技:子供と仲良くなること 現在 Isoppさんというダンサーがリーダーを務める Goodmenというダンスチームに所属している。 7 SOLO 優勝 D. D vol. 6 優勝 クレアパークNo.

次の

ブレイクダンスの技一覧まとめ【全60種類以上】

ブレイク ダンス と は

ブレイクダンスの基本中の基本! 両手を体の前でクロスした状態から始めて 両手を左右に開く時に片足を前に出す動きになります。 いろいろな種類がありますが、 ステップをしながらしゃがむ動きが主な特徴です。 トップロックからアップロックに繋がり、 バトル開始というケースがほとんどです。 両足を交互に腰をひねりながら出していく動きで ツイストステップやインディアンステップなどと 呼ばれることもあります。 トップロックやアップロックと一緒に覚えると便利です! ショーケースなどで使われる動きです。 両サイドに細かく名前の通りサルサのイメージで移動しながら 足を広げてステップを踏む技です。 トップロックやインディアンロックとの相性のいいステップ。 1周する間の歩数で6歩、5歩、4歩、3歩、2歩、1歩と また種類が別になります。 ブレイクの中では絶対に覚えておきたいムーブです。 フットワークの基礎を覚えた後に学ぶとわかりやすい技。 基本技の6歩と微妙に違うこのニュアンスで ダンスに差が生まれます。 別名、スクランブルと呼ばれます。 体を45度ずつ回転させていくのですが、 足の開き方と置き方で、全く見た目が変わるのが特徴。 体を180度回転するように移動させる動きで、 フットワークでも一番派手で大きな動作なのが特徴。 この動きを早くしていって勢い(遠心力)がつくと スワイプスになります。 片足旋回などとも呼ばれる体操の技でもあります。 ダンスバトルで前にいる相手に対して 威嚇するような意味の動きです。 幅広いバリエーションで使えるのでとっても便利。 三点倒立の状態から足を絡めて一瞬だけ頭で回ります。 ヘッドスピンで回転し始める時に勢いをつける 助走として使うのが特徴的です。 普通のヘッドスピンとほぼ一緒。 このグライドの状態から両手両足を閉じて ドリルになります。 回っている姿勢が卵のように見えることが 発祥の名前です。 足を開いたり閉じることで回転させていきます。 もう一方の手で地面をこぎながら回って行きます。 カメのような見た目になる技です。 遠心力を使って手足を伸ばしながら行う技。 両手チェアーができればできますが かなりの筋肉量でスピードを出すのが難しい。 29.UFO エアータートルの両足を伸ばさずに曲げて回転する技。 両手は伸ばしたまま体が浮き上がって UFOのような形になるのが特徴的。 肘を横腹にあてて支えながら行います。 軸になる手のひねりが限界になったら逆の手に変えて 体を持ち上げ、その間に軸手のひねりを戻す動きを 繰り返していきます。 ウィンドミルなどで勢いをつけてからチェアーの形で 滑らせるのが基本的。 頭の側面で回転する技で、ウィンドミルとヘッドスピンの 中間のような動きが特徴的。 回転数によって呼び名が変わって、 1回の振りで2回転するのことをダブルヘイロー、 1回の振りで3回転するのをトリプルヘイローと言います。 ベイビーウィンドミルにも似ていて、 頭も使って回るするのが特徴的です。 スワイプスを足を付けないバージョンです。 最初に地面に付いた手と逆の手を軸の手とするのが基本。 最初に付いた手をそのまま軸の手にすると シングル1990と呼ばれます。 足を前後に振って動かしたり、 両足をそろえて上下に伸び縮みさせたりする いろいろな動きがあります。 その形には人それぞれいろいろ種類がであります。 片足を持ったりして静止します。 バック転をするように後ろにジャンプして 途中で体をひねって両手で着地するスタイルです。 着地した時に一瞬ウィンドミルのような感じで 肩から肩へ重心を移動しながら回転力を発生させて その勢いで起き上がるスタイルです。 差機能上半身と下半身を交互に回転させて行います。 体操選手のカート・トーマスが披露したことから この名前が付きました。 フロアトラックと組み合わせ抜群。 膝から落ちるようにフットワークに変えて行きます。 エントリーの状態から飛び込む動きと フロアの状態から入る2つのパターンがあります。 89.ハンジロー フロアトラックス(別名ジロー)のチェアまで 回しきらずに肩で止める技のこと。 上手に組み合わせると面白い動きです。 スワイプスの応用とも言われていて そのアクロバティックな動きと裏腹に 意外と難易度低めな技です。 これ全部できれば怖いものなし!! いかがでしたか? すべての技を数えたら91個!? ブレイクの技はどんどん広がっていくので 次はどんな新しい技が登場するのがわからないのも 魅力の1つ! 是非すべての技をマスターして怖いものなしの ビーストダンサーを目指してくださいね!.

次の

ブレイクダンス

ブレイク ダンス と は

The Good Footは、足だけを使うシンプルなフリースタイルのダンスです。 この踊りに屈んで地面に手をつき踊る動きがプラスされ、フットワークスタイルが生まれました。 そして、ブルックリンでは立ったり屈んだりするダンスが生まれ、のちに アップロックと呼ばれるようになりました。 ブレイクダンスの誕生には様々な説があり、明確なルーツは、はっきりしていません。 ただ、アメリカの各地で様々なスタイル、新しい動きが進化してブレイクダンスは形成されています。 ブレイクダンスの曲「ブレイクビーツ」とシーンからリスペクトされるレジェンドDJ B-boyが踊る音楽 ブレイクビーツは、曲の間奏部分の音楽のことです。 James Brown — Give It Up Or Turn It a Loose そして、この 2枚使い(ビートジャグリング)を開発したのが、HIPHOP3大DJの一人 DJクールハーク(Kool Herc)です。 クールハークは高揚感のあるビートを流してブレイクを長く保ち、ダンサーは踊り、MCがラップをする機会を増やしパーティーを盛り上げることに成功したのです。 パーティの盛り上がりと比例して、ダンサーやMCが集まるようになり各地に広がりを見せ、ヒスパニックなど黒人以外の人種も踊るようになったのです。 スラム街で生まれたHIPHOPは、70年代後半まで完全なアンダーグラウンド文化でしたが、 DJクールハークの登場により、ブレイクビーツとB-boyingは発展し、HIPHOPの礎となり広がっていきました。 世界的に広がるブレイクダンスとRock steady crew(ロックステディークルー) 盛り上がりを見せるHIPHOPシーンであったが、そう長くは続きませんでした。 DISCOブームの到来で「1979年になるともう終わってる」と言われ、ニューヨーク、マンハッタンでは犯罪に手を染めるB-boyが現れたり、低迷期が続いていました。 そんな逆境の中でも変わらず、B-boyingを続けていたのが Rock steady crew(ロックステディークルー)設立者、 ジミー・DとJOJOでした。 Crazy-Legs達をメンバーとして加え各地に支部を作り、活動の場を広げていきました。 1981年 ロックステディークルーにリンカーン・センターでの野外公演出演の話が舞い込みました。 そこで Crazy-Legsは、ライバルのDynamic Rockersとのバトルを実現し、大盛り上がりをみせました。 そしてこの公演は地元TVで放送され、雑誌の表紙や新聞にも掲載。 全米に衝撃を与え、世界のメディアにもとりあげられました。 これをきっかけに活動を休止していたB-boy達は活動を再開し、メディアはHIPHOPをとりあげHIPHOPブームを巻き起こしました。 まさに、 ロックステディークルーの活躍が衰退していたブレイクダンスシーンを再熱させたのでした。 このブームでブレイクダンスは更なる進化を研げます。 これまでのムーブはフットワーク中心でしたが、ウインドミル、ヘッドスピン、ハンドスピンといったパワームーブが発展し迫力のあるムーブが更にブレイクダンス を広げました。 パワームーブは様々な動きを発展させ取り入れています。 ウィンドミルはカンフーの起き上がる動きを連続して継続することから生まれ、ヘッドスピンはアフリカの民族ダンス、エルボースピンはロシアンダンスから取り入れているという説もあります。 1982年にブームを後押しするかのように、初のHIPHOP映画となる 「WILD STYLE」が制作され、 ロックステディークルーが出演しました。 更に映画 「Flashdance」が制作され B-boyingやムーンウォークのシーンは世界中に衝撃を与え、アメリカでは社会現象となり、爆発的にB-boy人口が増加しました。 しかし、ブームはそう長く続きませんでした。 練習場所で怪我や事故などが起こり、警察や社会がブレクダンスを迷惑だとし、ダンスを禁じるようになりました。 メディアや企業はビジネスとしてブレイクダンスを利用し、すぐに手のひらを返し去っていったのです。 1980年代前半に巻き起こったブレイクダンスブームは、メディア露出が急激に減少した1985年以降、ブレイクダンスは時代遅れ、ただの流行りだったという結果になってしまったのです。 シーンの衰退と共にギャングに戻るB-boyも現れ、ブレイクダンスはしばらく低迷期を迎えてしまうのでした。 RAPはレコードとして購入することができるので、マネタイズが可能です。 企業やマスメディアはそこに目をつけ商売を始めました。 HIPHOP=RAPとして売り出したために本来の Culture(文化)というものが誤って認識されてしまったのです。 「HIPHOP」は「DJ」 「Rap(MC)」 「BBOYING」 「GRAFFITI WRITING(ART)」という4つの要素をCulture(文化)とした総称です。 ブレることなく本質を貫いた一人の偉大なMC マスメディアの誤った売り出し方のせいで、一人歩きしてしまったRapですが、HIPHOPの本質を理解しブレイクダンスの進化を見続けていたMCがいました。 そのMCは、幼少時代からクールハークがパーティーで流すブレイクビーツを聴いて育ち、シーンでも活躍するMCに成長していました。 そのMCの名は 「KRS ONE」です。 そこから全てが変わった。 そして、低迷期と言われていた時代でも鍛錬を怠らずスキルを磨き続けた新世代のB-boyたちもシーンに登場し活躍しました。 真のBBOYたちは、世界中で根強くBBOYINGを続け、新たなる時代の到来を待った。 特にロサンゼルスやサンフランシスコなどの西海岸の都市、そしてヨーロッパでは、POWER MOVEの進化や新たなコンビネーションの発明が、一部のBBOYの間で確実になされていた。 」 と記載されている。 更にKRS ONEは、自分のPVにB-boyを出演させ、再びブレイクダンスは脚光を浴び、様々なアーティストの作品に出演するきっかけとなりました。 1990年代初めには、「The resurgence of BBOYING」と呼ばれるブレイクダンス復興のムーブメントが起こり始めました。 このムーブメントは全米に広がり、ブレイクダンスは着実に成長を遂げていったのです。 また、この頃にヨーロッパではBOTYが初開催され世界での拡大も見られました。 そして、 ロックステディークルーが BBOY Summitや RSC Anniversary(1991~)といったイベントを開催し、世界中のB-boyが参加するようになりました。 80年代から90年代といったあらゆる世代のB-boyが参加するイベントにより若い世代はHIPHOPの本質を理解し、流行で終わらず文化として捉えることができるようになりました。 いかがでしたか? ここに書いてあるのは、ブレイクダンスの歴史の一部にすぎません。 ブレイクダンスの歴史や文化を学ぶことによって考え方も変わってくると思います。 また、ブレイクビーツ、曲の変わり目、スクラッチなどDJ目線を意識すると、ムーブ構成やフリーズの音ハメなど完成度が高くなってくるでしょう。 B-boyとしてより高みを目指すのであれば、歴史やブレイクビーツを学ぶことも重要だと言えます。

次の