この 世界 の さらに いくつ もの 片隅 に 映画。 この世界の(さらにいくつもの)片隅に(映画)の違いは?あらすじ・声優キャストと予告動画も

この世界の片隅に【映画】

この 世界 の さらに いくつ もの 片隅 に 映画

前作とは別物の映画になってた。 追加されたテル役の花澤香菜の演技力が凄かった。 前作ではバラバラだと思っていたセリフも、全て意味があったことに気づかされた。 劇場で観て欲しい。 といった意見がありました。 映画「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の評価は、 ストーリーや声優に関して 男性も女性も高評価でした。 前作が日本映画史上最長ロングラン上映をしていることもあり、新作としての評価が難しいかと思われましたが、 30分以上の追加シーンにより、新キャラの テル(声: 花澤香菜)や リン(声: 岩井七世)について掘り下げられ、主人公: 北條すず(声: のん)の心情が浮き彫りになったことで、完全に新作として受け入れられている印象でした。 その一方、 日記のように進行する物語が苦手という声も一定数ありました。 戦争のシーンやどんでん返し、謎解きや重大な事件等の盛り上がりを期待すると、拍子抜けするかもしれません。 また、年齢層で見ると 10代 〜70代の方まで 高評価の傾向にありました。 戦争映画でありながら、悲惨さや、戦争の怖さ、人間の醜さばかりを描いているわけではないので、どんな年齢層にも受け入れられたのだと考えられます。 また、普通の戦争映画と違って、直接的な残酷描写が少ない点も、若者に受け入れられている点なのかなと感じました。 コトリンゴさんの歌う「 悲しくてやりきれない」や、主題歌「 みぎてのうた」、エンディングテーマ「 たんぽぽ」の新バージョンも聴けるので、前作を観た方も、新たに描かれるいくつもの「世界の片隅」を覗いてみてください。 今回が初見の方は、前作を見ずに鑑賞することをオススメします^^ とても素敵な映画ですので、ぜひ劇場で「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」をご覧ください。 スポンサーリンク この世界のさらにいくつもの片隅に【映画】の評価は? 花澤香菜演じるテル『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』本編映像 さんから — ウッパラー naokiti666 1129日連続公開(2019年12月15日現在)という 日本映画史上最長のロングラン上映を記録している映画「 この世界の片隅に」(2016年)に、30分強の新たなシーンが加わり、続編でも完全版でもない新作として劇場公開されることとなった映画 「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」。 監督の 片渕須直さんは、公式ホームページで今作について下記のように語っています。 戦争しおってもセミは鳴く。 ちょうちょも飛ぶ。 そして、人には人生がある。 それが戦争中であっても。 明るくぼーっとした人のように見えるすずさんが 自分以外の「世界の片隅」と巡り合うとき、 すずさんの中にはどんな変化が生まれるのでしょうか。 すずさんの中にあったほんとうのものを見つけてください。 片渕須直 引用:この世界の(さらにいくつもの)片隅に公式ホームページ 前作は戦争時の日常を描いている印象でしたが、今作は 主人公: 北條すずさんの心の交流をクローズアップすることで、作品のより深いところまで一緒に入って感じることができるようになっているそうですよ^^ また、 今作初登場の 北條すずさんが遊郭で出会う女性: テルを演じる 花澤香菜さんは、下記のようにコメントしています。 観て…というより、すずさんを通してあの体験をしてからずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした。 原作を読みながら、自分なりにテルちゃんの描かれていない部分も想像して収録に臨ませていただきました。 さらに多くの方に観ていただけますように! 引用:アニメージュプラス 人気声優さんの参加ということもあり、とても楽しみですね^^ 実際に観た方の評価として、 花澤香菜さんの演技は テル役に合っていてとても素敵だったそうですよ。 そして、3年ぶりに 主人公: 北條すずを演じた のんさんは、 期間を置いてから同じ役に挑むことが初めてで、すごく緊張していました。 何度も前作を観たり、原作を読み返したり、新しいシーンに向かってどう解釈していこうかと悩みましたが、役を構築していくうちにすずさんの皮膚感がよみがえってきました。 引用:映画ナタリー と語っています。 また、内容について、 すごく複雑ですね。 リンさんがすずさんの中でこんなに大きな存在なんだと思えるシーンがたくさんあるんですよ。 彼女は、すずさんがお嫁入りしてきて、嫁の義務を果たすことで居場所を見つけようとする日々の中で、初めてすずさんに絵を描いてほしいと言ってくれた人物なんです。 自分がもともと持っていたものを認めてもらえた、ということをすずさんは心のよりどころにしていたんじゃないかと思います」と役の心情に思いを馳せる。 また「周作さんとの秘密を知ったとき、すずさんがどういう感情でいればいいのか戸惑っている気がしました。 それ以外にも、いろんな感情が入れ替わり立ち代わり出てくる場面が難しく、監督に演出をしていただきながら『こういうことか』と気付く部分もありました。 引用:映画ナタリー と苦労した点を振り返っていました。 映画 「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、30分以上の新規映像が加わったことで、159分というとても長い映画となりました。 その長さを感じさせない魅力がたっぷり詰まっています。 年齢や自分自身が置かれている環境、戦争に対する認識の違いによっても、感じ方が分かれる作品だと思っています。 戦争映画は、良い評価をしなければいけないとか、難しく考えなければいけないとか、悲惨さを感じなければいけないとか、堅苦しいことは考えずに、気楽に観るのが一番良いかなと個人的には思います。 ぜひ、前作を観た方も観てない方も、ぜひ映画館で 「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」を楽しんでくださいね^^ スポンサーリンク この世界のさらにいくつもの片隅に の評判や評価は?まとめ 🌸サイン入りポスター掲出中🌸 『この世界の さらにいくつもの 片隅に』 広島の にて、 監督と、 さんの サイン入りポスターが掲出されております。 劇中にも建物が登場する、 にとって とても大切な場所です。 前作が日本映画史上最長ロングラン上映をしていることもあり、新作としての評価が難しいかと思われましたが、 30分以上の追加シーンにより、新キャラの テル(声: 花澤香菜)や リン(声: 岩井七世)について掘り下げられ、主人公: 北條すず(声: のん)の心情が浮き彫りになったことで、完全に新作として受け入れられている印象でした。 また、年齢層で見ると 10代 〜70代の方まで 高評価の傾向にありました。 低評価の意見としては、 日記のように進行する物語が苦手という声もありました。 前作を観た方も観てない方も、新作として映画 「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」をご覧ください^^ 映画 「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」 は、2019年12月20日(金)から公開です。

次の

この世界の(さらにいくつもの)片隅に : 作品情報

この 世界 の さらに いくつ もの 片隅 に 映画

「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のあらすじ 広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。 昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。 戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。 境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。 しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。 だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。 その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 出典: キャスト 北條 すず:のん 北條 周作:細谷佳正 水原 哲:小野大輔 黒村 径子:尾身美詞 黒村 晴美:稲葉菜月 浦野 すみ:潘めぐみ 北條 円太郎:牛山茂 北條 サン:新谷真弓 白木 リン:岩井七世 浦野 十郎:小山剛志 浦野 キセノ:津田真澄 浦野 要一:大森夏向 森田 イト:京田尚子 マリナ:目黒未奈 千鶴子:池田優音 小林の伯父・伯母:佐々木望(伯父)、塩田朋子(伯母) 知多さん:瀬田ひろ美 刈谷さん:たちばなことね 堂本さん:世弥きくよ ばけもん:三宅健太 憲兵:栩野幸知 行進する女学生たち:荻野沙織、桜奈里彩、巴奎依、広瀬ゆうき、水希蒼 女性アナウンサー:八木菜緒 駅の警官:澁谷天外 スタッフ 原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社刊) 監督・脚本:片渕須直 音楽:コトリンゴ[84] 企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵[98] キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 美術監督:林孝輔 色彩設計:坂本いづみ 動画検査:大島明子 撮影監督:熊澤祐哉 編集:木村佳史子 音響効果:柴崎憲治 録音調整:小原吉男 プロデューサー:真木太郎 後援:呉市、広島市 助成:文化庁文化芸術振興費補助金[99] 法務:桶田大介 「この世界の片隅に」の登場人物につけている『演技』は実写以上にすごいレベルだと感じます。 「さらにいくつもの~」では想像を絶することになっているでしょう。 ドラマを見たからいいという方もあるかもですが、ストーリーだけを追うのでなく、ぜひ劇場でアニメにしかできない表現を観てほしいです!— yadamaru yadamaru2 「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は前作をしのぐ素晴らしさになっているのではないかと期待する方も多いようですね。 確かに「 この世界の片隅に」は主演の、のんさんを始め声優陣の演技が素晴らしかったので、「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」もその点に期待したいところです。 『この世界のさらにいくつもの片隅に』-特別先行版-スタッフ試写会に行って来ました。 まさか涙を流すとは思わなかった…。 ファンの皆さま、大変良いものになっていると思います。 そして本公開版はここからさらに2019年という年に合わせたかのような内容になるわけです…。 怖ろしい。 — HIDENORI MATSUBARA 松原秀典 HideMatsubara こちらは「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の試写会に参加されたスタッフの方のコメントです。 「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は前作から三年後の公開になるので、その時代に合わせた内容になる……ということです。 どのような内容になっているのでしょうか。

次の

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月に公開へ 『この世界の片隅に』に“リンとの交流”など30分の新カットを追加

この 世界 の さらに いくつ もの 片隅 に 映画

2016年に公開され、第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第一位を受賞した「この世界の片隅に」に約30分の新規シーンを追加した別バージョン。 主人公すずとリンとの交流、妹すみを案じて過ごすなかで迎える昭和20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加された。 新しい登場人物や、これまでの登場人物の別の側面なども描かれ、すずたちの心の奥底で揺れ動く複雑な想いを映し出す。 前作に引き続き、主人公すずをが演じるほか、すずの夫・周作を、周作の姪・晴美を、周作の姉・径子を、すずの旧友・哲を、すずの妹・すみを、すずと仲良くなる女性リンをといったボイスキャストも続投。 監督・脚本は、前作で第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞を受賞した。 映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃。 18歳で広島から呉の北條家に嫁いだすず(声:のん)は、夫・周作(声:細谷佳正)とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。 だが戦況は次第に悪化、すずたちの生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 そんなある日、すずは迷い込んだ遊郭でリン(声:岩井七世)と出会う。 境遇は異なるが、呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。 しかしその中で、すずは周作とリンとのつながりを感じ取るのだった。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。 その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして昭和20年の夏がやってくる……。 関連ニュース 2019年12月29日 18:45 2016年に公開され、日本ばかりでなく世界中の人々に愛され、「キネマ旬報」恒例の年間ベスト・テンではアニメーションとしては異例の第1位に輝くなど、その年の映画賞… 2019年12月23日 10:00 『マイマイ新子と千年の魔法』 09 や『この世界の さらにいくつもの 片隅に』 公開中 を手掛けたアニメーション映画監督の片渕須直が、次回作制作に向けアニメー… 2019年12月22日 15:00 近ごろ、女優・のんがグッと大人っぽくなったと話題だ。 本人を直撃すると、のんとしての活動をスタートさせ、自身にとって代表作とも言える『この世界の片隅に』 16 …• 2019年12月9日 20:35• 2019年11月24日 23:00• 2019年11月24日 20:00• 2019年11月4日 14:45• 2019年10月14日 19:00• 2019年10月10日 04:00• 2019年6月19日 16:00• 2019年5月31日 17:00• 2019年3月29日 19:49• 2019年2月16日 18:30• 2018年8月12日 12:00.

次の