ヴァンパイア ダイアリー ズ キャスト。 【ヴァンパイア・ダイアリーズ】あらすじ(シーズン1)キャストはイケメンづくし!?

ミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』2006.08.03マチネ

ヴァンパイア ダイアリー ズ キャスト

ヴァンパイア・ダイアリーズあらすじ! 主人公エレナは両親を交通事故で亡くし、弟ジェレミーと共に叔母ジェナの元に身を寄せていました。 ある日エレナの学校にステファンという転校生が現れます。 ミステリアスな魅力を持つステファンですが、実はヴァンパイア。 ステファンとエレナの出会い! しばらく身を隠していたステファンはある事がきっかけで町に再び舞い戻ってきたのです。 そんなステファンを見たエレナは彼に一目惚れ。 ステファンもまたエレナに想いを寄せます。 お互い良い関係が築けると思った矢先ある出来事が。 ビッキーが何者かに首を噛まれ襲われてしまったのです。 デイモンとの再会! 誰の仕業か騒然とする中家路に着いたステファン。 そこで待ち受けていたのは14年ぶりに再会した兄デイモンの姿でした。 このデイモンの登場によってストーリーは複雑な方向へ進みます。 果たしてエレナとステファンの恋の行方は? 又ステファンとデイモン全く正反対の兄弟が抱える秘密とは? 複雑に変化していく人間模様に釘付けになる事間違い無し。 興味がある方はぜひご覧下さい。 jp エレナ・ギルバート役(ニーナ・ドブレフ) 主人公の高校生。 両親を事故で亡くしその悲しみを表に出さない様、日記に自分の気持ちを綴っています。 ジェレミー・ギルバート役(スティーブン・R・マックイーン) エレナの弟。 両親を亡くした事を受け入れられずドラッグに逃げ、エレナや同居する叔母を困らせます。 ステファン・サルバトーレ役(ポール・ウェズレイ) エレナの高校に転校生としてやってきたヴァンパイア。 エレナに一目惚れをします。 ヴァンパイアですが人を襲う事を嫌う穏やかな性格の持ち主。 スポンサードリンク デイモン・サルバトーレ役(イアン・サマーホルダー) ステファンの兄でヴァンパイア。 ステファンとはある事がきっかけで確執があり2人の関係はギクシャク。 性格はステファンと真逆で攻撃的、人間を平気で襲います。 ボニー・ベネット役(カテリーナ・グレアム) エレナの親友。 祖母から魔女の末裔と聞かされていたとおり、ステファンが現れたのと同時に不思議な力が宿ります。 キャロライン・フォーブス役(キャンディス・アッコラ) エレナの同級生。 好きになった相手はみんなエレナしか見ていないとエレナに嫉妬し、少しいじけ気味。 ステファンに恋心を抱きますが興味はないときっぱり断られてしまいます。 マット・ドノヴァン役(ザック・ローリング) エレナの幼馴染で元恋人。 未だにエレナを忘れる事が出来ず彼女を想い続けます。 タイラー・ロックウッド役(マイケル・トレヴィーノ) 市長の息子でマットの同級生。 恋人ビッキーに想いを寄せるエレナの弟ジェレミーと頻繁に衝突。 わがままで自分勝手な性格の持ち主です。 以上登場人物を簡単にご紹介させて頂きましたが、お伝えした性格や人間関係はあくまでもシーズン1のものです。 ストーリーが進むに連れ人間関係が変わりますので、 複雑に変化する恋愛模様や人間関係に注目してご覧頂きたいと思います。 スポンサードリンク ヴァンパイアダイアリーズのネタバレ? 絶大な人気を誇る「ヴァンパイア・ダイヤリーズ」は2017年最終章が放送され、 シーズン8で完結しています。 という事でここで少しネタバレを。 細かなストーリー展開を説明するわけでは無いのでご安心ください。 シーズン1から主人公エレナ役を務めていた ニーナ・ドブレフはシーズン6をもって降板してしまいました。 降板の理由は私生活!? 理由は明らかにされていませんが、ドラマの中で恋人に発展したデイモン役を務めたイアン・サマーホルダーと実生活でも交際していたものの、 破局に至ってしまった事から降板したのではと囁かれています。 彼女はインタビューでシーズン6がエレナを卒業するベストなタイミングだったと話していましたが、真相はどうなのでしょうか? エレナのカムバック! そんなエレナ役ニーナ・ドブレフは最終章の シーズン8で見事復活を遂げています。 主人公として長年愛されていたキャラクターなだけに、彼女の復帰はファンの間で大きな話題になりました。 確かにエレナが居ない「ヴァンパイア・ダイアリーズ」は寂しすぎますよね。 どの様に復帰を遂げるのか楽しみにご覧下さい。 本日アクセスが多い記事のご紹介• 空前の大ヒットと言われ、各方面から高く評価されたイギリスドラマ「ダウントン・アビー」。 日本でもNHKで... 最後まで希望を捨てず自由を勝ち取った男性の姿を描いた「ショーシャンクの空に」 心に響く名ゼリフがたくさん... グレイズ・アナトミー12・13・14とシーズンを追うごとに盛り上がりを見せロングランを記録しているアメリカの医... トム・ハンクスと言えば世界中の誰もが知る大物ハリウッド俳優。 これまでに数々の作品に出演し演技力の高さが... 2000年公開、トム・ハンクス主演の映画「キャスト・アウェイ」 世界中を飛び回るシステムエンジニアが飛行... ジャックとローズの運命的な出会いを描いたタイタニックの実話部分を写真を交えながら、そしてローズが辿ったその後や... 原作を忠実に再現され小説ファンから高い評価を得ている「アウトランダー」 一体どの様なドラマなのでしょうか。... 人工血液が開発された事で人間とヴァンパイアが共存出来る様になる物語。 人間とヴァンパイアが共存する世界を... Amazon primeオリジナル作品のドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」 シーズン4での打ち... 心に残る恋愛物語「ティファニーで朝食を」のあらすじや原作の詳細、ユニヨシのキャラクターや時代背景等、そしておし...

次の

海外ドラマ【ヴァンパイア・ダイアリーズ】ネタバレとあらすじ

ヴァンパイア ダイアリー ズ キャスト

ステファンは実はヴァンパイア 女子たちから熱い視線を浴びるステファン(ポール・ウェズレイ)ですが、彼は周りの女子には興味がない様子。 落ち着いた雰囲気を持ち、それでいてどこかミステリアスなステファンに、エレナは少しずつ惹かれていきます。 そこから2人の距離は急接近し、エレナはステファンの正体を知らぬまま交際をすることに。 ヴァンパイアであるステファンは隠し事が多く、自分の話もあまりしたがりません。 隠し事が大キライなエレナは、何も話さないステファンに疑念を抱くようになります。 ある時、偶然出会った老人に「ステファンは50年前と姿が変わっていない」と聞いたエレナは、過去の映像を探し出し、ステファンが年を取っていないことを知るのです。 エレナがステファンを問い詰めると、彼は自身がヴァンパイアであることを告白し……!? 【ヴァンパイア・ダイアリーズ】は恋愛を軸としたストーリーなので、海外ドラマ初心者の女性にオススメです。 登場人物の心情が丁寧に描かれているため、感情移入をしやすいのもグッド。 主要人物は高校生という設定ですが、キャストたちの多くは20代なのであまり高校生という感じはせず、 大人も楽しめるラブストーリーとなっています。 エレナの相手役となるステファンはヴァンパイアなのですが、人間の血を吸うのは絶っており、動物の血を飲んで生きているTHE善人のような男性。 ひたすらに誠実で優しいステファンとエレナの恋模様は必見です。 また、難解なストーリーではないので気軽に見られるのも魅力のひとつ。 それでいて、随所で 意外な展開や驚きが用意されているので、飽きずに楽しめるはず。 丁寧なストーリー展開の中で、 謎が少しずつ明かされるといった構成が見事です。 どのような過程でヴァンパイアになるのか、ステファン兄弟は初めからヴァンパイアだったのか、他にもヴァンパイアは存在するのか。 などなど、ささやかな疑問が少しずつ明かされていくストーリー展開に引き込まれてしまうこと間違いなしです。 ステファン派?デイモン派?イケメンづくしのキャストたち 本作のもうひとつの見どころは、登場するキャラたちが 見渡すかぎりイケメンであることです。 ・事件の犯人は自分ではなく兄の デイモン(イアン・サマーホルダー) ・自分は人間の血は吸わず、動物の血を飲んで生きている とエレナに話しました。 話を聞いても受け入れることができないエレナは、改めてステファンに別れを告げます。 しかし、危険が迫るたびに助けてくれたり、いつでも誠実で真摯なステファンと接するうちに、彼の本質を改めて知るエレナ。 2人は愛を再確認し、再び交際することとなるのです。 ところが、新たな問題が発生。 デイモンから「ステファンは元カノの キャサリンをいまだに忘れられずにいる」とウソを吹き込まれたエレナは信じてしまいます。 ステファンの部屋でキャサリンの写真を見つけたエレナは、ますますデイモンの話を信じ込みました。 しかも、写真で見た キャサリンは自分に 瓜二つ。 エレナは、またステファンに隠し事をされたと感じ、怒りを募らせるのです。 デイモンの目的とは? 以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。 ステファンはキャサリンのことをとうに吹っ切っており、忘れられずにいるのはむしろデイモンの方だったのです。 かつて(150年前)、キャサリンとステファンとデイモンは三角関係にありました。 しかもただの三角関係ではなく、なんと、キャサリンは ヴァンパイアだったのです。 当時はまだ人間だったステファン兄弟は、キャサリンの毒牙にかかり、いいように弄ばれていました。 ステファンは、ヴァンパイア特有の色香によって彼女にハマッただけだと気づきましたが、デイモンはいまだにその感情をキャサリンへの愛だと思っています。 その愛ゆえに、デイモンは140年以上もキャサリンを探し続け……。 ようやくキャサリンの居場所(墓の中に封印されている)を知ったデイモンは、キャサリンを封印から解き放つために動き始めました。 これまでのデイモンの行動は、すべて キャサリン復活のためだったのです。 増えるヴァンパイア キャサリンが封印されているであろう墓には、他にも20体近くのヴァンパイアが封印されています。 何とか墓の封印を解こうと必死になるデイモンですが、同じくヴァンパイアの アンナも封印を解くために動いていました。 アンナは封印を解くのに必要な 3つの材料を集めており、デイモンに協力を頼みますが断られてしまいます。 その後、材料の1つ(書)がエレナの家にあると知ったアンナは、エレナの弟に近づき書を手に入れようと画策。 ヴァンパイアたちの間で材料の奪い合いがありながらも、ついに封印を解く日がやってきました。 デイモンはキャサリンだけを助け出す予定でしたが、封印をといた魔女の力不足により他のヴァンパイアも墓から逃げ出してしまい……。 その後、エレナの弟・ジェレミーは、先祖の遺品を調べているうちに ヴァンパイアが実在することを知りました。 やがて アンナがヴァンパイアだと知ったジェレミーは、アンナを恐れるどころか頼みごとを口にするのです。 「僕もヴァンパイアに変えてほしい」と。 闇落ちする兄弟 デイモンの闇落ち 墓の封印を解いたものの、そこにキャサリンの姿はありませんでした。 アンナによると、何十年か前にキャサリンに会ったけれど、彼女はデイモンのことなど微塵も気にかけていない様子だったとのこと。 140年以上もキャサリンを探し続け、キャサリンを想い続けたデイモンはアンナの言葉に打ちのめされてしまいます。 それからというもの、デイモンは酒に溺れ、若い女性との色香に溺れていくのです。 (もともと衝動的な性格ではありますが) ステファンの闇落ち デイモンの闇落ちが落ち着いてきたころ、今度はステファンに魔の手が……。 ある時ステファンは、ヴァンパイア同士の戦いで瀕死になってしまいます。 エレナはステファンを助けるため、やむなく自分の 血を与えました。 ステファンは普段は動物の血しか飲みません。 ゆえに、ヴァンパイア同士の戦いでは力を出しきれず、不利になってしまうことが多々あるのです。 エレナの血のおかげで力を取り戻し、ピンチを切り抜けたステファンでしたが、その日から地獄のような毎日が始まりました。 どれだけ抑えようとしても抑えることができず、デイモンの持っている血(病院から盗んだ輸血用の血)をこっそり飲むようになりました。 人間の血のことしか考えられなくなったステファンは、ついにエレナにまで「動物の血を飲む生活に戻ったからもう大丈夫」だと嘘をついてしまいます。 さらにステファンは人間を襲ってしまうようになり……!? シーズン2以降の情報も随時追記します。 ・人間の血を欲する。 よほどの空腹でもない限り、相手が死ぬまで血を吸ったりはしない ・動物の血だけでも生きてはいけるが、相当な忍耐力が必要 ・ヴァンパイアになるとあらゆる感情が増長される。 ゆえに、愛している人間の血ほど欲しくなる ・人間の目を見て念じれば、その人間を操ることができる ・出歩けるのは 夜のみ。 しかし、ステファン兄弟は 指輪のおかげで昼間も外に出られる ・人間が住んでいる場合、招かれないと家に上がれない ・ヴァンパイア同士の場合、基本的に年長のほうが力が強い ・子孫を残す能力はない。 情報の出し方も巧くて、たとえばヴァンパイアの特徴に関しても、初めからすべてが明かされるわけではありません。 中盤になってから「ヴァンパイアは招かれないと家に入れない」ということが分かって驚いたり。 実際に過去のシーンを確認してみると、ヴァンパイアは本当に招かれた時しか家に入っていませんし、時には、ヴァンパイアが中へ招かれるために必死で会話を誘導しているシーンもありました。 こういう形の伏線もあるのだと感心しきりです。 エレナとキャサリンを演じているのは同じ女優 ステファン派とデイモン派、どちらの願望も満たすように描かれているところが非常に巧いと感じました。 デイモンにどハマり! 本作をより楽しめたのは、間違いなくデイモン(イアン・サマーホルダー)という存在のおかげ。 少しずつ謎が明かされるストーリー同様、デイモンという人物像も少しずつ分かってきます。 初めは善悪の区別もなく人間を襲ったり、弟のステファンに憎しみをぶつけたりと、悪役キャラのように描かれていたデイモン。 しかし話が進むにつれて、デイモンの 本当の人柄が見えてくると同時に、彼に深く感情移入をするようになりました。 非道に見えたデイモンの行動はすべてキャサリン復活のためだったことも分かり、デイモンの愛情深さに心を打たれました。 また、ステファンを憎んでいるように見えて実は大切に思っていることも、話が進むにつれて手に取るように伝わってくるのです。 エレナに対するデイモンの柔らかい態度にもグッときました。 デイモンがエレナに優しいのは、愛するキャサリンに似ているという理由もあると思いますが、本気でエレナに惹かれ始めているようにも見えます。 最終話にいたっては、エレナへの好意がだだ漏れだったデイモン。 シーズン2以降の恋模様はどうなるのか、ヴァンパイア同士の争いや、ヴァンパイアを退治する人間との問題はどうなるのか。 次シーズンも見どころが多そうです!.

次の

ハマる!ヴァンパイア ダイアリーズ6,7でファイナル|相関図&最終回

ヴァンパイア ダイアリー ズ キャスト

エレナ ニーナ・ドブレフ のいない世界に慣れようとしていた前シーズン。 エレナが戻るまで何十年も待つ可能性が高いことを知り、愛する人を失った悲しみでもがいていたデイモンは、ボニーとの強い友情を心の支えにする。 ついに恋人同士になったステファンとキャロライン。 しかし、キャロラインが、妊婦として死んだアラリックの妻の双子の代理母となると、2人の関係は複雑になっていく。 一方デイモンは、母リリー アニー・ワーシング に復讐する。 リリーは自分の息子たちのもとを去り、魔女とヴァンパイアのハイブリッドである異端者 ヘレティックス たちと家族になっていた。 ヘレティックスの1人であるヴァレリー エリザベス・ブラックモア は過去にステファンと恋仲になって以来、ずっとステファンを想い続けていた。 リリーの誤った選択は、最終的に自分自身の悲惨な死を招き、ミスティック・フォールズを恐るべき強敵による危険にさらす。 レイナの標的となったステファンは逃げざるをえない状況に陥る。 残されたキャロラインはアラリックと新たに関係を築いていく。 レイナを倒そうとするデイモンは、ボニーの恋人エンゾの家族とつながる怪しい団体、アーマリーに協力を要請する。 だがアーマリーの隠された企みにより、ボニーの魔術は奪われ、彼女は絶体絶命の状況に追いやられる。 ボニーを救うため、デイモンとエンゾはアーマリーにある秘密の部屋に忍び込むが、悪の存在が2人を捕らえてしまう。 エイト・シーズンでは、ステファン、キャロライン、アラリックの3人がボニーと手を組み、ボニーにとってかけがえのない2人の男性、デイモンとエンゾを救い出そうとする。 もう手遅れかもしれないが、それでも…。

次の