障害 者 年金 いくら。 障害年金は精神障害者も受給できる? 1級,2級,3級の基本情報まとめ

障害年金は精神障害者も受給できる? 1級,2級,3級の基本情報まとめ

障害 者 年金 いくら

障害年金とはどんな年金かご存知でしょうか? まず、年金といえば一番最初に思い浮かぶのは原則65歳から受給できる「老齢年金」と、 被保険者が亡くなった際に遺族 配偶者または子供 に支払われる「遺族年金」が一般的に知られていますが、 20歳以上の方も受け取れる年金があります。 それが「 障害年金」です。 障害年金とは、 病気やケガで生活や仕事などが制限される場合、受け取ることができる国の公的な年金です。 ただ残念なことに、障害年金の制度自体があまり知られていません。 また、障害年金制度を知っていても、年金制度のわかりずらさや書類を揃えられないなど、 さまざまなハードルがあり受給を断念する方もいらっしゃいます。 ここでは、受給対象者である方々のお力になれるように障害年金の基本知識を分かり易く解説いたします。 障害年金ってどのくらいの人が受給してるの? 厚生労働省が発表しているによると現在 約194万人が障害年金を受給しています。 内閣府のによると、20歳以上65歳未満で障害がある人は約323万人(身体障害:約111万人,知的障害:約40万人,精神障害:約172万人)になるので、 障害年金の請求できる可能性がある人の中で 約6割の方しか受給していないのが現状です。 もちろん、この統計で障害者と認定されている人の中には障害年金の受給要件に満たしていない方もいますし、 障害者と認定されていなくても受給できる資格を得ている方もいますので正確な数値ではないですが、 間違いなく言えるのは、本来貰えるはずのお金を貰えていない人たちがいるということです。 私でも貰える?障害年金の受給資格 まずはじめに確認しなければならないことは、自分が障害年金を受給できる資格をもっているのかということです。 障害年金は誰でも受け取れるわけではありません。 病気やケガにより生活や仕事などが制限される方が対象で、以下の 3つの条件を満たしている場合には受給対象となります。 どんな病気が対象?障害の程度と等級表 障害と言うと、発達障害や知的障害などの先天性の障害、手や足切断などの肢体の障害を想像する方が多いですが、 人工透析や癌、うつ病や若年性アルツハイマーなどの精神疾患、パーキンソン病まで様々な傷病が対象になります。 実際に総務省の統計によると、傷病カテゴリ別で見た受給者の割合は、1位が精神障害で31. 障害の程度が該当するとは、対象となる傷病が国民年金法と厚生年金法で定められた等級に該当する必要があります。 下記は障害の程度の基本となるものです。 障害等級 1級 他人の介助を受けなければ自分の身の回りのことができない程度 2. 障害等級 2級 必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で労働により収入を得ることができない程度 3. 障害等級 3級 労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度 4. 障害手当金 傷病が治ったものであって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度 種類と障害の程度 等級 によって、受け取れる金額が違う? 障害年金は「障害基礎年金」「障害厚生年金」の2種類あります。 初診日に加入していた年金制度、障害の状態(等級)、ご家族構成により、受け取ることができる年金額が変わります。 障害基礎年金 日本に住んでいる20歳以上60歳未満の農業者・自営業・学生などの第1号被保険者や、会社員や公務員である第2号被保険者、 20歳以上60歳未満の第2号被保険者の配偶者である第3号被保険者の方で、障害等級が1〜2級に該当する方が対象です。 なお、初診日の時点で20歳未満の方や日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方で年金制度に加入していない期間(老齢基礎年金を繰り上げしている場合は除く)の方で障害等級が1〜2級に該当する方も対象です。 障害厚生年金 初診日の時点で厚生年金保険に加入していた方で、障害等級が1〜3級に該当する方が対象です。 厚生年金は「2階建て」の仕組みをなっているため、2級以上に該当するのであれば「障害基礎年金と障害厚生年金」を受け取ることができます。 受給金額は 加入していた公的年金の種類と障害の程度(等級)の違いによって金額が異なり、配偶者や子どもの有無などによっても金額が変わってきます。 平成26年に公表された 月額の平均は77,829円になっています。 障害年金ってなに? ・• 申請に必要な条件ってなに? ・• 申請する障害年金はどれ? ・• 障害の程度や認定基準が知りたい! ・• 年金額はいくらもらえるの? ・• 申請手続きの手順を教えて! ・• 障害年金の専門用語がわからない。。。 近くの年金事務所ってどこにあるの? ・• 障害年金便利ツール ・.

次の

障害年金の金額はいくら?金額の決まり方や計算方法を解説します

障害 者 年金 いくら

サラリーマン、公務員は58~300万円程度 おおよその数字ですが、上記の金額が受け取れます。 障害の程度(障害等級)・職業(障害年金の種類)を確認しておきましょう。 障害の程度(障害等級) 傷害の程度は、障害等級で表します。 障害等級は以下のように1~3級までの3段階あります。 障害等級1級 身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものとする。 この日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度とは、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものである。 具体的には・・・ 例えば、身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの、すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね就床室内に限られるものである。 障害等級2級 身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。 この日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。 具体的には・・・ 例えば、家庭内の極めて温和な活動(軽食作り、下着程度の洗濯等)はできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの、すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね病棟内に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね家屋内に限られるものである。 障害等級3級 労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。 また、「傷病が治らないもの」にあっては、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。 傷病手当金 「傷病が治ったもの」であって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。 年金受給額は職業により変わる 年金種類は職業により変わります。 779,300円(2級) 1級障害年金は2級障害年金の1. 25倍受給できます。 子の加算額・・・ 第1子・第2子 各224,300円・第3子以降 各 74,800円 *障害基礎年金のイメージ 子の加算もあるため、ご家族を持つ方にとっては手厚い制度となっています。 ただし、加算対象の子とは18歳到達年度の末日を経過していない子、または20歳未満で障害等級1級または2級の障害者のことです。 また、二番目の子も18歳になった年度の3月31日を過ぎてしまえば、支給対象から外れてしまいます。 ) このように、障害等級と子の加算で支給額が決まります。 サラリーマン・公務員(厚生年金)の場合 サラリーマン・公務員(第二号被保険者)は障害厚生年金を受給します。 障害厚生年金は1~3級の3段階で支給されます。 障害基礎年金に上乗せして支給するイメージです。 障害厚生年金は報酬比例型で計算される。 報酬比例の年金額は、 平均標準報酬額(ボーナスも含めて平均して毎月いくら稼いできたか)と被保険者期間(厚生年金を何か月収めてきたか)で決まります。 年金定期便などでご自身の年金状況を確認されると、受給額の目安がより具体的にわかりますので、一度ご自身で確認してみてもいいでしょう。 また、「被保険者期間が少ないとあまりもらえないのではないか?」と考えてしまいませんか。 しかし、 被保険者期間が300カ月未満の方は300カ月(25年間)加入していたとみなして支給してくれます。 よって、年金保険料をまだあまり納付できていない20代・30代の若年者でも、しっかりと障害年金が受給できる制度になっています。 4円 210,470. また、障害厚生年金3級の最低支給額は、584,500円であることから今回のケースの受給合計額は、最低保障額の584,500円となります。 この2つケースのように、障害等級によって受給金額の違いがあることがわかります。 また、300ヶ月のみなし計算や最低保障金額が設定されていることで、加入期間の短い人もしっかりと保障されていることに気づけたかと思います。

次の

障害年金とは?「あなたがもらえるか」「いくらもらえるか」がわかる

障害 者 年金 いくら

障害年金とは 障害年金とは、障害で仕事、生活に支障が出るようになった時に受け取れる年金です。 年金といえば、一定の年齢に達したお年寄りが貰うものと思っている方が多いようですが、障害年金は、障害で仕事や生活に支障をきたすようになった人なら、現役の世代でも受け取ることができる年金です。 障害年金の種類 障害年金には、「障害基礎年金」、「障害厚生年金」、「障害共済年金」の三つの種類があります。 障害基礎年金は、病気やけがで初めて医師の診断を受けた時 初診日 に国民年金に加入していた場合に支払われます。 障害厚生年金は同じように厚生年金に加入していた場合に支払われます。 障害共済年金は同じように公務員などが加入する共済組合の組合員であった場合に支払われます。 なお、 障害年金に該当する障害よりも軽い障害が残った場合には、一時金として「障害手当金」を受け取ることができます。 それぞれの受給対象は? 障害年金には三つの種類がありますが、等級や条件によって受給対象が異なります。 障害基礎年金は等級が1級、2級が対象で、国民年金に加入している場合支給されます。 日本在住の20歳~60歳の人は、皆、国民年金に加入しています。 ですので、例え保険料を払っていなくても全ての人が対象になります。 自営業や主婦、学生など、国民年金のみ加入している場合は、障害基礎年金のみ支給されます。 また、子供に対する加給年金もあります。 障害厚生年金はサラリーマンなどが加入する厚生年金に加入している期間に初診日があれば、支給されます。 等級が3級の場合、障害厚生年金のみ支給されます。 障害者手帳とは別物 一定の要件を満たした障害者に対しては、「障害者手帳」というものが交付されます。 障害者手帳を取得すると、医療費の負担軽減のほかに車いすや補聴器などの補装具の助成など、さまざまな医療サービスを受けることができます。 しかし、これは障害年金とは別の制度です。 障害者手帳をもとにした医療サービスと障害年金を混同している方もいますが、障害者手帳は地方公共団が交付するもの、障害年金は国の制度です。 さまざまな心身の障害状態が対象 心身の障害によって生活や仕事に支障をきたした人が障害年金の受給対象者ですが、ほとんどの精神的、身体的傷病が対象となっています。 但し、以下の傷病は障害認定基準の対象外です。 おおよそ200万人がもらっている 厚労省の障害年金受給者実態調査 平成26年 によると、障害年金の受給者数は194万3000人です。 一方、平成27年の全国の障害者は、身体障害者393万7000人、知的障害者74万1000人、精神障害者320万1000人、合わせておよそ788万人です。 障害者の4分の1の人が障害年金の受給者ということになります。 遡及請求 障害年金の対象となる傷病で初めて医師の診察を受けた日を「初診日」といいます。 そして、初診日から1年6か月を経過したあとも障害状態であることを認定された日を「障害認定日」と言います。 障害年金の支給は、この日を基準に実行されます。 ところが様々な理由で、年金の請求をしていないというケースがあります。 こうしたケースでは、5年までさかのぼって年金を請求できるというのが、遡及請求の制度です。 ・両眼の視力の和が0. 04以下のもの ・両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの ・両上肢の機能に著しい障害を有するもの ・両上肢のすべての指を欠くもの ・両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの ・両下肢の機能に著しい障害を有するもの ・両下肢を足関節以上で欠くもの ・体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障害を有するもの ・前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする症状が前各号と同程度以上と認められる状態であって日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの ・精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの ・身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの 障害年金2級 必ずしも他人の介助は必要ないけれど、日常生活が極めて困難で、 一般的に活動の範囲が、病院では病棟内、家庭では家屋内に限られる障害です。 法律では具体的に以下のような基準が定められています。 ・両眼の視力の和が0. 05以上0. 08以下のもの ・両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの ・平衡機能に著しい障害を有するもの ・そしゃくの機能を欠くもの ・音声又は言語機能に著しい障害を有するもの ・両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠くもの ・両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障害を有するもの ・1上肢の機能に著しい障害を有するもの ・1上肢のすべての指を欠くもの ・1上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの ・両下肢のすべての指を欠くもの ・1下肢の機能に著しい障害を有するもの ・1下肢を足関節以上で欠くもの ・体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有するもの ・前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする症状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は、日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの ・精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの ・身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの 障害年金3級 このクラスは、障害厚生年金のみに設けられているものです。 傷病が治癒していなくても、治癒していても労働に制限が設けられるレベルの障害です。 法律では具体的に以下のような基準が定められています。 ・両眼の視力が0. 1以下に減じたもの ・両耳の聴力が、40センチメートル以上では通常の話声を解することができない程度に減じたもの ・そしゃく又は言語の機能に相当程度の障害を残すもの ・脊柱の機能に著しい障害を残すもの ・1上肢の3大関節のうち、2関節の用を廃したもの ・1下肢の3大関節のうち、2関節の用を廃したもの ・長管状骨 上腕、前腕、大腿、下腿の管状の骨 に疑関節を残し、運動機能に著しい障害を残すもの ・1上肢のおや指及びひとさし指を失ったもの又はおや指若しくはひとさし指を併せ、1上肢の3指以上を失ったもの ・おや指及びひとさし指を併せ1上肢の4指の用を廃したもの ・1下肢をリスフラン関節 足趾の一番付け根、土踏まずの前方 以上で失ったもの ・両下肢の十趾の用を廃したもの ・前各号に掲げるもののほか、身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの ・精神又は神経系統に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの ・障害が治らないで、身体の機能又は精神若しくは神経系統に労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するものであって、厚生大臣が定めるもの。 障害手当金 障害厚生年金では、障害等級の3級よりも軽い障害が残った場合に、一時金として障害手当金が支給されます。 法律では具体的に以下のような基準が定められています。 ・両眼の視力が0. 6以下に減じたもの ・1眼の視力が0. 1以下に減じたもの ・両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの ・両眼による視野が2分の1以上欠損したもの又は両眼の視野が10度以内のもの ・両眼の調節機能及び輻輳 ふくそう 機能に著しい障害を残すもの ・1耳の聴力が、耳殻に接しなければ大声による話を解することができない程度に減じたもの ・そしゃく又は言語の機能に障害を残すもの ・鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの ・脊柱の機能に障害を残すもの ・1上肢の3大関節のうち、2関節に著しい機能障害を残すもの ・1下肢の3大関節のうち、1関節に著しい機能障害を残すもの ・1下肢を3センチメートル以上短縮したもの ・長管状骨 上腕、前腕、大腿、下腿の管状の骨 に著しい転移変形を残すもの ・1上肢の2指以上を失ったもの ・1上肢のひとさし指を失ったもの ・上肢の3指以上の用を廃したもの ・ひとさし指を併せ1上肢の2指の用を廃したもの ・1上肢のおや指の用を廃したもの ・1下肢の第1趾又は他の4趾以上を失ったもの ・1下肢の5趾の用を廃したもの ・前各号に掲げるもののほか、身体の機能に、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの ・精神又は神経系統に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの.

次の