宝くじ 当たる 買い方。 宝くじが当たる買い方おすすめ6選!縦バラ・縦連など特殊な方法で高額当選ゲット!

【買い方でこんなに違うの?】宝くじの当たる方法を実践!

宝くじ 当たる 買い方

1億円以上が当たる確率はバラ買いの方が高い!? その一方で、1等もしくは1等前後賞のどれかが当たる確率は、 バラ買いの方が連番買いの2. 5倍になるという話もあります。 どういうことかを先ほどのサンプル図の番号を例に説明すると・・・ 連番買いで1等もしくは1等前後賞が当たるためには、123449から123460まで 12個の数字のどれかが 当せん番号になる必要があります。 バラ買いで1等もしくは1等前後賞が当たるためには、上記サンプルの10個の数字とその前後の数字、つまり 30個の数字のどれかが 当せん番号になればいいわけです。 確率を計算するための分母は同じで、分子の当せん番号が連番買いだと12、バラ買いだと30に増えるわけですから、 確率も30割る12でちょうど2. 5倍になる計算です。 この辺りのこともあって、宝くじ長者の人はバラ買い2セット、連番買いを1セットという買い方をされるのでしょうね。 高額当せん者の方々がゲン担ぎも大事にされています! 高額当せん者の方々は、連番とバラ買いの割合や番号を選ぶという宝くじの買い方そのもの以外でも、ゲン担ぎを大事にしている方が多いということが分かっています。 どんなことを大事にされているのか、いくつかご紹介していきますね。 おつりが出ないように代金ピッタリで支払う• 10年以上同じ買い方で買い続けている• 同じ売り場で買い続けている• 高額当せんが出た売り場で買う• 明るくて笑顔のいい売り子さんから買う• 大安や一粒万倍日など縁起のいい日に買う• 自宅から西側の方向にある売り場で買う 縁起のいい日・方角を大事にされている人や、同じ買い方を粘り強く続けている人など、様々ですね。 特に2番目の10年以上買い続けているというのは、けっこう大切なポイントで、高額当せん者の特徴として、年に数回・10年以上買い続けているということ分かっています。 縦バラ(3連バラ)とは• バラ買いが3セット• ただし、3セットの数字は10組みの連番になる という買い方です。 言葉だけでは伝わりにくいと思うので、下記の表をご覧ください。 組み 1セット 2セット 3セット 12組 151819 151820 151821 03組 164690 164691 164692 28組 158561 158562 158563 46組 190442 190443 190444 32組 184503 184504 184505 64組 196294 196295 196296 70組 109145 109146 109147 51組 113116 113117 113118 87組 126907 126908 126909 91組 157748 157749 157750 宝くじが2割安になる買い方 宝くじは、連番買いでもバラ買いでも10枚に1枚は一番下の当せん金(宝くじ1枚分)が必ず当たりますので、1セット買えば結果的には1割引きになる計算です。 ところが、さらに高い割引率、2割引きで買えるというのが、これからご紹介する3つの方法。 ただし、3つの方法とも、宝くじを100枚、3万円買うということと、大きな売り場でしか買えないという注意点があります。 いずれも下2桁が「00」から「99」まで揃うように100枚入っているため、• 一番下の等級(宝くじ1枚分300円)が10枚• 下から二番目の等級(宝くじ10枚分3000円)が1枚 当たるので、 3万円買って 6千円が返ってくる というわけです。 これらを踏まえた上で詳しく見ていきましょう。 特連あらため福連100は• 連番買いが10セット• 10セットの100枚の下2桁は00から99までが揃う という買い方で、縦バラ(3連バラ)の拡大バージョンです。 こちらもイメージしやすいように表を作成しましたのでご覧ください。 特バラあらため福バラ100 最後にご紹介するのは 特バラあらため福バラ100という買い方です。 (縦バラと同じく2018年サマージャンボから名称変わりました).

次の

宝くじの買い方。確率や期待値を考えてみての最も賢い買い方はコレ!

宝くじ 当たる 買い方

要約 この記事にあるとおりの買い方をすれば、宝くじは確実に当たります。 jp より 意外と簡単 宝くじが必ず当たる方法 宝くじの仕組みを知ると、当せんすることは難しくありません。 僕自身は、あまりにも確実に当せんしてしまうのがつまらなくなり、宝くじを買うのをやめてしまったほどです。 絶対当たる宝くじはコレ この記事でいう「宝くじ」は、「ナンバーズ」や「ロト」ではなく、ジャンボ宝くじなど、いわゆる普通の宝くじです。 を借りると 組・番号などがあらかじめ印刷された宝くじ券を購入し、後日の抽せんで決定した当せん番号と一致したら当せん金が受け取れる宝くじのひとつです。 となります。 公式サイトに載っていないコツ でもなぜか、その仕組みはには全然載っていないのです。 攻略されないようにでしょうか。 (見落としがあればご教示ください) この記事では、9月20日から発売されます「オータムジャンボ宝くじ」を例に、確実に当せんする方法を説明します。 前置きが長くなりました。 あまり引っ張るといんちきなセールスレターみたいになるので、さっそく始めます。 必ず当たる買い方:1セット(10枚)買う 宝くじ売り場に行って、1度に10枚買ってください。 それだけで必ず当たります。 大安吉日にとか、過去に当せん実績のある売り場でとか、そんなことを気にする必要は一切ありません。 宝くじの売り場では、10枚ひとまとまりになった単位が「セット」と呼ばれています。 「連番」「バラ」の2種類が用意されていますが、どちらでも構いません。 そのうち、1枚は確実に当せんします。 5等(末等)は下1桁が当せん番号になります。 なので、10枚に1枚は確実に当たります。 「バラ」でも、セットであれば番号の末尾の数字が0~9になるようにまとめられていますので、大丈夫です。 どうしても1等当てたい? 当てたいのは1等ですか。 そうですか。 では次はいよいよ、1等が確実に当たる方法を紹介します。 必ず1等が当たる買い方:1ユニット(1000万枚)買う 宝くじの販売規模を表すときに使われる言葉が「ユニット」です。 くじにも印刷されています。 1ユニットは1000万枚あります。 ユニットの内訳を書いておくと、「組」が00~99で、番号の下5桁が00000~99999です。 ちなみに番号の先頭桁は「1」固定です。 オータムジャンボの例で言えば、1等は1ユニットあたり1本なので、1ユニットをまるごと買えば必ず1等が当たります。 1等の当せん金は3億3000万円です。 1等以外も必ず当たる 1ユニット買って当せんするのは1等だけではありません。 同じくオータムジャンボの例で言えば、• 1等の前後賞(3000万円) 2本• 1等の組違い賞(10万円) 99本• 2等(1000万円) 10本• 3等(100万円) 100本• 4等(3000円) 10万本• 5等(300円) 100万本• サンキューオータム賞(39000円) 5000本 と、これだけ当たります。 1等(1本)と合わると、実に110万5212本も当せんします。 当せん金の合計は、なんと、13億9490万円です! 1等当せんのために必要な資金 宝くじを1ユニット買えば確実に1等が当たります。 オータムジャンボ宝くじだと1枚が300円、1ユニットが1000万枚なので、必要な資金は30億円です。 しかもオータムジャンボを1ユニット30億円分買うと、確実に13億9490万円当たります。 30億円あれば、ジャンボ宝くじの1等が確実に当たります。 宝くじを投資やビジネスの文脈で見ると、30億円出して、14億円弱が回収できるモデルです。 スケールダウンした数字で同じことを言うと、30万円出して、回収できるのは14万円弱です。

次の

宝くじの当たる確立が高い買い方とコツ!当てる秘訣はコレだ!

宝くじ 当たる 買い方

どんな買い方をしているのか? 共通点はあるのか? 口コミを参考に調べてみました! 1.最初、中盤、終盤の3回に分けて購入 宝くじ販売期間中 どの時期に購入すると 当たりやすいのでしょうか? 計算上の確率では どの期間でも差はない といえます。 しかし、 高額当選者の中では 『 最初、中盤、終盤の 3回に分けて購入』 している人達がいます。 それは時期を変えることで 違うユニットから購入できる 可能性があるからです。 1ユニット内には1つしか 一等はありません。 ですので、 他のユニットを狙えば 1等を当てる可能性は 上がることになるのです。 joetsutj. 多くの宝くじが売れるということは 仕入も多くしなければなりません。 また、売り場側も 『一等が出た!』 という口コミから さらに買う人が 増えることを望みます。 売場がもし 1ユニット単位で 仕入れていれば その売り場内に 『必ず1等がある!』 ということになるのです。 そう考えれば 当たりやすい売り場がある というのも納得ですよね。 中には そこまで購入者が 多くなくとも 『 何故か 高額当選が続出している。 』 という売り場もあります。 なぜなら、 一等と一等の前後賞を 当てるには 前後の宝くじが必要だからです。 10枚が1セットと 言われていますので、.

次の