大塚 海渡 騎手。 大塚・三浦騎手ら大けがも意識は有り、命に別状なし 2頭絡む落馬事故で 中山競馬場

大塚海渡騎手・落馬で怪我がヤバい!?今後は!?プロフィールは?

大塚 海渡 騎手

今年1月5日の中山7Rで落馬し、左橈骨骨折などの負傷により休養していた 三浦皇成騎手。 だが、3月に復帰すると順調に勝ち星を増やし、リーディングでも12位と活躍(21日現在)するなど、元気な姿を見せてくれている。 この事故は、今年がデビュー2年目だった若手・ 大塚海渡騎手の斜行が原因となったが、本人も落馬して脳挫傷を負っており、三浦騎手も「負傷した大塚騎手には一日も早い回復を願っています」と気遣うコメントを残している。 あれから半年が過ぎ、脳挫傷を負って長期休養中だった大塚騎手の復帰が近づいているようだ。 「意識不明の状態という情報が出回り、騎手復帰は勿論、命の心配もされましたが、若さもあって急回復しているようです。 頭を強く打ったため、慎重に復帰を目指していましたが、今では馬に乗って感覚を戻している最中だそうですよ」(某エージェント) ただ、問題となってくるのは「復帰の場」があるかどうかだろう。 「実は木村厩舎を出てフリーになるそうです。 これが本人の意向なのかは定かではありませんが、勢司和浩厩舎で助手をしている父と、木村哲也調教師との間でいろいろと意見の相違があったとか……。 これまでの育て方に不満を持っていた父と、公使ともに厳しく指導して一人前の人間になるように接してきた木村先生。 どちらの気持ちも分からなくはないですが、実績のない今の時点でフリーになるのは、リスクが大きいことに間違いありません」(同) 自身の不注意による落馬事故を招いてしまったこともあり、トレセン内での大塚騎手のイメージは、まだあまり良いとはいえないそうだ。 これといった実績のない大塚騎手にとって、イメージを覆すには相当な努力が必要だろう。 さらに所属を離れ、後ろ盾がない状況ともなれば、エージェントの力に頼るだけでなく、関係者に積極的に声を掛けていくなど、自らアピールする姿勢が求められる。 同期の斎藤新騎手や岩田望来騎手らが活躍して焦る気持ちはあるだろうが、今はまだ足元を見つめ直して、実績を作ることの方が先決かもしれない。 いずれにしても大塚騎手の復帰には難題が山積みとなりそうだ。

次の

大塚海渡騎手のパトロールビデオや成績・プロフィールまとめ

大塚 海渡 騎手

来歴 に騎手課程に入学。 2月、競馬学校騎手課程を卒業(第35期 )。 2019年3月に厩舎から騎手デビュー。 大塚の父は厩舎でをしており、当時勢司厩舎の調教助手・だった木村の先輩にあたる。 また、美浦の乗馬苑のスポーツ少年団のスポーツ少年団で3歳年下の木村の息子と一緒に乗馬を行っていたなどの縁があった。 4月7日第12レースを自厩舎のリモンディで制し、デビューから25戦目で初勝利を挙げた。 木村にとっても通算200勝の区切りの勝利となった。 2020年1月5日中山第7レースにおいて勢司厩舎のラッキーアドバンスに騎乗した際、最後の直線コースで転倒し、落馬負傷した。 この時、後方を走行していた1頭が落馬・3頭の進路を妨害したと判定されたため、2020年1月18日から開催2日間の騎乗停止処分となった。 この落馬でを起こし、休養に入った。

次の

JRA三浦皇成を落馬に巻き込んでしまった「あの新人騎手」がまさかの選択!? 順調に回復見せるも復帰には難題多く……

大塚 海渡 騎手

大塚さんの父は美浦トレーニングセンターの調教助手をしているようですね。 とっても若いですね〜2000年生まれなんですよね。 若くしてとても厳しいとされている競馬学校に14歳で入学し卒業されているんですね。 お父様の影響があってなのか、小さな頃から馬と関わることがあったからなのか、周りが高校生の時にはもう騎手の勉強をしていたということですね。 偉いなあと思います。 まだデビューして1年も立っていないのに落馬事故に会ってしまったのですね。 とても心配になります。 スポンサーリンク 怪我の状況 ラッキーアドバンス号の騎手大塚海渡さんが、中山7R・4歳年上一勝クラス(芝200メートル)で、最後のコース直前で前の馬に触れて落馬。 これに巻き込まれる形で三浦皇成騎乗のスズロナーザも落馬した。 その時の状況がこちら (出典 twitter. com) 中山7R 大塚海渡騎手のラッキーアドバンスが転倒して三浦皇成騎手のスズロザーナが絡む大事故 人馬共に心配 — 79 79osaka 頭から激しく落馬しているのが分かります。 検査の結果大塚海渡さんは 頭部外傷、脳挫傷の疑い。 馬のラッキーアドバンスは 左肩関節脱臼で予後不良。 巻き込まれた三浦皇成さんは左関節骨折の疑い、橈骨(橈骨)遠位端骨折の疑いと診断され船橋市の病院に運送されたそうです。 馬のスズロザーナは怪我ないとのことです。 しかし動画で見るとそれほど激しく転んでないように見えましたが、骨折の疑いにはびっくりしました。 骨が折れていないといいのですが。 大塚さんは大怪我ですね。 脳挫傷とは脳の打撲状態で、脳に 挫滅と浮腫が生じたものだそうです。 脳の怪我は怖いですよね。 後遺症が残ることもありますよね。 治療は脳圧を下げる薬を用いたり気管内挿管で呼吸を管理したりなどの全身の管理をするそうです。 または手術の場合もあるようなんです。 今のところ今後の見通しもたっていないと思います。 過去に落馬して骨折からリハビリして復帰した騎手はいますが、脳挫傷の方の復帰はどうなのでしょう。 しかし大塚さんは脳挫傷の疑いですから、脳挫傷でもなんの後遺症も残らない方も居ますから期待はしてしまいます。 後遺症が残りませんように! 馬のラッキーアドバンスの「予後不良」についてなのですが、怪我などにより故障を発生させた時、回復が困難な場合に殺処分の処置が適当であるとされた場合予後不良という言葉を使うそうです。 肩の関節の脱臼したのは治らないのでしょうか?.

次の