王は愛する。 王は愛するの完全ガイド

「王は愛する」登場人物と感想

王は愛する

気になるところからCheck!• 王は愛するキャストの相関図がすごい?! 華麗なルックスを持っており、清い心と他人を自分の影響下に置くだけの統治力も備えているという、理想的な君主です。 しかし、その一方では、かなりの征服欲に燃えているという、ちょっと怖いような一面もひそめているのですね…。 そんなワン・ウォンは、ZE:Aのヴォーカリストとして知られているイム・シワンさんが演じます! イム・シワンさんは、アーティストとしてだけではなく、俳優としても実績がある人物。 過去には、おなじ宮廷ものでも活躍していました! 王様ではなく廷臣の役でしたが、『太陽を抱く月』というドラマでした。 ストーリーは、科挙に合格したホ・ヨムという青年が、王世子の先生となって、彼とのあいだにたがいの身分を超えた熱い友情を育んでいく…というもの。 ホ・ヨム役のうちイム・シワンさんが演じたのは若者時代だけで、成長後はソン・ジェヒさんが演じましたが、この役によって、彼の人気は急上昇したのでした。 ワン・ウォンの親友でもある彼は、持ち前の熱い想いで恋愛へと燃えていくことに。 しかし、そんなワン・リンとワン・ウォンの前にウン・サンという女が現れて…!? ワン・リン役は、ホン・ジョンヒョンさんが演じます。 ホン・ジョンヒョンさんも、過去には宮廷もので活躍していました。 『ペク・ドンス』という、李氏朝鮮の時代を舞台としたドラマです。 正祖の護衛であるペク・ドンスが、正祖の命を狙う暗殺者たちと戦っていくという、迫力満点のストーリー。 彼が演じたのは、なんと、正祖という大役でした! 『ペク・ドンス』では王様、『王は愛する』では王子。 kstyle. ksn? 絶世の美貌を誇りつつも、2人の男を破滅に追い込んでいくということで、何とも怖い限りですよね…。 そんなウン・サン役は、なんと、小女時代としてあまりにも有名なユナさんでした! アーティストだけではなく、女優としても実績があった、ユナさん。 『王は愛する』ではかなりの悪女を演じますが、過去には可憐な女性を演じていました。 『君は僕の運命』のチャン・セビョクです。 目の病気で視力を失ってしまったチャン・セビョクが、角膜をくれた眼科医のキム・ナヨンの遺族に出会ったことで、ラブストーリーに発展していくというお話。 やはりユナさんというと、こういう役が似合っている印象がありますよね。 しかし、ご覧のとおり、キャストもかなりの豪華さです! 専業俳優・専業女優だけではなく、人気アーティストを複数、それも主役級で登場させるというのは、若い世代へのアプローチでしょうか? もっとも、若い世代もそれ以外の世代も楽しめるエンターテインメントになるであろうことは、間違いなさそう。 kstyle. ksn?

次の

小説「王は愛する」

王は愛する

王は愛する 話題の豪華キャストが魅せる、胸キュン度MAXのロマンス時代劇が登場! 「太陽を抱く月」「ミセン-未生-」で役者として大ブレイクを果たしたイム・シワン。 日本でも抜群の知名度と人気を誇る彼が、2017年入隊前最後の出演作として選んだ本作で、美貌と知性、大胆な行動力に加え、孤独・愛・怒りなど様々な顔を持つ 王子ワン・ウォン役に挑戦。 対するヒロイン役には、アイドルグループ<少女時代>のユナを抜擢。 美と実力を兼ね備えた俳優陣が、胸キュン度MAXの物語を作り上げた。 第25代高麗王の息子ウォンは、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元 げん のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。 政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リンと過ごしていた。 ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。 リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。 ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。 殺された女性の娘であるサンは幸い難を逃れるが、狙われていたのが娘だと気付いたヨンベクは、身分を偽り侍女として生きるようサンに告げる。 一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言を伝えようとヨンベクの屋敷へ忍び込み、サンとは知らずに母親の最期の言葉を伝える。 これが三人の出会いだった。 7年後、学者イ・スンヒュを訪ねたウォンとリンはそこで美しく気高い女性に成長したサンと再会する。 サンはソファと名乗り、スンヒュの弟子になっていた。 三人の間には友情が芽生えるが、これが三人の運命を大きく変えていく。 ウォンは次第にサンに恋心を抱くようになり、リンもまたサンに密かに想いを寄せていく。 永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始め…。

次の

韓国ドラマ「王は愛する」

王は愛する

「王は愛する」視聴しました。 互いを思いやる姿が切なくて・・・ ここでは、ネタバレには触れません。 このドラマについては、結末を知らずに観た方が絶対にいいですよ。 (もちろん、結末はある程度予想はつきましたが) 切なくて切なくて、でも優しくて 「王は愛する」という題名は、ウン・サンだけに向けられたのではなく、唯一無二の親友ワン・リンにも向けられた気持ちを表しているんだと思いました。 以下、ネタバレなしで登場人物やストーリーについての感想を書いていきたいと思います。 ドラマでは世子時代を描いています。 高麗初の混血の世子。 この時代、高麗は元の支配下にあり、ウォンは元の皇帝陛下を祖父に持っていたために、実の父親から疎まれてしまいます。 また、母親はウォンを王に据えることだけに人生を捧げますが、ウォン自身は王位に興味がなく、孤独を内に抱えながら生きています。 それが次第に、大事な人を守るための力を手に入れたいと切に願い、成長していきます。 引用:MBC公式 イム・シワン씨、「太陽を抱く月」で世子妃の兄の子供時代を演じていましたね。 惜しむらくは背が少々低いような 韓国の役者さんは、身長高い人が圧倒的に多いので背の低さが目立っちゃうんですよね。 でも、それを差し引いても素敵でした。 理知的で、ウォンを理解し、ひたすら支え続けていきます。 サンに気持ちを寄せながらも、ウォンの気持ちを知っているリンは、自分の気持ちを表に出さないんですよね。 「麗~花萌ゆる8人の皇子~」では悪役を演じていましたが、今回のリン役は本当に素敵でいっぺんにファンになってしまいました。 その後、侍女と入れ替わり、ソファと名乗り、身を隠して生きてきます。 純血の高麗王を立てようとする者たちの陰謀に巻き込まれてしまうお嬢様役 ユナちゃんは、「ラブレイン」で見た時以来でしたが、その時はかわいいだけで演技力はいまいちという印象でしたが、サン役はかわいくて、透明感があって、自分を持っている強い女性。 2人の男性に愛されて揺れ動く難しい役どころを上手に演じているなぁと思いました。 冷酷な策士の役柄、切れ者で剣術の腕にも優れ、それゆえに王の子として生まれただけで王位につける世子を妬んでいた可哀そうな人という印象でした。 恋人のオク・プヨンのことも、手駒の一つ扱いかと思っていたら、実は本当に愛していたんですね。 だったらあんなことやらすなよー この人、イノッチに似てる。 薬を使い、忠烈王を意のままに操っていきます。 とても妖艶でセクシーですが、ソン・インの前でニコニコ笑っている姿はとてもかわいらしかったです。 この人も、ソン・インを心から愛していたんですね。 ソン・インや奸臣たちの甘言に乗せられ、プヨンにおぼれ操り人形になり、妃である元成公主やウォンとの間に溝ができてしまいます。 元成公主には徹底的に冷たい態度をとり続けますが、実は愛していたんですね。 前半はひたすら怖い女性という印象でしたが、後半は哀れでした。 とても、いい子なので、ウォンには大事にしてほしかったです。 ウン・ヨンベクの財産目当てにサンとの結婚をもくろみ、商団を襲うのに一枚かみます。 賢く清廉なリンとは正反対の性格。 3人の愛情と友情が永遠に続いてほしかった このドラマを観ていて、「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」が頭をよぎりました。 もちろん内容は全く違いますが、政争に巻き込まれ、大事な人を守るために権力を欲したのに、その権力ではいちばん守りたかった者たちを守れなかった悲しみや切なさ 韓国ドラマって回想シーンが多いですよね。 切なくて悲しく優しくて、いいドラマでした。 原作読んでみようかな、もし読んだら感想をアップしたいと思います。 「王は愛する」U-NEXTで配信中 初めまして、しらこです。 当サイトにご訪問いただきありがとうございます。 韓国ドラマにはまって15年以上、ド定番の冬のソナタから始まり、視聴したドラマ数は100本以上の50代主婦です。 ついでに、知っているとさらに韓国ドラマが楽しめる小ネタも紹介しています。 また、韓国の女優さんの肌の美しさに憧れ、美容情報にもアンテナを張り、自分で使ってみた美容アイテムを紹介しています。 ちなみに好きな俳優さんは、イ・ジュンギ씨、ソ・ジソプ씨です。

次の