黄色い キャラクター。 【可愛くて黄色いやつら】黄色いキャラクターランキング!(1~2位)|ランキングー!

至急!運動会の旗で黄色いキャラクターを探してます

黄色い キャラクター

笑うフィリックス( ()原画による初期のもの) 名前の由来は「フェリシアス」(由来、幸運の意味)と「フェーリス」(同、猫の意味)より。 でである ()が創作し、1919年に、オーストラリア出身で渡米後に映画プロデューサーになった ()により () としてアニメーション化され劇場に登場した。 数分程度の短いアニメーションであり 、初期のものは、体型は普通の猫に近く、フィリックスという名前もなかった。 しかしすぐに大きな目、2本脚で歩く特徴的なキャラクターとなり、フィリックスの名が付けられて子供から大人まで広く人気を呼び、続編が多数(約150本)製作された。 野球チームの公式キャラクターとなったり(アメリカ海軍航空隊)のマークに用いられた。 アメリカ国外でも知られ、日本の漫画家は、『』のキャラクター創造のヒントがフィリックスであった旨を晩年のラジオ番組で明らかにしている。 フィリックスを部隊マーキング等に用いる(アメリカ海軍航空隊)のロゴ しかしサリバンの死によってフィリックスの版権は混乱、贋作アニメやが粗製乱造された。 またをいち早く導入したの、や、のの登場にもかかわらず作品に固執したことも一因となり、フィリックスの人気は凋落。 わずかにメスマーが新聞に細々と連載を続けるのみとなった。 フィリックスの人気がよみがえるのは後である。 メスマーの助手を務めていたジョー・オリオロの手になるリニューアルによるもので、ほっそりした体型と2本の長い脚ですっくと立つ、現在広く知られるスタイルに生まれ変わった。 同時に脇役も多種多様な顔ぶれがそろった。 アメリカでの人気も高いが、世界各国でも、この新しいフィリックスが広く知られるようになった。 これは、1958年にカラーでテレビアニメ化されて各国で放送されたことにもよる。 日本でも、白黒放送ではあるが1960年にNHKテレビで、1963年にはフジテレビで放送され人気を呼んだほか、雑誌『家庭全科』にジョー・オリオロ筆の4コマ(時には3コマ)漫画が掲載された。 その後も人気は衰えず、日本でも1980年代には女性雑誌やテレビコマーシャルのキャラクターなどに採用されて、21世紀に入っても親しまれている。 2020年現在では、の「」のキャラクター版権は、が所有 している。 新しいフィリックス [ ] 詳細は「」を参照 ジョー・オリオロはオットー・メスマーの創作したフィリックスの容姿を変えたが、それだけではなく、特にテレビ版においては多彩な脇役を配し、魔法の黄色いかばん(トリック・バッグ、Magic Bag または Bag of Tricks)を持たせて活躍させるなど、新たな世界を開拓した。 黄色いかばんはフィリックスの思いのまま、どんな物にでもなって用を弁ずる万能の小道具であり、『』のとの共通点が多く、漫画評論家のも『ドラえもん』の発想の原型のひとつとして、フィリックスを上げている。 またフィリックスは正義感が強く、銀行強盗や破壊行為などの悪事を企てたり、黄色いかばんを奪おうとする大博士(だいはかせ)とロックのコンビを相手に、一時は負けそうになりながら最後にはフィリックスが勝利を収める勧善懲悪的な話が主であるが、それだけでなく、豆博士(まめはかせ)との絡みやテレビ人間との丁々発止、あるいはフィリックスの日常生活を題材にした話もあり、多様な展開を見せる。 4コマ漫画版では黄色いかばんや悪役は登場せず、もっぱらメスの白猫キティとフィリックスのやり取りが中心になっていた。 一人称は作品や声優によって異なっており、「僕」もしくは「俺」が主である。 (9年)からで放送されたアニメ版『』は色が強い。 フィリックスの他にも、ロスコ、キャンディ、シェバなどのキャラクターが存在する。 に創美出版からVHSが、にイーストウエストジャパンからDVDが発売された。 正義感が強く、怖いもの知らずで冒険好き。 エピソード毎に探偵、保安官(アメリカの西部時代を描いたエピソード)、花屋、銀行員、トレジャーハンター、さらにはプロフェッサーの甥であるポインデクスターのベビーシッターなど様々な仕事をしている。 宝物であるトリック・バッグ(魔法の黄色いかばん)はフィリックスの思い通りに潜水艦や飛行機などに変化する上、フィリックスにしか使いこなすことができない。 大博士 声 - VHS 、 DVD 、(劇場版)、 OVA 原作ではプロフェッサー(Professor)。 頭頂部が禿げた白髪白髯で小柄な老人。 名前どおりで、いろいろな武器や道具を発明して悪事を働き、またフィリックスの黄色いかばんを奪い取ろうとする。 得意の変装でフィリックスを騙すこともある。 豆博士のおじでもある。 基本的にフィリックスとは仲が悪いが、自分の研究室でポインデクスターにイタズラされることを恐れ、ベビーシッターとして彼を雇うこともある。 豆博士 声 - (NHK版)、 VHS 、 DVD 、(劇場版)、 OVA 原作ではポインデクスター(Poindexter)。 子供の天才科学者。 フィリックスと仲がよい。 善人ではあるが研究熱心なあまり、結果的に悪人に手を貸すこともある。 登場回数は多くない。 シリーズによってはプロフェッサーとともにフィリックスの黄色いかばんを奪うのを手伝うこともある。 ロック 声 - (NHK版)、 VHS 、 OVA 原作ではロック・ボトム(Rock Bottom)。 ブルドッグのような犬を擬人化した巨漢の悪人。 大博士の手下になって悪いことをする。 フィリックスの家の隣に住んでいるエピソードも存在する。 爆弾小僧 「爆弾くん」とも。 原作ではヴァヴーム(Vavoom)。 フード付きの服を着た年齢不詳のエスキモー(イヌイット)男性。 小柄で「ヴァヴーム! 」と大声を上げるのみだが、その声は巨岩やコンクリート壁を吹き飛ばす程の威力がある。 ダイヤモンドを食べても平気な胃袋の持ち主。 「バブーン」と呼ばれる場合もある。 テレビ人間 声 - (NHK版)、 VHS 、 DVD 原作ではマスター・シリンダー(Master Cylinder)。 太い金属製筒型の胴体に機械の腕が付き、顔はテレビ画面になっており、そこに目鼻口があり、言葉を発する。 火星から地球侵略を企てており、ポインデクスターに新発明品を作らせるために誘拐することもある。 タコ将軍 をしたキャラクター。 テレビ人間の部下として地球侵略の手伝いをする。 「クラング将軍」と呼ばれる場合もある。 キティ 短編映画時代のフィリックスのガールフレンド。 以後のアニメにはしばらくの間登場しなかったものの、現在は公式キャラクターの1人に加えられて『ベイビーフィリックス』等に登場している。 日本における歴史 [ ]• (34年) - 日本に上陸する。 日本でのライセンスはディターミンド・プロダクションズが所持。 (昭和35年) - が「」を発売。 でアニメの放送が開始される。 当初はが主題歌を歌唱していた。 (昭和38年) - が『とびだせフィリックス』を放送開始。 1960年のNHK作品の再放送。 (昭和61年) - 「ブラック」のCMキャラクターに起用。 (2年) - 劇場版のフィリックス・ザ・キャットが公開される。 日本でもの配給で公開された。 その後はVHSが発売。 (平成3年) - のCMキャラクターに起用。 (平成4年) - から用の『』が1992年に海外で発売され、日本でも用に発売される予定であったが発売中止となった。 また海外では翌年1993年にに移植版が同社より発売された。 (平成5年) - ・(現・)・・のプロモーションキャラクターに起用される。 (平成9年) - にて放送開始される。 (平成12年)- 翌にかけてNHKで、日本オリジナル・アニメーション『』が放送される。 (平成19年) -クリスマスOVA『フィリックス・ザ・キャット フィリックスのクリスマスを救え! 』が発売される。 (平成21年)- 日本上陸50周年を迎える。 がキャラクター商品権を獲得し、運営する「」のとして同年秋より使用。 (平成23年)- のが自らのソロプロジェクトにて、「Felix the Rock」を発表し、フィリックスを形どったギターの制作の許可を得られ、期間限定発売された。 同年8月ににて行われたライヴにて、同曲が演奏された際には、フィリックスの着ぐるみが登場した。 主なフィルモグラフィ [ ] 詳細は「」を参照• 『フェリックスの初恋』 Feline Follies : 1919年 - 製作• 『』 : 1923年 - 製作()• 『フェリックスとおとぎの国』 Felix in fairy land : 1923年 - 製作マーガレット・J・ウィンクラー• 『フェリックスのパズル解決』 Felix All Puzzled : 1924年 - 製作マーガレット・J・ウィンクラー• 『フェリックスの喰いしん坊』 : 1927年 - 製作()• 『フェリックスのロミオ』 Roameo : 1927年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『フェリックスのシャーロック・ホームズ』 Felix the Cat in Sure-Locked Homes : 1928年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『フェリックスの占い師』 : 1928年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『フェリックスの酔っぱらい』 : 1928年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『フェリックスの石油成金』 The Oily Bird : 1928年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『』 : 1930年 - 製作コプリー・ピクチャーズ• 『』 : 1930年 - 製作コプリー・ピクチャーズ• 『フェリックスのボートレース』 Oceantics : 1930年 - 製作コプリー・ピクチャーズ• 『』 : 1991年• 『』 : 1997年• 『』 : 2000年 - 2001年 - 総監督、原案・シリーズ構成、製作、、• 『』 : 2004年 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 1998• 1998• 2000• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2004• 2005• 2005• 2006• 2006• 2007• 2007• 2008• 2008• 2009• 2010• 2010• 2010• 2011• 2011• 2012• 2012• 2013• 2013• 2014• 2014• 2014• 2015• 2016• 2016• 2017• 2017• 2019• 2019 予定作品.

次の

【可愛くて黄色いやつら】黄色いキャラクターランキング!(1~2位)|ランキングー!

黄色い キャラクター

キャラクターを見た時、私たちはどのように善悪を区別しているのでしょうか?おそらくは、キャラクターデザインが関係していることでしょう。 あなたが思い浮かべたキャラクターには、どんな色が使われているか思い出してみましょう。 悪役には「黒い」帽子がピッタリですね。 マーケティングやブランド戦略となると、色の関連性についての議論をよく耳にします。 色が私たちのムードや、購買意欲にどのように影響するのかについて書いた記事は多くあります。 でもほとんどの記事は、そのまま鵜呑みにしてはいけないものでしょうが。 「HelpScout」に掲載された 色彩心理学の記事によると、私たちの色のとらえ方は個人的な経験や、育ってきた文化的背景、そして個人の好みが大きく影響するそうです。 しかし、性格や個性などのとらえ方に関しては、色が関係してくるというのも確かです。 だって、頭の中で悪役を想像する時、ピンク色の洋服は着ていませんよね? 人の性格と色との関係についてさらなる研究をしようと思った結果、私たちの誰もが親しみを持っているディズニーキャラクターたちについて分析することにしました。 大勢の人がディズニーキャラと共に育ちました。 どんなイメージが「ヒーロー」で、どんなイメージが「悪者」なのか、私たちの理解に訴えかけます。 統計の結果、私たちは「色」と「キャラクターの性格」の関係を発見することができました。 悪役とヒーローを 区別する色とは? 皆が好きな話題の視覚的データを作るのが得意なVenngageでは、ディズニーのキャラクターデザインに使用される主な色と、そのキャラクターの「善」「悪」との関係を調べることにしました。 調査を進めるにあたり、ディズニーの悪役の多くは黒や紫といった、暗い色が主に使われているのは分かっていました。 しかし、私たちが気になったのは ヒーローに使用される主な色が、物語の中でどのような性格を描写しているのか、ということでした。 さらに、ディズニーの悪役デザインに使用される色がそのキャラクターの好感度(悪の一味であるかどうかにかかわらず)にどのように影響するのかを知りたいとも思いました。 まずは、そのために、ディズニーのヒーロー40人、悪役40人を選び抜きました。 次に、大きな円で構成されたインフォグラフィックには、ディズニーのキャラクター44人(ヒーロー22人、悪役22人)をランダムにピックアップしました。 小規模サンプルでの色彩分布と、大規模サンプルの結果とは酷似していました。 道徳的にあいまいである場合は0。 順位は「ヒーロー」としての素質(やさしさ、勇敢さ、共感度)、そして「悪役」としての素質(残酷さ、貪欲さ、復讐心)に基づいています。 面白いのは、ヒーローだと思われているキャラクターでも、貪欲さや復讐心といった悪役の素質を持っている場合があるということです。 そういう場合は、ヒーローの素質の多いキャラクターよりも低いランキングにしました。 注意:今回のランキングではヒーローと悪役というグループに基づいていますが、結局のところは 私たちがキャラクターをどう理解しているか、ということが大切。 また、一部のキャラクターについては、ちょっと大げさに扱った部分もあるかもしれません。 でもそれだって、楽しみの1つですよね? 、キャラクターの「色」と「善悪の順位」をまとめています。 驚くような結果ではなかった部分もあります。 「悪役」の多くは、紫や黒などといった暗い色を主に使用したデザイン、というのは予想通り。 それと同時に、黄色やオレンジといった明るい晴れやかな色は「ヒーロー」に使用されていました。 その中で最も興味深かったのは、 好感度の高い悪役にはヒーローの素質と関連づけられる色が使用されていたということ。 また一方で、 善であるヒーローでも道徳的なあいまいさがある場合には、「ヒーロー」よりも「悪役」的な色が使われているということでした。 -紫- 権力・崇高さ・贅沢・野望 予想していた通り、紫は圧倒的に悪役の色でした。 紫が権力や崇高さ、贅沢、野望などと関連づけられていることを考えれば、当然のことでしょう。 この特徴は特に、『眠れる森の美女』に登場する マレフィセント、『プリンセスと魔法のキス』に登場する ドクター・ファシリエ、『白雪姫と7人のこびと』に登場する 魔女の女王にみられます。 どのキャラクターも、権力を欲しています。 しかし、興味深いことに、こういった特徴はヒーローたちにもみられたのです。 アラジンのデザインは紫を主にしています。 そう、アラジンは間違いなく野望を抱く青年です。 『アナと雪の女王』に登場する アナもまた、主に紫を用いたデザインに。 アナは紫の持つ悪役の素質は一つも持ち合わせていませんが、名誉ある家の出身。 デザインに使用されている主色に、青が含まれていることも見逃せません。 青は多くのヒーローに使用される色だからです。 アナのキャラクターに見られる矛盾は面白いとは思いませんか? -青- 信頼・忠誠・自信・安定 青は圧倒的なヒーロー色です。 信頼、忠誠、自信、そして安定といった特徴を持っている青は、ヒーローにぴったりです。 青には絶対に否定できない「良い」キャラクターがいます。 しかし中には、悪役がヒーローになったケースもあります。 例えば、『アナと雪の女王』の エルサや、『リロ・アンド・スティッチ』の スティッチなどです。 また、デザインの主色に青を使った悪役たちはみな、好感度の高いキャラクターであったことも分かりました。 例えば、『ヘラクレス』の ハデス。 間違いようのない悪役(裏社会の神様ですから)ですが、おちゃらけキャラでもあります。 『ファインディング・ニモ』の ダーラ・シャーマンは、まあ、子どもですけれども。 -赤- 決断力・情熱 私たちの推測とは裏腹に、白は悪役もヒーローも同じように使用されていました。 もちろん中には、主色に白を用いたデザインを持つ絶対的なヒーローもいます。 例えば、『おしゃれチャット』の ダッチェスや、『101匹わんちゃん』の ポンゴなどです。 白の定番的な印象である「無垢」や優しさという特徴がぴったりのキャラクターです。 ここで興味深かったのは、白をデザインの主色に用いた悪役なのです。 例えば『ズートピア』のベルウェザー。 はじめ私たちは、ベルウェザーは優しくてドジばかりしているキャラクターだと信じ込んでしまいますが、実は羊の皮を被った狼だったのです。 または、『ウォーリー』のオートなど。 悪役として役づけされていて、道徳のかけらもありません。

次の

【可愛くて黄色いやつら】黄色いキャラクターランキング!(1~2位)|ランキングー!

黄色い キャラクター

笑うフィリックス( ()原画による初期のもの) 名前の由来は「フェリシアス」(由来、幸運の意味)と「フェーリス」(同、猫の意味)より。 でである ()が創作し、1919年に、オーストラリア出身で渡米後に映画プロデューサーになった ()により () としてアニメーション化され劇場に登場した。 数分程度の短いアニメーションであり 、初期のものは、体型は普通の猫に近く、フィリックスという名前もなかった。 しかしすぐに大きな目、2本脚で歩く特徴的なキャラクターとなり、フィリックスの名が付けられて子供から大人まで広く人気を呼び、続編が多数(約150本)製作された。 野球チームの公式キャラクターとなったり(アメリカ海軍航空隊)のマークに用いられた。 アメリカ国外でも知られ、日本の漫画家は、『』のキャラクター創造のヒントがフィリックスであった旨を晩年のラジオ番組で明らかにしている。 フィリックスを部隊マーキング等に用いる(アメリカ海軍航空隊)のロゴ しかしサリバンの死によってフィリックスの版権は混乱、贋作アニメやが粗製乱造された。 またをいち早く導入したの、や、のの登場にもかかわらず作品に固執したことも一因となり、フィリックスの人気は凋落。 わずかにメスマーが新聞に細々と連載を続けるのみとなった。 フィリックスの人気がよみがえるのは後である。 メスマーの助手を務めていたジョー・オリオロの手になるリニューアルによるもので、ほっそりした体型と2本の長い脚ですっくと立つ、現在広く知られるスタイルに生まれ変わった。 同時に脇役も多種多様な顔ぶれがそろった。 アメリカでの人気も高いが、世界各国でも、この新しいフィリックスが広く知られるようになった。 これは、1958年にカラーでテレビアニメ化されて各国で放送されたことにもよる。 日本でも、白黒放送ではあるが1960年にNHKテレビで、1963年にはフジテレビで放送され人気を呼んだほか、雑誌『家庭全科』にジョー・オリオロ筆の4コマ(時には3コマ)漫画が掲載された。 その後も人気は衰えず、日本でも1980年代には女性雑誌やテレビコマーシャルのキャラクターなどに採用されて、21世紀に入っても親しまれている。 2020年現在では、の「」のキャラクター版権は、が所有 している。 新しいフィリックス [ ] 詳細は「」を参照 ジョー・オリオロはオットー・メスマーの創作したフィリックスの容姿を変えたが、それだけではなく、特にテレビ版においては多彩な脇役を配し、魔法の黄色いかばん(トリック・バッグ、Magic Bag または Bag of Tricks)を持たせて活躍させるなど、新たな世界を開拓した。 黄色いかばんはフィリックスの思いのまま、どんな物にでもなって用を弁ずる万能の小道具であり、『』のとの共通点が多く、漫画評論家のも『ドラえもん』の発想の原型のひとつとして、フィリックスを上げている。 またフィリックスは正義感が強く、銀行強盗や破壊行為などの悪事を企てたり、黄色いかばんを奪おうとする大博士(だいはかせ)とロックのコンビを相手に、一時は負けそうになりながら最後にはフィリックスが勝利を収める勧善懲悪的な話が主であるが、それだけでなく、豆博士(まめはかせ)との絡みやテレビ人間との丁々発止、あるいはフィリックスの日常生活を題材にした話もあり、多様な展開を見せる。 4コマ漫画版では黄色いかばんや悪役は登場せず、もっぱらメスの白猫キティとフィリックスのやり取りが中心になっていた。 一人称は作品や声優によって異なっており、「僕」もしくは「俺」が主である。 (9年)からで放送されたアニメ版『』は色が強い。 フィリックスの他にも、ロスコ、キャンディ、シェバなどのキャラクターが存在する。 に創美出版からVHSが、にイーストウエストジャパンからDVDが発売された。 正義感が強く、怖いもの知らずで冒険好き。 エピソード毎に探偵、保安官(アメリカの西部時代を描いたエピソード)、花屋、銀行員、トレジャーハンター、さらにはプロフェッサーの甥であるポインデクスターのベビーシッターなど様々な仕事をしている。 宝物であるトリック・バッグ(魔法の黄色いかばん)はフィリックスの思い通りに潜水艦や飛行機などに変化する上、フィリックスにしか使いこなすことができない。 大博士 声 - VHS 、 DVD 、(劇場版)、 OVA 原作ではプロフェッサー(Professor)。 頭頂部が禿げた白髪白髯で小柄な老人。 名前どおりで、いろいろな武器や道具を発明して悪事を働き、またフィリックスの黄色いかばんを奪い取ろうとする。 得意の変装でフィリックスを騙すこともある。 豆博士のおじでもある。 基本的にフィリックスとは仲が悪いが、自分の研究室でポインデクスターにイタズラされることを恐れ、ベビーシッターとして彼を雇うこともある。 豆博士 声 - (NHK版)、 VHS 、 DVD 、(劇場版)、 OVA 原作ではポインデクスター(Poindexter)。 子供の天才科学者。 フィリックスと仲がよい。 善人ではあるが研究熱心なあまり、結果的に悪人に手を貸すこともある。 登場回数は多くない。 シリーズによってはプロフェッサーとともにフィリックスの黄色いかばんを奪うのを手伝うこともある。 ロック 声 - (NHK版)、 VHS 、 OVA 原作ではロック・ボトム(Rock Bottom)。 ブルドッグのような犬を擬人化した巨漢の悪人。 大博士の手下になって悪いことをする。 フィリックスの家の隣に住んでいるエピソードも存在する。 爆弾小僧 「爆弾くん」とも。 原作ではヴァヴーム(Vavoom)。 フード付きの服を着た年齢不詳のエスキモー(イヌイット)男性。 小柄で「ヴァヴーム! 」と大声を上げるのみだが、その声は巨岩やコンクリート壁を吹き飛ばす程の威力がある。 ダイヤモンドを食べても平気な胃袋の持ち主。 「バブーン」と呼ばれる場合もある。 テレビ人間 声 - (NHK版)、 VHS 、 DVD 原作ではマスター・シリンダー(Master Cylinder)。 太い金属製筒型の胴体に機械の腕が付き、顔はテレビ画面になっており、そこに目鼻口があり、言葉を発する。 火星から地球侵略を企てており、ポインデクスターに新発明品を作らせるために誘拐することもある。 タコ将軍 をしたキャラクター。 テレビ人間の部下として地球侵略の手伝いをする。 「クラング将軍」と呼ばれる場合もある。 キティ 短編映画時代のフィリックスのガールフレンド。 以後のアニメにはしばらくの間登場しなかったものの、現在は公式キャラクターの1人に加えられて『ベイビーフィリックス』等に登場している。 日本における歴史 [ ]• (34年) - 日本に上陸する。 日本でのライセンスはディターミンド・プロダクションズが所持。 (昭和35年) - が「」を発売。 でアニメの放送が開始される。 当初はが主題歌を歌唱していた。 (昭和38年) - が『とびだせフィリックス』を放送開始。 1960年のNHK作品の再放送。 (昭和61年) - 「ブラック」のCMキャラクターに起用。 (2年) - 劇場版のフィリックス・ザ・キャットが公開される。 日本でもの配給で公開された。 その後はVHSが発売。 (平成3年) - のCMキャラクターに起用。 (平成4年) - から用の『』が1992年に海外で発売され、日本でも用に発売される予定であったが発売中止となった。 また海外では翌年1993年にに移植版が同社より発売された。 (平成5年) - ・(現・)・・のプロモーションキャラクターに起用される。 (平成9年) - にて放送開始される。 (平成12年)- 翌にかけてNHKで、日本オリジナル・アニメーション『』が放送される。 (平成19年) -クリスマスOVA『フィリックス・ザ・キャット フィリックスのクリスマスを救え! 』が発売される。 (平成21年)- 日本上陸50周年を迎える。 がキャラクター商品権を獲得し、運営する「」のとして同年秋より使用。 (平成23年)- のが自らのソロプロジェクトにて、「Felix the Rock」を発表し、フィリックスを形どったギターの制作の許可を得られ、期間限定発売された。 同年8月ににて行われたライヴにて、同曲が演奏された際には、フィリックスの着ぐるみが登場した。 主なフィルモグラフィ [ ] 詳細は「」を参照• 『フェリックスの初恋』 Feline Follies : 1919年 - 製作• 『』 : 1923年 - 製作()• 『フェリックスとおとぎの国』 Felix in fairy land : 1923年 - 製作マーガレット・J・ウィンクラー• 『フェリックスのパズル解決』 Felix All Puzzled : 1924年 - 製作マーガレット・J・ウィンクラー• 『フェリックスの喰いしん坊』 : 1927年 - 製作()• 『フェリックスのロミオ』 Roameo : 1927年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『フェリックスのシャーロック・ホームズ』 Felix the Cat in Sure-Locked Homes : 1928年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『フェリックスの占い師』 : 1928年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『フェリックスの酔っぱらい』 : 1928年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『フェリックスの石油成金』 The Oily Bird : 1928年 - 製作エデュケーショナル・ピクチャーズ• 『』 : 1930年 - 製作コプリー・ピクチャーズ• 『』 : 1930年 - 製作コプリー・ピクチャーズ• 『フェリックスのボートレース』 Oceantics : 1930年 - 製作コプリー・ピクチャーズ• 『』 : 1991年• 『』 : 1997年• 『』 : 2000年 - 2001年 - 総監督、原案・シリーズ構成、製作、、• 『』 : 2004年 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 1998• 1998• 2000• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2004• 2005• 2005• 2006• 2006• 2007• 2007• 2008• 2008• 2009• 2010• 2010• 2010• 2011• 2011• 2012• 2012• 2013• 2013• 2014• 2014• 2014• 2015• 2016• 2016• 2017• 2017• 2019• 2019 予定作品.

次の