大阪 吹奏楽。 Close

大阪府吹奏楽連盟

大阪 吹奏楽

令和3年度新入生 説明会・練習会の案内を更新しました 2020. 07 をご覧ください。 社会全体も学校の先生方もテレワークの必要性を感じ、取り組み始めましたね。 本校吹奏楽部もいち早くテレワーク合奏動画に取り組みました。 現在、テレワーク第3弾「銀河鉄道999」に挑戦!但し家庭では大きな音の鳴る楽器は厳しいので歌をメインにしたゴダイゴ原曲版の歌バージョンを予定。 しかし、この曲!中々の難曲でテンポも速く音域が広いので難航中です。 タケカワさんの歌にちょっとでも近づけられるようにラインやズームでテレワークlessonをしています。 そこで第3弾は、第1弾「アイラブ」を収録したときに練習がてらに収録した「バッド・ガイ」をアップしたいと思います。 さらに、卒業公演の「レミゼラブル」(Act1. Act2)をアップできればと思います。 「銀河鉄道999」ゴダイゴ歌バージョンは第4弾として5月末にアップ予定です。 梅田 過去の梅田先生のメッセージをに掲載しておりますので、合わせてご覧ください。 【卒業公演 「さくら】• 大阪桐蔭高等学校吹奏楽部プロフィール• 2005年 野球部応援のため発足。 初年度20数名だった部員は、2019年現在、186名で活動。 2006年 4月に梅田隆司総監督就任。 全日本吹奏楽コンクール全国大会に初出場「銀賞」受賞。 2007年 同大会に連続出場し「銀賞」受賞。 以後、全国大会へ通算11回の出場「金賞」4回受賞。 2008年 甲子園「夏」の大会2度目の優勝応援。 1991年の初優勝より17年ぶりの優勝)全日本マーチングコンテスト全国大会初出場。 通算5回出場「金賞」4回受賞。 2009年~2011年 吹奏楽の甲子園「普門館」が最後の年に3年連続「金賞」受賞!有終の美を飾る。 2012年 甲子園「春」の大会初優勝の応援。 甲子園「夏」の大会3度目優勝応援に貢献。 初の海外遠征オーストリア「ウィーン国立歌劇場」公演。 シェーンブルン宮殿広場での公演。 第15回ミッド・ヨーロッパ国際青少年吹奏楽祭に初出場、全部門「総合グランプリ」受賞。 2013年 甲子園「春&夏」の両大会ベスト16の応援。 TV番組「笑コラ」密着取材の放映で話題に。 2014年 甲子園「夏」の大会4度目の優勝応援。 日本テレビ「24時間TV武道館ライブ」出演で話題に。 2015年 セントパトリックパレードの招聘を受け訪米、日本から初のパレードとして全米でテレビ放映。 カーネギーホール「桐蔭コンサート」では観客全員のスタンディングオベーションを受ける。 2016年 年間80回公演「高校日本一の公演数」を誇るスーパー高校生として、全国的に注目。 2017年 甲子園「春」の大会2度目の優勝応援。 甲子園での「野球応援による優秀賞」を受賞。 3度目海外遠征では、ウィーン国際青少年音楽祭 吹奏楽部門コンクールで「第1位」受賞。 第20回ミッド・ヨーロッパ国際青少年吹奏楽祭で2度目の全部門「総合グランプリ」受賞。 2018年 甲子園「春」の大会3度目の優勝応援。 TV「嵐にしやがれ」桜井翔さんをはじめ、DA PUMP、ドリカム、天童よしみさん、上沼恵美子さんとのコラボが実現。 また、映画「ボヘミアン・ラプソディ」P. でのクイーンとのコラボが話題に。 2019年 甲子園「春」の大会出場の「東邦高校野球部」友情応援。 平成最後の「優勝」に華を添える。 TV番組「世界一受けたい授業」に出演。 新妻聖子さん、堺正章さんとのコラボが実現。

次の

大阪府吹奏楽連盟

大阪 吹奏楽

第69回関西吹奏楽コンクール 金賞ゴールド受賞 2019年8月19日 月 8月17日 土 滋賀県の守山市民ホールにて開催されました、第69回関西吹奏楽コンクール高等学校の部小編成に出場し、目標としておりました金賞ゴールドを受賞致しました。 3年ぶりの関西大会出場を決め、部員一同金賞ゴールドを目指して最後の詰めにかかりました。 昨日より亀岡市の合宿施設に遠征し、本番当日の今日は朝本番のため、5:30に起床し身体をならし音を作りました。 練習時間も多く遠征も多い中、見事あべの翔学高等学校吹奏楽部としては史上初の関西大会金賞ゴールドを受賞することが出来ました。 目標とする関西大会金賞ゴールドを受賞したのは、部員全員の成果だと感じます。 「関西で1番の金賞,関西で1番の吹奏楽部」という本年度の吹奏楽部の大きな目標を達成できたのは、日頃より応援いただいております皆様のお陰であると部員一同感謝申し上げます。 また、応援にお越しいただいた皆様ありがとうございました。 小編成の部は全国大会がございませんので夏の大会はこれで終了致しますが、これからもまだまだ吹奏楽部は走り続けます。 これからも変わらぬご支援ご協力を賜りたいと存じます。 平成31年2月11日(祝月)第45回関西アンサンブルコンテスト 2019年2月12日 火 和歌山市民会館で行われました関西吹奏楽連盟主催「第 45 回関西アンサンブルコンテスト」において銅賞を受賞致しました。 本校吹奏楽部としては2年ぶりに大阪府代表としてアンサンブルコンテストに挑戦しました。 慣れないアンサンブルでの演奏に苦労することもありましたが、大きな舞台で演奏する機会をいただけたことに感謝しております。 結果は銅賞と目標に大きく届きませんでしたが、この経験を糧に今後の本番や夏の吹奏楽コンクールに向けて精進して参ります。 遠方の和歌山の地へ保護者の皆様を始めとした多くの方々にお越しいただきました。 常日頃から私たちの活動を応援して頂いている皆様にこれからも感謝をしながら、音楽の力で少しでも「お返し」をできたらと思っております。 強くそう感じた今回の和歌山遠征でした。 沢山のご声援ありがとうございました。 今後ともあべの翔学高等学校吹奏楽部を宜しくお願い致します。

次の

【吹奏楽コンクールが実現?!】コロナで中止の甲子園、吹奏楽コンクール開催に吉村知事が動いた!

大阪 吹奏楽

我が子は中学・高校と吹奏楽部でした。 中学は部員数も少なくコンクールも銅賞ばかりでしたが、高校は部員200名弱、座奏もマーチングも全国大会に出場する強豪校でした。 通常は部活時間は授業終了から20時まででした。 文武両道が基本だったので、定期考査前・定期考査期間中は部室で1時間半の試験勉強、その後は練習をしていました。 部員が200名弱もいるので、コンクールや演奏会に出るためには毎回オーディションがあるので、その時は同期・先輩・後輩に関係なくみんながライバルとなりピリピリムードだったようです。 土日や春休み・夏休み・冬休みなどもなく朝から晩まで部活漬け、友だちと遊びに行く時間もないです。 さらにマーチングの時期になると筋肉痛に青アザ・捻挫に突き指などもあり毎日クタクタになっていて、余りの疲れに家に帰ってくるとご飯も食べずにそのまま倒れ込んで爆睡している事も多かったです。 我が子は小学生の頃から『起立性調節障害』という病気を持っていました。 1年生の時は、心身共に本当に辛かったと思います。 2年生の時にあまりにも辛過ぎて退部届を出しました。 でも顧問に引き止められ、話し合った結果座奏のみにしてもらいました。 3年生の時に、同級生から高校生活最後のマーチングを一緒にしたいと言われ最初は悩んでいましたが、最終的にはマーチングにも参加しました。 みんなに助けてもらいながら何とか高校の3年間部活を続けました。 また、大学に進学しても吹奏楽部に所属しました。 社会人になった現在でも、ストレス発散といって休みの日に大学に行って吹かせてもらっています。 今は、体育会系も文化系も部活動の練習のガイドラインがあり、休みが取れる事も多くなってきているかと思います。 楽器が初心者でも、暗譜やリズム打ちが苦手でも、譜読みが出来なくても、マーチングの経験がなくても強豪校といわれる吹奏楽部に入部する事は出来ますよ。 でも、吹奏楽部だけではなく野球部やバレーボール部・水泳部・陸上部など強豪校といわれる部活は、並大抵の練習ではありません。 強豪校に進学しそこで全国大会に出場したいと思うのであれば、自分の苦手とする事から目を背けるのではなく、苦手な分だけ人よりも練習する必要があります。 それが出来るのであれば吹奏楽部の強豪校に進学しても良いのではないでしょうか。 ただし…… 休みがほしい! 友だちとも遊びたい! みんなで仲良く楽しく部活がしたい! ただの憧れだけ! であれば強豪校はやめておいた方が無難です。 強豪校での部活は心身共に相当の覚悟が必要ですよ。。。

次の