カレー に コク を 出す に は。 家庭のカレーが本格的になる「8つの隠し味」を試してみた

これさえ入れればカレーが絶対にうまくなる「魔法の食材」について

カレー に コク を 出す に は

家庭にあるもの&気軽に買える8つの食品 今回使用するのはこの8つです。 チョコレート• インスタントコーヒー• 赤ワイン• 中濃ソース• しょうゆ• トマトジュース• すりおろしりんご どれも家庭によくあるもの、かつ、なくてもスーパーで安価に購入できる食品をそろえてみました。 カレールーは、隠し味による味の変化が分かりやすいよう、辛さ・甘み・香り・とろみのバランスが取れているハウス食品の「ジャワカレー<中辛>」を使用しました。 調理方法は、カレールーの箱の裏面に記載されている作り方に準拠。 具は、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、豚肉(カレー用)で統一します。 なお、この記事で紹介する隠し味は、カレールー1箱に対しての分量を記載しています。 いちいち計量するのが面倒だという場合は、目分量でもOK。 ただし、最初は少量からスタートしましょう。 「味が弱い」と感じても、味見をしながら、少しずつ調節するようにしてくださいね。 隠し味は、あくまで隠し味なので、大量に入れるとカレーの風味が隠し味に負けてしまいます。 いつものカレーが「隠し味」で違う味に! 1. チョコレート• 分量:板チョコ2~3片程度• 入れるタイミング:仕上げ(ルーが溶けきったあと) カレーの辛さが抑えられ、柔らかい口当たりになるため、辛いカレーが苦手な女性やお子様でも、かなり食べやすい味になりました。 カカオの風味が、カレーの風味を損なうことはなく、深みやコクを与えてくれます。 今回は、甘くてなめらかなミルクチョコレートを使いましたが、カカオの割合が多いビターチョコレートを入れると、よりコクがアップします。 インスタントコーヒー• 分量:小さじ2~3• 入れるタイミング:仕上げ(ルーが溶けきったあと) 事前の調査では「本格的にブイヨンを取った味にかなり近づく」という声が多かったインスタントコーヒー。 実際に食べてみると、カレールーで作るカレー独特の脂っぽさがなくなり、カレーに深みとコクが生まれ、お店で食べる欧風カレーのような味わいになりました。 また、カレーの香りだけではなく、インスタントコーヒーならではの香ばしさや苦みもプラスされています。 ちなみに、入れすぎると苦みが強くなりすぎてしまうので注意しましょう。 分量:大さじ3~4• 入れるタイミング:カレールーと一緒 過去にバラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)で紹介された隠し味。 シャバシャバだったカレーにとろみが出て濃厚になり、コクと甘みが出るそうです。 一口食べると口いっぱいに広がるやさしい甘さ、その後にやってくるほどよいスパイシーさとのコントラストがたまりません。 味がまろやかになり、一晩寝かせたような旨味のあるカレーへと変身しました。 赤ワイン• 入れるタイミング:具材を煮込むとき 今回は水と赤ワインを、6:4くらいの比率で入れました。 最初は全体が紫色で怪しげでしたが、カレールーを加えればいつものカレーに近い色になります。 味は、というとブドウの爽やかな酸味や渋みにより、引き締まった味のカレーになりました。 また、豚肉が他のカレーよりかなり柔らかくなりました。 さっぱりしているので食べやすく、あっという間に食べ終わりました。 ただ、若干、カレーというよりハヤシライスに近い風味かなという印象です。 中濃ソース• 分量:小さじ1~2• 入れるタイミング:仕上げ(ルーが溶けきったあと) 中濃ソースはもともと、野菜や果実、香辛料の風味がギュッと濃縮されているからか、カレーのスパイシーさに甘みやコクが重なる深みのある味になりました。 砂糖と同じく、一晩寝かせたカレーのような旨味も感じます。 個人的には、水を入れすぎて思いのほか味が薄くなったときの救世主として活用しています。 しょうゆ• 分量:小さじ1• 入れるタイミング:ルーを入れる前(入れたあとは20分以上煮る) しょうゆの風味が際立つ、和風テイストな味わい。 カレーの辛さとけんかすることなく、ほどよくマイルドな味に仕上がりました。 カレー全体の味が引き締まった感じもします。 あえてシャバシャバなカレーを作って、そばやうどんと一緒に食べたくなります。 なお、エスビー食品のサイトによると、しょうゆをはじめ、ハチミツやみそなどの酵素を含む調味料は、カレーのとろみを弱くしてしまうそうです。 とろみを残すため、しょうゆはカレールーを入れる前に加え、20分以上煮込むようにしましょう。 分量:レシピに書かれている水の量に合わせる(水の代用)• 何だか、ミネストローネを作っているように見えますね……。 煮込んでいる途中で水分が少なくなってきたら、トマトジュースを追加します。 酸味が強いと感じたら、トマトジュースの分量を減らして代わりに水を入れましょう。 なお、カレールーはトマトジュースでは溶けにくいので、よくかきまぜるのがポイント。 完成したカレーがこちら。 見た目は完全にラタトゥイユですが、トマトの凝縮された旨味と酸味、カレーの風味が楽しめます。 さっぱりしているので、食欲のないときでも食べられそうです。 すりおろしたりんご• 入れるタイミング:ルーを溶かしたあと りんごをすりおろすのが面倒な場合は、リンゴジュースで代用してもOK。 カレーの味を確認しながら、好みの甘さになるまで少しづつ加えます。 りんごの甘みとさわやかな酸味が口いっぱいに広がる、さっぱり食べやすいカレーに。 りんごを入れたことで、豚肉が柔らかくなるとともに、フルーティーさが加わって数段奥深い味になりました。 油や小麦粉を使っていない、スパイスと野菜、果物だけを長時間煮込んでとろみをつけたカレーのような、高級感のある仕上がりになりました。

次の

市販のルーでカレーを作る際にカレーに「コク」を出すにはどうす…

カレー に コク を 出す に は

人力検索はてな 大量に仕込み、ひたすら煮込むことです。 どんなルーでも、ひたすら煮込んでいくことで コクとまろやかさが出てきます。 私の場合、コクのあるカレーを作りたい場合、 肉は豚バラのブロックを選択します。 お肉は、このくらいのルーの量に対して 約1キログラムを目安にします。 豚バラの場合、かなりの分量が脂となって出てきてしまいますので、 その分多めに使うわけです。 タマネギも煮込むといい甘さとコクが出ますので、 2~5割くらい多めに使います。 作り方はごく普通。 普通に作った後は、 これをひたすら煮込んでいきます。 焦がさないように、遠火の弱火でひたすらコトコト。 蒸発した水分を補うのに、水は使いません。 牛乳、ワイン、トマトジュース、ウスターソース。 こんなもので水分を補いつつ煮込みます。 だいたい3日も煮込むと、最初に投入した野菜類は ほとんど形が無くなってきます。 ここで再度ニンジンやタマネギを加えて 1時間ほど煮込んで出来上がり。 ものすごく時間がかかりますけど、 素晴らしいカレーが出来上がりますよ。 煮込む時間が長いですから、 ルーはうんと辛口の物を選ぶのがコツです。 辛いカレーを煮込むことで甘く仕上げていく。 こんなつもりになるとコクのある まろやかなカレーが出来上がります。 インターネット検索サービス search(アット・サーチ) アドレスはダミーです。 私がカレーを作る行程を記載します。 タマネギをみじん切りにして、フライパンでいためる(この際、アメ色になるまで炒めた方がよいらしいが、私の場合、そこまで炒めません) 2. 炒めたタマネギを鍋に移して水を入れ、ニンジン、じゃがいも等の具を入れて煮込む 3. コンソメ、トマト(ヘタをとってそのまんま投入)、少々の醤油を入れて煮込む 4. お肉を表面だけ炒めて鍋に入れる 5. 水が半分になるまで煮込み、塩、胡椒(塩より多めに)を入れる 6. ジャワ系のルーを入れ、また煮込む 煮込むと書いてますが、時間はかなり適当です。

次の

スパイスから、カレーを作る時に、コクをだすにはどうすればいいでしょ...

カレー に コク を 出す に は

人力検索はてな 大量に仕込み、ひたすら煮込むことです。 どんなルーでも、ひたすら煮込んでいくことで コクとまろやかさが出てきます。 私の場合、コクのあるカレーを作りたい場合、 肉は豚バラのブロックを選択します。 お肉は、このくらいのルーの量に対して 約1キログラムを目安にします。 豚バラの場合、かなりの分量が脂となって出てきてしまいますので、 その分多めに使うわけです。 タマネギも煮込むといい甘さとコクが出ますので、 2~5割くらい多めに使います。 作り方はごく普通。 普通に作った後は、 これをひたすら煮込んでいきます。 焦がさないように、遠火の弱火でひたすらコトコト。 蒸発した水分を補うのに、水は使いません。 牛乳、ワイン、トマトジュース、ウスターソース。 こんなもので水分を補いつつ煮込みます。 だいたい3日も煮込むと、最初に投入した野菜類は ほとんど形が無くなってきます。 ここで再度ニンジンやタマネギを加えて 1時間ほど煮込んで出来上がり。 ものすごく時間がかかりますけど、 素晴らしいカレーが出来上がりますよ。 煮込む時間が長いですから、 ルーはうんと辛口の物を選ぶのがコツです。 辛いカレーを煮込むことで甘く仕上げていく。 こんなつもりになるとコクのある まろやかなカレーが出来上がります。 インターネット検索サービス search(アット・サーチ) アドレスはダミーです。 私がカレーを作る行程を記載します。 タマネギをみじん切りにして、フライパンでいためる(この際、アメ色になるまで炒めた方がよいらしいが、私の場合、そこまで炒めません) 2. 炒めたタマネギを鍋に移して水を入れ、ニンジン、じゃがいも等の具を入れて煮込む 3. コンソメ、トマト(ヘタをとってそのまんま投入)、少々の醤油を入れて煮込む 4. お肉を表面だけ炒めて鍋に入れる 5. 水が半分になるまで煮込み、塩、胡椒(塩より多めに)を入れる 6. ジャワ系のルーを入れ、また煮込む 煮込むと書いてますが、時間はかなり適当です。

次の