ビジュアル スノウ。 私がビジュアルスノウ(視界砂嵐症候群)になった原因やきっかけ

ビジュアルスノウになった…?空を見ると薄い砂嵐が見える日々。

ビジュアル スノウ

ビジュアルスノウに効果あり? ビジュアルスノウに効果があるのではないか、 と言われている事柄は下記の通りになります ・てんかん薬を用いた治療(ラミクタールなどの服用) ・片頭痛との関わりが深い?とされるため、片頭痛の薬を投与する ・精神的なものが原因になっている可能性も。 心療内科的治療を行う。 ・セロトニンの摂取で症状軽減の報告あり? ・目の疲労をなるべく溜めないようにし、生活リズムを改善する ・血流改善により治る? こんなところでしょうか。 ネットなどの情報や医師から聞いたものなどを含みます。 上を見てもお分かりの通り、確かな治療法というものは 存在しないのです。 (はこちらで別途まとめてあります) てんかん、片頭痛との関係も指摘されており、 てんかんや片頭痛治療と同じ流れでの治療を行う ケースもあるようです。 ラミクタール服用によるビジュアルスノウの治癒は 海外で論文も存在しており、 今のところ、一番可能性のある方法となっているようです。 片頭痛薬で症状が軽減した、という報告も聞いております。 治療方針としては ・てんかんと近しい原因と考えててんかん治療の薬などを用いる ・偏頭痛と近しい原因と考えて、偏頭痛薬を中心とした治療をする ・心療内科的な治療を行い、経過観察をする ・血流改善や生活習慣の見直しなどを行う などになるでしょうか。 医師と相談しながら、治療を進めていくのが良いかと思います。 てんかん薬による治療について個人的な見解 ビジュアルスノウに対する確実な治療方法は存在しません。 現在、ビジュアルスノウに向けた薬というのも残念ながら 存在しないのが事実です。 しなしながら、一部で 抗てんかん薬として用いられている 「ラミクタール」なる薬が効いた、と言う報告も存在します。 この件について、少しお話しておきます。 ラミクタールという薬は、ビジュアルスノウに向けた薬ではなく、 抗てんかん薬で、 通常、双極性障害での抑うつ状態や躁状態の再発・再燃の抑制に用いられる 薬となっています。 そのため、ビジュアルスノウに効果があった、という話があっても、 ビジュアルスノウそのものに向けた薬というわけではありません。 しかしながら、このラミクタールによって ビジュアルスノウの症状が緩和したというお話があるのです ラミクタールがビジュアルスノウに本当に効くのかどうか? これは人によると思いますが「実際に効いた例」は確実に存在するようです。 ネット上で情報収集をしたところ 「ラミクタールを服用して症状が緩和した」という情報も ありました。 もちろん、ネットの話の真偽のほどは置いておいても、 海外の論文でも「ラミクタールが効果を発揮した」というものが 存在しており、私も実際にその論文を先生に見せてもらいました。 と、いうことで効く人には効く、というのは事実のようです。 ただ、効かなかったという声もありますし、 ビジュアルスノウの原因は、そもそも一つではない、 1種類ではない可能性もあります。 あくまでも現時点では「効くかもしれない」というレベルなのが 実情です。 そして、どの薬にも副作用の可能性はあるのですが、 ラミクタールにも、当然そのリスクがあります 薬の中でも、分量を上手く調節したり、他の薬との飲み合わせなどに 細心の注意を払ったりしなくてはならず、 リスクの高い部類に入る薬のようです。 もしも、ラミクタールによる治療を望む場合ですが、 ラミクタールは市販はされていません。 医師の方と相談し、ビジュアルスノウのことを理解してもらった上で、 処方してもらい、医師の指示に従って正しい用法で服用して下さい。 ラミクタールがほしいからと言って嘘をついたりせず、 しっかりと医師と相談した上で、ラミクタールの話題が出てきた場合は、 それを試してみるのも一つの方法だとは思います。 ただし、前述のリスクもあり、確実に治るというものではないので、 服用後も慎重に推移を確認する必要はありません ちなみに、私も、病院のほうで医師の方から ラミクタールに関するお話が提案の一つとして出ています。 しかしながら、現時点ではまだラミクタールを試してはいません。 軽々しく試すものでもないですし、色々と迷っているところです。 スポンサーリンク 精神的な治療? 精神的な部分の治療も有効な可能性があります。 ビジュアルスノウは、不安を感じると悪化する傾向に あるように私は思いますし、 実際に、精神的に不安定で、目の見え方に異常をきたすことも あるようです。 ビジュアルスノウになると、多大なストレスがかかりますから そう言った部分を落ち着ける治療は場合によっては 必要かもしれません。 不安やストレスは、さらに症状を悪化させかねません。 どうしても気になったり、不安な場合は 心療内科に相談してみるのもありだと思いますし、 全然恥ずかしがることではありません。 不安を取り除くことで、ビジュアルスノウが完治する! というのは難しいとは思いますが、 多少、症状を和らげることはできるかもしれません。 ブルーベリーで改善? ビジュアルスノウの治療方法は確立されていません。 研究も進んではいるみたいですが、 自分で色々と試すことも大切です。 希望は捨ててはいけませんし、 治療法が確立されていない、ということは、 何が良い方向に向かうかは分かりません。 目に良いとされる「ブルーベリー」について 試してみた結果を書いていきます。 ブルーベリーはその成分が、 目に良いとされています。 視力回復にも良いとされています。 しかしながら、実際に視力回復にあるのかどうか 定かではない、というのが実情のようです。 が、目に良い成分が入っているのは確かです。 ビジュアルスノウは目が原因ではありませんが… ビジュアルスノウは、目が直接の原因ではありません 原因となっているのは脳の働きであると言われています。 が、ビジュアルスノウの砂嵐によって、目の疲労が蓄積するのも また事実ですし、 何が良い作用を出すか分からないので、ブルーベリーを 試してみました。 と、いうことで、ブルーベリーを毎日食べてみることにし、 冷凍食品のものを適量、毎日決められた時間に 食べることにして、欠かさず毎日食べました。 これを2、3か月続けてみました。 その結果は… 数か月間食べてみましたが 現時点では、体感できる効果はありませんでした。 ビジュアルスノウの砂嵐に対しても、影響はなく、 目の疲れが取れた!と言う感じもありませんでした。 当然、視力が回復した!ということもありません。 個人差があるとは思いますが 少なくともビジュアルスノウ自体には あまり効果は無さそうです。 ただ、目の疲労には多少、効果を出す 可能性はありますね。 と、いうことで、 根本的治療には繋がらないとは思いますが、 試してみる価値はあると思います。 目に疲労が蓄積されている場合は、それに対する 効果が期待できますし、 精神的にも「目に良い事をしている」と希望に 繋がるのであれば、ブルーベリーも一つの 良い要素にはなるのではないでしょうか。 ビジュアルスノウは1種類ではない可能性? ビジュアルスノウと思われる症状になってから、 私もビジュアルスノウについて色々調べたり、 色々と実践したりしてきました。 その上で、あくまでも個人的に思うことですが 「ビジュアルスノウは1種類ではないのではないか」と 言うことです。 ビジュアルスノウは砂嵐のようなものが見える症状です。 ですが、見え方は人それぞれ、少しずつ違うようです。 また、先天性と後天性が存在するほか、 〇〇で治ったというお話なども存在しており、 私はビジュアルスノウはビジュアルスノウでも いくつかの原因、何種類かのビジュアルスノウが あるのではないかと思います。 ビジュアルスノウの原因は脳の活動の一部が原因で ノイズが入り込む、というようなことが言われています。 しかしながら、実際に脳波などの検査をしても異常がない人も 居れば、特定条件下において、原因と思われる動きが 見つかる人も居ます。 このことからも、脳の活動が原因の人も居れば、 別の原因の人も居るのではないでしょうか。 上でも書いたように、てんかん薬のラミクタールが有効という記述も 見つけました。 海外では、論文もあるようです。 しかしながら、服用して効いたという人も居れば そうでない人もいるようですし、 また、副作用も懸念される薬です。 その他に、セロトニンの不足でビジュアルスノウのような 砂嵐が見える、ということもあるようですし、 レーシック手術などをした後に、砂嵐のようなものが 見えるようになった、という経験談も見つけました。 このことから、症状は同じビジュアルスノウでも 人により原因は異なるのではないか、と私は思います。 また、その原因次第によっては対処法も変わってくると思いますし、 原因次第では治癒を目指すことも十分に可能であると考えます。 まとめ 現時点では、確実な治療法は存在せず、 有用な治療方法は存在しません。 私の場合は、なるべく目に負担をかけないようにすること、 そして偏頭痛やてんかんなどに良いとされる栄養素の摂取などを 中心に、色々と模索しています。 今後、何か分かりましたらこの記事に追記もしていきます。 現在私が行っている対策としては ・マグネシウム摂取(偏頭痛に有用とされる ・ホットアイマスク ・ブルーベリー摂取 ・目薬の点眼 ・目のストレッチ ・意識的なまばたきと深呼吸 などになります。 定期的に、他の病気が発症していないか、 眼科には通っています。

次の

Visual Snow 情報交換用 掲示板

ビジュアル スノウ

ビジュアルスノウ?10年前くらいに目を強くこすってしまってから両目に色んな色のチラチラした光がたくさん見えるようになりました。 暗闇で特に酷く、チラチラが邪魔で物が見えない程です。 目を開けてもつむっても常 に見えています。 10年の間で徐々に悪化している気がして、大袈裟かもしれませんがこのままいくといつか失明してしまうのではないかと不安です。 最近は視野もなんかおかしい気がします。 眼科に行きましたが目自体に問題はないとのことで精神的なものを疑われました。 10年間もひと時も休まず見え続けているものを精神で片付けられるわけがないんですが ネットで調べると「ビジュアルスノウ」に一番近い気がします。 同じような方はいますか?これは治らないんでしょうか? 【眼科の検査技師です】 残像ではない限り、 《両眼を閉じた状態で何かが見える》 これは眼科ではなく脳神経外科の領域になります。 日本国内で初めて開業された眼科は『井上眼科』といって現在も都内にあり、大変有名なのですが、そこの医師がそういう症状の患者を何人も診た事から「小雪症候群」と名付けたのがビジュアルスノウの始まりだそうです。 海外でも症例はあります。 原因が解明されたケースもあります。 脳内で動きに反応する細胞の多い『V5』という領域での糖代謝が、動かないものを見ている時にも活発になっており小雪のような視覚ノイズが発生するというデータが発表されています。 ただ、これが全てのビジュアルスノウ患者全員に当てはまるものではなく、頭痛との関連性もあるという見解も、ビジュアルスノウの方全員に当てはまるものではないそうです。 なので医学的には『原因不明』であり治療法も確立していません。 ですが上記に当てはまる場合も含めて、CTやMRIで問題がない。 そして眼科/脳外科で一切、疾患が見つからない場合は【絶対に失明はしない】と断言されています。 (井上眼科の医師が) ですが日常生活に影響を及ぼし、患者様本人の心因的ストレスは多大だそうです。 眼科、脳神経外科で問題がなければ神経内科。 そこでも解決策が見出せなければ心療内科。 精神的なフォローという形で、日常生活をどう送るか..... というのが今の医学の限界です。 ただ今後、治療法が発見される可能性もありますから悲観的にならないでくださいね。 医学は進歩しているので.....

次の

Visual snow ビジュアルスノウ

ビジュアル スノウ

Visual snow 目の難病の一つにビジュアルスノウというのがあるそうです。 テレビの番組が終わった後の砂嵐がずっと目の前に現れている状態。 症状を聞いた時には特異な病気だと思ったのですが、ネットで検索をかけてみたところ、その症状だったり、病いで悩んでいる人のブログがあり、同じ症状を抱えている人が多いんだなぁ〜、とわかりました。 と同時に病気を患っておられる方には気の毒、かつ申し訳ないのですが、病名があることで少しホッとした気持ちになりました。 さて自分に辛いことがあった際、人に自分の辛い気持ちを理解してほしい、と思った際、子どもだったら親に暴れれば、自分の気持ちを共有してもらえるし自分への慰めにもなります。 友だちはどうでしょう?痛みを理解してくれるかもしれませんが、所詮他人です。 同情してもらっている内は気分が穏やかになるかもしれませんが、別れて一人になった時、孤独が浮き彫りになることすらあります。 なんで俺だけ・・・、という感情は他人と比較することで生まれてくる感情だからです。 病名がついていると、その言葉を使うことで自分のことを理解してもらいやすくなります。 自分のことを少しは理解してもらっているんだ、と思うだけで心が穏やかになれます。 心が穏やかになるからといって病いは治る訳ではないのですが、自分の置かれた環境を受け入れやすくなります。 わかってもらいたい、という気持ちと、わかってもらっている、という気持ち。 わずかな差なのですが、後者は前に進む力が生まれてくるのです。 ビジュアルスノウを患っておられる若者が、今度、絵の展覧会を開催されます。 今まで2回ほど開催されたのですが、毎回物足りないものを感じていました。 私は彼のことをよく知っているのでビジュアルスノウの方が絵を描くことがどれだけ大変かわかるのですが、彼の絵を見に来られた方には伝わらない。 そこで今回の展覧会向けに、プロフィールと目の症状を理解してもらう動画を作ることにしました。 目の難病で同情をひくのではなく、多くの人に自分のことを正確に理解してもらうことで、彼自身の世界が広がれば、と思っています。

次の