メドライトc6 口コミ。 美白・美肌を叶える治療 メドライトC6|美白美肌.com

レーザートーニング(メドライトC6)とは

メドライトc6 口コミ

もくじ• レーザートーニングとは レーザートーニングは シミ取りレーザーのひとつで、スペクトラ・ヘリオス・メドライトC6などの機器を使用し、微弱なレーザーを当てることで肌の深い層にあるメラニン色素を 刺激なくゆっくり減らしていく治療です。 肝斑を含むシミ治療に最適 肝斑、くすみ、シミ、毛穴の開きなどの症状改善に使用されますが、 レーザートーニングの最大の特徴は肝斑(かんぱん)の治療ができるということ。 もともと肝斑は、シミ取りレーザーで逆に悪化しまうことから内服薬治療が推奨されてきましたが、レーザートーニングは弱い出力で照射するため 肝斑を悪化させずに治療することが可能になりました。 レーザートーニングは、メラニン吸収の特性を持った1064nmの波長を使用して肝斑を含む各種のくすみなど皮膚表面の色調を改善する治療です。 周囲の組織にダメージを与えることなく肌全体の色調改善 美白効果 や肝斑の改善が期待できます。 引用:湘南美容クリニック(シミ取りレーザー/レーザートーニング) フォトシルクプラスやライムライトとどう違うの? シミやくすみ治療と言えばフォトシルクプラスやフォトフェイシャル、ライムライト、QスイッチYAGレーザーあたりが有名ですが、これらは以下のように使い分けられます。 【シミ取りレーザーの使い分け】• レーザートーニング、ピコレーザー:レーザー (肝斑、くすみ、シミ、そばかす等の改善)• QスイッチYAGレーザー:レーザー (ピンポイントのシミ、あざ、そばかす等の改善)• フォトシルクプラス、フォトフェイシャル、ライムライト:光治療 (くすみ、シミ、そばかす等の改善) レーザートーニングにも使用されるメドライトC6など機器は、QスイッチYAGレーザーのひとつ。 同じ機器を設定を変えて使い分けます。 ちなみにレーザートーニングの上位機種に位置づけされるピコレーザーは、薄い肝斑にも効果が出やすいとされています。 ピコはトーニングに比べてお高めなので、あとはお財布と相談ですね。 一番の違いは、「肝斑治療」ができるかどうか レーザーと光治療は、似ているようで実は別物。 肝斑に強い出力のレーザーや光治療は逆に悪化する可能性があり、「シミ」と「肝斑」は治療を分けて考える必要があります。 もし、治療目的が肝斑でなくシミやくすみということでしたら、フォトシルクプラスやQスイッチYAGレーザーの方が向いている場合もあります。 レーザーと光治療の決定的な違いとは? A. この2つが異なることで、治療できるシミの種類や術後の回復期間(ダウンタイム)も変わってきます。 引用: レーザートーニングの効果(Before・After写真あり) ここからはレーザートーニングの具体的な効果とBefore・After写真についてご紹介します。 レーザートーニングの効果【クリニックサイトより】• 毛穴の開き• くすみ、色素沈着• 炎症後色素沈着(時間が経ったもの) わたしが実際に受けて感じた効果 下記は、レーザーを10回受けたBefore・After写真(ノーメイク)です。 治療後に友人に会ったら「肌がツヤツヤしてる!何かした?」と聞かれた。 何となく肌が明るくなったような感じ。 人に「肌がキレイになった」と言われたのは6回目ぐらい。 レーザートーニングの口コミと体験談 結論から言うと、レーザートーニングは 回数を重ねないと目に見える効果は感じにくいなと思いました。 1回でも毛穴が目立たなくなったりハリ感が出たりなど肌の変化は感じますが、肝斑やくすみの改善目的で受けるのであれば、少なくとも4~6回以上は継続する必要があります。 また、肝斑やシミが薄すぎると逆にレーザーが反応しにくいため、治療に時間が掛かることも。 私は合計10回受けていますが、まだ完全には消えていません。 目的によってメニューを使い分けるのが効果的 個人的には、シミ取りレーザー・光治療は下記のように使い分けをしています。 レーザートーニング:肝斑・くすみの改善、ハリ感アップ• フォトシルクプラス:細かいシミ・くすみの改善、美白• 安さには理由がある!?レーザートーニング料金設定の裏事情 レーザートーニングを受けるときに気になるのがやっぱり料金。 複数のクリニックで受けて分かったのですが、レーザートーニングのショット数(照射数)はクリニックによってかなりバラつきがあります。 レーザートーニングの痛み・ダウンタイム・副作用 さて、ここからは私が実際に受けて感じたレーザートーニングの痛みやダウンタイムについて解説したいと思います。 施術中の痛みについて レーザートーニングを初めて受けたときは結構驚いたのですが、火花のようなパチパチとした刺激があります。 私は痛いというほどではありませんでしたが(むしろこの「レーザー受けてる感」がクセになる。 笑)、肌が敏感な方は少々痛みを感じるかもしれません。 ダウンタイム・副作用について レーザートーニングのダウンタイムや副作用はほとんどないとされていますが、稀に好転反応で細かいニキビ等ができることもあるようです。 私の場合は直後に肌の火照りを感じたぐらいで、その他のダウンタイムや副作用などは何も感じませんでした。 レーザートーニングの施術の流れ 施術の流れはクリニックによって異なると思うので、参考程度にご覧ください。 【1】洗顔・クレンジング 洗顔してメイクを落とします。 レーザーをより効果的に照射するため、洗顔後は何もつけずに待機します。 (ケミカルピーリングなどを併用して受ける場合は、レーザー照射前に行います) 【2】レーザー照射(約5~10分) 照射時間は部位やショット数によって異なります。 レーザーの照射中はパチパチと火花のような刺激がありますが、目は保護用アイキャップ(アイシールド)を付けるので、目に刺激を感じたりということありません。 【3】アイシング(冷却)、保護クリーム塗布 直後は赤みや熱感があるので、アイシングをして保護クリームを塗布してもらいます。 アイシングやクリーム塗布は、行うクリニックと行わないクリニックがありました。 (おそらく料金設定によって変わるのだと思います) 直後からメイクもOKとされていますが、私の場合はいつも少し赤みが出るので、マスク着用でそのまま帰宅することが多いです。 ただし気を付けたいのは肌を擦らないことと、照射後1~2週間は特にしっかりと紫外線対策をすること。 この辺りの注意点は施術後にスタッフさんが説明してくれるので心配ないかと思います。 レーザートーニングはこんな人におすすめ• 肝斑を治療したい• 肝斑やシミ、くすみなど複合的な悩みがある• 肌にハリ感が欲しい• 毛穴の開きを改善したい• ダウンタイムはないほうがいい• レーザー治療が初めて くま子の総評 総評としては、レーザートーニングはやや効果が穏やかですが、お気に入りメニューのひとつです。 肝斑を治療できるメニューは少ないので、そこに焦点を当てるとどうしても効果は穏やかになってしまうのかなと。 結論としては 「レーザートーニングは肝斑治療には最適だけど、それ以外のシミやくすみなら他の方法もあるよ」ということになります。 今後のシミ取り・美白治療予定 私の場合は レーザートーニングを10回受けて肝斑やくすみが改善されてきたので、しばらくはフォトシルクプラスで美白を、QスイッチYAGレーザーでピンポイントのシミ取りを受ける予定です。 シミの症状は、肝斑なのかシミ・そばかすなのかで治療方針が変わります。 特に肝斑は判断が難しいとされているので、まずは医師の診察を受けて、どの治療方法が適しているか教えてもらうと良いですね。

次の

レーザートーニングとは?効果は持続しない本当の口コミ

メドライトc6 口コミ

品川スキンクリニック美容皮フ科(美容皮膚科)は、開業から20年以上の歴史を持つ医療法人社団翔友会グループが、品川美容外科と並び展開するスキンケアクリニック(美容皮膚科)です。 品川スキンクリニック美容皮フ科は全国に25院を展開しており、各院では、にきび、シミ、肝斑などのお肌のトラブルや、小顔、若返り、医療脱毛、痩身治療など美容に関するさまざまな悩みの解決に向き合ってくれます。 美容医療・美肌治療はいわゆる「保険診療」ではないので、健康保険は適用されず、全額実費負担。 費用は決して安くありませんが、女性にとっては深刻なお肌や体の悩みに積極的にアプローチしてくれるとあって、人気があります。 とはいえ、「クリニックの中がどんな雰囲気かわからなくて不安」「高額なコースに強引に勧誘されるのでは?」と心配している方も少なくないでしょう。 今回は、筆者が愛知県名古屋市、JR名古屋駅桜通り口から徒歩10分の場所にある品川スキンクリニック名古屋院で実際にお試し(トライアル)を受けてきた感想を交え、品川スキンクリニックの特徴や料金をまとめて紹介します。 なお、今回筆者が受けたのは、しみの一種である「肝斑(かんぱん)」を治療するレーザートーニング「メドライトC6」の1回トライアルです。 品川スキンクリニックの施術は、トライアルを含め完全予約制となっているため、あらかじめ公式ウェブサイトより初回カウンセリング予約をし、予約時間にクリニックを訪れる流れとなります。 品川スキンクリニック 名古屋院 クリニック内の様子 品川スキンクリニック 名古屋院は、JR名古屋駅桜通り口から徒歩10分ほどの立地。 クリニックの入っているビルが少しわかりにくいので、初めての方は時間に余裕をもって行くのがよさそうです。 (公式ウェブサイトに写真つきの詳しいアクセス方法が掲載されています。 ) 待合室は清潔感があり、明るい雰囲気。 スタッフも話しやすく、親しみやすい印象を受けました。 こちらの椅子でドクターの診察に呼ばれるのを待ちます。 スポンサーリンク メイクを落として診察室でドクターの診察 ドクターの診察を受ける前に洗面台へ案内され、メイクを落とすように指示されます。 (洗顔フォーム、タオル、ターバンあり。 ) 素顔になった状態で、診察室へ移動し、ドクターの診察を受けます。 美容皮膚科によっては複数のドクターが在籍しており、実際に担当してくれるのがどのドクターになるかわからない…というクリニックもありますが、品川スキンクリニック名古屋院の場合は院長先生ひとりだけ。 継続して通うことを考えたとき、毎回同じドクター(それも院長)に診てもらえるのは安心感がありますね。 診断の結果、筆者の肌には肝斑と通常の紫外線によるしみが混在しているので、肝斑にアプローチできるレーザートーニング「メドライトC」を継続的に受け、数回に一度フォトシルクプラス(強力光美白=シミやくすみ、そばかすなどの治療に使用されるイタリアDEKA社の最新美白治療器による照射)を勧められました。 レーザートーニング「メドライトC」は、従来は治療が困難だった根深い肝斑やシミに効くレーザー治療。 肝斑にアプローチできるのはこのメドライトCだけですが、その効果はゆっくり・じっくり・少しづつしか実感できないため、1回の治療で効果を実感しやすいフォトシルクプラスを組み合わせていくのがおすすめとのこと。 フォトシルクプラスはメラニン色素への反応性が高い・コラーゲン増殖作用を促進・色素を吸収するなどの特徴がありますが、肝斑へは効果がないので組み合わせていくことで、早く理想の肌(しみのない肌)へ近づくことができるというわけです。 ) 一方で、フォトフェイシャル、フォトシルクプラスなどの光美白は、肝斑を濃くしてしまう可能性もあると聞くので、悩ましいところです。 希望があれば、この日レーザートーニング「メドライトC」ではなく、フォトシルクプラスを受けることも可能と言われましたが、今回は肝斑治療のためレーザートーニング「メドライトC」を受けることにしました。 ) レーザートーニング「メドライトC」トライアル体験 ドクターの診察後、スタッフに案内され、処置室へ移動。 すべての施術はこのように個室で行われ、ほかの患者さんと治療中に顔を合わせることはないのでプライバシーも保たれています。 なお、レーザー照射を行うのは、ドクターではなくスタッフです。 レーザートーニング「メドライトC」について レーザートーニング「メドライトC」について、品川スキンクリニック公式サイトの説明を引用します。 レーザートーニングは今までは難しいとされてきた根深い肝斑の治療を可能にし、微弱なパワーを均一にしながらレーザーを当てることにより、シミや肝斑の原因となるメラノサイトを活性化させずに、徐々に薄くすることができます。 回数を重ねるにより、しみや肝斑の他にも、色素沈着・くすみ・開いた毛穴などの治療が可能です。 継続することでお肌にハリやキメ、潤いが戻ります。 レーザートーニング「メドライトC」は、治療台に仰向けに寝てた状態で施術を受けます。 施術中は目を保護するマスクのようなものをつけられるので、実際にどのような照射が行われているかを見ることはできませんが、肌へのピリピリ・ちくちくとした痛みで、しっかりレーザーが照射されているのがわかります。 また、産毛のメラニン色素がレーザーに反応するため、軽く毛が焦げるような匂いもしました。 痛みは輪ゴムで軽くはじかれる程度。 感じ方には個人差があると思いますが、個人的には「このくらいなら全然平気。 」と思えるレベルです。 施術後は、メイクルームに移動して、身だしなみを整えて、すべて完了。 メイクをして帰りたい人はここでメイクができるので、道具を持ってきましょう。 なお、「帰宅するだけだからメイクはしなくてもいいや。 」という方も、レーザートーニングを受けた後のお肌はとても敏感になっているので、保湿と日焼け止めだけはしっかり塗って帰るのがベター。 スポンサーリンク 品川スキンクリニックの特徴 料金のまとめ 品川スキンクリニック 名古屋院は、JR名古屋駅「桜通り口」から徒歩約10分、名鉄名古屋駅「中央出口」から徒歩15分の立地。 歩いていくことはできるのですがそこそこ距離があるので、継続して通うことを考えると少し駅から遠いな(往復の移動時間がかかるな)というのが正直な感想。 今回トライアルを受けた品川スキンクリニックのメドライトC(レーザートーニング)のお試し価格は以下の通り。 頬のみ 初回お試し 2,800円(税込)• 顔全体 初回お試し 1回 4,800円(税込) いずれもトライアルは1人1回限りとなります。 なお、ドクターも診察時に、「メドライトCを一回受けても目に見えて肝斑の改善が実感できるわけではない」と話していたように、レーザートーニングはゆっくりじっくり肝斑にアプローチしていく治療なので、トライアルの1回で効果がでることはまず期待できません。 あくまでも、「どんな施術をするのか」「痛さはどうか」「通えそうか」などを確認するためのお試しと考えたほうがよいでしょう。 なお、レーザートーニング「メドライトC」は、フォトシルクプラスなどの光美白とは同時(同じ日)に施術を受けることはできませんが、「パール美肌」シミ対策用メニュー(トラネキサム酸+ビタミンC をオプションでつけることができます。 パール美肌は針を使わない無痛の美肌トリートメントで、お肌の奥まで美容液を浸透させるというもの。 パール美肌の初回お試しは顔全体で1,980円とお手頃なので、「せっかくトライアルに行ってもお肌の改善がなにも得られないのはイヤ」という方は、レーザートーニング「メドライトC」にパール美白をオプションで加えてみるのもよいかもしれません。 お試しを受けた後は、その後のコースの提案はありますが、特にしつこい営業やコース契約を無理に求めてくるようなことはありませんでした。 (個人的には、あっさりしすぎている印象を受けたほどで、もう少し治療計画を具体的に示してくれてもよかったのに、と感じました。 ) 継続して治療を受けたい場合は、電話で次回の予約を取るかたちとなります。

次の

レーザートーニングとは?効果は持続しない本当の口コミ

メドライトc6 口コミ

肝斑の治療は専門クリニックで安全・確実に! クリニックで行う肝斑の治療には、 内服薬・外用薬、レーザー治療、光治療、ケミカルピーリング、イオン導入などが必要に応じて用いられています。 肝斑の症状や状態は、一人ひとり異なります。 通常のシミを合併していることも多いため、見分けが難しく、 正しい治療には専門家の診断が必要となります。 自己診断や誤ったセルフケアを繰り返すと、かえって悪化させてしまう恐れがあるため、肝斑は専門クリニックでの治療をおすすめします。 比較したポイントは、 【治療方法】【期待できる効果】【料金】【治療した方の口コミ】の4つ。 クリニック選びの参考に、ぜひチェックしてみてくださいね。 1位 銀座ファインケアクリニック 肌の悩みを解決してくれる専門クリニック。 肝斑を確実に「消す」ことができる最先端の肝斑治療機器・スペクトラを使用。 痛みやダウンタイ ムもなく、 施術後はメイクをして帰れます! 丁寧なカウンセリングと高級感のある院内も評判。 同時に 小じわ改善・美白・キメ・ハリ の回復効果も。 早期に効果が見込める。 数回の治療で肝斑がかなり薄くなり、痛みも腫れもありませんでした。 完全個室なのもおすすめポイントです。 レーザーと医療サプリを併用。 肝斑やシミの状態に合った治療法を提案してくれるので、 効果の出方が早いと思います。 医師やスタッフも 話しやすい雰囲気で気軽に相談できるのがいいですね。 高級感のある 清潔なクリニックで通いやすいです。 レーザーの当て方も丁寧で、 肝斑の色も順調に薄くなっています。 やはり、自己流ケアより医療機関での治療の方が安全ですね。 2位 ノエル銀座クリニック 30年以上の経験・実績を活かして、オーダーメイドの治療を提供しているクリニック。 カウンセリングから治療、アフターケアまでを同一の医師が行う 担当医療制を採用しています。 診療科目ごとに専門の医師が担当してくれるのも心強いですね。 メラニン生成を阻害し、 肝斑の悪化や発生を防ぐ効果があります。 5回ほど繰り返したところで、だいぶ色が薄くなってきたのを感じました。 レーザートーニングを利用しましたが、医師が親身になって対応してくれたのが良かった。 症状の診察も丁寧ですし、医療機関なので安心してお任せできると思います。 1回の治療では効果を感じませんでしたが、 2~3回目くらいから肌に透明感が出て来たみたいです。 このまま肝斑が消えてくれることを祈って継続したいです。 3位 品川スキンクリニック 品川美容整形外科が展開する、若返り・アンチエイジングに特化した美容皮膚科。 豊富な症例数・ノウハウに基づいた治療を行っており、肝斑の治療メニューも豊富。 症状やニーズに合わせて、適切な治療法を選ぶことが可能となっています。 都内にクリニック数が多いのも特徴です。 カウンセリングの説明も丁寧で安心できました。 パールカクテルでの導入を受けましたが、機械でマッサージしている感覚で気持ちイイ。 皮膚のくすみが気になっているので、美白効果に期待して通っています。 カウンセリングが丁寧で、話や悩みをたくさん聞いてもらえて良かった。 内服薬と外用薬で治療していますが、効果が出るまで気長に頑張っていこうと思います。 4位 聖心美容外科 全国展開する大手美容外科で、知名度はバツグン。 アンチエイジング治療に力を入れており、 症例数は世界トップクラス。 肝斑治療ではレーザーだけ でなく、光治療や内服薬など選択肢が豊富。 レーザーとメディカルコスメなど、複数の治療法を組み合わせるのが基本形のようです。 内服薬・外用薬との併用が効果的。 レーザーは最初ピリッとしますが、ガマンできるくらい。 徐々に濃さも薄くなっているみたいです。 レーザーと塗り薬を使っていますが、 気になる肝斑やくすみがキレイになってきました。 思ったより効果が早かったように思います。 肌をキレイにしたくてスムースクールを受けました。 数回繰り返したところで透明感が増していることに気づき、嬉しかったです。 5位 四谷見附クリニック 日本レーザー医学会認定のクリニック。 スタッフはレーザー安全教育セミナーや技師としての認定を受けているので、高い技術力が期待できます。 肝斑治療では、ひとり1人の状態に合わせたオーダーメイドの治療法を提案。 一番のおすすめは、レーザーによる肝斑治療とのことです。 肝斑とシミが混在した状態でも、同時にケアすることが可能です。 レーザートーニングと併用すると効果アップ。 医師やスタッフの説明やカウンセリングも親切で、初心者でも分かりやすいと思います。 効果にも期待しています。 週1回のレーザー治療で、気になる症状がだいぶ改善。 専門医とのことで、レーザーの当て方も丁寧に思えました。 もっと早く通えば良かったです。 レーザー治療の効果にビックリ。 悩みだった 肝斑の色が、確実に薄くなりました。 何回か通いましたが、 今ではほとんど目立たないレベルです。 肝斑治療おすすめNo. 1は銀座ファインケアクリニック 手ごわい肝斑の治療におすすめしたいクリニックは、 最先端のレーザートーニングが低価格で受けられる 銀座ファインケアクリニックです。 その治療内容をさらに詳しく紹介していきます。 最先端レーザー「スペクトラ」で肝斑が「消える」! さまざまな肝斑治療を取り入れている銀座ファインケアクリニックですが、今高い評判を集めているのが 肝斑治療機器・QスイッチYAGレーザー「スペクトラ」を使用した治療法。 アメリカの厚生労働使用にあたるFDAが認可した最先端マシンです。 このスペクトラの優れた点は、 肝斑を「薄くする」「改善する」のではなく、確実に「消す」ことができるところ。 世界一短いパルス幅と安全なトップハットビームにより、周辺組織の熱ダメージを防ぎながらも安定した治療効果を実現しています。 施術時間も15分程度と短く、術後の ダウンタイムもなし。 気になる 痛みも、無麻酔で大丈夫なくらいほとんど感じないとのことです。 治療は、 約2週間おきに5回前後が目安。 料金は都度払いOKなのでムダがありません。 通常1回15,000円ですが、トライアルは10,500円と格安で試せるのも人気の1つです。 注射や医療用サプリメントとの併用で治療効果アップ! 銀座ファインケアクリニックの肝斑治療では、レーザートーニングだけでなく、 ビタミン注射・点滴・医療用サプリメントとの併用も可能。 身体の内側からも肝斑に働きかけることで、 より早期の効果が期待できます。 ビタミン注射や点滴では、ビタミンC・ビタミンB群(B1,B2,B6,B12、パントテン酸)・コエンザイムQ10点滴などを使用。 ひとり1人の悩みや状態に合わせ、今一番必要とされるビタミンを選択・処方してくれます。 気になる肝斑をキレイにしたい、肌の透明感・キメの細かさを取り戻したいという方は、ぜひ一度銀座ファインケアクリニックでカウンセリングを受けてみてくださいね。

次の