赤坂 氷川 神社 御朱印。 東京 赤坂界隈 御朱印めぐり

◆徳島 2020年6月限定御朱印がいただける神社│神社巡り

赤坂 氷川 神社 御朱印

2016年12月 月 火 水 木 金 土 日 4 11 12 13 14 15 16 22 23 24 26 サイト検索 検索: カテゴリー• 650• 987• 103• 307• 175• 44 最近の投稿• 2020年6月14日• 2020年6月13日• 2020年6月11日• 2020年6月10日• 2020年6月9日• 2020年6月8日• 2020年6月7日• 2020年6月6日• 2020年6月5日• 2020年6月4日• 2020年6月4日• 2020年6月4日• 2020年6月3日• 2020年6月3日• 2020年6月2日• 2020年6月1日• 2020年5月31日• 2020年5月30日• 2020年5月30日• 2020年5月30日• 2020年5月30日• 2020年5月28日• 2020年5月27日• 2020年5月15日• 2020年5月14日• 2020年5月13日• 2020年5月12日• 2020年5月11日• 2020年5月7日• 2020年5月6日• 2020年5月5日• 2020年5月5日• 2020年5月5日• 2020年5月3日• 2020年5月3日• 2020年5月2日• 2020年4月17日• 2020年4月14日• 2020年4月13日• 2020年4月9日• 2020年4月9日• 2020年4月5日• 2020年4月5日• 2020年4月3日• 2020年4月2日• 2020年3月28日• 2020年3月28日• 2020年3月20日• 2020年3月20日• 2020年3月20日• 2020年3月20日• 2020年3月12日• 2020年3月11日• 2020年3月10日• 2020年3月9日• 2020年3月7日• 2020年3月6日• 2020年3月5日• 2020年3月4日• 2020年3月3日• 2020年3月2日• 2020年3月2日• 2020年3月1日• 2020年2月27日• 2020年2月26日• 2020年2月25日• 2020年2月24日• 2020年2月24日• 2020年2月24日• 2020年2月24日• 2020年2月24日• 2020年2月24日• 2020年2月24日• 2020年2月24日• 2020年2月24日• 2020年2月23日• 2020年2月22日• 2020年2月22日• 2020年2月21日• 2020年2月20日• 2020年2月19日• 2020年2月18日• 2020年2月17日• 2020年2月16日• 2020年2月15日• 2020年2月14日• 2020年2月13日• 2020年2月12日• 2020年2月11日• 2020年2月10日• 2020年2月9日• 2020年2月8日• 2020年2月7日• 2020年2月6日• 2020年2月5日• 2020年2月4日• 2020年2月3日• 2020年2月2日• 2020年2月2日• 2020年2月1日 マイサイト.

次の

東京 赤坂界隈 御朱印めぐり

赤坂 氷川 神社 御朱印

次の神社は日枝神社の近くにある赤坂氷川神社。 自転車だと5分くらいで行けます。 赤坂氷川神社は1000年以上の歴史があり、東京十社の一つでもある神社ですが、今回初めて向かうのでどんな神社なのか楽しみです! 赤坂氷川神社とは 赤坂氷川神社は 素盞嗚尊 すさのおのみこと、 奇稲田姫命 くしいなだひめのみこと、 大己貴命 おおなむぢのみこと(別名…大国主命)を御祭神とし、天暦5年(951年)に創建され1000年以上の歴史をもつ神社。 社殿は、総欅造り銅葺朱塗にして丹青荘重の一間社流造で、安政の大地震・関東大震災・東京大空襲の被災を奇跡的に免れました。 この社殿は江戸時代当時のままの姿を残しており、東京都重要文化財に指定をされています。 両サイドに立派な灯篭があります。 こちらは神門前にある手水舎。 三つ巴の紋が印象的です! 赤坂氷川神社の神門。 神門手前に東京十社めぐりの案内が出ています。 こちらが赤坂氷川神社の社殿。 1000年以上の歴史があるとても雰囲気のある社殿です! こちらは神輿庫。 立派な神輿が保管されています! 神職の方から「この神輿は2年かけて作った」と教えてもらいました。 2年の歳月は細かな装飾などを考えるとそのくらいかかるんですね。 境内には緑がたくさんあり、赤坂という都会の真ん中で癒される場所です! こちらは九神社と呼ばれていますが、以前、境内の各所にあった天祖神社・春日神社・鹿島神社・八幡神社・諏訪神社・秋葉神社・厳島神社・金刀比羅神社・塞神社の9社を合祀したと言われています。 赤坂氷川神社の大銀杏 赤坂氷川神社の大銀杏は推定樹齢400年で、目通りの幹径約2. 4m、幹周約7. 5mあります! 現在の氷川神社が遷座する前からこの地に生育していた言われていて、港区の天然記念物に指定されています。 区内では善福寺の逆イチョウ(国指定天然記念物)に次ぐ大きさと樹齢です。 四合稲荷神社 こちらは 四合 しあわせ稲荷神社の鳥居です。 御祭神は 宇迦之御魂神 うかのみたまのかみで食物・穀物の神と言われています。 四合稲荷神社とは、古呂故稲荷・地頭稲荷・本氷川稲荷・玉川稲荷の四社を明治31年に合祀し、四合稲荷神社と称されるようになったと言われています。 四社が合祀されて 四合 しあわせ稲荷神社と呼ばれていますが、なんとも縁起がいい名前ですね! これは手水舎でしょうか。 四合稲荷神社の拝殿。 四合稲荷神社の由緒書き。 西行稲荷神社 こららは四合稲荷神社のすぐ左にある西行稲荷神社。 西行稲荷神社の由緒書き。 別名を「火伏せの稲荷」といい、火災除けの御神徳があると言われています。 西行稲荷神社の社殿。 鳥居のすぐ右側にある祠。

次の

東京三大縁結び赤坂氷川神社でご利益御朱印!縁結びのパワースポット

赤坂 氷川 神社 御朱印

赤坂氷川神社の御朱印とご利益、見どころ 赤坂氷川神社 赤坂氷川神社(あかさかひかわじんじゃ)は港区赤坂にある神社で東京十社の1つ。 都心とは思えないほど静かで緑が多く素敵な境内は癒やしスポットとして人気。 赤坂氷川神社は創建から1,000年以上の歴史があり、広々とした境内には木々が茂り、穏やかに差し込む木漏れ日に癒やされます。 古くから残る石灯籠や7対の狛犬、御神木の「大イチョウ」、勝海舟が関わった四合稲荷(しあわせいなり)など見どころがたくさんあります。 御朱印帳はイチョウをあしらったオリジナルのものと、東京十社の御朱印帳も用意されています。 赤坂氷川神社の御朱印 初穂料(値段)は300円 「赤坂氷川神社」と境内社の「四合稲荷神社」、2つの御朱印をいただけます。 江戸時代には幕府の尊信は篤く、8代将軍 徳川吉宗公が享保元年(1716年)、現在の赤坂四丁目のあたりから、現在地に遷されました。 「江戸七氷川」に数えられ、その筆頭とされています(他、麻布氷川神社、渋谷氷川神社、簸川神社など)。 御祭神• 素盞嗚尊(すさのおのみこと)• 奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)• 大己貴命(おおなむぢのみこと別名…大国主命) 赤坂氷川神社の境内、見どころ 広い境内にはさまざまな木々が茂り、歩いているだけで清々しい空気が漂います。 古い社殿や鳥居、石造りの狛犬や灯篭が醸し出す落ち着いた雰囲気も魅力的です。 社殿 現在の社殿は享保15年(1730年)に造営。 第8代将軍徳川吉宗の命により現在地に移されたときのもので、東京都の有形文化財に指定されています。 ぱっと見た感じは鮮やかで華麗な印象ですが、根津神社のようなド派手な社殿に比べると質素な造りをしています。 これは吉宗時代の緊縮財政の影響があるようです。 微妙な違いを見て楽しむのも神社巡りの醍醐味と言えるでしょう。 鳥居 2つの参道(南側・東側)にはそれぞれ2つ、合わせて4つの鳥居があります。 このうち「一の鳥居」(本殿正面へ続く南側参道の鳥居)は大正4年(1915年)の大正天皇即位の礼に合わせて奉納されたもの。 「三の鳥居」は天保12年(1841年)に奉納された古い鳥居です。 狛犬の宝庫 赤坂氷川神社は境内のそこかしこに狛犬がおり、なんと計7対もの狛犬を見ることが出来ます。 それぞれ奉納された時期も、見た目のタイプも違います。 1つ1つじっくりと鑑賞してみてください。 都内で2番目に古い狛犬 西行稲荷の前には原型を留めないほど風化した狛犬がいます。 お供えがあることから、今でも大切にされていることがよくわかります。 石灯籠 境内では古い石製の灯篭を数多く見かけます。 特に楼門の周辺に集中しています。 御神木・大イチョウ 御神木の大イチョウは推定樹齢400年。 遷座前、江戸時代初期からこの地に生育していたとされます。 港区の天然記念物で、区で2番目の樹齢と大きさをほこります。 包丁塚 昭和49年(1974年)に赤坂青山飲料組合が使わなくなった包丁を奉納したものです。 10月には「包丁祭」も行われています 力石 一の鳥居とくぐって左側、うっかりすると見逃しそうな感じで置かれています。 江戸時代に力比べをする際に使われたもので、「三捨五貫目(約130kg)」と刻まれています。 摂社・末社 四合稲荷 7社の稲荷が合祀されている神社。 幕末の志士・勝海舟によって名付けられました。 当時は4つの社を合わせて祀ったので「四合(しあわせ)」となりました。 語呂合わせ、ダジャレですね。 勝海舟は1872年から亡くなる1899年まで神社のそばに寓居(仮住まい)しており、「氷川翁」などと呼ばれていたそうです。 西行稲荷 赤坂田町5丁目に住んでいた西行五兵衛というものが、甲冑を身にまとい、弓矢を携えてキツネに乗った姿の鉄の像を拾い、御神体として安置したのに由来するとされています。 のちに御神体が紛失し、代わりに錦の布に包まれた木箱を祀るようになりました。 九神社 かつて境内各所にあった9社を合祀した神社です。 かつては赤坂小学校にありました。 桶新稲荷は赤坂5丁目の桶屋から、山口稲荷は赤坂3丁目の山口邸から、それぞれ戦後に遷されたもの。 赤坂氷川神社へのアクセス 赤坂氷川神社の最寄駅は3つ(4路線)あります。 東京メトロ千代田線「 赤坂駅」• 都営大江戸線「 六本木駅」• 東京メトロ日比谷線「 六本木駅」• 東京メトロ南北線「 六本木一丁目駅」 各駅から徒歩8~10分で到着します。 どこから行っても大差はありませんが、正面の入り口に近いのは六本木駅か六本木一丁目駅です。 赤坂氷川神社の概要 主祭神 素盞嗚尊 すさのおのみこと 所在地 電話番号 最寄駅 赤坂駅 東京メトロ千代田線 六本木駅 東京メトロ日比谷線、都営大江戸線 六本木一丁目駅 東京メトロ南北線 御朱印 300円。 授与所にて。 拝殿の右側 ご利益 厄除け、商売繁盛、良縁、家内安全 例祭 9月15日 社務所 9:00 ~ 17:30 公式サイト•

次の