爬虫類 まっ す ー。 爬虫類用整腸剤 レプラーゼのレビュー

マコードハコガメ [爬虫類・両生類] All About

爬虫類 まっ す ー

6月1日より当分の間、 営業時間を変更致します 【営業時間】 12時~20時 *必ずマスクの着用をお願い致します。 *お持ちでないお客様に1枚¥30で販売しております。 *人数の制限をしております。 ご予約の方を優先させていただきます。 以上感染拡大防止対策のご協力をお願い致します。 CONCEPT 東京で爬虫類とのふれあいの場を 東京で爬虫類の人気が高まっているのはご存知ですか?彼らの存在は誰もが興味をもつほど非日常的です。 実際に目にする機会がなく図鑑やテレビでしか見た事がない方も多い事でしょう。 トカゲや蛇は他のペットでは味わえない存在感を出しバリエーションの多さも魅力のひとつです。 そんな爬虫類の魅力を知ってほしい、ふれあってみて初めて知る事がたくさんあると思います。 そんな空間を東京の爬虫類カフェPiccolo Zooで味わって下さい。 人間と動物が幸せに暮らせる社会をつくりたい、そんな想いの女性オーナーがおもてなしを致します。 ・入場料 ・大人:¥1,500 高校生以上) 小人:¥1,200 4歳以上)3歳以下は無料 平日 時間制限無し(混雑時のみ2時間制) 土曜、日曜、祝日は90分制 延長料金 30分毎500円 Twitter,instagramをフォローして頂くと¥100引 ・店舗内禁煙です。 ・菌の感染予防の為、ふれあい後は手洗いをお願いします。 (小さなお子様や体調のすぐれない方、手に怪我をされている方、皮膚の弱い方はご自身で注意下さい) ・当店のふれあい動物さんはとても人に慣れていますが臆病な動物さんばかりですので、嫌な事をされたりびっくりした時に咬みつく事もございます。 絶対に顔の前に指を近づけたり顔をふさぐような持ち方はしない様にお願いします。 ・抱っこする時は低い姿勢でお願いします。 (人間の高さから落ちてしまったら確実に死んでしまいます。 ) ・動物さんたちのストレスになりますので店舗内で走る、飛ぶ、ケージを叩くなどの行為は禁止です。 ・万が一咬みつかれた際は消毒程度の応急処置のみ致します。 ・写真、動画撮影はフラッシュ撮影はご遠慮ください。 ・最後にあまりお目にかかれない爬虫類をより身近に感じていただき、今までのイメージを払拭して楽しい時間をお過ごしください。 爬虫類&小動物ふれあいcafe Piccolo Zoo 営業時間 11:00 〜 20:00 定休日 金 事業所の名称 Piccolo Zoo 事業所の所在地 東京都台東区西浅草1ー1ー16升宏ビル3階 第一種動物取扱業の種別 および登録番号 販売 18東京都 販 第005955号 保管 18東京都 保 第005955号 展示 18東京都 展 第005955号 貸出し 18東京都 貸 第005955号 登録年月日 平成30年7月12日 登録の有効期間の末日 平成35年7月11日 動物取扱責任者氏 片岡磨美 アクセス 1. 田原町3番出口を出ます 2. すぐヤマザキベーカリーさんが見えます 3. 2件先に居酒屋天笑さんが見えたら 4. 左の通路を入った所が入口です 東京にて営業中の爬虫類カフェPiccolo ZooであるPiccolo Zooは、広い店内にてヘビや亀といったエキゾチックアニマルと触れ合えることができる癒やしスポットです。 エキゾチックアニマルの愛くるしい表情や仕草の虜になった事によって、お店で触れ合うだけではなくご家庭でも飼育してみたくなったというお客様もいらっしゃいます。 東京の爬虫類カフェPiccolo Zooでは、そのように自分で飼育してみたいとお考えの方に向けて、エキゾチックアニマルの販売も行っております。 これまでに多数の販売実績がございますので、安心してご購入いただけるのはもちろんですが、知識豊富な女性のオーナーが適宜アドバイスを行いますので初心者の方もしっかりと飼育することが可能です。 販売後のアフターフォローもしっかりと行うことで定評がございますので、何かあればすぐにご相談いただけます。 こんなエキゾチックアニマルを飼育してみたいけれど、自分の環境で飼えるのか不安だという方や飼育場の注意点や餌のあげ方について知りたいという方は、ぜひ東京の爬虫類カフェPiccolo Zooまでご相談ください。 東京で人気の爬虫類カフェPiccolo Zooでは、ヘビや亀といった珍しいエキゾチックアニマルを中心に、愛くるしい生き物たちがお客様をお待ちしております。 ヘビや亀、そしてトカゲといった生き物があまり得意ではないという方は少なくありませんが、老若男女を問わずペットとして飼育している方が多数いらっしゃいます。 手の上や肩にしがみつく様子はとても愛くるしく、餌を豪快に食べる様子等も見応えがございますので、見ていて飽きない生き物です。 東京の爬虫類カフェPiccolo Zooでは、最初はそういった生き物に苦手意識を持っていたり興味がなかったりしたお客様でも、しばらくするとその魅力に気が付いたというケースが多くございます。 また、そういったエキゾチックアニマルの虜になってしまい、今ではリピーターになってくださったお客様も多数いらっしゃいますので、まずはご来店いただき触れ合ってみることをおすすめいたします。 珍しいエキゾチックアニマルに興味があるという方はもちろんですが、あまり得意ではないというお客様も、ぜひ東京の爬虫類カフェPiccolo Zooまでお越しください。 東京の 爬虫類カフェPiccolo Zooはエキゾチックアニマルを専門とするお店ですので、普段は見かけることのない生き物と触れ合うことが可能です。 イヌやネコをメインとするペットカフェは全国各地に多く存在しますが、トカゲやヘビをメインとするペットカフェはそんなに多くはありません。 しかし、トカゲやヘビ、そして亀といった生き物はその愛くるしい仕草や野性味あふれる姿から人気が高まっており、実際にペットとして飼育している方も増えています。 のカフェPiccolo Zooでは、そのようにペットとして飼育したいとお考えの方に向け、エキゾチックアニマルの販売も行っております。 知識が豊富な女性のオーナーが、飼育場の注意点や飼育環境についてのアドバイスを行いますので、アフターフォローも万全なお店で購入したいとお考えの方はぜひご検討ください。

次の

爬虫類

爬虫類 まっ す ー

あいどもー! ハチュ野郎です。 あんね…最近、女友達にですね メッチャ男冥利に尽きる褒め言葉をもらったんすよ。 そのおかげで中の人やたらご機嫌です。 なんつーか…こう… これからも頑張って男を磨こうと思いました! いや何か特別がんばったり気構えたりしてる訳でもなんでもないですよ? でもやっぱ褒められたら嬉しいじゃないですか。 「あぁそれなりに俺も自然と学習してきたんだな…」って感じで(笑) ね~アルマちゃん! アルマ「…知らんがな。 」 うっし! …ってことで! 今日の記事は以上です! じゃまた次回! またね~! …ってあかんっすね。 書きます書きます。 冗談です冗談。 今から書くのも遅いくらいっすわ。 深夜はけっこー冷えるので。 もう各自でなんらかの対策ができてる頃ことかと思います。 わたくしハチュ野郎が施した、 レオパの真冬対策はこんな感じです。 暖突をメタルラックに設置した この2つです。 10月の下旬…!!! さすがにパネヒだけでは、 適正温度が保てなくなってきたんで。 雑な作りではありますが、 頑張って寸法を測ったりしましたよ。 要はアレです。 ということで今回の記事は、 上記2つの施策について温度検証などシェアしますね。 ほら、暖突って地味に高くないですか? そこそこしますよね。 「買って効果なかったらどーしよ?」 と 迷ってる初心者さんもいらっしゃると思うんで。 というか実際にその手の質問を頂きました。 同じ初越冬の初心者さんへ、 少しでも参考になったらウェーイって感じでっす! スタイロフォームってなんぞや? これが今回購入した真冬対策セット。 「スタイロフォーム」はこの一番奥の青い板です。 あまり専門的なことは分かりかねますが、 とりあえず断熱材として使われるモノらしいです。 0~3. だからカッターで切ることも容易です。 か弱い女性でも何とかなると思います。 爬虫類・げっ歯類・お魚飼育者さん…etc 小さなペットを飼ってる方に人気な印象です。 オウマイガッ! シット! で、念のため 2枚買ったので合計1100円ですね。 下記で紹介しますが、 もし同じメタルラックを使う場合は、 もしかしたら1枚で足りるかもしれません。 技量不足なだけですけどね…。 適当なだけなんすけどね…。 温室内のメタルラックはこれ使ってるよ で、せっかくなので、 ここで「メタルラック」についても触れておきましょうか。 もともと蛇(メキブラ)も、 このラック内に住ませる予定だったこともあり、 ウチではとりあえず 型番「MR3-30WP」にしました。 ただ結果的にレオパ1匹の為のものになりましたが…(汗 さ、ではスタイロ温室について、 もう少し振り下げていきますね。 暖突についてはこの後で! スタイロの切り方「躊躇するな!」 まず 「スタイロの切り方」ですが、 無心でガバッ!っと切り抜くのが一番ですよ。 迷いがあると上手く切れず、 あとあとの掃除が面倒になります(笑) もう気分は宮本武蔵でいきましょう。 無心で 振りぬくのじゃ!(適当) 強いてコツを挙げるなら、 新しい刃のついたカッターを用意してください。 だからご自身の先に寸法を決めて、 それをノートにでも書いて店員さんに伝えればOK。 パネヒや暖突のコードがあるので。 これ忘れて「できたー!」とか思ってると、 あとでめっちゃテンション下がりますよ…。 気をつけてくださいマジで(白目) スタイロ同士のくっつけ方 それから 「くっつけ方」ですが、 ハチュ野郎は 両面テープを使いました。 まぁ送料との兼ね合いもありますけどね! スタイロ温室の正面はビニールシートで! そしてそして。 正面は 「ビニールシート」を使いました。 やっぱ中が見えないと困るので。 あとすべて囲ったら、 真っ暗な空間になっちゃうし…。 ホームセンターの、 キッチンクロス系のコーナーにありますよ。 店員さんに必要分を切ってもらう感じ。 で、ここで注意ポイントですが… 意外と値段が高いのでそのつもりで!(笑) いや、高いというか… 調子のって長めに頼むと予想より高くつきますよ(笑) 利用したホムセンではこんな計算で値段を出すようです。 適当に長めにと思って、 「60cm分くださーい」って言ったら… 1715円かかりました。 ちょっと正面に使うだけなのに、 思ったより高くつきましたぜ…(笑) だからある程度の予測を立ててから、 必要分だけ買いにいくと良いと思いまっす! スタイロ温室にかかった費用の合計まとめ はい、ということで。 まぁビニールシートがもうちょっと節約できるので、 約5000円と思っておけばよろしいかと。 あ、 5000円+「暖突代」ってことですね。 で、冒頭でもお伝えしたとおり。 暖突を高さ30cmで設置した結果… スタイロ地面と約30cmの距離感で、 時間毎に温度を追っていった結果・・・ スタート:26. だからお気に入りのマルチ水温計で、 ちゅんとフタを置いた状態も計測してみましたぜ。 ケース内温度は29. このようにボタンひとつで切り替え可能。 (たぶん) 暖突をメタルラックの棚に設置した方法 ではでは。 暖突を買うかどうかは、 上記の加温効果を参考にしてもらうとして。 メタルラックの段下に設置した方法をご紹介しておきます。 まず暖突の基本的な設置方法は、 付属のネジでこういうケースフタに止めます。 でもメラルラックの棚には本来なら設置できないんですね。 だからこんな感じで、 「100均のすぺり留め」を噛ませて設置しました。 すぺり留めを2枚使っています。 好きなサイズにハサミで自由に切れるので。 これで安定するのでご参考になれば幸いっす。 ちなみに暖突をONにしてから、 かれこれ1週間くらい経過していますが… このゴム質のすぺり留めが溶けるとか、 なんらかのトラブルは起きてないのでご安心を。 まぁ何か起きても責任は負いかねますけどね!(笑) レプタイルボックス(プラ)は暖突つかって大丈夫? で、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を、 レプタイルボックスで飼育している方も多いかと。 「プラ素材のフタって暖突の熱は大丈夫なの?」 みたいな心配をなさってる方もいるとかいないとか。 ヤフー知恵袋でも心配で質問している人がいましたが、 まぁよっぽどのことが無い限り大丈夫でしょって感じです。 あ~よかった…(笑) 暖突はプラスドライバー付属!けどコードの長さが… よーし、いよいよラストの項目です。 結構しんどかったですよここまで書くの…。 とりあえずこの画像をみてください。 これが購入直後の開封した内容物です。 まぁ全然フツーですよね。 その点だけ各人で注意されたし! よしっと。 こんなとこでしょうか。 これでレオパのぬくぬく温室を作りましたっと。 真冬はこれで乗り切るぜ・・・ッ! あとなんか気になることあったけな…。 まぁまた思い出したら修正します! ではでは。

次の

爬虫類

爬虫類 まっ す ー

あわせて読みたい レプラーゼとは ~商品説明~ 生きた腸内細菌が爬虫類のおなかの細菌バランスを正常に整え、下痢や便秘を防ぎます。 整腸作用により、摂餌の促進と栄養吸収力のアップが期待できます。 食事の際にエサに適量をふりかけてあたえてください。 (より引用) レプラーゼとは 爬虫類用の整腸剤で、カメやトカゲなど幅広い種類に使うことが出来ます。 レプラーゼを使うことで爬虫類の便通を良くすることができ、便秘の改善と予防をする効果があるということですね。 見た目も匂いも きなこっぽい感じで、ちょっと美味しそうです。 レプラーゼの与え方としては、カルシウムのようにエサにダスティングしてレオパに与えます。 継続して使うことで効果が出てくるそうなので、 毎度の給餌にダスティングして大丈夫だそうです。 レプラーゼの成分 主な主原料としては、以下のものが含まれています。 乳酸菌• 酪酸菌• 糖化菌• ビール酵母• たんぱく質分解酵素• 脂肪分解酵素 成分自体は人間が整腸剤で用いる ビオフェルミンSやエビオス錠に近いものですね。 レプラーゼの効果は?実際に使用してみて 個人的に感じた効果 引用文にも書かれていますが、私が飼育している個体に試した結果「 便秘改善」の効果が特に高いと個人的に感じました。 便秘気味の個体にレプラーゼをダスティングした餌を与えると、翌日にはキレイにフンを排泄していたりすることも珍しくありません。 ただ、決して 即効性のあるものではないので継続して与えることで効果を発揮しやすいと思います。 レプラーゼは 与えるだけで便秘の予防になるので、レプラーゼを使い続けている今は便秘になっている個体はいなくなりました。 また便秘ではなく「 糞が水っぽい」、「 臭いがキツイ」といった症状のある個体にも効果を発揮します。 あと個人的に効果があると思ったのは「 食欲増進」の効果です。 時期的なタイミングもあったのかもしれませんが、レプラーゼを使うようになってから餌虫の消費が激しくなりました。 腸内環境が整えられたことにより、普段よりも餌の消化が良くなってお腹が空きやすくなったのかもしれません。 意外と軽視されがちでですが、 爬虫類の腸内環境を整えるのは重要なポイントなんだなと実感します。 レプラーゼの量と与え方 パッケージや説明文にも「適量」と記載されていますが、与えすぎによる弊害は無いらしいので目分量で大丈夫そうです。 一応、私は小さなケースにカルシウムとレプラーゼを2:1の割合で混ぜています。 (たまに失敗して1:1になったりしますが) あとは普通にダスティングした餌虫をヒョウモントカゲモドキに与えれば大丈夫です。 意外と食いつきは良く 、嫌がる素振りを見せた個体は1匹もいませんでした。 まとめ 個人的にヒョウモントカゲモドキの腸内ケアができるレプラーゼは マストなアイテムだと思います。 便秘というのは意外に厄介なトラブルで、便秘が原因で 拒食になったりすることもあります。 レプラーゼを使うことで手軽に便秘予防ができ、拒食を起こさずに済むのであれば 利用する価値は大きいと感じています。 値段もお手ごろですし、1つ買えばしばらく保つのでコストパフォーマンスも優秀です。 餌にダスティングする以外に、飲み水などに溶かして使える「 水溶性レプラーゼ」もあります。 大体のことは普通のレプラーゼで事足りますが、流動食を作る際などに重宝するかもしれませんね。

次の