体調 気遣う メール。 気遣いの一言をビジネスメールに必ず入れるべき理由3つ

彼氏がメールで「好きだー!」ってなってくれる5つのフレーズ!│彼氏・彼女、恋愛の悩みならコイクル

体調 気遣う メール

仕事のメールで「おからだに気をつけて」はNG? 何気なく使っている言葉には、実は目上の人に向けて使うべきではないものも多くあります。 知らずに使った言葉で、相手を不快にさせてしまってはメールの心意も伝わらないかもしれません。 「~て」で終わってしまうと、ともすれば「やって」「待って」「取って」のような命令口調にとらえられてしまう心配もあります。 とくにメールの場合、言葉で発したような感情やニュアンスが伝わりにくいので、より丁寧に書くほうが無難といえるでしょう。 もちろん「おからだに気をつけてください」という表現も日本語として正しい表現になりますが、「おからだにお気をつけください」のほうがより丁寧な表現だと受け取ってもらえます。 目上の人の体調を気づかう結びの言葉の例 よく使われる結びの言葉として「お身体にお気をつけください」というフレーズをご紹介しましたが、他のフレーズについても見ていきましょう。 「ご自愛ください」 文末の締めとして、季節を問わず使える言葉です。 ただし、一点注意しておかなければならないことが。 また、この言葉は「体調を崩さないように気をつけて」といった意味合いもあるので、すでに体調を崩している人に対して使うのは失礼になります。 「お大事になさってください」 これは相手の方がすでに体調を崩しているとわかっているときに、回復を願って使用されるフレーズです。 しかし、目上の人に対して使う場合には文章を終わらせる形の「お大事になさってください」のほうが丁寧。 同じような表現ですが「お大事にしてください」はNGとなります。 「お身体をお労りください」 「お労りください」は、相手を思いやっているという心情がより伝わる言葉です。 メールで使える体調を気遣う結びの言葉 一言で「体調を気遣う言葉」と言っても、シチュエーションによって使えるフレーズは変わってきます。 シチュエーション別に、具体的な結びの言葉を見ていきたいと思います。 相手が病気で入院中や療養中の場合 「一日も早いご回復をお祈りしております」 「一日も早いご復帰をお待ちしております」 こうした表現は、元気になってまた出社することを待っている、といったニュアンスが伝わりやすい表現です。 また、相手のことを日頃から頼りにしているといった思いも伝わりそうですね。 いらない心配をさせず、ゆっくり休んでもらいたいという思いを伝えたい場合は、次のような表現がよいでしょう。 「どうぞ心配なさらず、安心してご静養ください」 「この機会に、どうぞ十分に養生なさってください」 相手の方の普段の働きぶりを理解しているといったニュアンスが伝わる表現は、心までいたわってもらえたようで喜ばれるかもしれませんね。 相手からの返信を求めないとき 「ご返信はお気遣いないようお願いいたします。 」 療養中とはいえ、仕事に関わる相手からのメールとなると「返信しなくては」と思ってしまう人も少なくありません。 返信を急がないメールの場合は、文末にこの表現を書いておくと相手に不要なプレッシャーをかけずに済みます。 季節の変わり目にメールをするとき 「厳しい寒さが続きますが、くれぐれもご自愛ください」 「風邪が流行っているようです。 体調などお気をつけください」 「寒さもだんだんと厳しくなってきました。 どうぞお身体をお労りください」 「季節の変わり目、どうぞ体調にお気をつけください」 実際の季節感や流行などの情報を織り込むことで、形式ばった雰囲気が和らぎます。 それによって、義務的に結びの言葉を書いているわけではなく、本当に相手の体を気遣っているということが伝わりやすくなります。 メールでもスマートに相手の体調を気遣おう ビジネスメールにおける挨拶や結びの言葉は、定型文的に用いられることが多いもの。 だからこそ、相手が体調を崩しているようなイレギュラーな場面で、その状況にふさわしい結びの言葉を使えるとスマートです。 メールの相手との関係性などによっても、体調を気遣う結びの言葉は変わってきます。 相手の状況を踏まえ、ぴったりのフレーズを選べるといいですね。

次の

お見舞いメールの文例9選!体調を気遣う言葉などまとめ

体調 気遣う メール

具合が悪いときに、ちょっとしたひと言で元気付けられた経験は誰にでもありますよね? 周囲の人が体調を崩したと知ったら、せめて 「お大事に」のひと声をかけたいと思うものです。 さて、そのようなとき、英語ならどのような表現をするのが適切なのでしょう? 辛い思いをしている仲間に寄り添う気持ちを伝えるのに、 難しい言葉は必要ありません。 シンプルなフレーズで十分です。 大事なのは、誰かがケガをした、あるいは体調を崩したとの知らせを聞いたとき、お見舞いの言葉を出来るだけ早く伝えること。 では具体的に、英語でどんな言葉を掛ければ気持ちを伝えられるのか見ていきましょう。 気遣いを伝える基本フレーズ 具合が悪い人を気遣うとき、日本語では「お大事に」というシンプルな言葉が定番となっているように、英語でもいくつかのシンプルな表現だけで対応出来ます。 まずは、気遣いを伝えるのによく使われる 基本フレーズをご紹介します。 Take care! 「お大事に!」の訳が一番ピッタリ来る英語はこれかもしれません。 【使用例】 Have you caught a cold? Take care! 長くなるほど表現が丁寧になります。 【使用例】 You have just recovered. Please take good care of yourself. 「治ったばかりなのだから、どうぞお大事にしてください」 実はこのフレーズは、 「またね、気を付けて!」の意味で、別れ際の挨拶としてもよく使われます。 【使用例】 See you next week. Take care! 「じゃあ、また来週。 元気でね!」 I'm sorry! 普段は「ごめんなさい!」と謝罪するときの定番フレーズですが、人が辛い思いをしているとき、 寄り添う言葉としても使います。 日本語でピッタリ来る訳を付けるのは難しいですが、 「あなたの気持ちをお察しします」という状況で使うとよいでしょう。 【使用例】 I'm sorry, I heard that you are not feeling well. 「気分が良くないと聞きました。 大丈夫ですか?」 Oh, you are not feeling good? I'm sorry. 「具合が良くないのですね?大事にしてください」 I'm so sorry. Get well! こちらは、 「良くなりますように!」の気持ちを伝えるフレーズです。 【使用例】 Get well soon! 【使用例】 I hope you recover soon! 「早く回復しますように!」 I hope you feel better soon! 「早く調子が良くなりますように!」 I hope we can hang out together again soon! 「早くまた一緒に遊べますように!」 God bless you! 英語では、誰かのクシャミを耳にしたら、いつでもこのフレーズを投げかけるのが「エチケット」です。 直訳すれば 「神のご加護を」ですが、日本語に訳すとすればこれも 「お大事に!」となるでしょう。 【使用例】 Bless you! Sneezing is a sign of a cold! 「お大事に!クシャミは風邪のサインですね!」 世界の文化は様々に違えど、誰かがクシャミをしたら "health"(健康)を心配する表現を投げかける場合がとても多いです。 一方、日本では全く発想が異なり、「誰かが噂してる」と言ったりしますね。 さらに一言 さて、体調不良が長引き、しばらく寝込んでいる仲間は何かと不自由な思いをしているかもしれません。 「お大事に」の言葉に加え、 具体的なサポートを提案するのも良いでしょう。 何か出来ることがあるなら、以下のように具体的に提案する方が喜んでもらえるかもしれません。 Can I get you anything? 「あなたのためにできることはしたいんです」 Let me know if you need anything. そのような時、英語では次のようなフレーズがよく使われます。 I hope you feel better soon. 「早くよくなることを願っています」 I wish you a speedy recovery. 「早い回復を願っています」 You are in my prayers. 「祈りを捧げます」 You are always in my thoughts. 「いつもあなたのことを想っています」 I'm here for you. 「あなたの味方です」 Sending lots of caring thoughts. 休んでいる間、色々と心配していたはずです。 明るく迎えられたらホッとするに違いありません。 他にも、以下のような表現が使えます。 We missed you! 「待っていましたよ!」 Good to have you back! 「戻って来てくれて嬉しいです!」 Welcome back! 「だいぶ良くなったようですね!」 How do you feel? 「具合はどうですか?」 Are you feeling better? Take care. 「風邪ひいた?お大事に」 A: Thanks, I will… Ah-choo! 「ありがとう…。 ハックション!」 B: Bless you. I hope you get better soon. 「お大事に。 「今日は早退するよ」 B: Oh, you are not feeling good? 「うん…。 今日は早く寝ることにするよ」 B: Let me know if you need anything. I hope you feel better soon! 「何かあれば言ってね。 早くよくなりますように」 A: Thanks for coming to see me. 「お見舞いに来てくれてありがとう」 B: Can I get you anything? I hope I can leave the hospital soon. 「ううん。 「みんな、帰ってきたよ!」 B: We missed you! How do you feel? 「待ってました!具合はどう?」 A: Much better, thanks. 「戻ってきて嬉しいよ。 無理しないようにね」 まとめ いくつかのシチュエーション別に相手を気遣うフレーズをご紹介しました。 最初の4つのキーフレーズはどれも2語だけの短いものですので、すぐに口に出来るでしょう。 相手を気遣う言葉は伝えるタイミングが大事ですが、それも心から相手のことを想えば自然と対応出来るはずです。 具合が悪いところを誰かに気付いてもらえるだけでも嬉しいし、安心するものです。

次の

「お大事に」は英語で?相手の体調を気遣う英語フレーズまとめ

体調 気遣う メール

体調不良のためにアポイントの再調整を申し出られたら、まずは相手に対して心配や気遣いを示すことが大切です。 体調が悪いときには、他の人から寄せられる気遣いが、とりわけ嬉しく感じるもの。 体調不良の深刻さによっては、メールの表現を変える配慮もしたいものです。 風邪など、比較的軽い体調不良であれば、あまり仰々しいメールを送ってしまうと、嫌みと取られることもあります。 適度に心配する気持ちを伝え、その後は日程調整などビジネスの本題に移りましょう。 反対に、入院や手術が必要といった深刻な状態であれば、相手を心配する気持ちをしっかりと伝えましょう。 先方が深刻な状況を伝えてくれたにも関わらず、そのことに触れずに終えてしまうのは、相手をガッカリさせてしまうことになります。 改めて日程を調整するにあたっても、あまりに近い日程を挙げてしまうと、相手に負担をかけることになります。 状況に応じて「ちょっと先かな」と思うくらいの日程を挙げるか、相手の回復を待って調整するようにしましょう。 場面に合わせて改変してお使いください。 次回お打ち合わせの日程再調整の件、承知いたしました。 最近は急に冷え込み(暑さが続き/昼夜の寒暖差が激しく/室内の冷房が強すぎるところも多く)、つらい季節になりましたね。 体調を崩されているとのこと、どうぞお大事に(安静に)なさってください。 次回のお打ち合わせですが、下記日程はいかがでしょうか。 (複数日程をあげる) 緊急の案件ではありませんので、回復なさったら、お伺いしたく存じます。 (納期が迫っている折でもあり、ご負担をおかけしますが、いずれかの日程でお伺いできれば幸いです。 ) まだまだ寒い日(暑い日)が続きますので、くれぐれもご自愛ください。 状況に応じて改変してお使いください。 心よりお見舞い申し上げます。 体調が優れない中ご配慮いただき、心より感謝申し上げます。 ) ぜひお見舞いにと思いましたが、おじゃましてはかえってご迷惑になるかと案じ、ひとまずメールにてご連絡いたしました。 もしもお力になれることがありましたら、ぜひお声がけください。 なお、返信はお気遣いいただきませんようお願いいたします。

次の