で ある こと を 意味 し てい ます よ ねぇ。 「否めない」の意味と使い方・例文・短文・対義語・歌詞・敬語

「否めない」の意味と使い方・例文・短文・対義語・歌詞・敬語

で ある こと を 意味 し てい ます よ ねぇ

みなさんは、 四字熟語というとどのような言葉を思い浮かべるでしょうか? 座右の銘にしている四字熟語、今の自分の状況を表す四字熟語、授業で習った四字熟語、上司がよく口にする四字熟語などなどたくさん思い浮かびそうですね。 四字熟語とは漢字四文字で作られたものすべてを指すこともあれば、熟語や成語に限ったり、慣用句に限ったり「この条件があれば四字熟語」定義はなく、曖昧なもので、数えきれないほどあります。 漢字四文字で構成される熟語ですから、その数は無数にあるということなのでしょうね。 特に男女の縁のことをいう。 さんざん罵ること。 手がかりがないまま、あれこれ試してみること。 多くの人が同じことを言うこと。 強いものがさらに強くなること。 とても待ち遠しいこと。 仏教では、よい行いをした者は死後、極楽浄土で同じ蓮(はす)の花の上に生まれ変わること。 世の中の裏表を知り尽くしてずる賢くなること。 英雄や豪傑などのすぐれた人物が、時流に乗じて大活躍するたとえ。 自然の風物を題材にした詩歌や絵画を楽しむこと。 とても些細で取るに足らないことのたとえ。 普段、常々という意味。 見た目は似ているがなんの価値もないもののこと。 数多くの意見が出され、活発に議論されること。 自分の都合や思惑だけで行動し、他人の迷惑を考えないこと。 とんでもないこと。 寒い季節から徐々に暖かくなる時の気候。 三人集まれば、三つのやり方や考え方があるということ。 また、それぞれ異なるものが根本的には同一であること。 とても苦労すること、大変な苦しみのこと。 逆の扱いを受けること。 または、知らないことを知っている風に装うこと。 すぐれた人材のこと。 きわめて巧妙に出没して所在がわからないこと。 人がこの世を生きる道のこと。 不自由な生活、束縛された境遇のたとえ。 飾り気がなく悪気のない人柄のこと。 即座にその場にかなった機転をきかせること。 忙しく移動すること。 時間のこと。 一人で何人分もの働きをして活躍すること。 口汚く罵ること。 たくさんの色の花が咲いている様子。 死んでいてもおかしくない状況。 考えられるすべての方法や手段。 うわべだけ飾った内容の無い言葉。 優れた能力を持った人物が一時期にたくさん現れること。 夫の主張に妻が従うこと。 力の限りを尽くして努力すること。 知識がないので物事の道理が理解できず愚かな様子。 六道は、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六つ。

次の

全国共通じゃないの?「方言だと思ってなかった方言」コレクション

で ある こと を 意味 し てい ます よ ねぇ

「方言」って、その地域ではあまりにも当たり前に使われている言葉ですから、方言を取り扱う番組を見たり、もしくは違う地域に住んでいる友人と話して指摘されるまで、それが「方言である」ということに気づかないことがままあります。 たとえば私の例で恐縮ですが、宮城と山形出身の両親を持ち、主に宮城県で高校生までを過ごしました(幼稚園までは東北各地を何回か引っ越ししました)。 仙台市の高校に通い、 「仙台って方言が全然ないんだよね~」と思っておりましたが、大学進学を機に上京してあらびっくり。 今まで自分が「全国共通の標準語」だと思い込んで話していたものは、かなり方言だったのです。 靴下に穴が空いていることを 「おはよう靴下」と呼ぶこと。 そして、同意(=だよね!)の意味で 「だから!」と言うこと。 どれも、それが方言だなんて、1ミリも思っていませんでした。 そんな「方言と思っていなかったけれど、ある日方言だと判明した方言」を、10~50代の女性118名に調査しました。 書かさる、押ささるとか……(北海道の方から多数、青森県も) 「かちゃましい」。 「やかましい」とか「軽くうざったい」の感覚(青森県) 「でかす」。 「仕事を終わらせないといけない」というときに「仕事をでかさないといけない」などと使います(秋田県) 「ありがとう」を「もっけだの」、「かわいい」を「めっこい」、「冷たい」を「はっこい」、「くすぐったい」を「こちょばったい」などなど…(山形県) 「とても・すごく」を「いきなり」と言う。 たとえば「これいきなりかわいい!」とか。 でも普通に「突然」の意味でも「いきなり」を使います。 難しいと言われました(宮城県) 早速、他の地方から見ると「え、むしろそれを方言と思っていなかったの?」と思う言葉のオンパレードです。 ありがとうございます。 それにしても方言って、「え、そんなピンポイントな言葉にわざわざ単語が当てられているの?」というもの、ありますよね。 今回で言えば「つっぺ」。 ティッシュなどではなく、また別に「詰め物」としての単語が与えられている……と聞くと、もしかして北海道の人は鼻血を出す機会が多いのか? といらぬ想像をしてしまいます。 宮城人が方言だと思っていなかった方言って、一応標準語にもある語彙じゃないですか……?(だからこそ逆に気づきにくいのかもしれませんが) それでは次に北陸と関東甲信越あたりをまとめて見ていきましょう。 「もらう・配られる」の意味。 学校で友達に「プリントあたった?」と聞いたときに、みんなに変な顔をされて気づきました……(富山県) 「こそがしい」=「くすぐったい」。 「ダサい」の意味です(茨城県) 「ずるこみ」。 「割り込み」のこと(千葉県) 「掻く」の意味で「かじる」。 たとえば「蚊に刺されてかじったら血が出てきちゃった」みたいな感じで使います(山梨県) 「無理やり」を新潟では「やれもか」と言います。 父が新潟の下越地方出身で、家で日常的に聞いていたので、それが新潟弁と思わずに、仕事で後輩と話しているときに使ったら「なにそれ」と返されて方言だと気がつきました(新潟県) 「そろっと」。 「そろそろ」の意味なんですが、東京の子に「そろっと行こう」と言ったら「スロット?」と聞き返されました(新潟県) 標準語にもある言葉半分、そして聞いたこともない言葉が半分といった感じですね。 気になるのは、石川県の方の「1題目、2題目」ですね。 なぜそう呼ぶようになったのでしょうか……。 こういったちょっとした単位などにも地方ごとの特徴が出てくるって、どうしてなのでしょうね……謎が残ります。 次は中部。 「ぐだぐだしてないで」という意味です(静岡県) 「じょんじょん」。 「サンダル・草履」(静岡県) 「どしょっぱつ」。 「1番最初」の意味です(愛知県) 「放課」。 「休み時間」の意味で使われます(愛知県) 「机を運ぶ」という意味で「机をつる」!(三重県、愛知県) 「~しないよね」という意味で「~しやんやん」。 他の県の友達と話していて通じなかったときは驚きました(三重県) なんだか全体的に「THE 方言」という感じで非常にかわいい印象を受けます。 そして「ぶしょったい」「しょろしょろ」「じょんじょん」「どしょっぱつ」など、「しょ」やら「じょ」の音が多いのも気になるポイント。 あと、今回で言う「放課」しかり、「休み時間」シリーズもなかなか地方でいろいろな呼び方がありますよね。 特に2時間めと3時間めの間のちょっと長い20分休みは、「20分休み」「業間休み」「中休み」など地方で呼び方がかなり割れます。 ちなみに私の小学校では「業間」でした。 時間割にひらがなで「ぎょうかん」と書かれていて、子ども心ながらに「ぎょうかんってなんだろう」と思っていた記憶があります。 ずれている、という意味です。 「いがんでるからなおして(=ずれてるから整えて)」と言ったら関東の友人に伝わらなかった(大阪府) 「~してる」を「~しとう」と言います。 関西でも神戸だけみたいです(兵庫県) 関西地方からの回答は少なめ。 関西の方の場合、他の地方よりも「常日頃方言を話している」割合が大きく、さらに全国的にも有名な方言が多いため、「方言だと思っていなかった方言」が少ないこともありそうです。 毛筆や硬筆で字を書く場合、それぞれの画を書くときに、最初に力を入れてぐっと筆を置くこと。 それぞれの画の出だしがチョンってなってる部分です。 「うったてをちゃんと書きなさい」と学校で指導されます。 (岡山県) 「水が溢れる」ことを「水がまける」、「お金をおろす」ことを「お金を引く」。 方言と知らず、上京したときずっと使っていました(高知県) 「うったて」。 初めて聞きました。 これも北海道の「つっぺ」と同じくものすごくピンポイントな何かを指す言葉ですね。 岡山の方に追加で聞いてみると「むしろ完全に書道用語で全国共通だと思っていた」という回答が返ってきました。 確かに。 むしろこの部分、書道の授業のときものすごく重要視されているのにいまいちここを指す言葉がなかった気がするので、標準語に採用してほしい気もします。 「しまう・片づける」のことなのですが、「何を修理するの?」という顔をされがちです。 (福岡県、大分県、宮崎県、鹿児島県など、九州各地の方から超多数) 質問するときに、語尾が「~け?」になります(宮崎県) 「あー、そういうことね」といった意味で「あーね」と(佐賀県) 「せからしか&せからしい」。 「うるさい・面倒・鬱陶しい」の意味です(福岡県) 九州で圧倒的に多かったのが「なおす」=「しまう・片づける」の回答。 九州地方のたくさんの方から多く寄せられました。 確かに「THE方言」というよりは、「標準語にもあるけれど、意味が違う」なので、九州で生活しているとあまりにも普通に使うけれど、それ以外の地方の方が聞くと、「何をなおすの?」となるのでしょう、 そして、今回のアンケートでやたらと集まったのが「疲れた」やら「つらい」やらの言葉でした。 最後にまとめてご紹介します。 それにしても最後に出ましたね、あまりにもピンポイントな何かを指す言葉シリーズ、「けんびき」。 今回のアンケートでは「つっぺ」「うったて」「けんびき」に、3大ピンポイントで賞を与えたいと思います。 あなたもこんな「方言と思っていなかった方言」、ありますか?(後藤香織) 【あわせて読みたい】 2017. 17 作成.

次の

「てい」の意味と使い方・由来・漢字・類義語|しらないていで

で ある こと を 意味 し てい ます よ ねぇ

はじめに 最近、ことから、インドの統計数字をよく見る機会があった。 インドの「命数法(数に名前をつけて呼ぶ方法)」は、基本的には、日本で一般的な4桁毎の位取りや、西洋で一般的な3桁毎の位取りではなく、2桁毎の位取りに基づいている。 ただし、最初の3桁のみが例外になっているので、この点が若干ややこしい。 よく使われるものに、「ラーク lakh 」、「カロール crore 」 という命数があるが、これらは、それぞれ1,00,000と1,00,00,000を表している。 インドでの各種の統計数字や英字新聞等でも普通に使用されているので、インドでビジネスを行う場合には必須であり、一般の人も覚えておくと役に立つものと思われる。 「0(ゼロ)」が果たしている役割-数字の表記における意味合い- 日本は4桁毎の位取りをしていると述べたが、これに対応した命数法は「万」、「億」、「兆」、「京」等といった形になっている。 一方、3桁毎の位取りをしている英語では「thousand」、「million」、「billion」、「trillion」等といった形になっている。 世界の各国がそれぞれの言語に基づいた「命数」を有しているが、これらを覚えるのは易しいことではない。 ただし、これを数字で表してしまえば、誰でも数字の大きさのレベルを理解できることになる。 この際、現代世界では、通常、「0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 」の十種類の「アラビア数字(インド・アラビア数字)」が幅広く用いられる。 ローマ数字は、「0」を表す表記を持たず、その一般的なルールに従った場合、4,000以上の値を表現できないが、アラビア数字では、「0」を用いることによって、どんな大きな数字も簡単に表現できる。 これに対して、「命数法」による数字の表現については、日本において「無量大数(一般的には10 68を指すとされる)」の次は、と考えていくと、(もちろん「千無量大数(10 71)」のような表現もあると思われるが)実質的に制約があるものと思われる。 このように、数字の表記においては、空位を示す「0」の存在が、その簡明さと実用性において、極めて重要な役割を果たしている。 「インドはゼロを発見した国」が意味するところは インドは、「ゼロを発見した国」と言われるが、これの意味するところは、「零の発見-数学の生い立ち-」(吉田洋一著)、「数学史の小窓」(中村滋著)、「インドの数学-ゼロの発明-」(林隆夫著)等によると、以下の通り、「数としてのゼロを発見した国」ということになる。 「記号としてのゼロ」が、最初に使用されたのは、紀元前数世紀のバビロニアで、プトレマイオス朝(紀元前306年~紀元前30年)のエジプトでも使用されていた。 この有用性については、既に述べた通りである。 7世紀(紀元628年)に、数学者・天文学者であるブラーマグプタが、その天文に関する著書「Brahmasphuta Siddhanta」(宇宙の始まり)において、「0(ゼロ)と他の整数との加減乗除」について論じ、0/0を0と定義した以外は全て現在と同じ定義を用いた。 これが、「数としてのゼロ」、即ち「数学的演算の対象として、初めて0(ゼロ)を取り扱った」形になっている。 「数としてのゼロの発見」により、0(ゼロ)を含んだ表記法で表された数字の計算が行えるようになり、「0(ゼロ)が加法(足し算)における単位元」として確立されることになった。 なお、「アラビア数字」については、インドを起源としているが、アラビアに伝わり、さらにヨーロッパに広まっていった。 それまで、ヨーロッパの人々はローマ数字を使っていたが、より表記が簡明なアラビア数字が広まっていくことになる。 日常生活におけるゼロの持つ意味 さて、我々は、「0(ゼロ)」という数字を何気なく使用しているが、その意味するところや使われ方は状況によって様々である。 ここでは、哲学的・精神的な観点等からの意味合いではなく、あくまでも実用的な観点から、「0(ゼロ)」が使用されているケースを考えてみる。 例えば、以下のようなものが挙げられる。 時刻、場所(緯度・経度・高度)、距離、各種の科学的な数値(温度、重量)等数多くのケースが挙げられる。 この場合には、起算・基準となる「0(ゼロ)」が、いつ、どこで、どのような状態等を意味しているのか、を明確に定義しておく必要がある。 一方で、類似したケースで、「0(ゼロ)」を使用することが考えられるケースでも、以下のように、通常は「0(ゼロ)」を使用していない場合も見られる。 これは、日付や年月は序数を表すから、と言われている。 ただし、天文学やISO 8601(日付と時刻の表記に関する国際規格)では、紀元前1年は、西暦0年と定められている。 米国式では、1階はFirst Floor であるが、英国式では、1階はGround Floor で2階がFirst Floor となる。 英国でもZeroth Floorとは言わない。 ただし、コンピューターの分野等では0から数えることもあるので、1 st(First 、2 nd(Second)と同様に、0 th(Zeroth)という言い方もある。 ゼロか零か 日本語では、「0」の呼び方や記載方法として、「ゼロ」と「零(れい)」がある。 その区別は必ずしも明確ではない。 一つの考え方として「ゼロ」は全く無し、という意味であるが、「零(れい)」には、零細企業の表現に見られるように、「わずかに」「規模が小さい」という意味もある、とされる。 従って、天気予報における降水確率の「0%」は必ず「れいパーセント」と読まれ、「ゼロパーセント」とは読まれない。 一方で、「ゼロ」を意味する「0点」については、試験の点数の場合は「れいてん」と読まれ、科学等で使用される場合には、あくまでも基準点を示しているという意味合いから「ゼロてん」と読まれるケースが多いものと思われる。 一方で、「零」についても、通常は「零下」「零点」「零敗」等「れい」と読まれるケースが多く、それが常用漢字の読み方に対応したものとなっていると思われるが、一方で、「零戦(ゼロせん)」とか、映画やゲームのタイトルでは「零」を「ゼロ」と読ませる形で使われるケースが多いように思われる。 結局は、明確なルールがあるわけではなく、過去からの習慣的な要素等も大きく関係しているようである。 最後に 数字の「0(ゼロ)」については、現代においては、あまりにもその存在が自然で当然過ぎて、日常生活においては、その存在意義や意味合いについて考えて見る機会もないものと思われる。 ただし、その起源等を探ってみると、本当は極めて奥深いものがあり、結構複雑で重要な意味を持つものであることがわかる。 ここでは、その一端を簡単に紹介させていただいた。 興味深く感じた人は、ゼロに関する著書も多く出版されているので、そちらを参照していただきたい。

次の