たむし と は。 水虫とたむしって別のもの?症状、治療法や予防法は?

白癬

たむし と は

製品情報• 製品検索• よくあるご質問・ お問い合わせ• 安全にお使いいただくために• 企業情報• 会社情報• ニュースリリース• IR情報・ CSR• IR情報• 財務情報• IR資料室• 株式情報• CSR• E(環境)• S(社会)• 従業員と共に• お客さまと共に• 地域社会と共に• お取引先・お得意先と共に• G(ガバナンス)• 採用情報• 小林製薬とは• キャリア採用• 個人情報の取り扱いについて• 取り扱いについて• してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)• 1.次の部位には使用しないこと 1 目や目の周囲、粘膜 例えば、口腔、鼻腔、膣等 、陰のう、外陰部等 2 湿疹 3 湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部 相談すること• 1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること 1 医師の治療を受けている人 2 乳幼児 3 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 4 患部が顔面又は広範囲の人 5 患部が化膿している人 6 「湿疹」か「みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人 陰のうにかゆみ、ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い• 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品のパッケージを持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること.

次の

体部白癬(たむし)

たむし と は

()では、体の皮膚に色の変化が生じます。 赤くなったり、皮がむけたり、他の部位と比べてがさつきが増したりといったさまざまな症状があります。 見た目だけではかどうかの診断が確定できないため、かどうかを確定するには、はがれた皮膚を採取して顕微鏡で観察します。 ご自身の症状がでないかと心配になった時には、お近くの皮膚科クリニックで相談してみることをお勧めします。 は皮膚科の中でも最もメジャーな病気の一つです。 悩む前に診察を受けて、診断をはっきりさせた方が治療に取り組みやすくなります。 なお、薬局やコンビニエンスストアでもの治療薬を販売しているところがあります。 もしこれらの薬を既に自己判断で使用している場合、皮膚科を受診する前には1週間ほど薬を休んでから受診することをお勧めします。 薬を使用中だと菌の数が減っていて、検査をしても見つからず診断がつかないことがあるためです。 自己診断が合っていて、かつ薬を正しく使っていればそれで治ってしまうこともありますが、診察を受けることをお考えであればこのような段取りを踏んでからの受診が良いでしょう。 体部白癬(たむし)でお困りの方 の治療は、塗り薬が基本です。 症状の範囲が広かったり程度が強い場合には内服薬を使用することもあります。 については、診断がつき次第その場で治療が開始されますし、治療の方法にもバリエーションが少ないため、どのような治療を受けるか迷う余地は少ない病気かもしれません。 しかし、診断が間違っていて別の種類の薬を使用し続けていると症状が治らない(もしくは悪化する)ことがあるため注意が必要です。 治療が長引くことがありますので、皮膚の角質が入れ替わるまで根気強く治療を続けることが必要です。 症状が外見上治まるタイミングと、本当に菌がいなくなるタイミングにはズレがあります。 見た目上治ったからと言ってそこで治療を中断してしまうとまた再発して治療が仕切り直しになってしまうため、場合によっては数か月間、通院しながら治療を行うことが必要となります。

次の

タムシチンキ│製品情報│小林製薬株式会社

たむし と は

高温多湿によって菌が繁殖し、発症 「いんきんたむし」は「股部白癬(こぶはくせん)」や「岩癬(がんせん)」とも呼ばれ、白癬菌(はくせんきん)が鼠径部や内股に増殖すると発症します。 白癬菌は人間の皮膚に常在する菌であり、通常であれば異常を起こすことはありません。 しかし、高温多湿を好むため、内股などが湿ったり蒸れたりすると菌が増殖。 角質層に根を張り、繁殖することで発症します。 他人から感染することがほとんど 主な感染経路は人から人です。 白癬菌は感染力が非常に強い菌なので、人同士直接触れなくとも、物や場所を介して感染します。 一般的なのは、大勢が利用するトイレや温泉、ジム、プール、海水浴場などの公共施設。 白癬菌は感染者の服や直接触れたイス、床などに付着し、とくに浴室のバスマットは湿気を含んでいるので菌が繁殖しやすい傾向にあります。 白癬菌に感染している家族がいる場合、感染している人の皮膚が床に落ち、菌が繁殖して一緒に住んでいる家族に感染することもあります。 また、性行為で感染することも少なくありません。 パートナーが、いんきんたむしに感染しているときは、なるべく性行為を控えたほうがいいでしょう。 ほかにも、自宅で飼っている犬や猫などのペットから感染することもあります。 白癬菌は動物の毛を好んで寄生することもあり、白癬菌に感染したペットに触れたり、抱いたりすると感染します。 ペットに触れた腕などに痒みと赤みが現れたら白癬菌に感染している可能性があるので注意してください。 自分の足に発症した水虫が原因の場合も 自らがもっている足の水虫が、いんきんたむしを招くこともあります。 水虫の原因も、いんきんたむしと同じ白癬菌。 水虫にかかっている自分の足に触れたあとに股のつけ根などに触れると感染する恐れがあります。 感染を防ぐ方法 白癬菌が付着したからといって、すぐ、いんきんたむしになるわけではありません。 菌が皮膚に入り込むまで約24時間かかります。 ですので、白癬菌が皮膚表面に付着した場合はこまめに洗い、皮膚を清潔な状態にしていれば感染は防ぐことができるでしょう。

次の