坂道 ブログ アーカイブ。 がみpedia~坂道徒然草~

がみpedia~坂道徒然草~

坂道 ブログ アーカイブ

1 ありがとう 💐 2019-08-12 09:28 ARCHIVED• 2018 2018-12-31 22:25 ARCHIVED• 17 🦏 2018-12-03 01:24 ARCHIVED• しましま 🦓 2018-11-18 11:52 ARCHIVED• ハッピーハロウィン 🎃 2018-11-01 06:23 ARCHIVED• マギレコ! 2018-10-08 01:43 ARCHIVED• ポケモンの家あつまる? 2018-09-02 10:20 ARCHIVED• ストラーダ・フトゥーロ 🏹 2018-08-30 00:05 ARCHIVED• お花 🌸 2018-08-28 04:46 ARCHIVED• たーまやー 2018-08-27 12:23 ARCHIVED• TIF 🌈 2018-08-04 17:51 ARCHIVED• マギアレコード 🔮 2018-08-04 02:44 ARCHIVED• あつい〜 🍧 2018-07-21 20:22 ARCHIVED• たこやき 🐙 2018-07-04 02:28 ARCHIVED• まじっくがーる 2018-06-24 12:17 ARCHIVED• 走り出す瞬間 🏃 💨 2018-06-21 03:22 ARCHIVED• ポニーテール 🐴 2018-06-16 03:01 ARCHIVED• ピータン 2018-06-11 10:04 ARCHIVED•

次の

【乃木坂46】卒業生のブログが見れる『NgzkBlogArchive』を徹底解説!西野七瀬や橋本奈々未も…

坂道 ブログ アーカイブ

今回は『9thとこれからのグループを大予想!【欅坂46】』をテーマにお話していきます 2019年2月27日に発売された『黒い羊』を最後に、一年以上もの間、シングルの発売が延期されています。 昨年9月ごろ、冠番組にて9thフォーメーション発表がありました。 その後MVの撮り直しや、メンバーの卒業など、様々な事態により9thのシングルが延期となりました。 もちろん延期については、関係者とされる人物によるリーク情報なるものや、関連する記事によって結論付けられた、憶測にすぎません。 そこで…• 9thは選抜制なのか• センターは誰なのか• 新二期生は入ってくるのか 上記3点をテーマにお話していきます。 最後までお付き合いください! 根拠は何?• フォーメーションを一から組みなおす必要がある• センターを誰にするのかのほうが急務• グループの顔とも言える センターの不在は非常に大きいです。 文字通り、センターを中心にフォーメーションを組むと言っても過言ではありません。 そのため、まず平手友梨奈以外のセンターを、9枚目にして新たに選出していく必要があります。 そのセンターを支えるメンバーを適宜配置し、且つお互いの短所や長所を補え合う配置が求められます。 それほど今回のセンター問題は重要なことだと言えます。 世間的な目線で見れば、 平手友梨奈の抜けた欅坂46は落ち目であると感じている人が多いのが実際のところです。 しかし新たな欅を打ち出すチャンスとも言えますし、ワンマンチームと思われがちなグループのイメージを覆す、チャンスであると言えます。 そのため、一人でも多くのメンバーがワンチームとしての力と、それぞれの個性を発揮していく必要があります。 兎にも角にも、新規ファンの獲得やインパクトを残すためにも、篩 ふるい にかけることをせず、一丸となってパフォーマンスを提供して欲しいと思います。 センターは誰なのか ここでは私の考える9thの新センターを考えていこうと思います。 さっそくやっていきましょう! 二期生から選ぶとすれば、彼女しかないと考え選出しました。 小さな体からパワフルなダンスで圧倒する彼女は、センターポジションでも輝けるはずです。 スイッチの入ったステージ上の彼女の姿に、ファン以外の人が見ても目を奪われることは間違いありません。 またいやらしい目線ではありますが、二期生からの選出であれば一時的な話題作りや新生欅坂を打ち出すこともできます。 …ともあれ、森田ひかるのポテンシャルを考えても可能性は大いにあるかと思います。 新二期生は入ってくるのか ここでは新二期生は9thに入るのか問題です。 新たにフォーメーションを組み直す際には、旧フォーメーションを決めた際には加入していなかった新二期生を加えて、新フォーメーションを組むのかが注目されると思います。 私の予想としては… 新二期生は9thの表題曲フォーメーションに加わりません! あくまでも私の考えであることを前提に話をしていきますが、新二期生は9thの表題曲フォーメーションには加わらないと考えています。 選抜制度については9thで採用せず、一人でも多くのメンバーで一丸となると上記で話してきましたが、とは言え現状 新二期生を加える判断を運営がするとは考えにくいと考えました。 「新二期生がフォーメーションに加わるのがまだ早い」とは考えていません。 実際いつ9thが動き出すのか分かりませんし、いつなら適正な時期とは言えないと思います。 また、9thは全員選抜を予想している中で、新二期生全員を加えてパフォーマンスするリスクのようなものは少なからずあります。 その点においても新二期生は加わらないと考えました。 最後に… 今回は9thシングルについて色々予想をさせていただきました。 選抜制度はどうなるのとか、センターは誰になるのとか、新二期生は入ってくるの、というみなさんも私も気になる点について、勝手に想像させていただきました。 ちなみに、新二期生は表題曲には加わらないと言っているだけですので、まず間違いなくカップリング曲など登場する可能性は十分にありますのであしからず。 こちらの記事では、実際に9thが発売された際には「どのくらい私の予想が当たっていたのか」自己採点していきますので、注目して頂ければと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

がみpedia~坂道徒然草~

坂道 ブログ アーカイブ

・深川麻衣さん ・橋本奈々未さん ・西野七瀬さん など、乃木坂を卒業し、今は公式ブログに掲載されていないブログを全て閲覧できます。 もちろん完全無料で、見放題です。 出展: ちなみに、上記画像のように今は公式から卒業メンバーのブログは見られなくなっています。 しかし本サイトには、ブログが2011年の結成当時からあるので、 すべての歴史を辿ることができるわけです。 なので、ファン必見の神サイトだと話題になりました! 2. 実際に卒業生のブログを見てみよう! では、そんな 「NgzkBlogArchive」の使い方を図解していきましょう。 実際に僕が使いながら解説していきます。 ブログを読みたい卒業生を選択。 乃木坂の方と同じように読むことができますよ! 4. 乃木坂卒業生の「おすすめブログ4選」 それでは最後に、ドルオタ歴7年目の僕が厳選した、 『卒業生が書いた、読むべきおすすめブログ4選』をご紹介します! 乃木坂46の長い歴史を、初期から見てきた卒業メンバー。 ・デビューシングルの決定 ・自身の卒業 ・頑張り過ぎていた初期 などなど、人気となった現在から振り返ると、感動したり、面白かったりするブログが多数あります。 それを数あるブログの中から厳選しましたので、ぜひ読んでみてください。 デビューシングル『ぐるぐるカーテン』の選抜発表に関して、グループ初センターとなった生駒さんの心境が語られています。 全員が目指していたグループの初シングルで、 センターという重圧を受けた生駒さんの覚悟と、不安などの感情が目一杯つめられています。 当時は秋田から出てきて芸能界に入り、たった1年しか経ってないですからね。 まだアイドルに慣れきってない状態でのセンターは、大き過ぎる壁だったろうと簡単に想像できます。 グループのスタート、生駒さんの始まりがギュッと詰め込まれた、歴史に残るブログだなぁと感じてます。 当時グループで最年長でした。 そもそも卒業をブログで発表するという文化は、この岩瀬さんから始まった気がします。 まだ誰も卒業していない状況だからこそ、 「卒業の仕方がわからない」中で書いたこのブログ。 決意、迷いや感謝、想い出など、初の卒業メンバーとは思えないほど丁寧かつ赤裸々に文章を綴っています。 卒業ラッシュが続く乃木坂ですが、 『卒業のお手本』となった岩瀬さんのブログは、ファン必見です。 というのも、やはり卒業に関して書くべきこと なぜ辞めるか、今後どうするかなど をわかりやすく書いています。 もちろん、本人は悩みに悩んでの一大決心だったことは間違いないです。 しかし、 卒業ラッシュが始まってる…という事実が突きつけられる、質の高いブログだなと感じました。 ぜひ他の卒業メンバーの、「卒業発表ブログ」も読んでみて下さい。 「乃木坂ってどこ?」で、よゐこの有野さんに深川さんのブログ分析されたことも… このブログを見ると 「ブログって、メンバーとファンとの繋がりの場なんだなぁ」と、本来のブログの在り方を思い出せます。 深川さんのファンを大切に思う優しい心が全面に出ている質問コーナーを、ぜひ読んでみてください。 初期から3~4年は、かなりの割合でコーナーを設けていますので、適当にブログを選べば読むことができますよ! p. 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 卒業生のブログが見放題の 『NgzkBlogArchive』について、理解が深まったはず! 乃木坂46卒業生も、乃木坂の歴史を作ったかけがえのない存在です。 また、あなた自身もそんな歴史を見てきた古参として、懐かしい気持ちになったと思います。 今後も卒業メンバー含め、乃木坂を精一杯応援していきましょう!.

次の