頭 が 良く なる 画像。 頭が良くなる方法はコレ!おすすめの12個のやり方を紹介します

大人でもまだまだ頭が良くなる12の方法|「マイナビウーマン」

頭 が 良く なる 画像

スマホや様々なモバイル・デバイスの普及によってメディアが多様化しラジオを聞く機会は格段に少なくなっているのではないか。 かつては受験勉強をする若者や店舗などで良く聞かれたものだ。 デジタル化が進んだ社会の中でラジオについてある俗説があるそうだ。 それは「ラジオを聴くと頭がよくなる」だ。 この俗説が俗説ではなく科学的な根拠を持ったものであると脳科学者の研究によって明らかにされた。 インターネットで全国のラジオを配信しているradikoが、この俗説の科学的真偽を実証するため「脳の学校」代表の脳科学者、加藤俊徳医師の監修のもと大学生8名を対象に「ラジオを聴き続けると脳にどのような影響を与えるのか」についてMRIを用いて検証した。 聴覚情報の伝達経路は「理解系」、「聴覚系」、「言語記憶系」、「イメージ記憶系」などの領域の連携で成り立っている。 この実験によって、ラジオを聴き続けることにより記憶系脳の領域が最大で2. 4倍、聴覚系および理解系脳領域が最大で2倍成長し、「ラジオを聴く」という行為が脳の成長に有益な働きをもたらしていることが実証された。 ラジオを聞いている被験者のMRI画像をみると、左側頭葉にある聴覚系領域で活性エリアが最大で2倍に拡大していることが確認された。 聴覚領域は左脳に存在するがMRI画像から右脳の記憶系領域の活性エリアも最大で2. 4倍拡大しているのが確認できイメージ力も活性化されているようだ。 実験結果を細かに見ると、左脳の記憶系脳番地の成長が観測された被験者は8人中3人。 聴覚系・理解系脳番地の成長が観測された被験者は8人中4人などとなっている。 ラジオを聴き続けることは当然、左脳にある言語記憶系を刺激するであろうと予測されるが、この実験ではその予測を超えて、視覚的な想像力が換気されていることを示す右脳の記憶系脳領域を成長させることを明らかにしている。 人間の脳は人の話を聞くと、まず聴覚系で音声としての言葉を認識し、理解系でその意味を理解する。 その後、思考系や感情系で判断を下し伝達系を通して自分の意思を伝えたり運動系で行動を起こしたりする。 レポートでは「音声情報だけのラジオを聴き続けることにより、言葉を想像力で補完する脳の働きが強化されることで、未発達の人が多い右脳の記憶系脳番地が活性化したと考えられる」と指摘している。 加藤医師は「子供の学習力アップ」や「脳の老化防止」にもラジオ聴取が有効だとしている。

次の

頭が良くなる方法※誰でもできる意外な7つの方法とは?

頭 が 良く なる 画像

Contents• 話を聞いて知っている知識であったりすると「それ知っている」と早合点してしまうことです。 お子さんが既に「知っている」知識があることは、「凄いなあ」と思うのですが、 ただ、いま大事だと話していることは「納得すること」が大事だということです。 単に「知っている」と「納得すること」は、まるで違うこと。 天国と地獄くらいにかけ離れていることだと思ってください。 「納得すること」は、人の話を聞いて、頭の中で「なるほどねえ」と味わえるレベルにまで理解することを言うのです。 勉強ができるためには、納得したことを口頭や図で説明できるレベルにまで上げていく必要があるのです。 自分の頭で納得したことを他の人も納得できるように説明することができるようになれば、学力レベルは一段階上がったといえるでしょう。 後から読み返して理解できるようなノートを作ることも、説明の1つです。 後でノートを読み返している自分(他人と言えます)に対して説明することになりますから。 東大に毎年何十人と合格しているような難関校ではこの生徒同士の説明が普通になされています。 職員室の先生に質問に行く前にまず生徒同士で。 このようなカルチャー(文化)が東大合格を当たり前の環境にしています。 しかし頭が良くなるためにはあと一歩。 繰り返しの練習をする必要があります。 何度も何度も繰り返していく中で 「解ったつもり」だけど実は理解できていないことがあぶり出されてきます。 実は勉強で一番大事なのはココです。 「解ったつもり」だったけど実は解っていなかったのが試験当日では遅すぎます。 先生の話を聞いて解ったつもりだったけど、問題を解いてみたら「できなかった」という経験はないでしょうか? 実際に問題を解いてみないと出来ないことを見つけ出すことはできません。 何度も何度でもたくさん問題を解いてみます。 そして出来ないところを復習します。 この一連の繰り返しが深いレベルの理解をもたらします。 繰り返すことが大事です。 これだけで成績は良くなり勉強ができるようになります。 このステップを繰り返すことで頭は使われ良くなるのです。 3ステップ学習を怠ると、成績は上がりません 「3つ」の過程のうちどれか一つでも怠ると学習の理解が進みません。 当然成績も上がりません。 頭は使えば使うほど良くなります。 筋トレと一緒です。 学習の理解が進めば進むほど頭は使われることになります。 頭を良くしようと思うのなら3ステップ学習のそれぞれの過程をきちんと通過しながら学習を進めなければなりません。 勉強苦手な中学生は、アウトプット学習が不得手 勉強が苦手な中学生たちがとりわけダメなのがアウトプットの学習です。 インプットしたところでアウトプットできなければ試験では何も役にも立ちません。 そしてこれは実は社会に出てからもそう。 学ぶという行為をしてインプットをたくさんしたところで、その得た知識を生かして使いこなすというアウトプットをしなければ学んだことを社会に還元できません。 アウトプットありきのインプットです。 中学生のうちにアウトプットを意識した勉強を当たり前にしておきましょう。 成績が上がらない中学生は、暗記に頼りすぎ? 試験直前期に暗記学習ばかりしている中学生は試験で応用問題を解くことができません。 当然ながら成績も上がりません。 暗記だけだとその場シノギの勉強となってしまい、知識を発展させていくことができないですし、 一度に暗記できる量はというのは限界があって学習効率も非常に悪いのです。 むしろ脳にとって悪いことをしているので、頭が良くなる訳がありません。 人間は納得できないことはすぐに忘れ去ります。 (都合の悪いことはすぐに忘れ去りますよね?) 積極的に脳を動かして納得すると、脳は動かした分だけキープさせようとします。 その結果暗記が目的ではないのに逆に脳に定着したりします。 結局バランスよく「3ステップ」の学習をすることが必要なのです。 子どもが勉強するようになる方法で悩んでいる方は非常に多いです。 子ども本人も、そしてお父さんお母さんも、頭では「こうすれば成績が上がる」「頭が良くなる」と言うことを解っている方はとっても多いのですが、 いざ実践となると、これが中々難しいことで。 子供も勉強が思い通りにはかどらなくて、成績も足踏み状態になるし。 親としても「うちの子は何やっているのだろう?」「勉強していないんじゃない?」「やるやるって、やってないじゃない」 と言うことで、親も子供も『ストレス』がたまる状態になります。 ストレスが溜まってしまうと、これはもう成績が上がるとか言う話ではありません。 頭は良くならないのです。 では、一体どうしたら良いのか?と言うことです。 しろくま塾長のご意見はどうでしょうか? ニヤリ(笑) そうでしたね。 中学生とか高校生だと、誰もが家で勉強する方法に悩んでいることが多いのです。 一点、大事なポイントを言うとすれば「子どもは勉強のやり方を知らない」と言うことです。 本来的に、やる気がない子供なんていません。 それは確かに、見た目や性格から「何だかこの子は解っているのかなあ…」と思うことは多々あるでしょうが、子供の奥底には自分はやりたいとか、やれば出来ると言う気持ちが必ず潜んでいます。 でも「子供自身」は自分では、勉強方法はどうすれば良いのだろう?と言うことが解らないのです。 やる気があっても、やり方が解らない状態。 子供自身も困っているのです。 そのような困っている子供に対して、「勉強しなさい」と言ったところで何も始まりません。 子供との間で無用な衝突を産むだけなのです。 親が出来ることがあります。 そして親にしか出来ないことがあります。 それは子供の勉強環境を作ってあげることです。 勉強環境作りは親にしか出来ないことですから。 親が学習環境さえ整えてあげれば、あとは子供自身、必ず自分から勉強を始めます。 勉強を始める時期の早い遅いはありますが、必ず子供は自分で勉強を始めるのです。 ここは子供を信じてあげましょう。 親ができることは子供が勉強をしやすい勉強ツールを提供してあげることです。 私がオススメしている勉強ツールは2つあります。 一つはニワトリ先生も使っていたツールです。 みなさんも試してみては如何でしょうか?私が信頼している勉強ツールです。 私はスタディサプリを使っていました。 「スタディサプリ」も「すらら」も、隙間時間で勉強できるし、疲れている時でも家でリラックスしながら勉強できるので使い勝手が良かったです。 解りやすい授業で、解らないところは何度でも聞いて勉強できたし、問題も何度も解きました。 いずれも楽しく勉強できる工夫がある点が良かったです。 すららは、勉強状況を管理してくれる個別指導の先生も付いてくれるし、スタディサプリもすららも、親が子供の勉強時間を管理できるシステムがあるので安心して見守ることができます。 確認テストの点数だって親が把握できるところが良いところです。 子供の勉強方法については正解はありません。 でも確かに、この2つの勉強ツールは多くの生徒が結果を出しています。 私も使っていましたし、教え子にもどちらかの勉強ツールを使わせています。 しろくま塾長と共に、私もこれらの勉強ツールに信頼を置いています。

次の

1日1分見るだけで目が良くなるすごい写真|老眼や眼精疲労対策に!

頭 が 良く なる 画像

大人も子供も1日10分するだけで頭が良くなることとは?! 1日10分で頭を良くする方法を紹介させてもらいます。 これは特に子供に効果があることですが、おそらくは大人にとっても認知機能の回復という点では効果があると思われますので、是非大人の方もお子さんも一緒に行なっていただけたらと思います。 2019年にペンシルベニア大学とカリフォルニア大学の研究チームが、中国で行われたコホート研究のデータセットを用いて研究を行っています。 2928人のライフスタイルから、子供たちが4年生から6年生の間にどんな生活をしているのかということを調べています。 例えば、子供たちの幸福度がどれぐらい高いのかということや、BMIや血糖値、学力の高さや問題行動の有無などを色々と調べています。 それらを調べた上で、両親の教育レベルや経済力などを除いて調整したところ、なんと、 ある行動を1日に10分や20分で構わないので行なっているだけで、それをしている子供たちはメンタルも安定していて幸福度も高く、身体的にも健康だったということです。 さらに、 教育レベルの高い親の元で育てられた子供ほど、この行動をよくしているということも分かっています。 その行動とは何だと思いますか? 普通に考えると、やはり勉強だろうとか、運動をしていたのではないかというようなことを考えると思いますが、なんとその行動とは 昼寝でした。 子供の昼寝を推奨! つまり、 昼寝をしている子供ほど、メンタルも安定してカンシャクを起こすことも少ないいい子で、幸福度も高いので幸せな毎日を送っているということです。 ですから、子供の昼寝は推奨した方が良いということです。 そして、 昼寝をすることによって子供達は健康に育つし、人間関係の問題や学校での問題など問題行動も起こしづらかったということです。 さらには、 教育レベルの高い親の元で育った子供ほど、よく昼寝をしているという傾向が確認されたわけです。 そういう意味では、子供を幸せにして健康的で頭を良くしてくれるかもしれないという行為が、1日に10分から20分ぐらいの昼寝ということですので、是非親御さんも一緒に昼寝をしてみてはいかがでしょうか。 大人にとっても昼寝は重要 なぜ親御さんも一緒にしたほうがいいのかというと、そもそも昼寝をしていないと人生損しているのではないかというぐらい、昼寝というものはとても強力なものです。 なかなか夜に寝付けないという人も、昼寝で眠れなくても目を閉じて横になっていたり座っているだけでも効果はあります。 この昼寝というものは、皆さんの症状によって時間は結構変わってくるものですので、それぞれ最適な時間を紹介しておきます。 集中力の回復:10〜20分の昼寝 例えば、別に睡眠にそんなに問題があるわけではないけれど、結構忙しくて、仕事中や勉強中に時々頭がぼーっとしてしまったりする人や、大事なことをする前に集中力や生産性を高めたいと考えている方におすすめの昼寝は10分から20分ぐらいの昼寝です。 2006年の研究を見てみると、たった10分眠る、あるいは、目を閉じているだけでも認知機能が回復したり、集中力が高まったり物事をインプットする能力が高まるということが分かっています。 集中力の回復や生産性の回復、頭の疲れの回復には10分から20分ぐらいの昼寝が効果的です。 若々しさを保つ:〜30分の昼寝 そして、 体の炎症レベルを抑えたいとか若々しくいたい、肌を綺麗にしたい、あるいは、筋トレなどをした時の疲れを取りたいと考える方は30分の昼寝がベストです。 昼寝が30分を超えると色々な問題もあり、ノンレム睡眠がステージ2というものに変わってしまいますので、そうなると起きた時に頭が余計にぼんやりしてしまいますので、昼寝は長くても30分以内にしておいた方がいいと思います。 昼寝は30分以内にするようにすれば、起きた時に頭がぼんやりすることはあまりありませんし、夜の睡眠にも影響が出ません。 一方でいわゆる老化につながる体内の炎症レベルを抑えてくれるということが分かっていますので、いつまでも若々しくいたいとか肌をきれいに保ちたいという方は30分以下ぐらいの昼寝を習慣にするといいと思います。 40分から60分ぐらいのがっつりとした昼寝はあまりおすすめはしません。 おすすめはしませんが、一部の実験では、60分の昼寝をすることによって心身の疲れがとても取れるという結果も出ていたりはします。 アスリートであったり体をとても酷使するような人にとっては60分ぐらいの昼寝をとってもいいとは思いますが、そうではなく普通の方は、アンチエイジングなどの効果まで考えるのであれば30分ぐらいまでの昼寝、頭をスッキリさせてこれから勉強や仕事に集中したいと考える場合には10分から20分ぐらいの間の昼寝がベストな昼寝の時間になると思います。 眠れなくても目を閉じているだけでも効果はある 昼寝をする時には、別に寝れなくても目を閉じているだけでも効果はあります。 僕の場合は、昼寝まではいきませんが6分間目を閉じるだけということをよく行います。 これは、例えば本を読んでいて覚えておきたい知識を知った時や、勉強していてこの30分に勉強したことは頭の中に定着させておきたいと思った時には、一度本やテキストを閉じて6分間目を閉じます。 できれば、ノイズキャンセリングのイヤホンなどをつければより効果はあると思いますが、周りから入ってくる情報をシャットアウトします。 そうするとそれまで自分が頭に入れた知識が定着しやすくなります。 ですから、僕の場合は結構こまめにこの6分間タイマーをかけて目を閉じるということをよく行います。 頭がぼーっとするような場合には、15分から18分ぐらいの昼寝をするようにしています。 お昼ご飯を食べた後などの眠くなる時間帯には、予め時間を決めておいて30分の昼寝をするようにすると頭もスッキリして集中することができるようになるでしょうし、肌もきれいに保つことができますので一石何鳥にもなるメリットがあると思います。 是非試してみてください。 日中にどうしても眠いという方もいると思いますが、そのような方は、疲れて眠いのではなくて睡眠不足で眠いとかなかなか夜に寝付けなくて眠いということがあるのではないでしょうか。 このような方には副作用もなく睡眠薬と等しいぐらいの効果を出してくれる 認知シャッフル睡眠療法というものがあります。 これを簡単に無料でできるようにアプリを作っていますので、今回のおすすめとして紹介しておきます。 完全に無料で使えるアプリですので、なかなか寝付けないという方は是非夜の睡眠の改善のために使ってみてください。 今回は認知機能を改善したり頭を良くするためにも昼寝が効果があるという話を紹介させてもらいました。 他にも同じように頭を良くするための方法は見つかっています。 いわゆる頭の良さとしては IQ がよく言われますが、この IQ というものはたった5ポイント上がるだけでも人生が激変するぐらいのレベルで変化があるとされています。 IQ はそのほとんどが生まれつき決まるものであり、後から変わることはないと言われていますが、そんな IQ を上げる可能性がある方法をいくつかまとめた動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。 もしこの研究で行われている実験と同じ数値が出たとしたら、合計すると22ポイント以上 IQ が上がるということになります。 IQ は生まれつきのもので頑張っても変わらないものだとされてはいますが、僕はまだまだ可能性があるものだとも思っていますので、是非をチェックしてみてください。 参考:Jianghong Liu, Rui Feng, Xiaopeng Ji, Naixue Cui, Adrian Raine, Sara C Mednick 2019 Midday napping in children: Associations between nap frequency and duration across cognitive, positive psychological well-being, behavioral, and metabolic health outcomes お気に入りに入れる.

次の