オキシ クリーン レンジ フード。 とってもクリンフードのシロッコファンを中性洗剤で掃除!ちゃんと汚れは落ちる?

レンジフードフィルター掃除は、発泡スチロールにオキシクリーン付け!

オキシ クリーン レンジ フード

コツ4:ゴム手袋をし、混ぜる棒などで混ぜる。 手荒れする可能性があるため、必ずゴム手袋を使用ください。 また、オキシクリーンはよく混ぜ溶けることで効果を発揮します。 シャワーだけで溶けない場合は、混ぜる棒などでよく混ぜ溶かしてください。 オキシ漬けする時の注意点 汚れたもの、洗いものかご等を一緒にオキシ漬けすると便利ですが、注意点もあります。 フライパン テフロン加工フライパンで、加工が剥がれるためオキシ漬けはお控えください。 換気扇も変色する場合がある アルミ製の換気扇は、オキシ漬けしてしまうと金属焼け(アルカリ焼け)する可能性があります。 (取扱い説明書にも中性洗剤のみと書かれている場合が多いです)お掃除する際はご注意下さい。 ステンレス・その他金属製品の注意点 オキシクリーンは金属製品に使用すると、変色(アルカリ焼け)する可能性があります。 一般的にステンレスは変色に強い素材ですが、状態や溶液に溶けている時間によって変色する可能性があるので、心配な方はお控えください。

次の

オキシアップ神奈川中央(湘南クリーンスペース)の換気扇クリーニング(レンジフード)[17328]|ユアマイスター

オキシ クリーン レンジ フード

レンジフードフィルターの油汚れを落とす3つの条件 油汚れを効果的に落とすには3つの条件があります。 これらを満たすおそうじ条件は、 『お湯で希釈した油落とし用(アルカリ性)洗剤の中に、レンジフードフィルターをドボ付けする』 となります。 油まみれのレンジフードフィルターは、発泡スチロール容器にドボ付けする。 ドボ付けお掃除にピッタリなのが、発泡スチロール容器です。 贈り物の冷凍食品などが郵送されてくるときに使用されるアレですね。 ) 理由は 発泡スチロールの保温性の高さ。 油汚れはお湯の方が良く落ちる。 基本的な事ですが、油汚れは水よりもお湯の方が良く落ちます。 これは、誰もが感覚的にわかることだと思います。 ですので、油汚れのお掃除は、お湯に溶かし洗剤を使用する。 ということが言えます。 しかし、洗剤をお湯で希釈しても、時間とともに温度がさがれば効果は半減してしまいます。 の点、 発泡スチロール容器は温度が下がりにくいのでおすすめです。 ふたをすれば、さらに保温性が保たれます。 中には、大サイズのフィルターなど、この容器に入らない場合もありますので、その場合は、さらに大きめの容器が必要になります。 レンジフードフィルター掃除に使用する洗剤は、話題のオキシクリーンでOK! 油汚れを溶かしてくれる洗剤はいろいろあります。 例えば代表的なのが花王のマジックリンですね。 緑色の容器のロングセラー商品です。 他にも、ホームセンターやドラッグストアには、いろいろな油落とし洗剤が売っています。 今回は、今流行りのオキシクリーンを使用します。 流行りだけでなく、その効果は確かです。 オキシクリーンは過炭酸塩ベースの弱アルカリ洗剤。 また、とても安心な洗剤で、特に皮膚が弱くない人は素手で使用してもまったく問題あり増せん。 元々はコストコで売っていたオキシクリーンですが、今では薬局でもホームセンターでも購入できます。 油落とし用の用途以外にも、衣類の漂白にも使えます。 レンジフードフィルターお掃除の手順を写真でご紹介。 そこにオキシクリーンを溶かします。 そして、フィルターをドボ付けします。 今回は、2リットルのお湯に大さじ一杯のオキシクリーンを投入しました。 そうするとこんな状態になります。 オキシクリーンはお湯で溶かすと発砲します。 勝手にアワアワになります。 この状態で汚れ状況に応じて、5分~20分ほど待ちます。 ときどきゆすって水流を発生させてあげると、さらに効果的に落ちてくれます。 途中取り出して、刷毛などで擦ってみます。 刷毛を使う理由ですが、フィルターには無数の空気の通り道(穴)が開いています。 その一つ一つの穴周辺に入り組んだ油汚れは、スポンジなどでは取れませ。 凹凸の凹の部部に入り込んだ汚れをどう掻き出すかがポイントです。 今回は発泡スチロール容器での清掃をご紹介しましたが、実際にはフィルターが漬かるくらいの容器であればなんでおOKです。 発泡スチロール容器にちょっと一工夫。 お湯を張った容器ですが、おそうじが終わって油まみれの汚水を流す時は重くて大変ですね。 そこで、あらかじめ容器の底に穴をあけておきます。 丸めたティッシュとサランラップを使用して、簡易的な「栓」を作ります。 そして、作業が終わったら、その「栓」を外すと汚水が排出されるようになります。 おそうじをキッチンのワークトップで行い、あらかじめ容器の端をシンクに端かけしておけば、排出先も楽チンですね。 まとめ この発泡スチロール容器でフィルター付け置きお掃除方ですが、非常に効果的なお掃除テクニックです。 このためだけにでも、発泡スチロール容器を常備しておくといいと思います。 もし、ご自宅になければ、ホームセンターに行ったときにでも、購入してみましょう。 発泡スチロール容器は、レンジフードフィルターのお掃除以外にも、活躍してくれますから。 楽に落ちると分かれば、おそうじも楽しくなります。 フィルターにいきなり洗剤をかけてブラッシングしても、なかなか油汚れは落ちません。 おそらく8割近い方が、すぐに擦りたくなる症候群をお持ちだと思います。 ですが、擦るのはぐっとこらえて下さい。 オキシ付けしている間に、お子様の送迎など、他の行動ができますから。 まずは、オキシクリーンを溶かしたお湯洗剤に付け置きをしてみましょう。 追記:他のお掃除でも実行できる応用テクニック これまでは、発泡スチロール容器を使用したレンジフードフィルターのお掃除方法を書いてきました。 この「発泡スチロールでオキシ付けお掃除術」は、いろいろなお掃除で活躍してくれます。 ガスコンロの五徳の汚れはなかなか落ちません。 それもそのはずです。 料理中に拭きこぼれた水分が五徳に付き、熱で固まる。 これの繰り返しですから。 ですので、ガスコンロの五徳も、レンジフードフィルターと同じように、発泡スチロールで高温オキシ付けしましょう。 これで、油汚れやコゲなどの汚れが緩まり、落としやすくなります。 レンジフードフィルターをオキシ付けする時に、五徳も一緒に投入してもいいと思います。 ですが、レンジフードフィルターと五徳が接触している部分だけ、塗装がおかしくなる場合がありますので、注意して下さい。 奥のクルクル回転するシロッコファンの汚れも気になりますね。 シロッコファンのメイン汚れは油汚れ。 ですので、フィルターと同じように、オキシ付けします。 ここでポイントになるのが、発泡スチロール容器のサイズです。 レンジフードフィルターに必要なサイズは、そのフィルターが入るような広い面積です シロッコファンの場合は、面積よりも深さの方が必要になってきます。 そして、次にシロッコファンを投入します。 ふたがあればふたをします。 ときどき、容器をゆすり水流を作ってあげると、油よごれが早く緩みます。 その後に、シロッコファンを取り出し、 歯ブラシなどで物理的に擦っていきます。

次の

レンジフードフィルター掃除は、発泡スチロールにオキシクリーン付け!

オキシ クリーン レンジ フード

レンジフードフィルターの油汚れを落とす3つの条件 油汚れを効果的に落とすには3つの条件があります。 これらを満たすおそうじ条件は、 『お湯で希釈した油落とし用(アルカリ性)洗剤の中に、レンジフードフィルターをドボ付けする』 となります。 油まみれのレンジフードフィルターは、発泡スチロール容器にドボ付けする。 ドボ付けお掃除にピッタリなのが、発泡スチロール容器です。 贈り物の冷凍食品などが郵送されてくるときに使用されるアレですね。 ) 理由は 発泡スチロールの保温性の高さ。 油汚れはお湯の方が良く落ちる。 基本的な事ですが、油汚れは水よりもお湯の方が良く落ちます。 これは、誰もが感覚的にわかることだと思います。 ですので、油汚れのお掃除は、お湯に溶かし洗剤を使用する。 ということが言えます。 しかし、洗剤をお湯で希釈しても、時間とともに温度がさがれば効果は半減してしまいます。 の点、 発泡スチロール容器は温度が下がりにくいのでおすすめです。 ふたをすれば、さらに保温性が保たれます。 中には、大サイズのフィルターなど、この容器に入らない場合もありますので、その場合は、さらに大きめの容器が必要になります。 レンジフードフィルター掃除に使用する洗剤は、話題のオキシクリーンでOK! 油汚れを溶かしてくれる洗剤はいろいろあります。 例えば代表的なのが花王のマジックリンですね。 緑色の容器のロングセラー商品です。 他にも、ホームセンターやドラッグストアには、いろいろな油落とし洗剤が売っています。 今回は、今流行りのオキシクリーンを使用します。 流行りだけでなく、その効果は確かです。 オキシクリーンは過炭酸塩ベースの弱アルカリ洗剤。 また、とても安心な洗剤で、特に皮膚が弱くない人は素手で使用してもまったく問題あり増せん。 元々はコストコで売っていたオキシクリーンですが、今では薬局でもホームセンターでも購入できます。 油落とし用の用途以外にも、衣類の漂白にも使えます。 レンジフードフィルターお掃除の手順を写真でご紹介。 そこにオキシクリーンを溶かします。 そして、フィルターをドボ付けします。 今回は、2リットルのお湯に大さじ一杯のオキシクリーンを投入しました。 そうするとこんな状態になります。 オキシクリーンはお湯で溶かすと発砲します。 勝手にアワアワになります。 この状態で汚れ状況に応じて、5分~20分ほど待ちます。 ときどきゆすって水流を発生させてあげると、さらに効果的に落ちてくれます。 途中取り出して、刷毛などで擦ってみます。 刷毛を使う理由ですが、フィルターには無数の空気の通り道(穴)が開いています。 その一つ一つの穴周辺に入り組んだ油汚れは、スポンジなどでは取れませ。 凹凸の凹の部部に入り込んだ汚れをどう掻き出すかがポイントです。 今回は発泡スチロール容器での清掃をご紹介しましたが、実際にはフィルターが漬かるくらいの容器であればなんでおOKです。 発泡スチロール容器にちょっと一工夫。 お湯を張った容器ですが、おそうじが終わって油まみれの汚水を流す時は重くて大変ですね。 そこで、あらかじめ容器の底に穴をあけておきます。 丸めたティッシュとサランラップを使用して、簡易的な「栓」を作ります。 そして、作業が終わったら、その「栓」を外すと汚水が排出されるようになります。 おそうじをキッチンのワークトップで行い、あらかじめ容器の端をシンクに端かけしておけば、排出先も楽チンですね。 まとめ この発泡スチロール容器でフィルター付け置きお掃除方ですが、非常に効果的なお掃除テクニックです。 このためだけにでも、発泡スチロール容器を常備しておくといいと思います。 もし、ご自宅になければ、ホームセンターに行ったときにでも、購入してみましょう。 発泡スチロール容器は、レンジフードフィルターのお掃除以外にも、活躍してくれますから。 楽に落ちると分かれば、おそうじも楽しくなります。 フィルターにいきなり洗剤をかけてブラッシングしても、なかなか油汚れは落ちません。 おそらく8割近い方が、すぐに擦りたくなる症候群をお持ちだと思います。 ですが、擦るのはぐっとこらえて下さい。 オキシ付けしている間に、お子様の送迎など、他の行動ができますから。 まずは、オキシクリーンを溶かしたお湯洗剤に付け置きをしてみましょう。 追記:他のお掃除でも実行できる応用テクニック これまでは、発泡スチロール容器を使用したレンジフードフィルターのお掃除方法を書いてきました。 この「発泡スチロールでオキシ付けお掃除術」は、いろいろなお掃除で活躍してくれます。 ガスコンロの五徳の汚れはなかなか落ちません。 それもそのはずです。 料理中に拭きこぼれた水分が五徳に付き、熱で固まる。 これの繰り返しですから。 ですので、ガスコンロの五徳も、レンジフードフィルターと同じように、発泡スチロールで高温オキシ付けしましょう。 これで、油汚れやコゲなどの汚れが緩まり、落としやすくなります。 レンジフードフィルターをオキシ付けする時に、五徳も一緒に投入してもいいと思います。 ですが、レンジフードフィルターと五徳が接触している部分だけ、塗装がおかしくなる場合がありますので、注意して下さい。 奥のクルクル回転するシロッコファンの汚れも気になりますね。 シロッコファンのメイン汚れは油汚れ。 ですので、フィルターと同じように、オキシ付けします。 ここでポイントになるのが、発泡スチロール容器のサイズです。 レンジフードフィルターに必要なサイズは、そのフィルターが入るような広い面積です シロッコファンの場合は、面積よりも深さの方が必要になってきます。 そして、次にシロッコファンを投入します。 ふたがあればふたをします。 ときどき、容器をゆすり水流を作ってあげると、油よごれが早く緩みます。 その後に、シロッコファンを取り出し、 歯ブラシなどで物理的に擦っていきます。

次の