スピード 違反 反則 金。 運転中の携帯電話の使用は危険!違反基準と違反点数・反則金を紹介

交通違反の反則金を払わないとどうなる?裁判・逮捕までの流れ|滞納SOS

スピード 違反 反則 金

反則金の正体とは?実は反則金の支払いは強制ではない 青キップというのは、正式名称を 「交通反則告知書」といって 「交通反則通告制度」という特殊な法律に基づいたモノです。 交通反則通告制度とは、1968年当時、増大しつつあった交通違反処理の効率化と迅速化を目的として新設された制度です。 具体的には、軽車両を除く自動車の運転者の違反行為のうち、比較的軽微な交通違反を反則行為とし、罰則適用(刑事処分)に代えて反則金の納付という方法で処理するもので、一般に「反則金制度」と呼ばれているものです。 反則金を払えば当該道路交通法違反について公訴を提起(少年の場合は家庭裁判所の審判)されない制度です。 ・・・ 交通反則通告制度(青キップ)は、どういう制度なの? この制度は昭和期に自動車交通量が激増した時、いちいち交通違反を普通の刑事手続きで処理していたら、検察や裁判所がパンクしてしまうと司法関係者が悲鳴を上げたために生まれました。 つまり青キップというのは、 「違反者が反則金を払えば、正式な刑事手続きを免除する」という性質のモノなのです。 しかも実はこの反則金に強制力はなかったりします。 反則金を支払わないとどうなるか? 正式に立件されて検察から呼び出される、しかし・・・ 青キップを切られた場合、文句のつけようのない違反行為をしたなら仕方がありません。 しかし、 警察のやり方に不満がある場合、青キップにサインすることを拒否しても罪にはなりません。 この時警察はいかにも、サインが強制力をもっているかのように「規則ですから…」とか言いますが、実は規則でも何でもありません。 サインを拒否した場合、交通違反が普通の刑事事件と同じく事件化するだけの話です。 ただし、この時に青キップで処理できる程度の罪状ですので、普通に免許証を出して身分を明かしていれば、逮捕もされません。 「在宅捜査」といって普通に生活しながら、検察から呼び出されて取調べを受けます。 そして多くの場合、 事件は不起訴処分になり、反則金を支払うことなく事件は終わりで裁判にかけられる事もないでしょう。 反則金を踏み倒しても結果は同じ!不起訴になる確率は80%?起訴されても罰金と反則金の金額はほぼ同額だった 違反現場で、警察に丸め込まれて青キップにサインをしてしまった場合、それを踏み倒しても結果は同じです。 やはり検察から呼び出しを受けます。 この時呼び出し状まで無視すると、起訴されてしまう可能性が高まりますので、素直に出頭して罪状を否認しましょう。 しかし、こちらのケースもかなり確率で不起訴処分になります。 実際に青キップの反則金支払いを拒否した場合、ホントに起訴されてしまう可能性は、一説には99. 9%だという話しもありますが、過去すでに何度も交通違反をしている方や、警察や検察に対して必要以上に反抗的な態度をとった方の場合、結構起訴されている例もあり、確率は80%程度だと思っていた方がいいでしょう。 しかし、ホントに起訴されてしまった場合でも、よほど悪質な違反でない限り、裁判で下される判決は罰金刑で、金額は反則金と同程度になる場合がほとんどです。 したがって日本の治安の安定を考えるのであれば、交通違反で捕まった場合、 その違反が事実なら潔く反則金を支払う事をオススメします。 ただ最近警察官の質が劣化しているのも事実で、点数稼ぎのためにドライバーを罠に落とすようなマネをする輩もいます。 どうしても納得の出来ない取締りもあるでしょう。 本気で裁判に持ち込みたいくらい腹が立ったのであれば、サインを求められた青キップを突き返し 「立件してください!容疑を否認します!」と言い放ってください。 当然アナタの違反は立件され、検察へ書類送検されるでしょう。 その後にどうなるかは…運次第です。

次の

交通違反の反則金を払わないとどうなる?裁判・逮捕までの流れ|滞納SOS

スピード 違反 反則 金

青切符の正式名称は「交通反則告知書・免許証保管証」。 赤切符は「告知票・免許証保管証」だ。 まずは、道路交通法第二十二条「車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他の道路においては政令で定める最高速度をこえる速度で進行してはならない。 」という条文を頭に入れて欲しい。 これは速度違反に関する条文だが、道路交通法はれっきとした法律であり、その法律に違反するということは、紛れもなく犯罪を犯すということ。 もちろん、この定義は、駐車違反や一時停止違反などの軽微な違反であっても変わることはない。 ところが、戦後のモータリゼーションの隆盛により、免許人口が急激に増え、当然ながらその結果、日本全国で膨大な交通違反が起こるようになった。 なにしろ昭和40年ですでに交通取締件数は500万件を超えている。 これをすべて正式な刑事事件として扱うとしたら、警察も検察も裁判所も動脈硬化を起こすことは自明の理だ。 そこで行政が思いついたのが昭和43年に施行された「交通反則通告制度」、いわゆる「反則金制度」。 軽微な交通違反に対しては行政処分のみを適用し、「交通反則告知書」(青切符)に基づいて違反者が反則金を納めれば、違反者は刑事手続きによる処分を受けなくても済み、前科にもならない、行政側も面倒な手続きが省けるという、まさに、行政と違反者にとって、「Win-Win」な制度であるといえるかもしれない。 では、ドライバーが、その「交通反則通告制度」の適用を拒否した場合、一体どうなるのだろうか。 事実、毎年10万人前後が、サインを拒否、あるいは反則金を納めずに、検察庁に送検されているのだ。 サインを拒否し、刑事事件(被疑事件)として送検されても、ほとんどが不起訴となる!? 上の表は、法務省が公開している「検察統計統計表」の内、2016年に警察から送検された道路交通法違反案件に関する処理状況をまとめた「検察庁別道路交通法等違反被疑事件の受理、既済及び未済の人員」というデータ表だ。 その「区検察庁」(簡易裁判所に対応する検察庁)の行(赤字)に注目! ここに記されている数字は刑事事件(赤切符)の案件と交通反則通告制度の適用を拒否(サイン拒否、反則金未納等)された反則行為(青切符)の案件を合算したものなのでいまいちわかりにくいが、起訴の欄の「公判請求」の列に記された「70」、そして不起訴の欄の「111,743」という数字は、ほとんどが反則行為の処理数であると考えていい。 062644」となり、実に99. 93%が不起訴になっているということ(希に赤切符の案件も含まれているが)になる。 もちろん、不起訴となれば「起訴猶予」であろうが「嫌疑不十分」であろうが、刑事事件上では、事実上は無罪放免と同じこと(細かく言えば違うが)。 告知センターや区検からの出頭要請を無視したり、何度も同じことを繰り返している人など、悪質と見られたら、検察は必ず起訴に踏み切るはずだ(事実、この表でも70件が公判請求(起訴)されている)。 だから、不当と思われる取り締まりを受けたり、自分が納得できないケース以外では素直に違反を認め反則金を払ったほうがいいだろう。 ちなみに、例え不起訴を勝ち取ったとしても、ほとんどのケースで違反点数はバッチリ課せられるということは覚えておこう。 警察の言い分によると「刑事処分と行政処分は別物であり、不起訴になったからといっても起訴を猶予されただけであって、違反があったことは歴然とした事実だ(嫌疑不十分も同様)。 文句があるなら公安委員会に不服申し立てをしなさい」ということになる。 最後の手段として正式裁判に訴える方法もあるが、それこそ、そこまでして1点や2点の反則行為の点数をチャラにする意義があるのかというと甚だ疑問だ。 もちろん、そんな理不尽をどうしても許せないなら、区険で不起訴証明をもらって、ダ メもとで公安委員会に不服申し立てをしてみるといい。 みんなでこれをやったら、もしかしたら公安委員会も考え直すかも。 いずれにしても、「交通反則通告制度」というのは、ドライバーの意識によっては、いつ崩壊するかわからない、まさに砂上の楼閣といえるだろう。 例えば、100万人のドライバーが青切符のサインを拒否し、反則金を払わなけれ、途端に、警察、検察、裁判所の活動が麻痺することになる。 最新交通取り締まり情報はこちら!.

次の

スピード違反の点数と反則金一覧

スピード 違反 反則 金

罰金や反則金などの違いを簡単にまとめ あとの各項目でそれぞれについての詳細を解説しますが、まずは最初に一目で分かりやすい簡単な違いをまとめてみます。 過料 行政処分による金銭罰 反則金 交通反則通告制度に基づく行政処分 科料 1,000円以上1万円未満の刑事処分 罰金 1万円以上の刑事処分 反則金と罰金、過料と科料を混同することが多いかと思いますが、まず根本的に違うのは行政処分として過せられるのが過料、刑事処分として科せられるのが科料です。 行政処分は比較的軽い処分であり、車の運転で言えば道路交通法の違反による免許停止処分、免許取消処分といったものが行政処分に該当します。 それに比べて比較的重い処分となるのが刑事処分。 聞き慣れたフレーズに「懲役又は罰金」という言葉がありますが、刑事処分による刑罰はまさに懲役又は罰金が科せられて前科がつくことになります。 また、反則金は罰金とは全くの別物で、「交通反則通告制度」により刑事処分(懲役又は罰金)を免除するために任意で支払うのが反則金であり、払わなければ刑事処分になるという制度によるものです。 つまり、簡単にいうと反則金は刑事処分にならないためのものとなります。 行政処分による過料について 過料とは行政処分による金銭罰(金銭による制裁のこと)であり、刑罰ではないため科料や罰金とは違い前科がつくこともありません。 過料は大きく分類すると秩序罰による過料、執行罰による過料、懲戒罰による過料の3つに分けられます。 身近なもので言えば、一部の地方自治体により規定されている「路上喫煙禁止条例」の違反による金銭罰は「秩序罰による過料」といった感じに。 路上喫煙禁止条例による過料徴収金額 日本で最初に路上喫煙禁止条例を施行したのは東京都千代田区で2002年10月1日のこと。 その徴収金額は2012年までの10年間で1億円を超えたそうです。 過料と科料の違い 読み方がどちらも「かりょう」であることから紛らわしい2つの言葉。 そのため分類を明確化するのに、過料を「あやまちりょう」、科料を「とがりょう」とあえて読むこともあります。 あやまちは漢字変換でもでてくる聞き慣れた言葉で、意味は間違いや失敗と軽いものから重いものまでなんでも含まれそうなとても広義な感じ。 科は学科、科目などのように分類に使用されるのが馴染み深いですが、「とが」と読み「罰せられるような行為、罪」という意味も含んでいます。 罰せられるような行為と限定されている分、科のほうが重々しいですね。 ここでの科は罪という意味にあたるので、間違いや失敗であるあやまちと比較すれば、どちらがより重いものかをイメージしやすいのではないかと思います。 青切符で生じるのが反則金 道路交通法違反(速度超過、一時停止違反など)をして警察につかまったときに交付される切符(白切符、青切符、赤切符)のうち、青切符で生じるのが反則金です。 ) 反則金は自動車の普及に伴い増大した道路交通法違反者を、簡易的な処分によって起訴免除するという制度によるもの。 この制度は正式には「交通反則通告制度」といいますが、反則金を払えば起訴免除という特徴から「反則金制度」とも呼ばれています。 反則金を支払うことで起訴免除というシステムなわけですから、当然支払わなければ刑事処分対象となります。 関連記事: 徴収された反則金の総額と使途 反則者(青切符を交付された人)から徴収された反則金は「交通安全対策特別交付金」として、各地方団体に年2回(9月及び3月)交付されています。 2013年9月期は349. 29億円、2014年3月期は293. 31億円交付されていますので、合計すると年間643億円が交付されていることに。 道路交通安全施設の設置及び管理に関する費用ということで、信号機、道路標識、横断歩道橋、道路反射鏡などに使われているそうです。 比較的重い罪となるのが罰金 罰金は刑罰の一種であり、財産刑の一種でもあります。 刑法に規定されている刑罰の種類は懲役、禁錮、罰金、拘留、科料、没収で、前の項目で触れた科料や本項目の罰金もこれに含まれているため、刑罰の一種であるというわけです。 刑罰とは別に自由刑、財産刑といった分類も規定されており、自由刑は懲役、禁錮、拘留、財産刑は罰金、科料といったものが規定されいます。 というわけで罰金は刑罰の一種であり、財産刑の一種でもあるというわけです。 罰金について記載されている刑法第15条の条文は以下のとおり。 刑法 (罰金) 第15条 罰金は、1万円以上とする。 ただし、これを減軽する場合においては、1万円未満に下げることができる。 ただ、日常会話の中では過料、科料、反則金は罰金という言葉で一括りにされて使用されることが多いですね。 …なので、罰金は反則金とも混同されることは多いですが、単純な処分の重さを比較しても全くの別物といえるというわけです。 徴収された罰金及び科料の金額 2013年度一般会計歳入予算、つまり国の収入の内、罰金及び科料の金額は544. 64億円と500億円以上が徴収されています。 先ほどの反則金徴収金額とあわせると、なんと年間で1,000億円を超える金額になるという驚きの結果に。 車の運転で刑事処分となる場合 交通事故を分類すると物損事故と人身事故に分けられますが、基本的(事故の状況にもよる)に物損事故には行政処分や刑事処分はなく、人身事故には行政処分と刑事処分の両方の処分があります。 前の項目で触れた交通切符のうち赤切符を交付されたときも、一発で免許停止処分(もしくは免許取消処分)+刑事処分となります。 交通事故で注目度の高まった飲酒運転(酒気帯び運転、酒酔い運転)や、2015年においても取締り件数が最も多かった速度超過違反があります。 これはいかにもという感じですが無免許運転や無保険運転(自賠責未加入)も。 2016年4月1日にナンバープレートの表示義務がより明確化しましたが、この「番号表示義務違反」も刑事処分の対象となります。 関連記事: 独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。 6万円で売却成立。 電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで 買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。 4件、トヨタ アルファードが29. 1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29. 0件という結果に。 ) 出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など 完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。

次の