一年生 算数 プリント。 小1~小6 算数 文章問題 練習プリント・テスト 無料ダウンロード・印刷|ちびむすドリル【小学生】

計算プリント.com|1~6年生小学校 算数問題 無料ドリルプリント集

一年生 算数 プリント

小学1年生で勉強する国語・算数の年間スケジュール表と、 その授業進度に対応した月別の学習プリントが検索できます。 年間スケジュール表はあくまで全国の標準的な授業進度の目安です。 授業の進め方や使用している教科書によっては 下記スケジュール通りにならない場合がありますのでご注意下さい。 小学校で使用される算数の教科書に関しては10種類以上ありますので、参考程度にお願いします。 また、使用している教科書によって単元名が異なる場合がありますが 「授業の名前」が違うだけで勉強する内容は同じです。 算数に関してはプリント学習で90%以上網羅できると思いますが 国語に関しては「読む」「書く」「話す」「聞く」 の4つの能力が必要になってきます。 「書く」はプリントで学習できますが「読む」は読書、 「話す」は学校の授業での発表など、「聞く」に関しては 話を最後までちゃんと聞く・話している人の方を向いて聞く、など躾の部分が大きく関わってきます。 ちなみに時計の問題は小学1年生の2学期、または3学期に習う学校と 小学2年生で習う学校の3パターンあるようです。 漢字を習う順番は学校で使用している教科書によって大きく異なります。 小学1年生の考察 算数は1歩1歩着実に前へ進み、国語は3歩進んで2歩下がるようなイメージでしょうか。 ひらがなを覚えたらそれで終わり、 では無くてその後も継続して練習していくので1つ1つ完璧にこなして行けなくても ある程度の軌道修正が可能だと言う事です。 1学期の算数まとめ 1学期の算数は文章問題の足し算と引き算(繰り上がり・繰り下がり無し)を 理解する所で夏休みに入ります。 授業スピードとしては遅めに感じます。 入学してから初めて算数や数字を勉強する生徒に合わせているのが理由だと思います。 2学期分の予習をするのも良いと思いますし、計算力を付ける為に 足し算・引き算の計算問題の学習量を増やすのも良いと思います。 国語が苦手な場合はそちらに比重を置いて苦手な所を克服しましょう。 1学期の国語まとめ 一方で1学期の国語はひらがなの50音~拗音、長音・促音・句読点など ひらがな全てのルールを理解しなくてはいけません。 夏休み作文コンクールの影響だとウワサには聞きました。 算数と打って変わって授業スピードは早めに感じます。 2学期からは漢字を習いだし、カタカナも覚えてと盛り沢山なので 夏休み中に分からない所を克服できるようにしておくのがベストです。 もちろん夏休みにしか出来ない海水浴・夏祭りなどの貴重な体験をしておく事も大切です。 子供に任せっきりにするとダラダラ過ごしがちになるので親がある程度 スケジュール管理してあげる方が良いと私は思います。 2学期の算数まとめ やはり2学期のメインイベントは「繰り上がり・繰り下がり」の計算です。 特に繰り下がりの引き算の方でつまずいてしまう子が一番多いんじゃないかと思います。 1学期までは1桁の計算しか行いませんので2学期に入ってから一気に2桁の数字を習って、 そのまま繰り上がり・繰り下がりの授業に突入するので難しい子には難しいです。 算数は2学期あたりからテストの点数も徐々に差がつき始めるように感じます。 ここで子供自身に苦手意識が働いたりすると悪循環に陥る可能性もありますので、 やはり「慣らし」として夏休み中に多少なりとも2桁の数字の計算に慣れておけば そういった脱落の不安も無くなると思います。 2学期の国語まとめ 2学期の国語もなかなかのハイペースです。 多くの学校で漢字の学習が2学期の最初にスタートします。 さらにカタカナの学習も同時進行で始まります。 算数の方でも2学期が最大の山場なので少しでも負担を減らすべく、 やはりカタカナの「さわり」程度は2学期が始まるまでに学習しておきたい所です。 お気付きかも知れませんが1学期で習った、ひらがなをノンビリ復習している暇など ありませんので夏休み中までに、ほぼマスターした状態にしておかないと苦労します。 3学期の算数まとめ 3学期では「2年生の算数に備えた準備づくり」の期間だと言えます。 100までと、100いくつの数字を学習する事が3学期のメインになります。 100の数字と言っても幼児期から50以上の数を理解している子がほとんどだと思います。 幼稚園の運動会の玉入れ競争でも50ぐらいの数はかぞえているはずです。 なので3学期ではつまづきやすい注意ポイントが2学期よりは少なく、 小さな授業(小単元)を沢山こなして、2年生の算数に備えます。 逆に言うと2学期でつまづいてしまった子は3学期が挽回のチャンスとなります。 3学期中には1年生で学習した内容をすべて習得できるようにしておいて下さい。 3学期の国語まとめ 3学期の算数は少し落ち着きますが国語の方はそう甘くないです。 2学期に引き続き新出漢字がどんどん出てきます。 この時期ぐらいになると「学校」「先生」など、 漢字の組み合わせ同士の「単語」が作れるぐらいの漢字力が必要になります。 そして「大・犬」「王・玉」などの形が似ている漢字や、 「日(ひ)火(ひ)」など読み方が同じでも意味が異なる漢字の使い分けも マスターしなければなりません。 1年生で学習する漢字は80字ですが、 2年生では倍の160字になりますので1文字ずつ確実にこなして行く事が大切です。

次の

小学校1年生用 算数ドリル

一年生 算数 プリント

小学1年生で勉強する国語・算数の年間スケジュール表と、 その授業進度に対応した月別の学習プリントが検索できます。 年間スケジュール表はあくまで全国の標準的な授業進度の目安です。 授業の進め方や使用している教科書によっては 下記スケジュール通りにならない場合がありますのでご注意下さい。 小学校で使用される算数の教科書に関しては10種類以上ありますので、参考程度にお願いします。 また、使用している教科書によって単元名が異なる場合がありますが 「授業の名前」が違うだけで勉強する内容は同じです。 算数に関してはプリント学習で90%以上網羅できると思いますが 国語に関しては「読む」「書く」「話す」「聞く」 の4つの能力が必要になってきます。 「書く」はプリントで学習できますが「読む」は読書、 「話す」は学校の授業での発表など、「聞く」に関しては 話を最後までちゃんと聞く・話している人の方を向いて聞く、など躾の部分が大きく関わってきます。 ちなみに時計の問題は小学1年生の2学期、または3学期に習う学校と 小学2年生で習う学校の3パターンあるようです。 漢字を習う順番は学校で使用している教科書によって大きく異なります。 小学1年生の考察 算数は1歩1歩着実に前へ進み、国語は3歩進んで2歩下がるようなイメージでしょうか。 ひらがなを覚えたらそれで終わり、 では無くてその後も継続して練習していくので1つ1つ完璧にこなして行けなくても ある程度の軌道修正が可能だと言う事です。 1学期の算数まとめ 1学期の算数は文章問題の足し算と引き算(繰り上がり・繰り下がり無し)を 理解する所で夏休みに入ります。 授業スピードとしては遅めに感じます。 入学してから初めて算数や数字を勉強する生徒に合わせているのが理由だと思います。 2学期分の予習をするのも良いと思いますし、計算力を付ける為に 足し算・引き算の計算問題の学習量を増やすのも良いと思います。 国語が苦手な場合はそちらに比重を置いて苦手な所を克服しましょう。 1学期の国語まとめ 一方で1学期の国語はひらがなの50音~拗音、長音・促音・句読点など ひらがな全てのルールを理解しなくてはいけません。 夏休み作文コンクールの影響だとウワサには聞きました。 算数と打って変わって授業スピードは早めに感じます。 2学期からは漢字を習いだし、カタカナも覚えてと盛り沢山なので 夏休み中に分からない所を克服できるようにしておくのがベストです。 もちろん夏休みにしか出来ない海水浴・夏祭りなどの貴重な体験をしておく事も大切です。 子供に任せっきりにするとダラダラ過ごしがちになるので親がある程度 スケジュール管理してあげる方が良いと私は思います。 2学期の算数まとめ やはり2学期のメインイベントは「繰り上がり・繰り下がり」の計算です。 特に繰り下がりの引き算の方でつまずいてしまう子が一番多いんじゃないかと思います。 1学期までは1桁の計算しか行いませんので2学期に入ってから一気に2桁の数字を習って、 そのまま繰り上がり・繰り下がりの授業に突入するので難しい子には難しいです。 算数は2学期あたりからテストの点数も徐々に差がつき始めるように感じます。 ここで子供自身に苦手意識が働いたりすると悪循環に陥る可能性もありますので、 やはり「慣らし」として夏休み中に多少なりとも2桁の数字の計算に慣れておけば そういった脱落の不安も無くなると思います。 2学期の国語まとめ 2学期の国語もなかなかのハイペースです。 多くの学校で漢字の学習が2学期の最初にスタートします。 さらにカタカナの学習も同時進行で始まります。 算数の方でも2学期が最大の山場なので少しでも負担を減らすべく、 やはりカタカナの「さわり」程度は2学期が始まるまでに学習しておきたい所です。 お気付きかも知れませんが1学期で習った、ひらがなをノンビリ復習している暇など ありませんので夏休み中までに、ほぼマスターした状態にしておかないと苦労します。 3学期の算数まとめ 3学期では「2年生の算数に備えた準備づくり」の期間だと言えます。 100までと、100いくつの数字を学習する事が3学期のメインになります。 100の数字と言っても幼児期から50以上の数を理解している子がほとんどだと思います。 幼稚園の運動会の玉入れ競争でも50ぐらいの数はかぞえているはずです。 なので3学期ではつまづきやすい注意ポイントが2学期よりは少なく、 小さな授業(小単元)を沢山こなして、2年生の算数に備えます。 逆に言うと2学期でつまづいてしまった子は3学期が挽回のチャンスとなります。 3学期中には1年生で学習した内容をすべて習得できるようにしておいて下さい。 3学期の国語まとめ 3学期の算数は少し落ち着きますが国語の方はそう甘くないです。 2学期に引き続き新出漢字がどんどん出てきます。 この時期ぐらいになると「学校」「先生」など、 漢字の組み合わせ同士の「単語」が作れるぐらいの漢字力が必要になります。 そして「大・犬」「王・玉」などの形が似ている漢字や、 「日(ひ)火(ひ)」など読み方が同じでも意味が異なる漢字の使い分けも マスターしなければなりません。 1年生で学習する漢字は80字ですが、 2年生では倍の160字になりますので1文字ずつ確実にこなして行く事が大切です。

次の

無料学習プリント【すきるまドリル】

一年生 算数 プリント

小学1年生で勉強する国語・算数の年間スケジュール表と、 その授業進度に対応した月別の学習プリントが検索できます。 年間スケジュール表はあくまで全国の標準的な授業進度の目安です。 授業の進め方や使用している教科書によっては 下記スケジュール通りにならない場合がありますのでご注意下さい。 小学校で使用される算数の教科書に関しては10種類以上ありますので、参考程度にお願いします。 また、使用している教科書によって単元名が異なる場合がありますが 「授業の名前」が違うだけで勉強する内容は同じです。 算数に関してはプリント学習で90%以上網羅できると思いますが 国語に関しては「読む」「書く」「話す」「聞く」 の4つの能力が必要になってきます。 「書く」はプリントで学習できますが「読む」は読書、 「話す」は学校の授業での発表など、「聞く」に関しては 話を最後までちゃんと聞く・話している人の方を向いて聞く、など躾の部分が大きく関わってきます。 ちなみに時計の問題は小学1年生の2学期、または3学期に習う学校と 小学2年生で習う学校の3パターンあるようです。 漢字を習う順番は学校で使用している教科書によって大きく異なります。 小学1年生の考察 算数は1歩1歩着実に前へ進み、国語は3歩進んで2歩下がるようなイメージでしょうか。 ひらがなを覚えたらそれで終わり、 では無くてその後も継続して練習していくので1つ1つ完璧にこなして行けなくても ある程度の軌道修正が可能だと言う事です。 1学期の算数まとめ 1学期の算数は文章問題の足し算と引き算(繰り上がり・繰り下がり無し)を 理解する所で夏休みに入ります。 授業スピードとしては遅めに感じます。 入学してから初めて算数や数字を勉強する生徒に合わせているのが理由だと思います。 2学期分の予習をするのも良いと思いますし、計算力を付ける為に 足し算・引き算の計算問題の学習量を増やすのも良いと思います。 国語が苦手な場合はそちらに比重を置いて苦手な所を克服しましょう。 1学期の国語まとめ 一方で1学期の国語はひらがなの50音~拗音、長音・促音・句読点など ひらがな全てのルールを理解しなくてはいけません。 夏休み作文コンクールの影響だとウワサには聞きました。 算数と打って変わって授業スピードは早めに感じます。 2学期からは漢字を習いだし、カタカナも覚えてと盛り沢山なので 夏休み中に分からない所を克服できるようにしておくのがベストです。 もちろん夏休みにしか出来ない海水浴・夏祭りなどの貴重な体験をしておく事も大切です。 子供に任せっきりにするとダラダラ過ごしがちになるので親がある程度 スケジュール管理してあげる方が良いと私は思います。 2学期の算数まとめ やはり2学期のメインイベントは「繰り上がり・繰り下がり」の計算です。 特に繰り下がりの引き算の方でつまずいてしまう子が一番多いんじゃないかと思います。 1学期までは1桁の計算しか行いませんので2学期に入ってから一気に2桁の数字を習って、 そのまま繰り上がり・繰り下がりの授業に突入するので難しい子には難しいです。 算数は2学期あたりからテストの点数も徐々に差がつき始めるように感じます。 ここで子供自身に苦手意識が働いたりすると悪循環に陥る可能性もありますので、 やはり「慣らし」として夏休み中に多少なりとも2桁の数字の計算に慣れておけば そういった脱落の不安も無くなると思います。 2学期の国語まとめ 2学期の国語もなかなかのハイペースです。 多くの学校で漢字の学習が2学期の最初にスタートします。 さらにカタカナの学習も同時進行で始まります。 算数の方でも2学期が最大の山場なので少しでも負担を減らすべく、 やはりカタカナの「さわり」程度は2学期が始まるまでに学習しておきたい所です。 お気付きかも知れませんが1学期で習った、ひらがなをノンビリ復習している暇など ありませんので夏休み中までに、ほぼマスターした状態にしておかないと苦労します。 3学期の算数まとめ 3学期では「2年生の算数に備えた準備づくり」の期間だと言えます。 100までと、100いくつの数字を学習する事が3学期のメインになります。 100の数字と言っても幼児期から50以上の数を理解している子がほとんどだと思います。 幼稚園の運動会の玉入れ競争でも50ぐらいの数はかぞえているはずです。 なので3学期ではつまづきやすい注意ポイントが2学期よりは少なく、 小さな授業(小単元)を沢山こなして、2年生の算数に備えます。 逆に言うと2学期でつまづいてしまった子は3学期が挽回のチャンスとなります。 3学期中には1年生で学習した内容をすべて習得できるようにしておいて下さい。 3学期の国語まとめ 3学期の算数は少し落ち着きますが国語の方はそう甘くないです。 2学期に引き続き新出漢字がどんどん出てきます。 この時期ぐらいになると「学校」「先生」など、 漢字の組み合わせ同士の「単語」が作れるぐらいの漢字力が必要になります。 そして「大・犬」「王・玉」などの形が似ている漢字や、 「日(ひ)火(ひ)」など読み方が同じでも意味が異なる漢字の使い分けも マスターしなければなりません。 1年生で学習する漢字は80字ですが、 2年生では倍の160字になりますので1文字ずつ確実にこなして行く事が大切です。

次の