レナウン スポンサー。 レナウン倒産は対岸の火事ではない…オンワードや三陽商会、アパレルは軒並み苦境

レナウン倒産は対岸の火事ではない…オンワードや三陽商会、アパレルは軒並み苦境

レナウン スポンサー

が民事再生手続き入りした5月15日。 東京商工リサーチ(TSR)情報部は早朝からバタついていた。 大手企業が法的手続き入りするとの情報が関西よりもたらされ、関係各所に水面下で取材を進めていた。 新型コロナウイルスの影響を大きく受けている宿泊や不動産業者、業績不振が続く電機メーカーではないかとの情報が湧いては消えた。 社内に蓄積された信用不安企業のリストを洗い出し、上場企業のゴーイングコンサーン(GC)や重要事象注記企業も再チェックした。 その中、大手アパレルの名前も入っていた。 14時過ぎ、TSR情報部員は、名前があがったその大手アパレルの会員向け通販サイトを立ち上げた。 サイトでの受付は停止していないか、異変はないかチェックする。 特に、変化は見当たらない。 商品在庫を確認するため、部員はおもむろに数千円のシャツをカートに入れた。 通常1万円近くのシャツが7割引きで販売されていた。 値引き幅の大きさに違和感を覚えながら、サイトを閉じ仕事に戻った。 結果は、(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、東証1部)だった。 子会社でレナウンに対して債権を持つ(株)レナウンエージェンシー(TSR企業コード:291357725、江東区)が民事再生を申し立てる異例の展開だ。 18時過ぎ、レナウンの担当者は東京商工リサーチの取材に対し、「申請代理人はわからない。 私も先ほど聞かされたので、詳細は答えられない」と述べた。 民事再生手続きでは、裁判所より監督委員が選任されることが通常だが、今回はより強い権限を持つ管財人だ。 これについてレナウンの担当者に聞くと、「監督委員と管財人はどう違うのか」と逆に質問されるほどの混乱ぶりだった。 関係筋によると、民事再生手続きの適時開示は18時に設定されていた。 しかし、開示されたのは20時半だった。 今後は管財人が主導し、スポンサー支援型の再生を模索する。 ただ、関係筋は「全くのゼロベース」と打ち明ける。 今のところ会見の予定はなく、実施についても管財人が主導するという。 中国・親会社グループへの売掛金回収や商流などクリアすべき課題が多いレナウン。 異例の民事再生スキームの動向を多くのステークホルダーが見つめている。 外部サイト.

次の

レナウンのブランド一覧は?レナウン民事再生でどうなる?

レナウン スポンサー

民事再生手続き中のレナウンは28日、6月に300人規模の希望退職を実施すると発表した。 レナウン本体や子会社の従業員が対象で、グループ全体の3分の1に相当する。 同社は6月中に再建に向けたスポンサー候補を決定したい考え。 すふ希望退職によって経費削減を進めて事業継続を目指す。 希望退職は6月4~11日の期間で募集し、同25日に実施する予定だ。 連結業績への影響については「応募者数や内訳が未確定のため未定」としている。 レナウンは現在、東京地裁が選任した管財人のもと、アパレル企業や投資ファンドなどを対象にスポンサー探しを進めている。 不採算店舗の閉鎖も検討している。 レナウンは1902年創業のアパレル大手。 ダーバンなどのブランドで知られるが、近年は百貨店などの販路を主体とする事業モデルが行き詰まっていた。 親会社である中国山東如意科技集団への売掛金の回収が滞っていたほか、新型コロナウイルスの影響による売り上げ急減で資金繰りに行き詰まり、今月15日に民事再生手続きを開始した。 負債総額は約138億円。 レナウンのHPによると、2019年12月期の時点で905名の就業人員。 このほかに、3,040人の嘱託従業員、503人の臨時従業員がいるそうです。 レナウンの民事再生手続きについて レナウンが5月15日、子会社のレナウンエージェンシーを債権者として東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理された。 申請時点での負債額は約138億7,900万円にのぼり、債権者の数は調査中だという。 【2020年5月18日続報】民事再生手続の開始により、6月16日に東証一部への上場を廃止する。 レナウンの今後の予想 若いファッションが好きな人達はまず、レナウンがどんな会社か?どんなブランドがあるか?ご存知ですか? ダーバン? シンプルライフ? アクアスキュータム…(ちょっと知ってる) アーノルドパーマー…(知ってる) 正直、おじいさん達以外よくわからない。。 逆に言えば、必要ない。 正直、再建したからといって上がる見込みあるとは思えません。 特にコロナ禍のアパレル業界を取り巻く情勢からすると、魅力の無い会社、ブランドを助けている余裕はありません。 ので、破産手続きに移行する可能性が高いのかな。 と思います。 従業員はどうすれば良いか? もし、レナウンと人生を共にする。 沈むとしても、運命共同体だ!と考えられてる方には何も伝わらないと思いますが… もし支えなければならない家族や、恋人がいるのでしたら、確認しましょう。 希望退職者に割増退職金が支払われる条件ですか? 割増金があるのであれば、すぐさま手を挙げましょう。 二次、三次の募集につれて減る、もしくは退職金が無い可能性があります。 逆に割増金が無ければ、そこは一丸となって抗議しましょう。 そんな中、百貨店ビジネスで、しかも売上を作れなかった人を雇う程余裕はありません。 それでも、働いて、稼いで、自分と大切な人たちを守らなくてはなりません。 生活を守る3つの方法 大失業&大リストラ時代に自分と大切な人たちを守り抜け! だからこそ、思考停止して止まっているだけではなく、 自分の人生と家族など大切な人たちを守るために、 動き出そう! 動き出すしかない! 「何も準備していない」のと、 「ちょっとでも動き出している」のとでは、 とんでもない差が生まれます! 「コロナ後の経済危機への準備」も、今から始めておこう! では具体的な準備や行動として、何をすればいいのか? その答えとては、「今こそやっておくべき3つのこと」があります 1.投資やネットビジネスなど、新しい収入も作り始める 2.今現在の自分の仕事やビジネスの、「将来の売上」を伸ばす準備をしておく 3.自分自身の成長やスキルを伸ばす勉強をする 自己投資! あなたの人生と大切な人たちを守るために、ぜひ始めて下さい! レナウンの今後については、アパレル業界の中でも立ち直る予想はありません。 しがみつかず、悲観せず、前をむいていきましょう! 関連記事はこちら お金について.

次の

レナウン (企業)

レナウン スポンサー

レナウン本社(「Wikipedia」より) アパレル大手の レナウンが倒産した。 同社は5月15日、東京地方裁判所より民事再生手続き開始決定および管理命令を受けたと発表した。 負債総額は3月31日現在で138億7900万円。 今後はスポンサーを探し、事業の維持・再生に取り組む考えだ。 主要販路の百貨店の低迷で、レナウンは厳しい状況に置かれている。 日本百貨店協会がまとめた2019年の全国百貨店売上高(全店ベース)は、前年比2. 2%減の5兆7547億円で6年連続のマイナス。 ピークとなる1991年の9兆7130億円からは4割も減った。 「ZARA」などファストファッションの台頭や、米アマゾン・ドット・コムなど電子商取引(EC)の拡大などで顧客離れが進んだ。 退潮著しいが、レナウンは百貨店売上高が占める割合(単体ベース)が55%(19年12月期)にもなる。 百貨店に依存しているわけだが、その百貨店の退潮でレナウンの業績も低迷するようになった。 19年12月期(決算期変更で10カ月の変則決算)は連結最終損益が67億円の赤字(前期は39億円の赤字)と、2期連続で最終赤字を計上。 今期(20年12月期)も新型コロナウイルスの感染拡大で百貨店やショッピングセンターの休業で収益が上がらず、既存店売上高は3月が前年同月比42. 5%減、4月が81. 0%減と大きく落ち込んだ。 こうした厳しい状況のなか、レナウンは取引先に対する売掛金の回収が滞る事態となった。 親会社で中国繊維大手の山東如意科技集団の子会社に対する19年12月期に支払期日が到来する売掛金の回収が滞ったため、同期に貸倒引当金53億円を計上。 資金が入らず、5月中旬以降の債務の支払いができなくなった。 こうしたことから民事再生手続き開始の決定を受けて経営破綻するに至った。 レナウンは、1902年に大阪で繊維卸売業を創業したのが始まりだ。 「ダーバン」「アクアスキュータム」「アーノルドパーマータイムレス」などのブランドで知られる。 23年に「栄光」などの意味を持つ「レナウン」を商標に採用。 60年代にレナウンのテレビCMソング「ワンサカ娘」が流行し、脚光を浴びた。 バブル景気に沸いた90年代初頭が最盛期で、世界最大の事業規模を誇った。 しかし、バブルが崩壊し景気は低迷、90年代後半以降に「 ユニクロ」などファストファッションが台頭するようになり、次第にレナウンの業績は下降するようになった。 中国・山東如意との提携も不発 そうしたなか、2004年にレナウンとダーバンが経営統合し、事業のてこ入れを図ったが、再成長はできず業績は低迷したままだった。 そこで頼ったのが中国の繊維会社大手、山東如意だ。 10年に山東如意と資本業務提携を締結、約40億円の出資を受けた。 13年には子会社となった。 レナウンは11年、山東如意が持つ中国での販売・物流ネットワークなど経営資源を活用し、中国市場でレナウンブランドの商品の販売を始めた。 しかし、展開ブランドの知名度の低さや山東如意との連携がうまくいかないなどで中国での展開は難航。 結局、撤退に追い込まれた。

次の