ダーウィン ズ ゲーム 特権。 ダーウィンズゲームの渋谷宝探しゲームの結末ネタバレ!勝者総取り特典についても

TVアニメ「ダーウィンズゲーム」公式サイト

ダーウィン ズ ゲーム 特権

ダーウィンズゲームのネタバレ 序章〜ダーウィンズゲームの始まり〜 ダーウィンズゲームは、主人公のスドウカナメが友人のキョウダが、謎のマスコット・パンダ君に追われているシーンから始まります。 名前だけでは、いまいちイメージしづらく、恐怖を感じることができませんが、実際に漫画を読むと人によっては、それだけで読むのをためらってしまうほどのシーンです。 パンダくんに追い詰められたキョウダは、携帯の連絡帳から助けになりそうな友人を探し、カナメを選びます。 翌朝、キョウダから謎のゲームへの招待状を受けたったカナメは、ただのソーシャルゲームだと思って、アプリを起動。 すると、突然!画面から出てきた蛇に首筋を噛まれて気絶してしまいます。 学校の保健室で目を覚ましたカナメは、午後の授業を早退し、誰も乗っていないガラガラの電車で、恐る恐る、ダーウィンズゲームのアプリをもう一度立ち上げます。 すると画面に表示されたのは・・ 「ウハハハハ。 僕はルーキー狩りのパンダ君。 」「死んでも化けて出ないでね。 」 ダーウィンズゲーム1巻・パンダ君のセリフ すると、誰も乗っていなかったはずの電車の車両に、キョウダを襲ったパンダ君が現れます。 パンダ君は、無言でカナメに斬りかかる シュカとカナメの出会い ダーウィンズゲームでは、イベントが始まる前に重要な出会いがあります。 それは主人公のカナメとシュカの出会いです。 パンダ君を撃退したカナメは、ダーウィンズゲームから抜ける方法を探すことにします。 その後、恋仲になる二人ですが、最初は死闘を繰り広げています。 その様子は1巻の後半から2巻の前半にかけて掲載されています。 ダーウィンズゲームを初めて、まだ間もないシュカも、イベントを経験したことがないようです。 ダーウィンズゲームはいつから、なんの目的のために、誰が始めたのか・・ カナメは宝探しゲームのイベントに、その答えがあることを期待して挑みます! 宝探しゲームのイベントの内容は、ダーウィンズゲーム2巻の後半から6巻の前半に掲載されています。 宝探しゲームのイベントで出会った、レイン、リュージ、スイ、ソータ、そして、シュカを加えた6人でサンセットレーベンズを正式に立ち上げます。 カナメがゲームマスターからもらった特権、勝者総取り(ハイローラー)が、レーベンズとエイスの決戦の決着に大きく関わることになります。 レーベンズとエイスの最終決戦の内容は、ダーウィンズゲーム7巻から8巻の前半に掲載されています。 大きな力を持ったプレイヤーの協力者を探し求めていた雪蘭は、強制的にカナメに協力を求めます。 雪蘭の要求をつっぱねたカナメは、苦もなく雪蘭に拉致され、リュージとレインがいる目の前で連れ去られてしまいます。 カナメが雪蘭に連れ去られたことを知ったシュカは、血相を変えて雪蘭を追いかけます! レーベンズとランキング1位・劉雪蘭のバトルの内容はダーウィンズゲーム7巻に掲載されています。 第2イベント:ハンティングゲーム 関西の有力クラン・西郷組のリーダーと会合した帰り道で、カナメの携帯に新イベント・ハンティングゲームの告知が届きます。 しかし、よくみると開催時刻は30秒後!・・カナメを乗せて車を走らせていた士明は、とっさに車を停めて、トランクからサバイバルキットを引っ張り出し、カナメに渡します。 そして、 「狩りで重要なのは、戦闘力ではございません。 重要なのは観察力。 五感を研ぎ澄ますのです。 」 ダーウィンズゲーム9巻・士明のセリフ と助言をして、カナメをハンティングゲームに見送ります。 前回の宝探しイベントと同じように、強制的に転送されたカナメは、見知らぬ島の密林の中にいました。 ハンティングゲームの内容は、ダーウィンズゲーム9巻の前半から13巻の前半に掲載されています。 カナメがダーウィンズゲームを始めたころから、急激に荒れ始め、今では最恐進化同好会という謎の同好会が、幅を効かせていると知り、カナメは潜入捜査をすることに。 捜査を続けて、たどり着いた黒幕はカナメの知る意外な人物でした! 最恐進化同好会の内容は、ダーウィンズゲーム13巻の後半から14巻の前半に掲載されています。 圏外村とは、その名の通り、電波が一切届かない地域にある村です。 圏外村には、他にもダーウィンズゲームの犠牲者や、その家族が身を隠すために暮らしているようです。 タゴナカ刑事の案内を受けて、圏外村の視察に向かった、リュージ、レイン、スイ、ソータ、おーじ、そしてリクは、電波が届かず外部との連絡が一切とれない村で、まさかの事態に巻き込まれることになります。 そして、ダーウィンズゲームの謎を内側から探るレインは、圏外村である事実を確信します。 圏外村での事件は、ダーウィンズゲーム14巻の後半から15巻の前半に掲載されています。 第3イベント:海賊王との決闘ゲーム モクレンの予知夢と、トリニティのテミスの特権を元に、次のイベントのリーク情報を手に入れたカナメたちは、準備を始めます。 ハンティングゲームと違って、今回はしっかりと準備期間があります。 「これからが本当のダーウィンズゲームさ!」と息巻くゲームマスターにとって、次のイベントはとても重要なのです。 海賊王との決闘ゲームが、これまでのイベントと決定的に違うのは、カナメたちの対戦相手が、別世界のプレイヤーたちであることです。 荒神力と呼ばれる能力を駆使する別世界のプレイヤーの戦闘能力は、カナメたちをゆうに上回っていました・・! 海賊王との決闘ゲームの内容は、ダーウィンズゲーム16巻の後半から18巻に掲載されています。 これまでは、生き残りをかけて戦うという選択肢以外与えられなかったのが、急に選択肢が増えると、途端に決断力が鈍るのも人間の特徴のようです。 広がり続ける壮大な世界観と、迫り来る人類種の存続をかけた聖戦。 ゲームマスターがダーウィンズゲームを作った目的も明らかになり、ストーリーはクライマックスへと向かいます。

次の

ダーウィンズゲーム|ネタバレ〜これまでのストーリーをイベントごとに紹介〜

ダーウィン ズ ゲーム 特権

ダーウィンズゲームのネタバレ 序章〜ダーウィンズゲームの始まり〜 ダーウィンズゲームは、主人公のスドウカナメが友人のキョウダが、謎のマスコット・パンダ君に追われているシーンから始まります。 名前だけでは、いまいちイメージしづらく、恐怖を感じることができませんが、実際に漫画を読むと人によっては、それだけで読むのをためらってしまうほどのシーンです。 パンダくんに追い詰められたキョウダは、携帯の連絡帳から助けになりそうな友人を探し、カナメを選びます。 翌朝、キョウダから謎のゲームへの招待状を受けたったカナメは、ただのソーシャルゲームだと思って、アプリを起動。 すると、突然!画面から出てきた蛇に首筋を噛まれて気絶してしまいます。 学校の保健室で目を覚ましたカナメは、午後の授業を早退し、誰も乗っていないガラガラの電車で、恐る恐る、ダーウィンズゲームのアプリをもう一度立ち上げます。 すると画面に表示されたのは・・ 「ウハハハハ。 僕はルーキー狩りのパンダ君。 」「死んでも化けて出ないでね。 」 ダーウィンズゲーム1巻・パンダ君のセリフ すると、誰も乗っていなかったはずの電車の車両に、キョウダを襲ったパンダ君が現れます。 パンダ君は、無言でカナメに斬りかかる シュカとカナメの出会い ダーウィンズゲームでは、イベントが始まる前に重要な出会いがあります。 それは主人公のカナメとシュカの出会いです。 パンダ君を撃退したカナメは、ダーウィンズゲームから抜ける方法を探すことにします。 その後、恋仲になる二人ですが、最初は死闘を繰り広げています。 その様子は1巻の後半から2巻の前半にかけて掲載されています。 ダーウィンズゲームを初めて、まだ間もないシュカも、イベントを経験したことがないようです。 ダーウィンズゲームはいつから、なんの目的のために、誰が始めたのか・・ カナメは宝探しゲームのイベントに、その答えがあることを期待して挑みます! 宝探しゲームのイベントの内容は、ダーウィンズゲーム2巻の後半から6巻の前半に掲載されています。 宝探しゲームのイベントで出会った、レイン、リュージ、スイ、ソータ、そして、シュカを加えた6人でサンセットレーベンズを正式に立ち上げます。 カナメがゲームマスターからもらった特権、勝者総取り(ハイローラー)が、レーベンズとエイスの決戦の決着に大きく関わることになります。 レーベンズとエイスの最終決戦の内容は、ダーウィンズゲーム7巻から8巻の前半に掲載されています。 大きな力を持ったプレイヤーの協力者を探し求めていた雪蘭は、強制的にカナメに協力を求めます。 雪蘭の要求をつっぱねたカナメは、苦もなく雪蘭に拉致され、リュージとレインがいる目の前で連れ去られてしまいます。 カナメが雪蘭に連れ去られたことを知ったシュカは、血相を変えて雪蘭を追いかけます! レーベンズとランキング1位・劉雪蘭のバトルの内容はダーウィンズゲーム7巻に掲載されています。 第2イベント:ハンティングゲーム 関西の有力クラン・西郷組のリーダーと会合した帰り道で、カナメの携帯に新イベント・ハンティングゲームの告知が届きます。 しかし、よくみると開催時刻は30秒後!・・カナメを乗せて車を走らせていた士明は、とっさに車を停めて、トランクからサバイバルキットを引っ張り出し、カナメに渡します。 そして、 「狩りで重要なのは、戦闘力ではございません。 重要なのは観察力。 五感を研ぎ澄ますのです。 」 ダーウィンズゲーム9巻・士明のセリフ と助言をして、カナメをハンティングゲームに見送ります。 前回の宝探しイベントと同じように、強制的に転送されたカナメは、見知らぬ島の密林の中にいました。 ハンティングゲームの内容は、ダーウィンズゲーム9巻の前半から13巻の前半に掲載されています。 カナメがダーウィンズゲームを始めたころから、急激に荒れ始め、今では最恐進化同好会という謎の同好会が、幅を効かせていると知り、カナメは潜入捜査をすることに。 捜査を続けて、たどり着いた黒幕はカナメの知る意外な人物でした! 最恐進化同好会の内容は、ダーウィンズゲーム13巻の後半から14巻の前半に掲載されています。 圏外村とは、その名の通り、電波が一切届かない地域にある村です。 圏外村には、他にもダーウィンズゲームの犠牲者や、その家族が身を隠すために暮らしているようです。 タゴナカ刑事の案内を受けて、圏外村の視察に向かった、リュージ、レイン、スイ、ソータ、おーじ、そしてリクは、電波が届かず外部との連絡が一切とれない村で、まさかの事態に巻き込まれることになります。 そして、ダーウィンズゲームの謎を内側から探るレインは、圏外村である事実を確信します。 圏外村での事件は、ダーウィンズゲーム14巻の後半から15巻の前半に掲載されています。 第3イベント:海賊王との決闘ゲーム モクレンの予知夢と、トリニティのテミスの特権を元に、次のイベントのリーク情報を手に入れたカナメたちは、準備を始めます。 ハンティングゲームと違って、今回はしっかりと準備期間があります。 「これからが本当のダーウィンズゲームさ!」と息巻くゲームマスターにとって、次のイベントはとても重要なのです。 海賊王との決闘ゲームが、これまでのイベントと決定的に違うのは、カナメたちの対戦相手が、別世界のプレイヤーたちであることです。 荒神力と呼ばれる能力を駆使する別世界のプレイヤーの戦闘能力は、カナメたちをゆうに上回っていました・・! 海賊王との決闘ゲームの内容は、ダーウィンズゲーム16巻の後半から18巻に掲載されています。 これまでは、生き残りをかけて戦うという選択肢以外与えられなかったのが、急に選択肢が増えると、途端に決断力が鈍るのも人間の特徴のようです。 広がり続ける壮大な世界観と、迫り来る人類種の存続をかけた聖戦。 ゲームマスターがダーウィンズゲームを作った目的も明らかになり、ストーリーはクライマックスへと向かいます。

次の

ダーウィンズゲーム / FLIPFLOPs(6)、宝探しゲームに決着。ランキング1位は2000年続く殺し屋一族の美女

ダーウィン ズ ゲーム 特権

カナメと出会う前までは、「ダーウィンズゲーム」内で情報収集能力にかなり長けていたため、「解析屋」と呼ばれていた。 どちらかというと戦闘要員というよりはサポート・分析要員として真価を発揮するタイプではあり、本人も自ら「逃げ専」と自分のことを言っているほどだ。 では、戦闘がまったくできないのかというとそんなことは全くなく、異能である「世界関数(ラプラス)」を使うことで、その辺の雑魚よりは全然強い。 世界観数 ラプラス はラプラスの悪魔からとっていて、簡単に言うと世界のすべての物理演算を即座にできるという能力で、相手の小さな挙動を見て次の動きを予測できたり、狙撃に応用すれば100発100中のスナイパーとなる。 ただ、近接戦闘になった際は普通の少女なので、すごい弱い。 そのためチート的能力ではあるがこの順位にしてみました。 ゲームを始めてから負けなしで49連勝していて、Aランカーまで駆け上がったため、周りからは「無敗の女王」と呼ばれている。 異能は「荊棘の女王 クイーンオブソーン 」というもの。 紐状もものであればなんであっても自在に操ることができる。 基本的には鎖鎌のようなものを武器として使っていて、近・中距離戦闘においてはかなりの強さ。 また、奥の手として目に見えにくく切れ味のある細い糸を周りに張り巡らせ、相手の動きを封じるという戦法も持っている。 物語序盤に主人公である須藤要に戦いをしかけ、負けはしたものの「サンセットレーベンズ」の戦闘要員としても明らかに強いほうなので、この順位が妥当だと判断しました。 第5位 王(ワン) 渋谷を牛耳っていた「エイス」というクランのリーダー。 「エイス」は健全なクランではなく、ヤクザが集まってできたようなクランであるため、周りのゲームプレイヤーから忌み嫌われていた。 作中では、カナメのクラン「サンセットレーベンズ」とクラン戦を行い負けたため、命を落とした。 登場時点から完全にやられキャラではあったものの、異能である「虚空の王 ベルゼブブ 」普通に強いという。。 空間を自在に操れるという異能で、使い方としては、空間を切り裂くことで相手を切り刻んだり、半径10mくらいであれば好きな場所に瞬間移動できるという異能。 瞬間移動って時点でかなりの能力。 使う人が傲慢であったため敗れたが、単純にイヌカイの異能「韋駄天足 スピードスター 」の上位互換ですので、身体能力が高い人が使っていたら最強レベルだったと思います。 登場時点では高校2年生17歳。 ゲーム内では「サンセットレーベンズ」という東京最大のクランを作りリーダーを張っている。 持ち前の運動神経や頭の切れの良さにより初心者から凄まじい速度で成長を遂げていっている。 異能 シギル は「火神槌(ヒノカグツチ)」という自分で触れたものをコピーできる能力。 この能力はそこまで強そうに見えないかもしれないが、その真価は能力を鍛えることで、コピー前のものを凌ぐコピー品ができるという点。 最新の16巻では刀をコピーし元の刀は刃こぼれするほどの刀をコピー可能に。 銃や閃光弾なども無尽蔵とはいかないまでもかなりの量つくることができるので、戦闘向きの能力。 漫画の感じだと、まだ能力に何か秘密があるような描写もあるので、その辺も期待したいですね。 第2位 金平 英明(カネヒラ ヒデアキ) 「ダーウィンズゲーム」の過去イベントの優勝者の1人。 優勝者特権で、ゲーム内でお金を代償に弱い異能を持つプレイヤーを守る保険会社を経営している。 異能は「摩利支天(ハレーションゴースト)」という異能で、実態を伴った分身を同時に3体まで生成できる。 本人から半径2kmを離れてしまうと、分身は消えてしまう。 イベント内でカナメには負けたものの、周りに守ってくれる人がいれば一方的に攻撃できるわけであるし、異能のネタがわからなければ攻撃のしようがないので強力な能力。 身体能力等を除けば、おそらくカナメの能力の「火神槌(ヒノカグツチ)」よりも強いのではないかって解釈しました。 スイは「サンセットレーベンズ」のメンバーのかわいらしい女の子。 ソータはスイの兄で、実際には1年前に事故で死んでしまっていないのだが、 「ダーウィンズゲーム」の影響か、スイの中に魂だけ残っていて自由に人格が入れ替えられる。 スイの異能は水を自由に操ることができる「枯れずの水瓶 ポルクスライト 」という能力。 真水ではなくても地下にある水などを使えば十分に強い能力。 スイいわく、人の体内にある水も自由に操ることができるらしい。 スイの性格的に行うことはないだろうが、本気をだせば誰であっても倒せるので、間違いなく最強な気がする。 ソータの異能は[開かずの氷室 カストルライト ]という水を凍らせる能力。 スイの能力と組み合わせて使うことで真価を発揮する。 初登場時には、地の利があったとはいえ「無敗の女王」と呼ばれるシュカを圧倒しているシーンも描かれていた。 その後に活躍したシーンはそこまでないが、個人的には今後活躍を期待したいキャラクターです(笑) いかがでしたでしょうか? 納得できないなあって思う人もいたかもしれませんが、その辺はご了承してください。

次の