卵 料理 簡単 おかず 人気。 卵だけの簡単レシピ10選!人気なおつまみやおかずにご飯しかない時も

卵だけの簡単レシピ10選!人気なおつまみやおかずにご飯しかない時も

卵 料理 簡単 おかず 人気

卵の栄養素について 卵には私たちの身体にとって必要不可欠な必須アミノ酸がバランスよく含まれており、私たちの免疫力をアップしてくれたり、すぐれた抗酸化作用で美肌効果も期待できます。 卵黄にあるレシチンにはコリンと呼ばれる成分が含まれており、脳を活性化させ、アルツハイマー病を含めた脳の組織の老化防止や中性脂肪の量を調節する働きがあり、血圧を低下させ、高血圧や高コレステロール血症や脂肪肝などの予防や改善にも効果があるとされています。 卵は加熱をすると熱に弱いビタミンB群などが減少してしまうと思われがちですが、栄養価は生卵ととくに変わりがないので安心して食べられます。 また、1日1個というわけでなく、2~3個までなら健康に問題はないので、積極的に摂取することをおすすめします。 卵の調理法について 卵は生卵はもちろんのこと茹でる、焼く、煮る、蒸す、炒めるなどの調理法があります。 近年では冷凍卵なんていうものも話題になっています。 日本では和食として郷土料理・ご当地料理でも幅広く活用されていますが、世界各国でも調理法はさまざまです。 朝食ひとつとってみても目玉焼き、スクランブルッグ、オムレツ、卵焼き、ゆで卵、フレンチトースト、ホットケーキなど調理の仕方が違うことがよくわかります。 ほとんどの人が毎日1回は食べることがある卵は栄養価が高く、ほかの食材とも相性抜群なので、ぜひいろんな調理法を試して食べてほしい食材です。 これから定番のレシピから簡単にできるレシピなど誰でもできるものをご紹介していきますので、気に入ったレシピがあったら、ご家庭の献立に加えてみてくださいね。 溶き卵に軽く塩味をつけ、半熟の炒り卵を作り、フライパンから取り出しておきます。 キャベツは4~5cm幅のざく切りにし、軽く塩を振って炒めます。 中華だし、コショウ、酒で味付けをして水溶き片栗粉でとろみをつけます。 最後に卵を戻して混ぜてできあがりです。 市販の中華だしを使った簡単でしっかり味の炒めのもレシピです。 鍋に乱切りした大根とかぶるくらいの水・米粒を入れ中火にかけ、大根が透き通るまで下茹でします。 フライパンにサラダ油をひき、鍋から取り出した大根を炒めます。 水250ccと調味料、ゆで卵を加えて煮て、煮汁が少し残るくらいで火を止めてできあがりです。 簡単にできて子供から大人まで食べられるレシピです。 温泉卵は、丼やパスタ、サラダのトッピングとして乗せたりしますよね。 半熟の黄身と固まらずにとろりとした白身は、まろやかでたまりません。 様々な味付けの料理と相性も良く、温泉卵を入れることで味がまろやかになったり、甘みを感じられるようになります。 また、温泉の蒸気で蒸したり、茹でて作ったものは卵の状態にかかわらず温泉卵と呼ばれています。 この記事では、温泉卵の基礎知識に加え、鍋を使った温泉卵、レンジを使った温泉卵、炊飯器を使った温泉卵、温泉卵のご飯レシピ、温泉卵のうどんレシピ、温泉卵のサラダレシピ、温泉卵おかずのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

和食におすすめの卵料理25選!簡単アレンジでできる美味しい一品をご紹介♪

卵 料理 簡単 おかず 人気

卵だけの簡単おかずレシピ1つ目でご紹介するのは「ふわふわオムレツ」です。 卵を溶いて焼き上げるだけの簡単なレシピですが、泡立てるとスフレのようなふわふわのオムレツが作れます。 泡立てるのが面倒だと思う方は冷蔵庫に入っているものを少し入れるだけでもふわふわのオムレツが作れます。 それがマヨネーズです。 マヨネーズに入っている油と酢が卵のたんぱく質が固まりすぎないようにするので、ふわっとした卵が焼けるのです。 泡立てたオムレツとは違った仕上がりですが、何も入れなずに焼くよりはふんわりと焼き上げることができるでしょう。 冷蔵庫にチーズが残っているのなら一緒に焼いてみてください。 それだけでもチーズオムレツになります。 卵 1個• 塩コショウ 適量 作り方• 1卵を卵白と卵黄に分ける。 2卵白を泡立ててメレンゲを作る。 3卵黄と塩コショウを加えて混ぜる。 4フライパンを熱して油をひく。 5卵を流しいれる。 6蓋をして弱火でじっくり焼く。 7半分にオムレツを折りたたんで完成。 厚焼き玉子は味付け次第でご飯のおかずにもおつまみにもなる料理です。 ちょっと残っている塩昆布や海苔、シラスなどを巻き込むのもおすすめです。 冷蔵庫の残り物で少し豪華な厚焼き玉子を作ることもできるでしょう。 卵を巻く作業は慣れるまで難しいかもしれません。 しかし、厚焼き玉子は食事やお酒の席だけではなくお弁当でも人気のおかずです。 作れるようになれば料理の幅も広がるのでぜひチャレンジしてみてください。 卵 3個• 醤油 小さじ1• 砂糖 大さじ1 作り方・レシピ• 1卵を溶きほぐす。 2砂糖と醤油を加える。 3卵焼き用の鍋に油をひいて卵を流しいれる。 4奥から手前に向けて卵をくるくると巻く。 5巻いた卵は奥に寄せて、再びキッチンペーパーで油をひく。 6卵を流しいれ、奥から手前に巻いていく。 7卵がなくなるまでこの作業を繰り返す。 卵を茹でる時間は沸騰してから中火で6分程度にします。 茹でている間も菜箸で転がしながら加熱すると黄身が中央に来るので、カットした断面がきれいになります。 卵が茹で上がったら殻をむいて調味料に漬け込むだけで人気の味付け茹で卵の完成です。 ジップロックなどの袋を使用すると汁がしっかりいきわたるのでおすすめです。 卵がたくさんあるときは茹で卵にして保存しておくとすぐに料理に使うことができます。 どんぶりやサラダなどにトッピングするだけでも豪華になります。 下の関連記事では茹で卵の保存方法をご紹介しているので参考にしてください。 卵 5個• 醤油 60cc• 砂糖 大さじ1• 味醂 40㏄• 酒 大さじ2 作り方・レシピ• 1半熟茹で卵を作る。 2皮をむく。 3調味料に漬け込む。 茹で卵の黄身をマヨネーズで和えて作る料理で、ちょっぴりおしゃれな装いの一品に仕上がります。 フィンガーフードとして手軽に食べられるので、パーティーにもおすすめのおつまみです。 自宅で飲み会やパーティーをするという方には下の関連記事もおすすめです。 お客さんを招くのなら普段の簡単なおつまみだけではなく、少し手の込んだおしゃれなおつまみも作ってみませんか? 手軽に作れるメニューもあるので、突然のお客さんにも対応できるでしょう。 詳しい情報をチェックして参考にしながら料理を作ってみてください。 茹で卵 1個• マヨネーズ 適量• 塩コショウ 適量 作り方・レシピ• 1茹で卵を縦半分にカットする。 2黄身だけを取り除き、裏ごしする。 3黄身にマヨネーズと塩コショウを混ぜて味を調える。 4白身のくぼみに君のメースとを戻して完成。 鶏がらスープの素や中華調味料を加えるだけで、一気に中華の味になります。 最後に醤油を加えると香ばしさも感じられるチャーハンになるのでおすすめです。 チャーハンを作る際にご飯と卵がうまくからまない方は、事前にご飯と卵を混ぜてみてください。 卵かけご飯のようにご飯にまんべんなく卵を混ぜてからフライパンに入れるのです。 こうすることで米の1つ1つに卵が絡むので、ぱらぱらのチャーハンに仕上げることができます。 また、ご飯をつぶしてしまうとべちゃっとするので強火でさっと加熱するのもポイントです。 炒めすぎるとご飯がぱさぱさになってしまうので適度に加熱してください。 卵 1個• ご飯 1人前• 塩コショウ 適量• 中華調味料 適量 作り方・レシピ• 1フライパンに油を熱し、溶き卵を流しいれる。 2ご飯を加え、ほぐしながらパラパラになるまで炒める。 3中華調味料と塩コショウで味を調えて完成。 シンプルに卵とご飯だけで食べられるので、本当に何もない時や急いでいるときにもおすすめの料理です。 もちろんご飯と卵だけでも良いですが、そこに食べるラー油をかけたり、肉みそを乗せたりしても美味しく食べられます。 時間がある方は卵白と卵黄で分け、卵白だけを泡立ててみてください。 メレンゲにした卵白をごはんにのせて、中央に卵黄をトッピングすると、ふわふわの卵かけご飯が楽しめます。 卵かけご飯を次の日に食べようと考えている方には、卵黄の醤油漬けもおすすめです。 一晩で完成しますが、3日程度は保存できます。 つける時間で食感が変わるので、自分好みの味を見つけてください。 半熟に焼き上げた卵にトロッとしたあんをかけるとメイン料理になるので、卵とご飯しかないときにもお腹がいっぱいになるでしょう。 カニ缶などがある方は、卵やあんに混ぜてみてください。 卵 3個• ご飯 1人前• 水 100㏄• 醤油 大さじ1• 砂糖 小さじ1. 酢 小さじ1. ごま油 適量• 水溶き片栗粉 適量 作り方・レシピ• 1熱したフライパンに油をひく。 2卵を溶いて流し入れ、半熟に焼き上げる。 3お皿にご飯を盛り、その上に卵を乗せる。 4小鍋に水と調味料をすべて入れて火にかける。 5沸騰したら味見をして、水溶き片栗粉でとろみをつける。 6卵の上にあんをかけたら完成。 玉ねぎやにんじんなどの野菜をみじん切りにしてケチャップライスを作りますが、野菜がない場合はケチャップで味を付けるだけでも良いでしょう。 あとは卵を焼いてご飯にのせれば完成です。 牛乳がある場合は卵に加え、ふわふわのオムレツにするのもおすすめです。 下の動画ではオムレツの作り方を見ることができます。 フライパンをトントンとたたいて丸めるのは難しいのですが、サランラップを使うと簡単に形を整えることができます。 興味がある方はチェックしてみてください。 卵だけでも美味しい料理は作れる 冷蔵庫に卵しかないと料理ができないと感じる方は多いのではないでしょうか?しかし、オムレツや卵焼き、味付け卵などを作ることができます。 たくさんのものは作れませんが、レシピを知っていれば美味しいおつまみやおかずを作ることができるのです。 卵だけでも美味しい料理は作れます。 ご飯があればメイン料理も作れるのでお腹もいっぱいになるでしょう。 卵だけで作るメニューには簡単にさっと作れる料理も多いのでチャレンジしてみてください。 卵を美味しく食べるためには保存の仕方も知っていなければなりません。 下の関連記事で保存方法を確認しておきましょう。

次の

メインもおつまみもおまかせ!おすすめ簡単卵料理15選

卵 料理 簡単 おかず 人気

卵が加わることで、親しみやすい味わいになり子供から大人まで喜んでくれるも嬉しい点ですね。 今回はそんな卵を使った、和食に合うおすすめのレシピをご紹介します。 シンプルなゆで卵をいろいろな味付けにアレンジすれば、全く異なる味わいが楽しめますよ。 こちらは定番の和食で人気の味付け卵のレシピです。 半熟に茹でた卵を、和食の定番の調味料に漬け込み、しっかりと味を馴染ませます。 一晩くらいつけると味が染みて美味しい味付け卵ができますよ。 このまま食べても美味しい和食の定番メニューです。 人気の和食!ゆで卵の酢味噌漬け instagram yukirichi119 こちらはゆで卵を酢味噌漬けにしていただく、美味しいアレンジレシピです。 半熟のゆで卵を作り、味噌や酢、砂糖を合わせた調味液に漬けこむだけで簡単に作れますよ。 和食で人気の酢味噌は、甘酸っぱい味わいが美味しいですね。 ゆで卵とも相性がよくどこかほっこりする味わいが楽しめますよ。 いただく時は漬けていた酢味噌ダレも添えて盛り付けると、しっかり味の絡んだ美味しい副菜ができそうです。 和食の人気料理!白だし味玉 instagram ai. ouchigohan 和食を作る時に便利で人気の調味料、白だしを使ったゆで卵のアレンジレシピです。 作り方はゆで卵を水で割った白だしに漬け込むだけでOKです。 とっても簡単で味わい深い和食のおかずができるのがいいですね。 醤油を使わないレシピなので、卵の色が変色せず白身が白いまま仕上がるのも魅力です。 お弁当のおかずにもおすすめ。 半日ほど漬け込むとしっかり味が馴染みますよ。 こちらもゆで卵を合わせた調味料に漬け込むだけなので簡単におかずの一品が作れますよ。 黒酢にみりんや醤油、砂糖を合わせた調味液で、甘酸っぱい濃厚な味わいに仕上がります。 さっぱりとした味わいと照りのある仕上がりで、献立にアクセントをつけてくれますよ。 箸休めにもおすすめのメニューです。 和食の献立にぴったりの濃厚な味わいで、副菜やお酒のおつまみにもおすすめ。 粕漬のような風味が感じられてやみつきになる美味しさです。 ゆで卵の固さはお好みでOKなので、お弁当に入れる時は固ゆでにすると詰めやすいですよ。 一晩以上じっくりと漬け込むことで味がしっかり馴染みます。 ouchigohan おでんの残り汁を上手に活用することで上品な和食が出来上がります。 和食で人気のだし巻き卵におでんの出汁を加えると、料亭風の仕上がりに。 おでんで残りがちな出汁は、こちらの料理で活用するのがおすすめです。 卵におでん出汁と砂糖を加えるだけでOKなので、簡単ですよ。 これだけでコクのある味わいの卵焼きが出来上がります。 和食の献立に合う絶品料理なのでぜひ試してみて下さいね。 はんぺんは袋のまま手でつぶして卵にまぜます。 味付けは白だしと砂糖だけなので簡単!はんぺんに塩気と旨味が詰まっているので、少ない調味料で味が決まります。 はんぺんが入ることで生地もしっかりするので、ひっくり返しやすいのも魅力ですよ。 フワフワの食感にほんのり甘みのついた味わいが絶品の料理です。 だし巻きを出汁が効いたおでんの汁でじっくり温めていただく料理で、ふんわり卵と優しい出汁の味わいが美味しいおすすめの和食です。 おでんはいろいろな具材を入れて作るのが定番ですが、こちらのようにだし巻きだけでシンプルにおでんにすると上品な和食の献立になりますよ。 ほっこり温まりたい日にもおすすめの一品です。 白だしと砂糖で味付けした優しい甘味が美味しい一品で、和食の副菜もおすすめです。 鮭は焼いてほぐした状態で作り置きしておくと、こちらのようなアレンジレシピが簡単に作れて便利ですよ。 鮭のピンクと大葉の緑が映え、彩りもとってもきれいですね。 お弁当のおかずにするのもいいですね。 鮭の塩気が味のアクセントにもなり、美味しくいただけます。 京都のおばんざい屋さんででてくるようなおかずで、豪華ですね。 三つ葉やぶぶあられをトッピングするとおしゃれに仕上がりますよ。 ふんわり優しい味わいのだし巻き卵に、とろみのあるあんがよく合います。 スプーンですくっていただくとあんと一緒に卵がいただけて絶品です。 ouchigohan 油揚げに卵を割り入れて煮ていく、どこかほっとする味わいが美味しい和食の一品です。 白だしや砂糖、醤油やみりんなど和食で定番の調味料で煮ていき、冷めるまで予熱でじっくりと火を通すことで中まで味が染み込みます。 口に入れた時に油揚げからジュワッと出汁が染み出て、ジューシーな食感が楽しめます。 卵は煮る時間を短くして予熱で火を入れることで、黄身が柔らかく仕上がりますよ。 使う食材はもやしと卵だけでOK。 調味料も白だしと醤油だけなので簡単に作れますよ。 両方とも火通りのよい食材なので、サッと炒めて5分もあればあっという間に完成します。 忙しい日の副菜作りに嬉しい一品ですね。 卵の柔らかな食感にシャキシャキのもやしがちょうどよく合わさり、バランスのとれた料理に仕上がりますよ。 ねぎを散らしても美味しそうです。 長芋のふんわり食感が魅力のレシピで、お好み焼き風の仕上がりに。 味付けは控えめにしてソースを付けていただくのもおすすめです。 お好みでねぎを散らして焼くと、彩りがきれいですよ。 野菜がたくさんいただけるヘルシーなレシピで、和食の献立に入れるとおしゃれな一品に。 沖縄の郷土料理として知られる料理で、さまざまなアレンジレシピがありますね。 こちらは油揚げを加えたアレンジメニューで、味付けもシンプルにみりんと醤油のみで作る簡単料理です。 油揚げのコクが加わり、シンプルながら食べ応えのある仕上がりに。 にんじんに卵がしっかりと絡まり、優しい味わいの料理が出来上がります。 もやしのシャキシャキ食感にふんわり卵がよく合い、食べ応えのある仕上がりに。 味付けは白だしと醤油だけなので、あっさりとした優しい味わいの汁物が出来上がりますよ。 時短で作れるので、朝食でもサッと作れておすすめです。 とろみのある汁で食べ応えも十分。 もう一品おかずが欲しい時にも簡単に作れて便利な料理です。 ouchigohan ゆで卵を肉巻きにしていただく、ボリューム満点の主菜メニューです。 味付けは定番の生姜焼きで、間違いない美味しさに仕上がりますよ。 中に包む卵はトロトロの半熟にしておくと、ひと口食べた時にとろける食感が美味しいおかずに。 お肉の量が少なくても満足できるので、節約レシピにもおすすめです。 和食の献立にこちらのようなアレンジレシピがあると楽しいですね。 手羽元でボリュームさっぱりめんぽん煮 instagram ai. ouchigohan 手羽元を麺つゆとポン酢でさっぱりと煮ていく人気の料理です。 酢の効果で手羽元がホロホロに柔らかくなり、絶品の仕上がりに。 こちらは仕上げにゆで卵を添えていますが、お肉を煮る時に一緒に煮込むのもおすすめです。 手羽元の茶色いおかずに、卵の黄色が映えて盛り付けも綺麗にできますよ。 卵は半熟でも固ゆででも美味しいので、お好みで試してみて下さいね。 白だしとみりんのシンプルな味付けで、簡単に和食の美味しさが楽しめますよ。 パサつきがちな鶏むね肉には、小麦粉をまぶしておくことで柔らかくしっとりといただけます。 3色の彩りが綺麗で、食卓が華やかなになりそうですね。 コスパのよい食材ばかりなので、毎日の献立ににも作りやすい料理です。 ご飯にのせれば親子丼になりますが、お皿に盛り付けて主菜にするのもおすすめ。 卵は半熟で仕上がるとトロトロの食感が楽しめますよ。 しっかり濃い目の味付けなので、ご飯がすすむこと間違いなしの人気料理です。 ねぎや三つ葉など緑の野菜をトッピングすると美味しそうに盛り付けできますよ。 醤油や塩に出汁の素があれば特別な調味料は不要のレシピなので、おうちでも簡単に作れますよ。 調味料と一緒に加えるかつお節が全体に絡んで味を馴染ませてくれます。 出汁の効いた馴染みのある味わいで、ご飯がすすみますよ。 ボリュームのあるヘルシーな料理に仕上がります。 卵は砂糖を加えてフライパンでサッと焼きます。 お好みですが、少し半熟くらいで仕上げるとツヤのある仕上がりに。 甘辛いひき肉のそぼろと甘めの卵が絶妙に合い、ご飯がすすみますよ。 きゅうりのぬか漬けを刻んで盛り付けると、3色のそぼろ丼ができて彩りも綺麗ですね。 お弁当にもおすすめです。 和食のおすすめ料理!ふわトロ卵丼 instagram tmytsm 卵と玉ねぎで作る卵丼は、甘辛い和食の味付けが美味しいですね。 お好みの味付けでOKですが、親子丼のような甘辛いタレで玉ねぎをさっと煮て、仕上げに卵を加えて半熟で仕上げると簡単です。 卵はあっという間に火が入っていくので、少し早めに火からおろしご飯にのせると焦らず作れますよ。 ご飯は先によそっておき、卵ができたらすぐに盛り付けるのがおすすめの調理法です。 包丁不要の簡単料理!ツナキャベ玉丼 instagram ai. ouchigohan 5分で簡単に作れるツナとキャベツと卵の丼です。 キャベツを手でちぎれば包丁いらずで、気軽に作れますよ。 お鍋に麺つゆと水を入れて煮立て、キャベツとツナを加えて仕上げに卵でとじればOKです。 調味料も麺つゆだけなので、一人分でも気軽に作りやすく、一人暮らしの方にもおすすめ。 キャベツの甘味とツナの旨味を卵がまとめてくれて、美味しくいただけますよ。 卵は薄焼きで作っても美味しいのでお好みで作ってみて下さいね。 卵にはんぺんを加えてミキサーで滑らかに攪拌してから焼くと、フワフワで生地がしっかりするので巻きやすいですよ。 卵の黄色がとっても綺麗で、テンションの上がる料理に。 具材はレタスやカニカマなどのサラダ系に、サーモンやマグロなどお刺身を合わせると豪華に仕上がります。 卵の黄身に楊枝などで穴をあけて、水を加えて電子レンジで加熱すると簡単に温泉卵ができます。 こちらのようにトッピングにするのに簡単にできておすすめ。 ネバトロ食材にトロトロの温泉卵が絡んでバランスのとれた美味しい料理に仕上がりますよ。 麺つゆで簡単に和食の味わいが楽しめる料理です。 いかがでしたか?簡単に作れるゆで卵や卵焼きのアレンジは、副菜やお弁当、おつまみなど幅広く活躍してくれそうです。 メイン料理や主食にも卵を入れることで、彩りが加わりボリュームもアップします。 卵料理は和食の調味料とも相性がよく、ホッとする味わいの料理も多いので気軽に毎日の食卓に取り入れてみて下さいね!.

次の