手越 炎上。 『イッテQ』炎上中の手越祐也“リモート出演”に「自粛させろよ…」

NEWS・手越祐也の“嵐替え歌”が、SNS上で大炎上!それでも生き残る「ババ殺し」とは?

手越 炎上

ところが、この直後に荒野行動で遊び始めた手越祐也。 文春報道の直後には荒野行動内で「嘘の情報に流されず自分の脳みそ使って判断してくれ」と喧嘩腰になっていた。 今回の騒動を受け、反省の色がみられない手越祐也。 さすがの手越担(ファン)も担降り(ファンをやめる)宣言するのが後を絶たない。 また、OPENRECをクビになるのではないかともささやかれている。 手越祐也は今年2月にOPENREC公式アンバサバーに就任。 荒野行動をはじめとするさまざまなゲームを配信するなどしてOPENRECを盛り上げてきた。 そんな矢先に今回の騒動である。 スポンサードリンク 手越祐也、文春報道でOPENRECクビ!? — 手洗いうがいしよう おわけん owaken55mmtsHS NEWSのファンですっていうの恥ずかしいよ、ほんとに。 OPENRECもサッカーキャスターも降ろされてもなんにも言えないよ。 みんなが自粛生活して耐えてるのになんで手越はパーティーしてるの?なんで手越だけ好きな仕事できるの?? そろそろ活動自粛させられてもおかしくないよ。 — reeeiii reeeiii4 今回の報道を受け、手越祐也へのOPENRECの対応が求められている。 中には、クビもやむなしとの声も。 番組内で手越祐也の謝罪は聞けるのだろうか。 過去にも何回か騒動があったけど手越のこと信じてついてきたのに今回は本当にショックすぎて一番裏切られた。 NEWSはグループとしてこれから先も応援します。 — M I K A. しかし、自粛を無視して女遊びしたのはさすがに許されなかったようで、多くの手越担が担降り宣言している。 人気がなくなれば、ジャニーズも手越祐也の素行に目をつぶることもなくなるはずだ。 ジャニーズ追放の日も近いのかもしれない。

次の

【炎上】手越祐也、文春報道でOPENRECクビの危機!?手越担降りも相次ぐ │ 黒白ニュース

手越 炎上

米国株投資に掛けるアラサー女子のベン子です。 「週刊文春」で、手越さんと未成年女性との飲酒パーティーが報じられましたが、同記事に関連して、「週刊文春デジタル」では、酒席での動画も公開されたました。 嵐ファンを中心に、大炎上となっているのです。 気になりますよね調べてみました。 公開された動画は、昨年12月に六本木のバーで行われたというパーティーでのワンシーン。 手越さんは、CHEMISTRYの『Wings of Words』に合わせて、『いちばん嵐のファンが多いけど 東京ドームで口パク聞いてる~』という替え歌を披露し、周囲から歓声を浴びていたようです。 この行いがジャニーズ事務所内で波紋を呼んでいると言うのです。 今回の事件で、同じく未成年者と酒席を共にしたと報じられた小山慶一郎さんは、責任を取って芸能活動を自粛すると発表しています。 その手越さんを気に入る大幹部とは、ほかでもない、メリー喜多川副社長といわれています。 素行面においては、所属タレントの中でも指折りの問題児である手越さんですが、一方で、仕事に対して、真面目かつ素直に取り組む姿が、目上の大物芸能人やテレビ局のベテランスタッフなどから高評価を得ているのです。 手越さんは2013年にも、未成年との飲酒を「文春」に報じられたましたが、当時メリー氏は「手越もバカ! 私も叱りましたし、彼も反省しています」と、同誌にコメントしています。 メリーさんが、いちタレントの不祥事にコメントを出すのは異例中の異例なので、関係者の間では『それだけ手越がかわいいんだね』と話題になりました。 しかし、今回、手越が批判した嵐は、事務所にとって、稼ぎの面では全グループの中で別格の存在。 その嵐をバッシングするような動画がウェブで拡散されれば、次期社長の藤島ジュリー景子副社長ら幹部たちは、当然いい気はしないでしょうし、手越さんは目をつけられてしまったのではないかと噂されています 今回の「文春」報道に関してだけいえば、お咎めなしとなりそうな手越さんですが、嵐ファン、そしてジャニーズ内部からも反感を買ってしまったとすれば、彼の将来には暗雲が立ち込めそうです。 今後の彼の動向から目が離せませんね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

手越祐也担降りまとめ!写真燃やして炎上?インスタTwitter周りの反応

手越 炎上

利用規約の変更 当社は、本規約を変更することがあります。 本規約を変更する場合、当社は、変更内容に応じて適切な変更手続(事前にその旨及び当該変更又は追加の内容並びにその効力発生時期をインターネットの利用その他の適切な方法により周知することを含みますがこれらに限られません)を実施します。 なお、以下に定める場合、当社が変更内容及び効力発生時期を適切な方法で周知することにより、ユーザは、変更後の本規約に同意したものとみなされます。 ユーザ一般の利益に適合する場合• 本規約の目的に反せず、法令、税制、経済情勢、社会情勢、本サービスの需要、当社の経営環境、その他諸般の事情により変更の必要があり、変更後の内容が相当である場合 知的財産権• 本サービスに関する著作権その他一切の知的財産権は、当社に帰属します。 本サービスを通じて当社が提供する情報(以下「当社コンテンツ」)に関する著作権および知的財産権は、かかる情報に関して正当な権限を有する第三者に帰属します。 ユーザは、法令(著作権法を含みますが、これらに限られません)に定められた範囲を超えて、当社及び前項に定める第三者の許諾を得ずに当社コンテンツの翻訳、編集、改変その他の利用行為を行い、第三者に使用させ、又は公開することはできません。 ユーザが本サービスを通じて当社に送信し、本サービスを通じて公開された情報(以下「ユーザコンテンツ」)に関する著作権その他一切の知的財産権は、ユーザに帰属します。 ユーザは、当社に対し、ユーザコンテンツに関し、本サービスの開発、運営、プロモーションに必要な限度で利用する権利(当社が必要かつ適正とみなす範囲で省略等の変更を加える権利を含みます。 また、かかる利用権を当社と提携する第三者に再許諾する権利を含みます。 )を、無償で、無期限に、地域の限定なくあらかじめ許諾するものとします。 本規約等に違反する行為• 当社または第三者の著作権、その他の知的財産権または財産的利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為• 法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為• 他のユーザまたは第三者に不利益を与える行為、またはそのおそれのある行為• 本サービスの運用を妨げる行為、またはそのおそれのある行為• 当社または本サービスの信用を毀損する行為、またはそのおそれのある行為• 本サービスに含まれるソフトウェア情報および著作物について、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルする行為• 当社のネットワークおよび本サービスを提供するにあたり使用しているインターネットサーバ(以下「対象設備」)に不正にアクセスし、または蓄積された情報を不正に書き換えもしくは消去する行為• 対象設備にウイルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信する行為• 対象設備に必要以上の負荷をかける行為• その他、当社が不適切と判断する行為 ユーザの責任 ユーザは、ユーザご自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為及びその結果について責任を負うものとします。 当社は、ユーザが本規約等に違反して本サービスを利用していると認めた場合、事前にユーザに通知することなく、以下の措置を講じる裁量権を有します。 ただし、これは当社がかかる違反を防止又は是正する義務を負うことを意味しません。 ユーザコンテンツの全部又は一部の非表示、公開停止又は削除• 本サービスの利用の全部若しくは一部の停止又はアカウントの削除• 法令に基づいて許容される限度での捜査機関又は被害者への情報提供• その他当社が必要かつ適切と判断する措置• サービスの変更等• 当社は、本サービスの一部または全部を、ユーザへ事前に通知することなく、いつでも任意の理由で変更、中断、停止または終了することができるものとします 免責事項 当社は、以下に定める事項に関して、当社の過失による場合を除き免責されるものとし、ユーザは自身の判断と責任において、これを承諾の上で本サービスを利用するものとします。 当社は、理由の如何を問わず、本サービスの利用または本サービスを利用できなかったことに関してユーザに生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。 当社は、アカウントの不正使用、管理不十分又は利用上の誤りによりユーザに生じた損害について、一切責任を負わないものとします。 当社は、本サービスの動作および使用機器への適合性について、一切保証せず、ユーザに対して一切の責任を負いません。 当社は、本サービスの完全性、正確性、適法性、有用性、および本サービスの利用により取得された情報の正確性、妥当性、適法性、有用性、その他一切の事項について保証せず、ユーザに対して一切の責任を負いません。 当社は、アクセス過多、その他予期せぬ原因による本サービスの表示速度の低下や障害等によって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。 当社は、本サービスの変更、中断、停止または終了によって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。 当社は、本サービスに関連して生じた契約者及び第三者の結果的損害、付随的損害、逸失利益等の間接損害について、それらの予見または予見可能性の有無にかかわらず一切の責任を負いません。 個人情報の利用目的 当社は、個人情報について、以下の利用目的の範囲内又はその取得状況から明らかである利用目的の範囲内で利用し、ユーザーの同意がある場合又は法令で認められている場合を除き、他の目的で利用しません。 ユーザーごとにカスタマイズされたコンテンツを提供するため• 本サービスの不正利用防止のため• 本サービスのユーザーに関する本人確認その他ユーザーの管理• 本サービスの管理、改善• 本サービスに関する更新情報、キャンペーン情報その他の情報の提供• 本サービスに関するアンケートの実施• 統計資料の作成、各種マーケティング調査の実施• 本サービスに関するユーザーからの問い合わせ対応• 本サービスに関するトラブルの解決• 本サービスに関する当社の権利の行使(請求及び支払いに関する業務を含みます。 当社による新規サービスの開発• その他、本サービスを含む当社が提供する全てのサービスを適切かつ円滑に遂行するために必要な業務 5. 個人データの第三者提供 当社は、前条に定める場合、ユーザーの事前同意がある場合又は法令で認められている場合その他以下に定める場合を除き、個人データを第三者に提供いたしません。 第三者に提供することについて事前の同意を頂いている場合• ユーザーが本サービスの利用規約、プライバシーポリシーその他当社との間で契約した契約上の定めに違反し、当社の権利、財産や本サービス等を保護するために、個人情報を公開せざるをえないと判断した場合• 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合• 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合• 業務委託契約に基づいて、ユーザー情報の取扱いの一部又は全部を外部の会社を委託する場合(サーバーへの蔵置及び本サービスの品質を向上する目的で、業務委託先に情報の管理及び分析を委託する場合も含みます)。 この場合、当社はユーザー情報の取り扱いに関する契約の締結や委託先においてユーザー情報の安全管理が図られるよう適切に監督します。 当社の株式の譲渡、合併等の組織再編行為、事業譲渡その他これらに類する取引の実行及びこれに先立って行われる調査や交渉に際して開示する場合 6. 個人データの管理• データ内容の正確性の確保 当社は、個人データにつき、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保つとともに、利用する必要がなくなったときは当該個人データを消去するよう努めます。 安全管理措置 当社は、個人データの漏えい、滅失又は毀損の防止その他の安全管理のために必要かつ適切な監督を行います。 従業者の監督 当社は、個人データを従業者に取り扱わせるにあたっては、個人情報の適正な取扱いを周知徹底するとともに適正な教育を行い、必要かつ適正な監督を行います。 委託先の監督 当社は、個人データの取扱いを委託する場合には、委託先には適切な安全管理措置を講じている協力会社を選定し、委託先に対し必要かつ適切な監督を行います。 統計処理されたデータの利用 当社は、提供を受けた個人データをもとに、個人を特定できないよう加工した統計データを作成することがあります。 当社は、当該統計データについて、何ら制限なく利用することができます。 Cookieその他の解析ツール、技術の利用• 当社は、本サービスの提供に際して、Cookie及びこれに類する技術を利用することがあります。 当社は、ユーザーのCookie情報、ユーザーが閲覧した広告、ウェブページ並びにユーザーの利用環境等の情報を自動的にユーザーのブラウザから取得し、サーバに記録することで、本サービスの利用状況等を把握し、本サービスの品質を向上させるためにこれらの情報を用いることがあります。 Cookieを無効化したいユーザーは、ウェブブラウザの設定を変更することによりCookieを無効化することができます。 ただし、Cookieを無効化すると、本サービスを正常に利用できない場合があります。 当社は、第1項に定めるほか、解析ツール等を利用して、本サービスの利用に際してユーザーが利用する電子通信端末に関する情報(端末識別子、IPアドレス、位置情報、Cookie、利用ログ等)を取得し、ユーザーに関する個人情報の解析並びにその結果を用いたサイト利用状況の計測、分析及びサイトの改善を目的として、これらの情報を利用することがあります。 保有個人データに関する受付• ユーザーから保有個人データの利用目的について、通知の請求があったときは、次の場合を除き、遅滞なく通知いたします。 ユーザーから保有個人データの開示の請求があった場合には、次の場合を除き、開示いたします。 ユーザーから保有個人データの訂正、追加、削除に関する請求があった場合には、調査を行い、その結果に基づき適正な対応を行います。 ユーザーから保有個人データの利用の停止又は消去に関する請求があった場合には、当該請求に理由があることが判明したときは、適正な対応を行います。 人気YouTuber・ヒカルさんが、炎上した「手越祐也と友達」の発言と炎上動画について、 自身のチャンネル『ヒカル(Hikaru)』で釈明コメントを公開しています。 後半には、手越さんに直接会って「友達かどうか」を確認する場面も。 手越さんのコメントも公開されており、視聴回数は150万回を突破しています。 手越くんとヒカルは友達じゃない?炎上、お騒がせした件について真実を話します 過去の炎上動画 「おい手越! 手越!! 」 まず確認していただきたいのは、 2020年5月16日に公開されたヒカルさんの炎上動画。 動画内でヒカルさんは、酒の席に女性を呼び出した手越さんを糾弾しています。 公開日は、手越さんのステイホーム破りが「週刊文春」で報じられた3日後です。 おい手越、女とばっか遊んでないで俺とテレビ通話でもして自粛しろ 注目の炎上動画は「 おい手越、手越!ニュース見たぞ!」の強い口調でスタート。 さらに「友達やからハッキリ言わしてもらうけど、何が手越ガールズや!」 「何が手越キャバクラや!! 」と続けます。 その後、手越さんをスターだと認めつつも、自粛期間中に遊びたくても 我慢している人たちのことを引き合いに出し、 「女遊びが凄すぎる!」「この期間ぐらいは自粛しといてくれ!」と強く主張。 しかし後半には、友達としての(? )優しさも見せ、 「暇つぶしの荒野行動も付き合うから!」とコメント。 動画のラストは「 手越に幸あれ」のテロップで締め括られています。 手越さんへの注意喚起のコメント自体は正論で問題はないのに、 この動画がなぜそこまで炎上しているのか。 それには手越さんが6月23日に行った緊急記者会見が影響しています。 手越祐也さんの会見 「2、3回食事をしたかな」 記者会見のなかで手越さんは、ヒカルさんとの関係について 「 2、3回食事をしたかな」と回答。 さらに、「今後のYouTube活動についてヒカルさんに相談している」 という噂について質問されますが、 「 相談はしていない」と答えています。 つまり、ヒカルさんの過去動画が炎上しているのは、 手越さんとの希薄に見える関係性が原因です。 過去の動画で手越さんの友達だと言っていたことについて、動画のコメントでも、 「会見みたら、そんなに仲良くなさそうだった(笑)」(1095いいね) など多くの声が寄せられていました。 ヒカルさん曰く、過去の炎上動画について、 低評価が最近になって5,000ぐらい増えたとのこと。 ここまで急激に増えることは今までほとんど無いそうです。 手越さんの会見での発言についてヒカルさんは、 「僕が手越くんを操る黒幕・フィクサーのようにマスコミで言われていたので、 手越くんも僕のことを思ってあんな風に言ってくれたと、僕の中では思っていて」 と今回の新動画で前向きにコメント。 黒幕説ははっきりと否定していました。 その後も、6,400件を超える視聴者のバッシングに真っ向から立ち向かっていきます。 「2回しか会ってない人に、『おい手越、おい手越』は馴れ馴れし過ぎて草」(1,700いいね) ヒカル「YouTubeをあまり知らない人はしょうがないと思うんですけど、 これは元のネタがあるんですよ。 シバターさんのパロディーなんですけど、それを知らない人からすると、 これをガチだと捉えてしまう。 それに正式には会ったのは3回です。 そんなんでは傷つかないんですよ。 これからも自称手越の友達として言い続けていきます」 ヒカルさんは、動画内で一貫して「友達に会った回数は関係ない」 という持論を展開。 学校の友達を例に出して「毎日会うのに友達じゃない人もいるでしょ?」と説明します。 また、現在の手越さんとの関係について「自称友達」でも良いとして、 10回会ったときにコラボできるなら、その時に友達かどうかを確認すればいいと提案。 ただ、友達かどうかを相手に聞くことは過去の経験でないため、 笑いながら次のように話します。 「正直ね、友達かどうかは主観でしょ。 だから今回俺は嘘をついた覚えはないですけど、 なぜか嘘つき呼ばわりされているんですよ」と複雑な胸中を明かします。 ここで気になるのは、手越さんがヒカルさんに対して どのように思っているのか、その本音です。 手越祐也さんに直撃「俺って手越くんと友達?」 本動画を撮影した当日、 ヒカルさんは手越さんと4回目の食事に行く予定があるらしく、 動画は途中で中断されてしまいます。 しかし、その後動画が再開されると、 「手越くんに友達かどうかを確認してきた」という驚きの展開が。 手越さんに公開の許可をもらったという2人の会話はこちらです。 ヒカル「手越くんさあ、俺って手越くんと友達なん?」 手越「友達かどうか? えぇ〜何その質問?」 ヒカル「(笑っている)」 手越「いや何か分かんないけど、これ俺の意見ね。 俺の意見では、別に友達かどうかはどうでもよくて、とにかく俺からしたらヒカルは」 はたして、手越さんはヒカルさんのことをどんな風に想っているのか?? その真相は動画でチェックしてみてください! ちなみに手越さんは自身のInstagramで、 この日のヒカルさんとの2ショット画像を公開しています。 手越さんのYouTubeチャンネル『手越祐也チャンネル』も大注目です! 手越祐也チャンネル.

次の