ディズニー チケット 値段。 ディズニーチケットを売るならどこがおすすめ?

【金額大公開】海外ディズニー旅行の値段はいくら?【全5パーク】

ディズニー チケット 値段

香港ディズニーランド キャラクターグリーティングが、たくさん行われており「キャラグリ天国」と呼ばれる香港。 日本からも近いため、関東の方がUSJ、関西の方がTDRに行くような感覚で行って帰ってこられます。 香港へは、香港エクスプレスというLCCを使えば、航空券代は往復2万円で行くことができます。 香港エクスプレスでは、月に1回はセールを行っています。 すごく安い1万円の航空券もあります。 とは言え、格安な航空券は競争率が高く、入手が難しいです。 しかし、 往復2万円のセールチケットであれば、普通に入手ができます。 香港ディズニーランドは、2dayパスポートが安いです。 なんと、 2日間遊べて1万円です。 上海ディズニーランド 世界で最も新しいディズニーランドである香港ディズニーランド。 最先端のアトラクションがたくさんあります。 アトラクションが好きな方に、オススメのパークです。 上海へは、ジェットスターかピーチを使うと安く飛ぶことができます。 ジェットスターとピーチを比較してみます。 航空会社 最低料金 到着時刻 ジェットスター 2万円 深夜1時 ピーチ 2万5千円 朝5時 ジェットスターも、ピーチも、セールでもっと安い航空券が出ることがあります。 しかし、予約をするのが超むずかしいので、この値段で考えていきます。 ジェットスターの方が、値段は安いです。 しかし、上海に到着する時間が夜中の1時です。 そうなると、選択肢は2つ。 1日目 フロリダに到着 2日目 ディズニーワールド 3日目 ディズニーワールド 4日目 ディズニーワールド 5日目 ディズニーワールド 6日目 ディズニーワールド 7日目 フロリダを出発 8日目 日本に到着 航空券 日系航空会社 14万円 ホテル オフィシャルホテル 5万2千円 チケット 5デー 4万1千万円 合計 23万3千円 初めてのアメリカ、乗り継ぎだったため、安心のために日本の航空会社を利用しました。 ちょうど夏休み期間だったので、値段が高くなってしまいました。 次の年は、裏技で航空券代が14万円から3万2千円になりました。 つまり、 10万円ちょっとでフロリダのディズニーワールドに行ってきました。 ディズニーワールド旅行の個人手配について.

次の

第一生命でディズニーのチケットを買える?またいくらなのか?勧誘覚悟でもかなりの格安!

ディズニー チケット 値段

【注意事項】• 他の日付および他の券種などへの変更・払い戻しはできません。 (1)対象となる学校・施設 ・文部科学省認可をうけている学校 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、高等専修学校、高等専門学校、専門学校、短期大学、大学、特別支援学校、専修学校、各種学校 ・児童福祉法による一部の施設 児童厚生施設、児童養護施設、福祉型障がい児入所施設、医療型障がい児入所施設、児童心理治療施設、児童自立支援施設、児童発達支援センター ・厚生労働省認可をうけている認可保育施設 保育園、保育所 ・都道府県・市区町村認可をうけている認証・認定保育施設 保育園、保育所、こども園• 注意:対象外施設 民間教育施設(教習所、塾)、職業訓練校、学童保育等の一時預かり、上記に記載がない学校、施設 (2)パークチケット予約について 学校料金申請書だけではパークチケットの予約申し込みとなりません。 別途、お近くの旅行会社または東京ディズニーリゾート団体予約センターまでお申し込みください。 (3)学校料金の適用について 1 学校料金は、学校の正式行事であり、かつ当該校教職員が引率する団体がご利用いただけます。 2 学校料金の適用は引率教職員、学校行事対象の在校生徒、介護および引率として参加が必要な方となります。 3 ご来園日に4才の誕生日を迎えたお子様より学校料金の対象となります。 対象となる学校・施設 ・文部科学省認可をうけている学校 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、高等専修学校、高等専門学校、専門学校、短期大学、大学、特別支援学校、専修学校、各種学校 ・児童福祉法による一部の施設 児童厚生施設、児童養護施設、福祉型障がい児入所施設、医療型障がい児入所施設、児童心理治療施設、児童自立支援施設、児童発達支援センター ・厚生労働省認可をうけている認可保育施設 保育園、保育所 ・都道府県・市区町村認可をうけている認証・認定保育施設 保育園、保育所、こども園• 注意:対象外施設 民間教育施設(教習所、塾)、職業訓練校、学童保育等の一時預かり、上記に記載がない学校、施設.

次の

料金・お申込み方法|ラーニング・ファン|東京ディズニーリゾート

ディズニー チケット 値段

通常チケット(1デーパスポート)の値段は? 一般的なディズニーランドのチケットは、「1デーパスパスポート」と呼ばれています。 ディズニーランド、ディズニーシー共に値段は同じです。 1デーパスパスポートは ・ディズニーランドへの入場料 ・乗り物の利用料 全て込なので、1枚あれば1日中ディズニーランドを遊びつくせます。 1デーパスポートの値段 大人(18歳以上):8,200円 中人(12~17歳):6,900円 小人(4~11歳):4,900円 シニア(65歳以上):7,600円 障害者向け:6,600円 以上が通常のディズニーランドに入場する際に必要なチケット情報です。 ディズニーランドには、通常チケットの他に、さまざまなタイプのチケットがあるので、その種類や値段を紹介していきます。 人が多い土日や祝日に、朝からではなく、午後からゆっくりとしたい方は、スターライトパスポートがおすすめ。 スターライトパスポートは、オンライン、当日購入の他に、全国のディズニーストアや代理店を通して購入できます。 当日だと窓口が混み合うので、前もっての購入がおすすめです。 スターライトパスポートを著者が使った際は、午後3時からでもかなりゆったり楽しめました。 唯一注意が必要なのは、閉園時間です。 閉園が通常より早い日がディズニーランドにはあるので、その日以外を狙ってチケットを使いましょう。 平日の午後6時以降と考えると、比較的ディズニーランドが近い場所で働いている社会人や学生の方で夜のディズニーランドを満喫したい方におすすめ! チケットの購入方法は、スターライトチケットと同様です。 このチケットは、通常の入場より大人料金の場合、値段が3,000円以上割り引かれます。 値段をとにかく抑えたい方にも嬉しいチケットです。 著者が使ってみた際は、夜景や夜のパレードを十分楽しめました。 また、閉園間際のディズニーランドは、お土産を買い求める人、帰宅する人も多く、人気アトラクションの待ち時間がグッと短くなります。 アフター6パスポートを使う場合、閉園間際のアトラクションをぜひ満喫してみてください。 期間限定のチケットですが、ほぼ毎年販売されているので、安心しましょう。 対象になる学生は中学生から大学院生、専門学生なども含まれます。 発売時期は、例年1月上旬から3月の下旬にかけてです。 大学生の春休みや卒業シーズンに、学生たちに目いっぱいディズニーを楽しんでほしいというディズニーの粋な計らいを感じられます。 学生時代に何度もこのチケットを著者も使いましたが、一つだけ注意点があります。 それは、チケットが販売されている期間、ディズニーランド内が混雑する点です。 通常時より学生が多く来園する分、アトラクションの待ち時間が長くなる傾向があるので、平日の早い時間からディズニーランドに入るのをおすすめします。 利用できるのは平日のみとなっています。 こちらのパスポートは、1デーパスポートと同じ内容ですが、値段を安く購入できるのが魅力です。 注意点としては、利用期間が年ごとに決まり、限られた中で利用する必要があります。 首都圏限定パスポートが購入できない地域でも、地域限定パスポートが発売されることがあります。 学生時代、社会人、共にこのパスポートを著者は利用しました。 平日に休みが取れる方なら、ほぼデメリットはないのでおすすめです。 ファンダフル・ディズニーメンバー限定パスポートと呼ばれるチケットは、1年を通して購入できるので、ファンクラブ会員の方はぜひ利用しましょう。 ちなみに、ファンクラブ会費は一年で3,300円です。 パスポート自体は、1デーパスポートと変わらず、平日、休日問わず使えるので利便性が高いです。 両方のランド共通の年間パスポートもあります。 値段は、片方の年間パスポートなら9回、共通の年間パスポートなら13回足を運べば元が取れる計算です。 とにかくディズニーが好きで、いつでも気軽に入場したい方は、ぜひ購入してみましょう。 年パス値段 【2パーク年間パスポート】 大人/中人:99,000円 小人:57,000円 シニア:85,000円 【1パーク年間パスポート】 大人/中人:68,000 円 小人:40,000円 シニア:58,000円 ディズニーランドのチケット値段:株主優待 無料のチケットも! ディズニーランドのチケットの中には、値段が無料になる特別なものも! ディズニーランドには、オフィシャルスポンサー限定のチケットや特典があります。 しかし、それらは中々自分の意思で入会したり、チケットを購入したりできません。 そこでおすすめするのが、誰でも購入できるディズニー株式を購入してもらえる株主優待券です。 優待券を購入するのには、オリエンタランドの株式を購入する必要があります。 一見、難しい手続きですが、最近ではオンラインの取引も盛んで、比較的簡単に購入できるのが魅力です。 購入した株式に見合った無料優待券が、少なくとも一年を通して1枚、多い方は複数枚届くので、お得な気分を得られます。 優待券は入場制限の日を除けば、一年を通していつでも利用できるのが嬉しいポイントです。 まとめ いかがだったでしょうか? ディズニーランドには、さまざまなタイプのチケットがあります。 1デーパスポート以外にも値段がグッと割り引かれたチケットを有効に使いましょう。 夕方以降入場の方が使えるチケット、特定の地域や条件がそろった時に購入できる限定チケットなど、紹介したものの中から用途に合ったものを見つけましょう。 普段より安い値段でディズニーランドに入場できれば、より一層ディズニーが楽しめます。 葉書を送れば、新しいチケットをが来るので有効期限問題も安心です。 一度、チェックしてみてくださいね。

次の