ビル ボード チャート 日本。 防弾少年団(BTS)のビルボード全米1位獲得はチャート不正操作!?兵役免除の為に事務所が工作!?

BABYMETAL、米・ビルボードAL総合チャートで日本人女性アーティスト史上初の最高位に

ビル ボード チャート 日本

宇多田ヒカルさんのアルバム「Fantome」全米6位の意味 宇多田ヒカルさんのアルバム「全米6位」とは「ビルボード6位」という意味なんですが、「ビルボード」には 多くの音楽ジャンルのチャートがあります。 ビルボードのチャート数は、 年間チャートが170種類以上! 「POP」「ROCK」などの音楽のジャンルから、さらに1つのジャンルで細かく分かれてます。 「POP」でも「POP Songs」「Adult POP Songs」などと枝分かれして、 たくさんのチャートが存在します。 宇多田ヒカルさんの アルバム「Fantome」が 6位になったのは 「ワールドアルバムチャート」 というジャンル。 音楽シーンのメインとされる 「総合アルバムチャート(ビルボード200)」とは違うチャートになります。 「ワールドアルバムチャート」の影響力は170以上あるジャンルの中では下位に近い位置づけになっています。 2004年宇多田ヒカルさんが 全米デビューでランクインした「総合アルバムチャート」とは違うジャンルでのチャートインです。 ですが、『ワールドアルバムチャート6位』という結果が悪いという訳ではありません。 2012年の楽曲 「桜流し」は映画「エヴァンゲルオン劇場版:Q」の主題歌でした。 海外でも人気のあるエヴァンゲリオンと宇多田ヒカルさんが結びついたということもあり、世界での認知度が高まっています。 日本のアニメソングの影響も少なからずあるようです。 もうひとつ、今回のアルバムでは 日本語の歌詞にこだわったこと。 英語の歌詞より受け入れてもらえているようです。 そして、 楽曲の質の良さ も素晴らしいです ! 「 こんなアルバム二度と作れない」と言っていた宇多田ヒカルさんのアルバム「Fantome」の良さが今回の結果につながったようです。 スポンサーリンク ビルボードチャートって何? ビルボートとは、1894年に創刊された音楽専門誌で、現在 世界で最も権威のある音楽チャートと言われています。 ビルボードのチャート集計は 売り上げだけではないあらゆる方面のデータを集計しています。 「ビルボード・チャート」は、世の中にどれだけ楽曲が浸透しているかということがランキングで明確にされています。 ビルボードチャートの仕組みは? ビルビードで曲がランキングする上で 重要なの要素のひとつに 「エアプレイ回数」があります。 エアプレイとは、 ラジオ局でどれだけその曲が流れたかということ。 そして、エアプレイの数の他、ダウンロード数や最近では Youtubeの再生回数が集計されビルボード・チャートとなります。 ちなみにビルボード・チャートは「シングル100位以内」「アルバム200位以内」にランクインしないと「圏外」となります。 今回の宇多田ヒカルさんのアルバムは、世界展開を考えてはいなかったので「総合アルバムチャート」では圏外という結果です。 宇多田ヒカルさんの日本での記録 宇多田ヒカルさんの デビューは1998年、15歳のときでした。 1999年3月10日発売の ファーストアルバム「First Love」は 累計765万枚の売り上げを記録。 CD売り上げ数 日本一のアルバムとして現在も記録を保持しています。 2ndアルバム「Distance」は 初週売り上げが300万枚といきなりのトリプルミリオンという快挙! 2007年に発表した シングル「Flavor Of Life」はダウンロード数世界一(当時)を記録! 日本の音楽業界の記録を多く塗り替えた宇多田ヒカルさんは、日本で好調なこともあり 2004年に全米デビューが決まります。 2004年の全米デビューの結果は? 宇多田ヒカルさんは世界でも通用する!と見込んでのアメリカ進出でしたが、期待通りの結果は得られませんでした。 アメリカデビューでは、アーティスト名を「 Utada」としてアルバム「 EXODUS」を発売します。 結果は、 全米チャート 初登場160位にランクイン。 あれだけ日本でCD売上のすごい宇多田ヒカルさんがアメリカでは日本のようにはいきませんでした。 アメリカ進出で不足していたのは、顔を知ってもらうための地方でのライブやテレビ出演などのプロモーション活動。 日本では藤圭子さんの娘、帰国子女など話題も豊富な宇多田ヒカルさんでしたが、 アメリカでは知名度なし! そしてタイミングが悪かったのか、 大統領選挙の前ということで新人アーティストへの関心を持ってもらえなかったのではないかと言われています。 2009年「Utada」名義で発売した 2ndアルバム 「 This is the one」は 69位。 この頃、宇多田ヒカルさんもアメリカのラジオ局を回って「日本では700万枚アルバム売ったんだよ!」とアピールもしていたのですが、現実は厳しいものでした。 全米デビューで成功した日本人は? 現在まででアメリカで成功した日本のアーティストは、 ・坂本九さん (シングルチャート1位) ・ピンクレディー(シングルチャート39位) ・松田聖子さん(シングルチャート54位 ドニー・ウォルバーグとデュエット) ・BABY METAL アルバムチャート39位) などなど。 坂本九さんの 「 上を向いて歩こう」(アメリカでのタイトルは「 Sukiyaki」)は 全米シングルチャート1位 今のところ日本のアーティストで誰も成し遂げていない快挙は1963年の出来事でした! 最近では、BABY METALが全米アルバムチャート39位という快挙を遂げたというニュースがありました。 ちなみに、世界進出した歌手でチャートランク圏外を経験した日本のアーティストは• 幸田來未さん• 赤西仁さん• パフィー などがいます。 ビルボードチャートインは日本人には難しい? アメリカの音楽業界の中にも 人種差別という問題があるようです。 ラップは黒人のものという傾向があることで白人が歌うラップが批判されることも以前はありました。 そしてアジア人には「英語」という壁があります。 英語が下手だと音楽を聴いてもらえません。 宇多田ヒカルさんはここはクリアしていますが、アメリカで成功する為のほんのスタートラインに過ぎないようです^^; しかしここ十年の間に、韓国のアーティスト サイが「江南スタイル」でシングルチャートで2位を記録、そして 「BTS(防弾少年団)」はアルバムチャート1位を記録しています! 韓国のアーティストの進出で、ここ数年でアメリカでもアジア勢の音楽が浸透してきています。 まとめ ・宇多田ヒカルさんの新アルバム「Fantome」は「 ビルボード(全米) ワールドアルバムチャート6位」という記録です。 チャートの中心となる「総合アルバムチャート」では圏外ですが、今回のアルバム発売で「アメリカ進出」については考えていなかったことでの結果となりました。 ・2004年のアメリカ進出では、総合アルバムチャートで1stアルバムが160位、2ndアルバムが69位という記録でした。 このときは日本のような売上とはなりませんでした。 宇多田ヒカルさんの新アルバム、待っていた人も多くいたことで期待が爆発している結果だと思います!「Fantome」是非聴いてください!.

次の

チャートで見る日本の感染状況 新型コロナウイルス:日本経済新聞

ビル ボード チャート 日本

概要 [ ] その年度のビルボードジャパン1年間のチャートを元に、年間チャート1位を表彰する「チャート部門」と、音楽ファンからの投票によって決まる「アーティスト部門」等によって構成される。 チャート部門 ビルボードジャパンで設定されている9つ(2011年から2014年は11のチャート)の各年間1位を対象に贈られる。 詳しいチャート算出基準についてはを参照。 Billboard JAPAN Hot 100 of the Year(総合シングルチャート)• Billboard JAPAN Hot Albums of the Year(総合アルバムチャート、2015年開始)• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year(シングルセールスチャート)• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year(アニメソング、声優による楽曲を対象にしたチャート、2011年開始)• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year(総合洋楽チャート、2014年開始)• Billboard JAPAN Top Albums Sales of the Year(アルバムセールスチャート)• Billboard JAPAN Streaming Songs of the Year(ストリーミングサービスチャート、2017年開始)• Billboard JAPAN Download Songs of the Year(楽曲単位のダウンロードセールスチャート、2017年開始)• Billboard JAPAN Download Albums of the Year(アルバム単位のダウンロードセールスチャート、2017年開始)• 廃止されたチャート• Billboard JAPAN Digital and Airplay Overseas of the Year(でのダウンロード配信とラジオ放送回数による国内洋楽チャート、2011年開始、2014年からHot Overseas of the Yearに移行)• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year(35歳以上のアダルト層を対象としたラジオ番組での放送回数によるエアプレイチャート、2014年まで)• Billboard JAPAN Independent of the Year(インディーズシングル・アルバムセールスチャート、2014年まで)• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums(洋楽サウンドトラックアルバムセールスチャート、2014年まで)• Billboard JAPAN Radio Songs of the Year(ラジオ放送回数によるエアプレイチャート、旧称Airplay of the Year、2016年まで)• Billboard JAPAN Top Classical Albums of the Year(クラシックアルバムのセールスチャート、2016年まで)• Billboard JAPAN Top Jazz Albums of the Year(ジャズアルバムのセールスチャート、2016年まで) アーティスト部門 2013年までは各チャートで1度でも1位を取ったアーティストをノミネート対象とし、インターネット及び携帯サイトでの一般投票で決められる。 5つ(2009年、2010年は4つ)の部門ごとの賞に加え、全投票での最多得票を獲得したアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」で構成される。 Billboard JAPAN Artist of the Year(最優秀アーティスト賞)• Billboard JAPAN Top Pop Artist(優秀ポップアーティスト賞)• Hot 100、シングル、アルバム、エアプレイの4チャートを対象としており、受賞者数もこれのみ上位5組(2009年は4組)となっている。 Billboard JAPAN Jazz Artist of the Year(優秀ジャズアーティスト賞)• Billboard JAPAN Classic Artist of the Year(優秀クラシックアーティスト賞)• Billboard JAPAN Animation Artist of the Year(優秀アニメソングアーティスト賞、2011年開始)• Billboard JAPAN Independent Artist of the Year(優秀インディーズアーティスト賞) 2014年・2015年はBillboard JAPAN Hot 100 of the Yearにランクインした100曲を対象とし、チャート発表日の12月12日から31日までの間に、上での「 BJMA(その年度の西暦、2014年ならば「 BJMA2014」)」のハッシュタグとアーティスト名・曲名を含んだ全てのツイートと、のサービスでの選曲数を集計し、50:50の割合で合算してランキングを決定、1位の楽曲がアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。 2016年からはチャート算出に用いられる、CDの売り上げ枚数、ダウンロード数、CD取り込み時の参照回数、ストリーミング数、ラジオでの再生回数、ツイート数、動画再生数の各指標のポイントを通年で合算した総得点でアーティスト・オブ・ザ・イヤーを決定している。 その他各賞 その年デビューし、Hot100でもっとも多くのポイントを獲得したアーティストに贈られる「新人賞」、日本やアメリカ、韓国などの各国のビルボード編集部が選出する「特別賞」、特別協賛のを冠し、「過去1年間に最も精力的にライブ活動をおこなったアーティスト」に贈られる「大和ハウス工業株式会社特別賞」などがあった。 2020年からランキングデータに作詞家と作曲家の情報が追加されることになったのに伴い、それに先行する形で2019年からは年間チャートを元にランクイン楽曲を手がけた作詞家・作曲家の年間総合ランキングを作成、それぞれ第1位を「TOP Lyricists of the Year」「TOP Composers of the Year」として発表している。 授賞式・テレビ放送 [ ] 授賞式は2011年までは当該年次の翌年1月末または2月頭に、2012年以降は当該年の12月中旬に、、等を会場に行われる。 当日の模様は2009年度、2010年度はにて、2011年度から2013年度はの制作、にて放送された。 歴代司会者は以下の通り。 年度 司会者 2009年 、、 2010年 小倉智昭、亀井京子、 2011年 、 2012年 、 2013年 最優秀賞 [ ] 年度 Hot 100 of the Year Artist of the Year 2009 「」 2010 「」 2011 「」 AKB48 2012 AKB48「」 2013 AKB48「」 2014 嵐「」 2015 「」 2016 AKB48「」 AKB48 2017 「」 星野源 2018 「」 米津玄師 2019 各年の受賞者 [ ] 2009年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Album of the Year 2009:EXILE「」• Billboard JAPAN Hot 100 Airplay of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2009:「アイ・ガッタ・フィーリング」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2009:辻井伸行「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Independent of the Year 2009:「」• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:• 優秀ポップアーティスト賞:EXILE、、、• 優秀ジャズアーティスト賞:• 優秀クラシックアーティスト賞:• 優秀インディーズアーティスト賞:• 最優秀新人賞:• 米国ビルボード特別賞:、• ビルボードジャパン特別賞:• 韓国ビルボード特別賞: 2010年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2010:「」• Billboard JAPAN Album of the Year 2010:EXILE「」• Billboard JAPAN Hot 100 Airplay of the Year 2010:「ファイアーフライズ」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2010:嵐「Troublemaker」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2010:「ミザリー」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2010:「ザ・フォール」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2010:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2010:マイケル・ジャクソン「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」• 新人賞:「」• 特別賞• インターナショナルコラボレーション特別賞:、AI• 韓国ビルボード特別賞:• 株式会社特別賞:HY• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:EXILE• 優秀ポップアーティスト賞:、EXILE、、、• 優秀ジャズアーティスト賞:• 優秀クラシックアーティスト賞:のだめカンタービレ• 優秀インディーズアーティスト賞:HY 2011年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2011:AKB48「」• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Hot 100 Airplay of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2011:AKB48「Everyday、カチューシャ」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Digital and Airplay Overseas of the Year 2011:レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2011:辻井伸行「神様のカルテ〜辻井伸行自作集」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2011:上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト feat. Billboard JAPAN Independent of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2011:「」• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:AKB48• 優秀ポップアーティスト賞:アヴリル・ラヴィーン、AKB48、、、• 優秀ジャズアーティスト賞:• 優秀クラシックアーティスト賞:• 優秀アニメソングアーティスト賞:水樹奈々• 優秀インディーズアーティスト賞:AK-69• 米国ビルボード特別賞:• 韓国ビルボード特別賞:• 大和ハウス工業株式会社特別賞:• 新人賞:「」 2012年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2012:AKB48「」• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2012:Mr. Children「」• Billboard JAPAN Hot 100 Airplay of the Year 2012:「グッド・タイム with 」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2012:AKB48「真夏のSounds good! Billboard JAPAN Digital and Airplay Overseas of the Year 2012:カーリー・レイ「グッド・タイム with アウル・シティー」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2012:「」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2012:「ハッピー・ピルズ〜幸せの特効薬」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2012:上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト「MOVE」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2012:「」• Billboard JAPAN Independent of the Year 2012:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2012:「ディズニー・デート〜声の王子様」• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:AKB48• 優秀ポップアーティスト賞:AKB48、Mr. Children、嵐、EXILE、• 優秀ジャズアーティスト賞:ノラ・ジョーンズ• 優秀クラシックアーティスト賞:辻井伸行• 優秀アニメソングアーティスト賞:水樹奈々• 優秀インディーズアーティスト賞:• 大和ハウス工業株式会社特別賞:BIGMAMA• 新人賞: 2013年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2013:AKB48「」• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2013:嵐「」• Billboard JAPAN Hot Top Airplay of the Year 2013:「ゲット・ラッキー feat. Billboard JAPAN Hot Singles Sales of the Year 2013:AKB48「」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2013:「」• Billboard JAPAN Digital and Airplay Overseas of the Year 2013:ダフト・パンク「ゲット・ラッキー feat. ファレル・ウィリアムス」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2013:、「 作曲:」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2013:「夜のアルバム」• Billboard JAPAN Independent of the Year 2013:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2013:「〜サウンドトラック」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2013:ダフト・パンク「ゲット・ラッキー feat. ファレル・ウィリアムス」• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:AKB48• 優秀ポップアーティスト賞:AKB48、嵐、、EXILE、B'z• 優秀ジャズアーティスト賞:八代亜紀• 優秀クラシックアーティスト賞:大友直人、東京交響楽団• 優秀アニメソングアーティスト賞:Linked Horizon• 優秀インディーズアーティスト賞:ゴールデンボンバー• 大和ハウス工業株式会社特別賞:• 新人賞: 2014年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2014:嵐「」• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2014:「オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション-」• Billboard JAPAN Hot Top Airplay of the Year 2014:ファレル・ウィリアムス「ハッピー」• Billboard JAPAN Hot Singles Sales of the Year 2014:AKB48「」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2014:ファレル・ウィリアムス「ハッピー」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2014:ファレル・ウィリアムス「ハッピー」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2014:「」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2014:吹奏楽部「」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2014:上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト「ALIVE」• Billboard JAPAN Independent of the Year 2014:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2014:「アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション-」 2015年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:西野カナ「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2015:「」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2015:「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2015:嵐「」• Billboard JAPAN Radio Songs of the Year 2015:「 feat. Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2015:「」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2015:「アイ・リアリー・ライク・ユー」• Billboard JAPAN Top Albums of the Year 2015:嵐「」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2015:「 僕と君との音楽帳」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2015:「ウォールフラワー」 2016年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー: 「AKB48」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2016:AKB48「」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2016:「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2016:AKB48「翼はいらない」• Billboard JAPAN Radio Songs of the Year 2016:「」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2016:RADWIMPS「前前前世」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2016:「ソーリー」• Billboard JAPAN Top Albums of the Year 2016:嵐「」• Billboard JAPAN Top Classical Albums of the Year 2016:「0歳からの育脳クラシック」• Billboard JAPAN Top Jazz Albums of the Year 2016:上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト「SPARK」 2017年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー: 「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2017:星野源「」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2017:「」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2017:「シェイプ・オブ・ユー」• Billboard JAPAN Streaming Songs of the Year 2017:エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」• Billboard JAPAN Download Songs of the Year 2017:星野源「恋」• Billboard JAPAN Download Albums of the Year 2017:「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2017:AKB48「」• Billboard JAPAN Top Albums of the Year 2017:安室奈美恵「Finally」 2018年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー: 「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2018:米津玄師「」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2018:安室奈美恵「Finally」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2018:エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」• Billboard JAPAN Download Songs of the Year 2018:米津玄師「Lemon」• Billboard JAPAN Download Albums of the Year 2018:「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2018:AKB48「」• Billboard JAPAN Top Albums of the Year 2018:安室奈美恵「Finally」 2019年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー: 「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2019:米津玄師「Lemon」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2019:嵐「」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2019:あいみょん「」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2019:エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」• Billboard JAPAN Streaming Songs of the Year 2019:あいみょん「」• Billboard JAPAN Download Songs of the Year 2019:米津玄師「Lemon」• Billboard JAPAN Download Albums of the Year 2019:星野源「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2019:AKB48「」• 1999-2019」• 作詞家・作曲家部門• Billboard JAPAN TOP Lyricists of the Year 2019:• Billboard JAPAN TOP Composers of the Year 2019:米津玄師 脚注 [ ]• このランキングでは1位から6位までを嵐が独占した。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

宇多田ヒカルFantome全米6位は何故すごいの?過去の世界進出と比較!

ビル ボード チャート 日本

10月11日に世界同時発売した、BABYMETALの3rdアルバム『METAL GALAXY』が、21日付アメリカ・Billboardのアルバム総合チャート「Billboard TOP 200」で13位にランクインしたことがわかった。 1969年に坂本九が記録した14位を56年ぶりに上回り、日本人女性アーティストとしては史上初の順位となる。 また、同Billboard ROCKアルバムチャートでは日本人アーティスト初の1位を記録している。 2016年に発売した2ndアルバム『METAL RESISTANCE』では、Billboard・アルバム総合チャートで39位にランクインし、坂本九以来53年ぶりのTop40入りを果たしていた。 『METAL GALAXY』はイギリスの「Official Charts」アルバム総合チャートでは2作連続でTOP20入り、ROCKアルバムチャートでは1位を獲得し、日本人アーティスト記録を自身で更新するかたちとなった。 21日付日本・オリコンチャートでは3位にランクインした同作は、iTunes総合チャートでも日本・アメリカ・イギリスなど複数の国で上位にランクインし、世界的にも注目を浴びている作品であることが伺える。 アルバム発売日当日には、ロサンゼルス・The Forumにてアメリカでは初のアリーナ公演をソールドアウトさせ、アメリカツアーを終えたばかりのBABYMETAL。 BRING ME THE HORIZONをゲストに迎えるワールドツアー日本公演 11月16、17日さいたま、11月20、21日大阪 は即ソールドアウトし、2020年1月25、26日には幕張メッセ・国際展示場にて<METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN EXTRA SHOW LEGEND - METAL GALAXY>を開催することも決定している。 toysfactory. FUTURE METAL 2. DA DA DANCE feat. Tak Matsumoto 3. Elevator Girl 4. Shanti Shanti Shanti 5. MAJINAI feat. Brand New Day feat. Tim Henson and Scott LePage 7. Night Night Burn! Disc-2 1. IN THE NAME OF 2. Distortion feat. Alissa White-Gluz 3. PA PA YA!! feat. HERO 4. BxMxC 5. Kagerou 6. Starlight 7. Shine 8. Arkadia 【DVD】 Music Clips 収録 1. Distortion 2. Starlight 3. PA PA YA!! feat. HERO 4. Road of Resistance 2. Elevator Girl 3. Distortion 4. Shanti Shanti Shanti 5. Starlight 6. PA PA YA!! feat. HERO 7. ヘドバンギャー!!

次の