ホロスコープ 未来予測。 占星術で婚期や転職のタイミングを知る方法

ホロスコープにおける未来予測

ホロスコープ 未来予測

西洋占星術で未来予想をする際に使われる方法はいろいろあります。 主に個人の未来を予測する方法を紹介しますが、一部はマンデン占星術でも使われます。 また未来予知の手法が書かれた本についても紹介します。 西洋占星術の未来予知法 西洋占星術で未来予知を行うには、いろいろと方法がありますが、概ねプログレス法とトランジット法の2つを勉強することになります。 その後、その他の未来予知法を研究していくのが一般的です。 以下に未来予知で使用する手法を列挙しました。 月食・日食、天体の逆行・順行はマンデン占星術でも使用されます。 また、天体のリターンはトランジット法の一部でもあります。 一通りどのような占いなのか勉強してみて、実際に自分の過去のイベントと照らし合わせてみるとより分かりやすいと思います。 リンクをクリックすると、当サイトの詳細ページに遷移します。 遷移先ではその占い方法が書かれた本も紹介しています。 また、当ページの下部には未来予知全般について書かれた本を紹介しています。 占星術の未来予知法一覧• 未来予知の本 上記で紹介した未来予知に重点を置いて解説している本をご紹介します。 洋書の方が圧倒的に多く、内容も充実していますが、トランジットとプログレスについては入門の本でも説明している和書が多く、比較的手に入りやすいです。 The Only Way to Learn about Tomorrow 未来予知の主な技法をほとんどカバーしたハウツー本といえばこれではないでしょうか。 日本語に訳された本が、魔女の家BOOKSから販売されましたが、現在入手困難だと思います。 「アメリカ占星学教科書別巻1」という本ですが、知りたいことが網羅されていてとても勉強になったのを覚えています。 どこかに無くしてしまい、探していたのですが、最近原書がリニューアル&販売されました。 内容はほぼ同じだと思います。 英語が読めるという場合はぜひこちらをどうぞ。 未来予知について書かれた本はこの本のみです。 月相と蝕については、概要程度のボリュームです。 宿命占星術 橋本 航征著 現在のところ、洋書の本がほとんどなのですが、和書で未来予想の技法をいろいろ解説している本がこちら「宿命占星術」です。 トランジット、プログレス、ソーラーリターン、ルナーリターンの他にも相性の見方なども解説しています。 それゆえ、未来予想の技法のみに重点を置いている本ではありませんが、ソーラーリターン、ルナーリターンを解説している和書が他に見当たらないため、お勧めです。 入手できるのは古本のみですが、役に立つ1冊です。 内容は多岐に渡り、サビアン・ハーモニック占星術にも触れています。 占星術の教科書として書かれたそうです。 他の和書にはないソーラーリターンについても解説しています。 190件近くの実例(チャート)を掲載しているのが特徴。 次に洋書ですが定評のある書籍を紹介します。 未来予知法については洋書がおすすめです。 Predictive Astrology by Bernadette Brady 1998 占星術を使ってどのように個人の未来を予測するのかを説明するハウツー本です。 中でもトランジットについては、ネイタルの〇〇ハウスに在室する天体に〇〇ハウスにトランジットする天体がトラインを作っているとき、どのように読み解くかをシステマティックに解説しています。 混乱しがちなハウスとトランジットなど複数の要因を整理して読む方法は他の書にはないものです。 未来予想の方法として紹介しているのはトランジット以外に主に以下の項目です。 個人向けの未来予測法で、軸のプログレスや、逆行するトランジット天体とネイタルハウスについて、蝕とネイタルチャートについて詳しく解説されています。 特に、チャプターの終わりに占い方のまとめと注意点が一覧になっているので、読みやすいです。 毎日の運勢を占う手法で月のトランジットよりも更にタイムリーに占えるという方法です。 例えば将来の結婚について占いたいというときは、その項目を見ればよいので、目的別に読めます。 まず最初に上記の本で全体を勉強し、具体的に占う際にこちらの本を利用するのがよさそうです。 占星術で未来予測する人気の手法が広く浅く(部分的に深く)パックになっているという感じの1冊。 予測のための手法を紹介しているため、ホラリーとマンデン占星術にもふれています。 各手法の紹介と、イベントごとの占い方(例えば将来の金運とか)も紹介されています。 こちらの本も日々の占いをするDurnal Chartについて紹介されています。

次の

ホロスコープライフデザイン講座~Seeds(初級)

ホロスコープ 未来予測

《 お知らせ 》 は、8月1日(土)、2日(日)と今回は特別に8日(土)に応用編の講座を開催します。 ダブルチャートのアスペクト、ハウスの知識が必要となります。 8月1日(土)、2日(日)は満席となりました。 この後のお申し込みは、キャンセル待ちとなります。 は後期は8月23日(日)からスタートします。 感染防止のため、以下のことを実施致します。 東京・大阪会場では外気を取り入れる換気空調システムです。 は、10月24日(土)、25日(日) は、11月14日(土)、15日(日) に開催致します。 延期とも言えるかな。 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、濃厚接触する 対面鑑定はしばらく受付を中止致します。 に致しましょう。 録画もできますしね。 ありがたいですね。 星占いを始めよう。 星占いをする = ホロスコープを読む これまで12星座占いだけを楽しんでいた人が、さらに興味を持って、星占い、西洋占星術を本格的に勉強しようとすると、必ずホロスコープという図に出会うことになります。 今はネット上にも、多くの無料ホロスコープ作成サイトがあり、右のような図を目にして一瞬、驚かれることでしょう。 これが西洋占星術のホロスコープチャートと呼ばれる図です。 中には赤や青色の線が中の記号同士を多く結んでいて、複雑さがより一層増しているものも多くあります。 このホロスコープが読むことが、星占いをすることなのです。 ホロスコープを作るための無料サイトは 「」「」「」などがあります。 一度作ってみてみましょう。 注:上のホロスコープチャートは見本のため、かなり簡単な形をしています。 本来は、もっと線が斜めになっていたり、外の記号の位置が複雑な位置にあったりします。 難しそうに見えるホロスコープ。 図の要素を分解して、読み解いていきましょう。 ホロスコープは、アスペクト、ハウス、星座の3つでできている。 ホロスコープチャートの図は、 3つの要素から構成されています。 この星座のことを サインと言います。 これは星占いの基本であります。 星占いは、アスペクト(星)、ハウス、星座(サイン)でできているのです。 星座はともかく、アスペクト、ハウスは聞きなれないことでしょう。 この3つの要素に分けて考えていきましょう。 ポイント:アスペクト、ハウス、星座とも、個々でも十分に占いとして使えます。 1つよりも2つ、2つよりも3つをトータルで読めば、より精度が高まるというように理解して下さい。 10個の星たちにはそれぞれ意味があります。 星占いをするのに、この星たちの位置が重要になってきます。 ホロスコープはこの星たちの位置を読むことから始まります。 まずは、星同士の位置関係を角度で読みます。 星同士が、0度、60度、120度、90度、180度など、特定の角度を形成していると、良い意味やハードな意味が出てきます。 アスペクトについては右側か下の図をクリックしてください。 ハウスとは、右の図のように逆時計回りに円が12等分されていて、それぞれにどんな場面、人生や生活シーンに影響するかが示されています。 10個の星がどのハウスに入っているか、散らばっているかを読み取ることで、人生や生活シーンが影響がされているのかが分かります。 MCは天頂。 ASCは東の地平線。 ICは地面の真下。 DSCは西の地平線を表しています。 これらの線上にある場合は、特に強い意味合いが出てきます。 太陽を含めた空は1日で1周します。 つまりハウスは生まれた時間によって、変化するものです。 生まれた時間が分からないとハウスを作成できません。 場所の情報も必要になってきます。 ハウスについては右側か下の図をクリックしてください。 現在、よく使われているのは「プラシーダハウス」と呼ばれるのものです。 時間が分からない時はハウスのチャートを作ることができません。 上のホロスコープチャートの図から、12星座と10個の星を抜き出してイメージしてみましょう。 右の図で、円周上にあるのが、12星座のマークです。 何となく見た覚えのある人も多いのではないでしょうか。 おひつじ座 から うお座 までのエリアが描かれています。 右の図で言えば、この人はふたご座ですね。 正式なホロスコープ星占いでは、10個すべての星の星座を読んでいきます。 星座については右側か下の図をクリックしてください。 ハウスは生活や人生の場面との関わり、星座は性格的なものを示しています。 アスペクトは、本人の性格、未来予測、相性を鑑定する時に使います。 よく星が「何が」、ハウスが「どこで」、星座が「どのように」と例えられます。 星座は性格や風合いといった修飾語的なものとなります。 アスペクト、ハウス、星座の3つをどのように合わせていくには決まりが無く、ミックスバランスの具合こそが、その星占い師の個性と言えるでしょう。 ポイント:アスペクト、ハウス、星座の3つから出てくる情報は多く、中には矛盾するような意味合いのものが出てきます。 アスペクト、ハウス、星座のポジションを頭の中で整理しておきましょう。 また自分なりに優先順位を付けていくと良いでしょう。 私の個人的な意見では、MC,ASC,ICが一番強く出て、その次にアスペクトとハウス。 最後に星座(サイン)ですね。 未来・過去の運気、相性の関心が高いので、アスペクトを利用することが多くなります。 自分の適性や関わりやすい方向性などはハウスに出やすいので、2番目にハウスとなります。 MC,ASC,ICはよく当たるのですが、時間が分からないと作れないこと、時間が分かっても、線上に星があるとは限らないことから、実用性が低いのです。 このサイトの上手な使い方として、どのページでも、 など、星や星座のマークをクリックすると、そのページに飛ぶことができます。 クイックに使いこなしましょう。 このサイトに出てくる人物名は恐縮でございますが、敬称略とさせて頂きました。 すみません。 参考動画「アスペクトで診る 未来予測 のコツ」 ホロスコープ講座に多くの人から参加したいけれど、名古屋や東京は遠くて行けないという声が大きくなってきましたので・・・講座の1つ目の演目である「アスペクトで診る 未来予測のコツ」を収録してアップしました。 参加者のホロスコープを使って、じっくりと実践的なアスペクトの読み方をお伝えしています。 YouTubeにアップすると言ったら、個人的な話が飛び交うことに戸惑われて、参加者が3分の1以下に激減してしまい・・・。 そのため、今はかなり内容もバージョンアップしているのですが、再収録はできそうもなく、このVTRは内容も展開も古いままで今の講座とは全く違いますが、参考になっているみたいなので・・・すみません。 ここには、星占い師 つぼぼしか写っておりません。 内容時間:2時間33分。 名古屋ホロスコープ講座 2015年9月27日収録 配布物はこちら(PDFファイル).

次の

占星術の勉強:未来予知

ホロスコープ 未来予測

クライアントさまの事例 今回はわたしのクライアント様より立て続けに良いご報告をいただきましたので、お話ししたいと思います。 お話しを聞いている限り、結婚が近そうだな、とは思っていました。 彼女は太陽がさそり座、月がおひつじ座。 木星がちょうど彼女の月の真正面に向かおうとしているときでした。 転職の時期を聞かれましたが、今年から来年の秋くらいにかけて大きく変わる時期でしたので「いつ転職してもおかしくない」と現状をお伝えしました。 転職して結婚なのか、結婚して転職なのか。。。 そこも迷われていました。 女性の場合は、出産がありますから「キャリアをとるのか、生活をとるのか」を今の社会の構造に直面しなければなりません。 で、わたしの出した提案は「 両方同時期にきそうなので、両方やってください」でした。 彼女の場合、今年は月が木星が真正面に。 太陽が木星とピッタリになるタイミングです。 生活(月)が広がる(木星)=生き方(太陽)が広がる(木星) 独身のときの自分から、キャリアアップもして、妻にもなって、と人生の拡大期になると思いました。 これから今より忙しくなるからね、と伝えていました。 あと、アラフォー世代は「変化のお年頃」なのもあります。 聞けば、結婚は2回目。 前回も結婚は12年前。 なんと、前回木星が彼女の太陽にいたときでした。 当時もやたら忙しくしていたそうで・・・。 その後(そんなに時間をあけないで)キャリアアップされたこと、プロポーズされた旨のご報告をいただきました。 彼女の場合、1年前は転職は全然考えていなかったそうです。 再婚は、今の彼に出会ったばかりだと思うのでピンときていなかったと思います。 人はちゃんとホロスコープ通りに生きているものだな、と思います。 占っておいて言うのもアレですが・・・(笑) ただですね、結婚や恋愛の場合は、相手がいる事ですから、いくらあなたの運気が結婚が近くても相手がそうでもない場合があるんです。 しかし、付き合う二人というのは多少なりとも影響される訳で・・・。 相手の運気が結婚向きではなくても結婚する場合もあります。 ドラゴンヘッドやプログレス天体などの縁の深さなんかがあると、結婚しやすいかなって思います。 彼女がプロポーズを引き寄せた(引き寄せた訳ではないかもしれませんが)理由として、1番大きいことが1つあります。 とにかく「 自分のキャリアアップに重点を置いていた」という事だと思います。 ある意味「彼との結婚」を頭の中心からずらしていたように思えます。 これがなくて、彼に「早くプロポーズしてくれ~」って念を送っていたら、今もされていないと思います。 そして、彼女のキャリアアップに彼も協力的だったと伺いました。 やはり男性は「自立した女性」を結婚相手に選ぶものなんだな~と。 このように、木星だけで見ても、結婚や転職などの人生の転機は分かるんです。 人生の転機が知りたいあなた、聞きにきてくださいね。 maki.

次の