麒麟がくる キャスト発表。 麒麟がくる

今井翼が毛利新介役で出演!大河「麒麟がくる」金子ノブアキら新キャスト発表

麒麟がくる キャスト発表

麒麟がくるでは、初めから登場している人物だね。 4話ではちっとも鉄砲の腕が上がらない十兵衛さんをいじっていますが、 実直な性格で心から光秀を信頼していたと言われています。 明智秀満(キャスト:間宮祥太朗さん) 通称は左馬之助と言われています。 光秀の右腕として最も信頼されていました。 本能寺の変の後は安土城を守り、光秀が討たれたことを知ると坂本城にて戦死します。 秀満には数々のエピソードが残されていて、その中でも有名なのは 「明智左馬之助の湖水渡り」。 武士らしいエピソードです。 明智秀満は明智家とは血縁関係がないと言われていますので、 菊丸が秀満になるかも?と予想しましたが、 先日キャストが発表されましたね。 間宮祥太朗さんです。 明智光忠 明智光秀の従弟で、光秀の次女と結婚しています。 明智光忠は、光秀の叔父の光安の家臣の子どもとして誕生します。 光忠は、鉄砲隊として数々の功績を残し、 信長からも信頼されていたといわれています。 本能寺の変では、二条城にいた織田信長の息子の信忠を討ちます。 山崎の戦いでは、光秀が討たれた知らせを聞いて坂本城に向かい、 明智秀満とともに 自害します。 光忠も秀満も最後は光秀の居城で、主君を追いかけて果てたというとても 武士らしさをつらぬいた人物だったのですね。 溝尾茂朝 溝尾茂朝(みぞおしげとも)の前半生はよくわかっていません。 歴史に登場するのが、光秀が信長の家臣になってから丹波攻めをするあたりからです。 丹波攻めとは、 信長と将軍足利義昭の関係が悪くなり二人は決裂し、 光秀は信長側につきましたが、義昭側についた丹波(現在の京都府・兵庫県の一部)の大名たちを光秀が攻め入った戦いのことです。 この戦いで茂朝はじめ家臣たちの活躍で、光秀はほぼ独力で4~5年かけて 丹波の国一帯を平定します。 本能寺の変後の山崎の戦いでは、敗走する光秀とともに坂本城を目指します。 しかし途中で逃げられないと悟った光秀は自害します。 その時の介錯を行ったのが茂朝といわれています。 光秀の最期までそばで寄り添った人物といわれています。 明智光秀が主君の信長を討つという謀反を行う考えを一番最初に告げたのが この5人といわれています。 光秀の最期となる山崎の戦いまで全員が戦い、光秀と運命を共にしたということは 信頼関係が厚かったんですね。 この5人がすべて麒麟がくるに登場するかはわかりませんが、 藤田伝吾を徳重聡さんが演じているので、光秀の信頼も厚かった 斎藤利三、明智秀満は登場するのではないかと思います。

次の

麒麟がくる:新キャスト発表 今井翼が毛利新介役で出演

麒麟がくる キャスト発表

上段:坂井真紀、水橋研二 下段:吉村界人、染谷将太、木下渓、池田優斗 - (C)2020「滑走路」製作委員会 32歳の若さで亡くなった歌人・さんのデビュー作にして遺作となった歌集を原作にした映画『滑走路』(秋公開)の新キャスト6名が発表され、大河ドラマ「麒麟がくる」の、が出演することが30日、明らかになった。 いじめや非正規雇用といった自らの経験を基に短歌を発表し続け、本歌集のあとがきを入稿した翌月に亡くなった萩原慎一郎さん。 歌集「滑走路」は、苦難の中で生きる希望を歌い、苦悩を抱える人へのエールとして多くの共感を呼び、新聞やテレビなどで取り上げられた。 本作は、、、新人・演じる悩みを抱える3人の人生がつながっていくストーリーで、新たに、、、染谷将太、、池田優斗の出演が決定した。 [PR] 坂井は幼なじみをかばったことでいじめの標的にされる中学二年生の学級委員長(寄川)を育てるシングルマザー、水橋は切り絵作家・翠(水川)の夫の高校美術教師、吉村は厚生労働省の若手官僚・鷹野(浅香)の同期、木下は学級委員長のクラスメートに。 「麒麟がくる」の織田信長役やドラマ「浦安鉄筋家族」の花丸木役も話題の染谷は、鷹野が死の原因を探る青年の元同僚に。 また「麒麟がくる」の松平元信(徳川家康の少年時代)役や、映画『』で佐藤健演じる主人公の幼少期などで注目された池田は、学級委員長の幼なじみにふんする。 新キャストのコメントは下記の通り。 一生懸命生きることは、楽しくて辛くて、喜んだり悔やんだり、止まったり進んだり。 観てくださった方の手の上にそっと手を重ねられるような、あたたかい作品となって届けられたら嬉しいです。 コロナ禍が続く中、少しづつ日常に近づいていこうとする一つに映画館で作品を観る、という事があると思います。 そして作品は皆さんが観て、感じて、何かを思い考える事で、その作品の完成だと思っています。 是非『滑走路』を皆さんの中で完成させてください。 この作品は、卒なく生きている人間の隠れてる内側の部分が見え隠れしながら進んでいく作品だと感じています。 それを実現したのは大庭監督。 監督は人としてとても繊細であり、そのうえ人を奥深くまで解釈しようとする器量がこの作品に現れていると思います。 一筋縄では行かない人生と葛藤から生まれる人としての美しさ。 皆様へピュアに届く事を祈っております。 天野には、太陽が昇るときの「包み込む様な優しい強さ」があると感じて大切に演じました。 大庭監督や共演させていただいた皆さんと真剣に作品に向き合いながら、人を理解することの大切さを学び続けた日々でした。 本当にたくさんの方とこの作品を共有したいです。 裕翔を演じる時、今起こった出来事に対し素直に演じようと心がけました。 親友を裏切りたくない、でも自分がいじめられてしまう怖さと戦う裕翔の心の中の葛藤を観ていただきたいです。

次の

「麒麟がくる」染谷将太&池田優斗ら 水川あさみ主演『滑走路』新キャスト発表

麒麟がくる キャスト発表

毛利新介役の今井翼 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。 5月17日放送の第十八回では、戦国大名・朝倉義景役のが登場したばかりだが、このたび、ドラマの中盤を盛り上げる3人の新キャストが発表された。 まずは、織田家家臣・毛利新介役の。 馬廻りとして信長()に仕え、桶狭間の戦いでは今川義元の首級をあげる活躍を見せる。 これが3度目の大河ドラマ出演となる今井は「今川義元にとって重要な回に出演できたこと、心から感謝しております。 今川義元を討ち取るという要の役を演じるに当たり、毛利新介の出世欲、強い執念を目的に演じさせていただきました」と語った。 同じく、織田家家臣の佐久間右衛門尉信盛に起用されたのは、「軍師官兵衛」(14)でも活躍した。 今回の出演に関して「久しぶりに大河ドラマの現場に帰って来ることができました。 本当にうれしいです。 ここまでに培った全てを注ぎ込む所存です」と喜びを語っている。 一方、越前に逃れた主人公・明智光秀()が身を寄せる朝倉義景の側近・山崎吉家を演じるのは、「太平記」(91)、「真田丸」(16)など数々の大河ドラマで活躍してきた榎木孝明。 山崎の人物像について「文武両道の武人で、外交にも長けた人物」と語り、「自分の中で自由に魅力的な人物像を作っていこうと思います。 その上で、役作りは「サバイバルゲームのような下克上の戦国時代を必死で生きる、肚のすわった武将をイメージしています」とのことで、ベテランらしい円熟した芝居でドラマを盛り上げてくれそうだ。 榎木については「山崎はまた、揺れる朝倉家内部で、光秀の将来にも大きく関わる決断をしていきます」と、気になるコメントを寄せた。

次の