ゲンタシン 軟膏 ヘルペス。 ゲンタマイシン硫酸塩軟膏は、口唇ヘルペスにききますか?

ゲンタシン軟膏の効能がよく効く7つの皮膚の不調

ゲンタシン 軟膏 ヘルペス

ゲンタシン軟膏とは ゲンタシン軟膏とは、「ゲンタマイシン硫酸塩」と呼ばれる「アミノグリコシド系抗生物質」が主成分である軟膏です。 細菌の増殖を阻害して、局所の感染症をなおす働きがあります。 無臭であり、半透明で伸びが良く、古くから、いろいろな皮膚のトラブルに対して使用されています。 ステロイドは含まれていません。 また、 市販薬としては販売されていません。 赤くなって腫れている赤ニキビには効果的ですが、黒ニキビやまた小さい白ニキビには効果が薄いです。 ニキビ治療は軟膏だけに頼らずに「きっちりと洗顔をする」「生活習慣をみなおす」などの基本的な対処法が大切になります。 やけどの患部はジクジクしすぎてもダメですが、乾燥しすぎると感染症を起こしやすくなることもあり、その結果、やけどの跡がひどくなることがあります。 皮膚が再生できる状態にしておくことが大切になりますので、手当の方法は重要ですね。 乾燥を防ぐために患部を覆うようにたっぷりとゲンタシン軟膏を塗って、その上からガーゼで覆い外の空気に当てない様に保護してください。 ただ、状態によって対処方法も違ってきますので、重症の場合には医師の指示を仰ぐことをお勧めします。 そのため、菌によってはほとんど効果がないこともあります。 またぐじゅぐじゅになってしまったような場合には効果がないとも言われています。 傷を早く治し、跡が残りにくく、痛みをやわらげる効果がるといわれています。 ケガから時間が経ち、化膿してしまっている場合は抗生剤入りの塗り薬を使用したほうがよいとされていますので、このような場合には患部に薄く塗った後で、絆創膏などを貼っておくと治りが早くなります。 ゲンタシン軟膏は抗ウイルス薬ではないので、ヘルペスを治癒することはできません。 化膿を食い止め、細菌による2次感染の予防するために併用して使用します。 ちなみにヘルペスに対する抗ウイルス薬としては「ゾビラックス軟膏」や「アラセナA軟膏」などがあります。 その他「虫刺され」「床ずれ」「おでき」「あせも」などにも効果があるとされています。 赤ちゃんや、女性のデリケートゾーンにも使用可能です。 何にでも効くと勘違いされる方が多いようですが、水虫には効果がありません。 水虫は細菌ではなく、カビ(真菌)が原因だからです。 また子供のオムツかぶれなどで処方されることがある「リンデロンVG」というお薬には「ゲンタマイシン硫酸炎」と「ステロイド」が入っています。 抗菌作用だけでなく消炎作用もあるため、治りが早いのが利点ですが、ステロイドを使用すべきでない場合や、ステロイドを使うことに抵抗がある場合などには「ゲンタシン」を使用するようになります。 スポンサードリンク ゲンタシンの製品例 ・ゲンタシンクリーム0. 1%1mg ・ゲンタシン軟膏0. 1%1mg 後発品(ジェネリック)としては ・ゲンタマイシン硫酸塩軟膏0. 1%「タイヨー」1mg ・エルタシン軟膏0. 1%1mg ・ゲンタマイシン硫酸塩軟膏0. 1%「イワキ」1mg などがあります。 用法・用量や使用上の注意とは 【用法・用量】 1日1回~数回、患部に塗布します。 結構べたべたするので、あまり多く塗らずに薄く塗るようにしましょう。 塗った部分を他の場所につけないためや保護するために、ガーゼなどに薬を伸ばしたものを患部に貼り付けるのも良い方法です。 もし塗り忘れたら、気がついた時点で1回分を塗りましょう。 次に塗る時間が近い場合は、塗らないで次の分から指示されたとおりに塗ってください。 2回分を一度に塗ったりしないようにしましょう。 医師の指示なしに、自分の判断で、量を変えたり、塗るのを止めたりしないでください。 必ず指示されたとおりの方法で使用しましょう。 眼や口には使用できないお薬です。 小さな子供は、なんでも口に入れてしまいますので特に注意しましょう。 【使用期限】 薬が残った場合、保管しないで廃棄するようにしましょう。 刻印されている日にちは未開封での使用期限です。 一度開封して使用したものは軟膏の成分がどんどん酸化してしまい、長時間経って使用すると逆にアレルギー症状でひどくなってしまう場合もあります。 比較的劣化しにくいお薬だとは言われていますが、注意が必要です。 開封後の有効期限は、薬局で確認するのが一番ですが、一般的には「 開封後は半年以内に使用」することとされています。 スポンサードリンク 副作用について 主な副作用として「 発疹」があります。 他にも「かゆみ」「赤み」「腫れ」「丘疹」「小水疱」などが報告されています。 症状に気づいたら、いったんお薬を中止して、医師に相談しましょう。 長い期間、広範囲に使用していると「耳鳴り」「めまい」、場合によっては「難聴」「腎障害」などを起こすこともありますので、念のため注意が必要です。 ちなみに使用する期間は、 長くても2週間くらいまでとされています。 塗り薬なので、飲み薬に比べると安全性は高いですし、副作用がほとんどないお薬だと言えるでしょう。 しかし、100%とは言えませんし、体調によって副作用が現れやすい場合もありますので、気を付けておきたいですね。 まとめ ゲンタシン軟膏は、ニキビ、やけど、とびひの治療など日常的に幅広く使用されています。 ステロイドも配合されておらず、比較的安全性の高いお薬ですが、 ・開封後の使用期限(半年以内) ・長期間の使用はやめる(2週間くらいまで) を忘れずに気を付けて使用しましょう。 関連記事としてはこちらをご参考下さい。

次の

口唇ヘルペス塗り薬アラセナA軟膏(ビダラビン) VS ゾビラックス軟膏(アシクロビル)

ゲンタシン 軟膏 ヘルペス

Sponsored Link ゲンタシン軟膏を使っても良い部位 ゲンタシン軟膏は、ステロイドなどの副作用の強い成分が含まれていないため、大抵の場所に塗れる使いやすい塗り薬です。 腕や足、お腹、背中といった基本的な部分はもちろんのこと、以下のような部分にも塗ることが出来ます。 おでこ、頬、あごなど ゲンタシン軟膏は、おでこや頬、あごといった、 顔の大抵の皮膚部分には塗っても問題ありません。 顔の化膿した切り傷やすり傷、赤く腫れたニキビなどに塗ることが出来ますので、ばい菌が入った場合には使ってみると良いでしょう。 鼻 意外と塗っていいのか迷ってしまう鼻ですが、 鼻の表面、鼻の入り口、鼻の中のどこでも塗って大丈夫です。 「鼻の中に塗っても大丈夫なの!?」と思うかもしれませんが、 耳鼻科などでも鼻の中が荒れた際には処方されていますので、心配せず使って問題ありません。 ただ、鼻の中は少し塗りにくいので、ゲンタシン軟膏を綿棒などで少量だけ取り、優しく伸ばすように塗ると良いでしょう。 唇 唇や唇の周りも、傷口が腫れたり化膿している部分があれば塗って問題ありません。 口角炎や唇の傷、唇のひどいひび割れや荒れなどが腫れたり膿んだりした場合に使うと良いでしょう。 口唇ヘルペスの場合は、できものや水疱がジュクジュクとした時に塗っておくと、細菌感染による症状の悪化を予防することが出来ますよ。 塗ったゲンタシン軟膏が口に入って、うっかり飲み込んでしまうことを心配する人が多いのですが、 ゲンタシンは腸で吸収されないので害になることはありません。 陰部などのデリケートなゾーン ゲンタシン軟膏は、陰部や乳首などのデリケートな部分にも使うことが出来ます。 傷や荒れで赤みが出たり、腫れている場合などには効果が期待出来ますよ。 ただ、カンジダなどの細菌が原因ではない感染症の場合は、ゲンタシン軟膏が逆効果になるケースもあります。 原因が分からない症状の場合には、むやみに塗らない方が良いでしょう。 また、かゆみを直接抑える効果はありませんので、かゆみがひどい場合にはかゆみ止めの成分が含まれる専用の薬を処方してもらった方が良いですね。 ゲンタシン軟膏は、顔の皮膚や鼻の中、唇、陰部などのデリケートな部分にも使える! Sponsored Link ゲンタシン軟膏を使ってはいけない部位 上にも書いた通り、ゲンタシン軟膏は体の大抵の場所に塗ることが出来ますが、一部塗らない方が良い場所もあります。 具体的には以下の3か所ですね。 目の粘膜 ゲンタシン軟膏は、基本的に目の中に使うことが出来ません。 目の粘膜は皮膚と比べてデリケートなので、眼科用の専用の塗り薬を使うようにしてください。 ゲンタシン軟膏は刺激の少ない塗り薬なので、一度目に入ったからといって急に何か起こることはあまりありませんが、目に異常が現れるケースもありますので注意しておきましょう。 まぶた、目の周り まぶたや目の周りなど、目に入ってしまう可能性のある部位にゲンタシン軟膏を塗るのは避けておきましょう。 厳密には目の粘膜に触れなければ問題ありませんが、うっかり目をこすって入ってしまうケースも少なくありません。 特に子供の場合は、どうしても目をこすってしまいがちなので、きちんと眼科で処方してもらった薬を使うようにしてくださいね。 口の中(口内炎など) ゲンタシン軟膏は皮膚に使うことを考えて作られているため、口の中で使えるようには作られていません。 仮に塗っても唾液で流れ落ちてしまいますので、口の中には塗らないようにしましょう。 口内炎や口の中の切り傷などには専用の薬がありますので、そちらを使うようにしてください。 ゲンタシン軟膏は、赤ちゃんでも大人と同じように使える! まとめ ゲンタシン軟膏は顔や陰部などのデリケートな部分を含め、大抵の場所に塗ることが出来ます。 今回の話を簡単にまとめておくと以下の通りですね。 ゲンタシン軟膏はデリケートな部位でも塗ることが出来る• 顔はおでこや頬、あご、鼻、唇などは塗ってもOK• 目に入れない方が良いので、まぶたや目の周りは避ける• 口の中(口内炎など)に塗っても流れ落ちてしまうので意味がない• 赤ちゃんでも大人と同じように塗って良い ゲンタシン軟膏は、塗り薬の中でも害の少ない薬なので、使用にあたってあまり心配しすぎる必要はありません。 ただ、肌荒れや病気の種類によっては、塗っても意味がない、逆に症状が悪化してしまうということも考えられます。 そのため、ゲンタシン軟膏は、 ばい菌に感染して赤く腫れている、化膿して膿がたまっている、傷口がジュクジュクしている時などに塗るものと考えておきましょう。

次の

ゲンタシン軟膏について

ゲンタシン 軟膏 ヘルペス

皮膚のトラブルでお悩みの方は「ゲンタシン軟膏」を使われた事があるのではないでしょうか。 ゲンタシン軟膏はニキビの治療薬として使われる事が多く、その他にもとびひや湿疹など様々な症状で使われています。 しかし、皮膚の塗り薬は肌に直接塗るものなので、どのような効能があるのか、副作用はないか心配になりますよね。 特に子供に塗る場合は肌荒れをしないか気になる親も多いのではないでしょうか。 そこで今回はゲンタシン軟膏の効能と副作用について詳しくご紹介致します。 さらにニキビや水虫、そして暑くなってくると多くなる虫刺されなど、どのような効果があるのか、ドラッグストアなど市販薬は販売されているのかもご説明致します。 ゲンタシン軟膏の効能と使用方法 ゲンタシン軟膏は、 ゲンタマイシン硫酸塩と呼ばれる 抗生物質の成分が0. 1%含まれる軟膏です。 臭いはせず無臭、半透明で伸びが良く、古くから様々な皮膚のトラブル時に使用されています。 ゲンタシン軟膏の効能• ニキビ• ヘルペス• おでき• とびひ• あせも• やけど• 虫刺され• 切り傷・擦り傷• 床ずれ 皮膚感染症から外傷と幅広く使われており、 傷口の細菌の増殖を抑え、二次感染を防ぐ作用があります。 また、この薬には ステロイドは含まれていません。 我が家では、下痢が続いて子供のオムツかぶれが酷くなった時に、よく リンデロンVGという薬を処方されました。 リンデロンVGには、ゲンタシン軟膏に含まれている ゲンタマイシン硫酸塩とステロイドが入っています。 リンデロンは抗菌だけでなく消炎作用により幹部の治りが早いのですが、ステロイドを入っているので抵抗のある人もいます。 ステロイドが配合されていない塗り薬が良い場合は、ゲンタシン軟膏が良いですね。 結構ベタベタする塗り薬なので、あまり多く塗らずに、薄く塗るようにしましょう。 塗った部分を他の場所につけない、患部を保護する為に、ガーゼなどに薬を伸ばして患部に貼り付けるのも良いです。 ゲンタシン軟膏を塗り忘れた時 「ゲンタシン軟膏を1日1回から数回と塗りましょう」言われても、つい塗り忘れることはありませんか。 私も、夜お風呂あがりに塗ろうと思っていても、つい忘れることが多いです。 そんな時「翌日に多めに塗れば大丈夫!」と考える人もいますが、多めに塗っても患部にあたる部分は変わりません。 もし 塗り忘れた時も多めに塗らず、1回分の適量を塗るようにしましょう。 塗り薬で注意してほしいのが、薬を目や口の中に入れないこと。 大人であれば入れることはありませんが、小さい子供の場合は、目を話した隙になんでも口に入れてしまうもの。 小さい子供がいる場合は、 手の届かないところに保管するのが良いですよ。 虫に刺された部分が赤く腫れていてかゆい場合には、虫刺され用の薬を塗った方が良いです。 黒ニキビや、まだ小さい白ニキビには効果が薄いです。 真菌にはゲンタシンは効果がないので、水虫用の薬を使うのが良いです。 既に傷口が化膿している時にも使えて、傷口が早く治ります。 ゲンタシン軟膏は抗ヘルペスウイルス薬ではないので、ヘルペスウイルスを死滅させることはできません。 ヘルペスによる水ぶくれなどに効果を発揮します。 毛穴や傷口にに入り込んだ細菌を殺菌する効果があります。 しかし、最近のとびひの化膿菌には、ゲンタシンに対する耐性ができてしまい、菌によってはほとんど効果がないこともあります。 しかし、 かゆみがでてかきむしる事も多いので、軟膏を薄く塗ると効果的。 やけどで 水ぶくれができ、細菌に感染した時や、やけどの部分が化膿してジュクジュクしている時に効果があります。 スポンサーリンク ゲンタシン軟膏の副作用と使用期限 ゲンタシン軟膏は塗り薬なので、内服薬と比べれば安全性の高いお薬です。 さらにステロイドも配合されておらず、副作用はほとんどありません。 しかし薬ですので全く副作用が全くないというわけではありません。 薬には人によってあう・あわないがありますし、使用する時の体調によっても大きく変わるもの。 まずは、ゲンタシン軟膏の副作用についてご説明します。 ゲンタシン軟膏の副作用• かゆみ• 耳鳴り• めまい これまでにゲンタシン軟膏で報告されている 副作用が、 発疹や発赤、また痒みや腫れなどの過敏症状を起こすこと。 また 長い期間ゲンタシン軟膏を広範囲に使用していると、耳鳴りやめまい、場合によっては難聴や腎障害を起こす可能性もあります。 ゲンタシン軟膏をするときは、医師の指示に従い、使用後気になることがあれば、早めに再度受診するようにしましょう。 また、 アレルギーや妊娠中、授乳中の方はかならず医師に相談の上で使用して下さい。 ゲンタシン軟膏の使用期限 「以前に処方された薬がまだあるから、そのまま使おう」と考えることはないでしょうか。 実は塗り薬には 使用期限があります。 よく軟膏のお薬には使用期限が刻印されていますが、これは 未開封時の使用期限です! 一度開封して使用したものは、軟膏の成分がどんどん酸化してしまいます。 長期間たって使用すると逆にアレルギー症状でひどくなってしまう場合もあるので、注意しましょう。 一度開封している薬の使用期限は、必ず処方された薬局などで確認しましょう。 参考までに、私は ゲンタシン軟膏の使用期限について、 開封後は半年以内に使用するように言われました。 ゲンタシン軟膏の市販薬はある? ゲンタシン軟膏はとても使いやすく、ケガの絶えない子供がいる家に、常備薬として置いておくと安心ですね、 しかし、万能薬ともいえるゲンタシン軟膏ですが、 ドラッグストアなど薬局には市販されておらず、処方箋のみの扱いになります。 「病院に行きたいけど、夜だから皮膚科には行けない」「デリケートゾーンに使いたいから病院にいくのはちょっと…」という人には市販薬の「 ドルマイシン軟膏(ゼリア新薬)」がオススメです。 ドルマイシン軟膏には、 コリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン)と バシトラシンという抗生物質が含まれており、 抗生物質の種類が違うだけで、効能はゲンタシン軟膏とほぼ同じです。 ドルマイシン軟膏も、ゲンタシン軟膏と同じく、 ステロイドは含まれていません。 ドルマイシン軟膏と間違えやすいので、「 ドルマイコーチ軟膏(ゼリア新薬)」。 同じゼリア新薬から販売されている市販の塗り薬ですが、 ドルマイコーチ軟膏にはステロイド剤が含まれています。 ステロイド剤が含まれていない塗り薬を購入したい時は、必ず「ドルマイシン軟膏」を選びましょう。 もしドルマイシン軟膏を塗ってもよくならない場合、治りが遅い場合、患部に何か異変を感じた場合は、すぐに病院に行きましょう。 自己判断で市販薬の塗り薬を塗るよりも、病院で適切な薬を処方してもらう方が治りが早いことがあります。 特に発疹など跡に残したくない場合は、早めに 皮膚科に行って診てもらうのが良いですよ。 ゲンタシン軟膏は赤ちゃんに使用してもOK? 前に述べたとおり、ゲンタシン軟膏には沢山の効能があります。 ステロイドも入っていないので、 新生児のおむつかぶれなどにも頻繁に使用されるほど、 肌の弱い赤ちゃんにも効く優しいお薬です。 乳児湿疹やあせもなど赤ちゃんの抱える肌のトラブルにも効果があります。 赤ちゃんは、新陳代謝が活発なため、汗もよくかくので肌トラブルが絶えません。 またおむつやヨダレなど、肌が弱いうえに不潔になりやすいので、すぐに肌が荒れてしまいます。 お風呂やシャワーなどで患部を清潔にしたあと、ゲンタシン軟膏を塗ってあげましょう。 ゲンタシン軟膏は女性のデリケートゾーンに効果的 また、刺激も少ないのであかちゃんの肌だけでなく、 女性のデリケートゾーンにも使用できます。 女性には、生理による陰部の肌荒れや、ホルモンの変化によるニキビなど、肌ストレスが溜まりやすい体質をしています。 ナプキンが擦れて陰部におできができてしまったり、痒みを伴ったり不快な症状があらわれたゲンタシン軟膏を患部に塗ると良いですよ。 スポンサーリンク ゲンタシン軟膏の効能や副作用のまとめ• ゲンタシンは抗生物質配合の軟膏• ステロイドは配合されていない• 水虫には効かない• 副作用はほとんどない• 長期的使用はよくない• 開封後は使用期限がある• 市販薬はないが「ドルマイシン軟膏」が効能がほぼ同じ• 赤ちゃんにもよく使用される薬 ニキビやヘルペス、様々な感染症の症状の悪化を防ぎ、皮膚のトラブルでは使うことの多いゲンタシン軟膏。 何の症状にでも効くと思われるゲンタシン軟膏ですが、症状により効き目が違ってきます。 さらにゲンタシン軟膏に限らず、 軟膏薬は長時間使用することで重い副作用を起こすこともあります。 使い方に気を付けて、異変があればすぐに病院を受診するようにしましょう。

次の